編集長日記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった

この記事の所要時間: 243




曹操 ガラス

 

三国志の英雄である曹操(そうそう)

彼は三国志随一の大国である魏を建国した人物ですが、故郷が大好きな普通の人でした。

挙兵してから亡くなるまで事件や精神的に辛いことがあった時などに心と体を癒すために、

帰郷していたそうです。

今回は生まれ故郷が大好きな曹操について触れてみたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




いとこの事件に連座して帰郷

曹操 手紙

 

曹操の従妹は侯の位になっていた有力者である宋氏に嫁いでおりましたが、

事件に巻き込まれて処断されてしまいます。

この事件のせいで曹操にも被害が及んでしまい、仕事をクビになってしまいます。

曹操はそのため一度故郷に帰ることになりますが、

歴史に詳しいという理由から再び役職に就くことになります。




仕事が辛すぎて故郷へ

曹操議員

 

次に曹操が故郷に帰るのは黄巾の乱が鎮圧された後の話です。

曹操は黄巾の乱で上げた功績が認められて、東郡太守に任命されることなります。

ここで曹操は一生懸命仕事に打ち込むのですが、曹操をよく思っていない宦官達のせいで、

曹操の評判は首都洛陽で非常に悪くなっていくことになります。

曹操は仕事を頑張っているのに洛陽で自分評価がどんどん悪くなっていくため、

仕事に情熱を持てなくなってしまい、東郡太守の地位を捨てて故郷へ逃亡します。

曹操は故郷に帰ると新しい家を新築し、この新築の家に書物を運び入れ、

狩りをする道具を備え付けることにします。

そして春と夏には読書をして、秋と冬は狩りを行い悠々自適な生活を送ったそうです。

 

お墓参りのために帰郷

曹操

 

曹操は官渡の戦いで勝利を得ると再び帰郷。

この時は官渡決戦で亡くなった人たちの遺族にいろいろな保障をするとともに、

官渡決戦で亡くなった幼い子供がいる家には養育費や教育費などを与え、

さらに勉学を子供たちができるようにするために学校を作っており、

教育に力を入れていたそうです。

また彼は曹操の若い時にせわになった恩人である橋玄(きょうげん)のお墓参りをしております。

 

家族を連れて帰郷する

曹操 真田丸

 

曹操は呉の孫権を討伐するために大軍を率いて南下します。

この時に皇后卞氏(べんし)・曹丕(そうひ)、孫娘などいっぱい居る一族を率いておりました。

彼は大軍を複数の将軍に任せて自ら一族を率いて生まれ故郷に帰郷。

一族を率いての帰郷を曹操がしたことが非常に珍しく、この時彼の年齢は63歳で当時として

かなりの高齢であり、いつなくなってもおかしくない年齢でした。

そのため曹操は最後の帰郷だと考えて一族を引き連れて、帰郷したのではないのでしょうか。

こうして故郷が大好きな曹操ですが、最後の帰郷をしてから三年後に亡くなってしまうのです。

 

三国志ライター黒田レンのひとりごと

黒田廉さん02a

 

乱世の英雄と呼ばれた曹操がこのように帰郷を繰り返していたのには少し驚きでした。

彼は群雄割拠の時代を生き残っていくためには己の力のみを信じるような人物で、

どんなに彼を取り巻く状況が辛くなっても絶対に同盟者というものを作らないで独力で

難局を乗り切ってしまう人物でした。

そんな人物が故郷が好きっていうのもなんかおかしい気がするのですが、

皆さんはどう思いますか。

レンが考えるに、政治や軍事など常にワントップでやってきた曹操。

上記を相談できる人物は限られており、

常に相談できると人は少なかったでしょう。

また果断な決断をした時や辛い戦いをした後などは、

少しゆっくりとしたいと思うのが人情でしょう。

曹操がゆっくりと何も考えずにできるところは生まれた土地なのでしょう。

生まれ故郷であれば誰に気兼ねすることなくのんびりと過ごすことができますが、

洛陽や鄴(ぎょう)だと家臣の目もあるためのんびりと過ごすことができなかったのでしょう。

だから曹操は幾度も帰郷していたのではないかと思います。

 

参考文献 講談社 中国の群雄 尾崎秀樹著など

 

 

関連記事:え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!

関連記事:人材大好きの曹操が欲しがるほどに惚れた敵将は誰?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】
  2. 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話
  3. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察
  4. 太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将
  5. 劉繇(りゅうよう)が凄い!袁術の宿敵?そこそこ頑張った英傑の生涯…
  6. 信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物
  7. 【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。
  8. 宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 諸葛亮孔明、司馬懿仲達、名前はどこで区切るの?
  2. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!
  3. 【軍師連盟】司馬懿は曹操の仕官の誘いを何で断わったの?
  4. 三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの?
  5. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1
  6. 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

要離(ようり)とはどんな人?呉王・闔廬の為に身命をとした刺客 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ? 華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何? あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由 来敏(らいびん)とはどんな人?孔明が魏延よりも苦手だった学者 【占いで見る三国志】曹魏が倒れることが曹叡の時代に予言されていたってホント!? 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の十二神将

おすすめ記事

  1. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.1
  2. 介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして忠誠を尽くす
  3. 【保存版】曹叡時代の魏の国内で起こった不思議な現象3選
  4. 意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦
  5. はじめてのプロ野球(三国志風)日本のプロ野球は人材の宝庫?
  6. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編
  7. 実は無能では無かった?少帝が妃と交わした最後の歌が悲しすぎる
  8. 【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP