キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

文欽・毌丘倹の反乱を鎮圧することができたのは傅嘏の進言があったからこそ?




 

司馬懿のクーデターによって司馬家が魏の政権を運営していくことになり、

司馬家の権力は魏の朝廷内にあって並ぶ者がないほど増大していくことになります。

司馬家の権力増大に伴い、

魏の朝廷が司馬家に取られてしまうのではないかと不安に感じた人々がおりました。

不安に感じた人々は司馬家を除くために反乱を起こします。

まず王凌(おうりょう)が司馬懿に反旗を翻して反乱を起こそうとしておりましたが、

失敗に終わってしまいます。

その後、文欽と毌丘倹が孫呉の国境で反乱が勃発。

 

 

司馬懿の跡を継いでいた司馬師(しばし)は目のコブを手術していたため、

伏せておりましたがある人の進言を受けて文欽・毌丘倹の反乱を鎮圧するために、

出陣することにします。




文欽・毌丘倹の反乱

 

司馬懿の跡を継いで司馬家の棟梁になった司馬師

彼は皇帝曹芳が自らを除こうとしていた計画を知ります。

このことがきっかけで司馬師曹芳を皇帝の位から降ろして、

曹髦(そうぼう)を新しい皇帝として向かえ入れることにします。

 

 

曹爽一族や彼の側近らが処断されたことに不安を感じていた毌丘倹ですが、

この皇帝入れ替え事件が発生したことによって司馬師を信頼することが、

できなくなってしまいます。

そして彼は曹爽と仲のよかった文欽を仲間に率いれて反乱を起こします。




司馬師の対応

 

司馬師は毌丘倹と文欽が反乱を起こしたことを知ると父の弟である司馬孚(しばふ)に

彼らの反乱を鎮圧させようと考えておりました。

この事を配下や魏の臣下達に相談すると「司馬孚殿が出陣されればまず間違いなく、

反乱を鎮圧することができるでしょう」と賛成意見が続出。

そのため彼は司馬孚を反乱鎮圧戦の総大将として出陣させようとしますが、

ある人物が反対してきます。

その人物の名は傅嘏(ふか)です。

 

傅嘏の進言

 

傅嘏は司馬師の元に来ると「殿。毌丘倹や文欽が率いている兵は非常に強力です。

また文欽の息子は一騎当千の強者であると噂されており、

彼らに諸将が万が一敗北してしまった場合、

態勢を立て直すことはできなくなり反乱軍を勢いづかせることになります。

また殿がここまで積み上げてきた物はその敗北によって一挙に崩れ去ることになるでしょう。

どうか。殿には毌丘倹らの反乱討伐軍を編成して自ら出陣していただきたいと思います。」と訴えます。

司馬師はこの傅嘏の言葉を聞いて立ち上がり、

「分かった。お主がそこまで言うのであれば、自ら出陣して反乱を鎮圧することにしよう」と

述べて出陣することになります。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

傅嘏の進言によって毌丘倹らの反乱は一気に鎮圧されることになります。

しかし司馬師は家に帰ることができずに亡くなってしまいます。

その原因を作ったのは文欽の息子である文鴦(ぶんおう)です。

彼は父・文欽と一緒に夜間出撃して魏軍へ夜襲を行います。

この作戦は失敗に終わってしまうのですが、

彼の攻撃によって司馬師の本陣は大きく乱れることになってしまいます。

この騒ぎによってコブを手術していた方の目が飛びて出てしまい

反乱鎮圧後に亡くなってしまいます。

傅嘏の進言によって司馬師は亡くなってしまいますが、

反乱軍に一度も劣勢になることなく見事鎮圧することに成功し、

司馬家の権力はますます増大していくことになるのです。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【孔明死後の三国志に詳しくなろう】司馬師打倒の兵をあげた毌丘倹の反乱はなぜ失敗したの?

関連記事:【晋の皇帝 司馬炎の悩み】司馬家の後継者問題

 

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 海賊時代の孫堅と孫策 孫堅から孫権はどんな所を受け継いでいたの?
  2. 孔子と儒教 経営者こそ『論語』を学ぶべき!その理由とは…?
  3. 蔡琰 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生
  4. 宣誓文を読み上げる藏洪 藏洪(ぞうこう)とはどんな人?袁紹が可哀想になるくらい逆恨み男の…
  5. 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!
  6. 何晏 魏の何晏は天才学者?それとも薬物中毒患者?
  7. 株式会社三国志で働く劉備と孔明 諸葛孔明の影に隠れる劉備
  8. 暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるの…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 楽毅
  2. 吉田松陰(極悪顔)
  3. 孫子の兵法 曹操

おすすめ記事

  1. あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬
  2. 【官渡の戦いの裏話】趙儼と李通がいなければかなりやばい状況だった
  3. 新人・馬超が劉備と馴れ馴れしく口をきいていた!? 五虎大将軍の馬超
  4. 霍光(かくこう)とはどんな人?名将・霍去病の弟は違った意味でエキセントリックな人物だった
  5. 李恢ってどんな人?北伐を物資面で支えた南中統治のスペシャリスト 孔明君のジャングル探検
  6. 孫策が生きていたら三国志はどうなったの? 呉の勢力を率いる孫策

三國志雑学

  1. 姜維と孔明
  2. 幕末 魏呉蜀 書物
  3. ネズミで人生を変えた李斯
  4. 君たちはどう生きるか?劉禅
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏の夏侯淵
  2. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  3. キングダム
  4. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲

おすすめ記事

なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの? 孔明 臥龍は起つ気まんまんだった!?三顧の礼のやらせ劇を詩から読み解くよ 張飛の虎髭 三国志武将の顔を飾ったおヒゲには沢山の種類があった 嬴政(始皇帝) 史実の嬴政(秦始皇帝)は漫画と違い大量虐殺を行った暴君だった 【授業に出るかも】正史三国志と三国志演義の違いは何? 蜀の孔明 営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ! 【ネオ三国志】第9話:呂布の覚醒と劉備軍の降伏【蒼天航路】 村田新八 村田新八とはどんな人?「西郷どん」でアコーディオンを弾いた薩摩藩士

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP