呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1

卞夫人 曹操

13人の妻達(曹操)

三国志の英雄である曹操は、13人という妻を持つ艶福家でした。

もっとも、後代の皇帝には、三千人という妻を持つ人物もいましたが、

それらは、平和な時代の話であり、曹操のように生涯戦争をしながら、

13名の妻を愛したような人は希であると言えます。

 

そんな曹操に恐らく最も愛され、またもっとも頼りにされたのが、

曹操の妃である卞(べん)夫人、後の武宣皇后卞氏です。

 

 

徐州琅邪郡開陽県(現在の山東省臨沂市)の人で、

西暦160年に生まれたと伝えられていますので、

曹操よりは5歳年下という事になります。

 

 

 

卞夫人はどんな人だったの?

卞夫人 曹操

 

卞夫人は、容姿に優れてはいたものの、生まれは貧しかったようで、

現在の甘粛省にあった(しょう)で歌妓(かぎ)として花街か、

大金持ちの家で雇われていたようです。

 

しかし、20歳の時、青年将校だった曹操がを訪れた事で、

卞夫人の運命は大きく変わる事になります。

 

卞夫人に惚れた曹操

熱血曹操

曹操は卞夫人を見染めて、彼女を妻にしたいと思ったのです。

恐らく相応な身代金を支払い、卞夫人は曹操の側室になります。

 

そう、この頃、すでに曹操は結婚していて、卞夫人は、

何名かいる側室の中の一人だったのです。

 

西暦190年頃、卞夫人が30歳頃の事、董卓が洛陽に入って暴政を敷くと、

曹操は難を逃れようとして一度、洛陽から脱出しました。

 

 

袁術がまた余計な事を言いふらす

袁術 伝説 ゆるキャラ

 

もちろん、曹操の屋敷の人間は、そんな事情は知りません。

いつまでも曹操が帰らないので不安に思っていると、

袁術(えんじゅつ)がやってきて慌てた調子で言いました。

 

「曹操は、董卓が入ってきた混乱で殺されたようだ。

悪い事は言わん、お前達も洛陽を離れた方がいい」

 

屋敷の人間は、袁術の言葉を真に受けて、

帰る支度を始めると、卞夫人はそれを押しとどめました。

 

「旦那様の吉凶は、まだ分かりません!

死んだなどというのは、根拠がない伝聞かも知れません。

もし、今日、私達が故郷に帰り、

明日、旦那様が屋敷に帰ってこられたら、

私達は旦那様に合わせる顔がありますか?

もし、万が一、旦那様が死んでいた事が分かれば、

その時は皆で旦那様の後を追えば済む事です」

 

曹操の屋敷の人々は、皆卞夫人の言葉に勇気づけられ、

ついに一人も帰らず、曹操の帰宅を待ちました。

 

曹操は、そんな卞夫人の態度を賞賛し、目を掛けて、

頼りにするようになりました。

 

 

卞夫人が側室になった頃、当時の曹操の正妻は、

丁(てい)夫人という女性であり、元の曹操の正妻で若くして死んだ、

劉夫人の後妻として劉夫人の遺児達を養育していました。

 

丁夫人には、子供がなく、その為に遺児達を我が子のように

育てていたのでした。

 

丁夫人は卞夫人に対してどう思ってたのか?

鬼 典韋

 

そんな丁夫人は、名家の出身だったので、身分の低い、

卞夫人にはかなり厳しく当たりました。

 

そこには、卞夫人が自分と違い、子供に恵まれたという理由もあったでしょう。

 

しかし、卞夫人は、その事にちっとも不満を漏らさず、常に控えめで、

贅沢をせず、検約に努めて曹操と丁夫人に尽くしました。

 

卞夫人の運命が変わる

曹操は女性の敵なの?もじのみ

 

卞夫人の運命が、さらに変わったのは、西暦197年の事です。

この頃、卞夫人は、37歳になっていました。

 

その年、夫である曹操は、張繍(ちょうしゅう)という群雄を降します。

そこで、曹操は、張繍の叔父である張斉の未亡人である鄒氏

見染めて、愛欲に溺れる毎日を過ごすようになります。

 

ところが、それは叔父を尊敬していた張繍には許し難い侮辱でした。

 

張繍は、軍師賈詡と謀り、曹操を騙し討ちにしようと兵を挙げます。

鄒氏の愛に骨抜きになっていた曹操は、計略に気づくのが遅れて、

絶対絶命の窮地に陥ります。

 

この時、曹操の身代わりになり、敵を防いだのが、

曹操の息子の曹昂(そうこう)と曹安民(そうあんみん)でした。

 

曹操を逃がした二人は、張繍の兵の前に戦死してしまいます。

 

実は、丁夫人が可愛がっていた劉夫人の遺児とは、

曹操の身代わりになって死んだ曹昂だったのです。

 

 

曹妻シリーズ 卞夫人 Part2に続く

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

 

謝夫人 孫権の妻

 

よく読まれてる記事:孫権の妻たちは意外と知られてない?

 

劉備妻つかまる

 

よく読まれてる記事:妻子を人質に取られすぎな劉備

 

13人の妻達(曹操)

 

よく読まれてる記事:三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!

 

黄月英

 

よく読まれてる記事:黄夫人のことを知ると、三顧の礼の真相が分かる?

 

はじめての三国志 アンケートのお願い

曹操 ゆるキャラ

 

サイトが見づらい、この武将をもっと取り扱ってほしいなど要望がありましたらこちら

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■HN:

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

■好きな三国志の人物:

袁術 自分に正直だから、、嘘ゴメン、やっぱ劉備

■幸せを感じる瞬間:

三度のご飯を頂いている時。

■宝くじが当たったら?

自宅を古本屋に改装して嫌な客は追い出す頑固親父になる。

■世界最後の日、あなたは何をしていますか?

明日の朝ごはんの事を考えています。

■出没場所

電脳空間

■何か一言:

実は、kawausoはホログラフで存在しません(嘘)

 

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘…
  2. 袁術へ強制的に仕えることになった華歆がマッハで彼に見切りをつけた…
  3. 胡亥 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?
  4. 降伏する劉禅 三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?…
  5. 姜維 姜維は忠臣なのか、それとも愚将か?
  6. 【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう!
  7. 漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨…
  8. 魯粛、孫権、張昭 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 吉田松陰

おすすめ記事

  1. 2話:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王 騎馬兵 騎馬軍団
  2. 陶淵明は変態さん?閑情賦のエロ妄想が止まらない!
  3. 戦国時代の騎馬隊は本当に弱かったの?その誤解を解く 武田騎馬軍団 馬場信春
  4. 鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏の臣
  5. 三国志の時代に傘ってあったの?始皇帝や光武帝、呂蒙も使っていた傘事情
  6. キングダム585話最新ネタバレ「雷獄」レビュー

三國志雑学

  1. 関羽と周倉
  2. 弩(ど)を発射させる蜀兵士達
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 丸木舟(弥生時代)
  2. 袁紹の妃 劉氏
  3. 皇帝に就任した曹丕
  4. 張角は歴史の表舞台に登場
  5. 孔明 劉備の剣とハンコ
  6. 魯粛

おすすめ記事

天下三分の計 65話:絶望する劉備に孔明が授けた天下三分の計 【第1回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】蔡文姫さんと一緒に攻略プレイ! 魏から蜀に下る姜維 夏侯覇と姜維の共通点と違いとは?魏からの鞍替え組を紹介 周瑜と孫策 周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの? 曹昂すぺしゃる「丁夫人と曹昂」 渋沢栄一 渋沢栄一とはどんな人?大政奉還後、明治時代の実業家になるまで 王賁 【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍 呂岱(りょたい)とはどんな人?三国志第一の老将で孫権からのミッションを忠実にこなす異民族討伐隊長

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP