文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将




 

 

幼いころから勇気と武力が備わっており、蜀の五虎将軍の一人趙雲(ちょううん)に匹敵する強さだと敵から恐れられた勇将文鴦(ぶんおう)です。

その勇気と強さは成長するにつれて頭角を現します。

父文欽をはるかに凌ぎ有名になった文鴦は、現在では某ゲームなどに登場し、その名前は現在でも有名です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜が赤壁の戦いに参加したらどうなっていた?【if三国志】

関連記事:陳寿は三国志正史で陸遜をどのように評価したの?

 

 

魏軍に恐れられた勇将文鴦

 

父文欽(ぶんきん)と毌丘倹(かんきゅうけん)は司馬氏が魏を牛耳っていることに嫌気がさして反乱を起こします。

文鴦は父に従い反乱に加担し、戦陣に赴きます。敵陣に夜襲をかけるため、深夜に出陣し、父文欽と軍を二手に分けて敵陣に向かいます。

文鴦は魏軍総大将司馬師の陣に向かって大声で「総大将は何処だぁぁぁ‼」と呼ばわりながら猛攻をかけます。

 

魏軍はこの大声にたじろいでしまい、大混乱に陥り夜襲は成功したように思われますが、父文欽は戦場に到着しないまま、朝が近づいてくるのです。

 

関連記事:諸葛亮孔明と戦略勝負を繰り広げた司馬懿仲達はどんな人だったの?

関連記事:司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

関連記事:何で劉備と司馬懿は無能な人間のふりをしたの?分かりやすく解説してみるよ

 

 

文欽の夜襲が失敗したと悟った文鴦は呉に亡命

 

文鴦は父が攻撃に参加しないことで夜襲が失敗に終わった事を悟り、退却します。途中で父を見つけた文鴦は父文欽に退却を促します。

文欽は急いで軍を反転させて退却を開始します。父の退却時間を稼ぐため、配下数十騎と共に文鴦は追撃軍と激闘を開始します。

文鴦が激闘を繰り広げている間、文欽は呉に亡命します。

文鴦も追撃軍を蹴散らした後、父を追いかけて呉へ向かいます。この文鴦の勇気ある行動は一見無謀に見えますが、長阪で阿斗を助けた時の趙雲にそっくりです。

この後、敵軍から趙子龍に匹敵する剛の者と恐れられたと一説には言われております。

 

関連記事:趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?

関連記事:実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗

関連記事:かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生

 

再び魏に仕える文鴦

 

寿春(じゅしゅん)で反乱を起こした諸葛誕は呉に救援要請を行います。

呉はこの要請を快く受け、父文欽に出陣命令がくだります。文鴦も父に従って戦地へ赴きます。

寿春城に立てこもった諸葛誕を救援するため呉軍と共に入城します。文鴦は度々魏軍を蹴散らし武略を示しますが、戦況は好転しませんでした。

 

関連記事:諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族

関連記事:魏や呉にもいた諸葛一族の話

 

諸葛誕は文欽を斬ってしまう、その理由とは?

 

ある日反乱の首謀者諸葛誕と父文欽が今後の戦術について言い争いをしていました。

諸葛誕は文欽の言い方に頭にきて文欽を斬ってしまいます。

文鴦が知った時はすでに父文欽は亡くなっており、諸葛誕を討つべく兵に呼びかけたが、だれもついて来ませんでした。

文鴦は致し方無く、弟文虎(ぶんこ)と共に魏に降伏します。

 

魏に降伏した文鴦は司馬昭に抜擢される

 

魏に降伏した文鴦ですが魏軍の諸将は「文鴦を処刑しろ」と声高に叫びます。魏軍総大将司馬昭は諸将をなだめた後、文鴦を将軍に抜擢します。

これを聞いた諸将は激怒し「なぜ、あやつを将軍に任命したのですか」と司馬昭に詰め寄ります。

司馬昭は「文鴦を優遇すれば寿春の反乱軍も降伏しやすくなるだろう。また降伏しなくても城内の将軍や兵士は動揺するはずだ。」と諸将に説明します。

将軍になった文鴦は寿春城に投降を呼びかけると、司馬昭の予想通り城内は動揺し、救援に来た呉軍の将軍が投降します。

この事態を好機ととらえた司馬昭は一気に寿春城を攻略し、諸葛誕は斬られ反乱は収束します。

その後、文鴦は関内侯に任じられ、父文欽の亡骸を弔います。

 

天下にその名を轟かせた文鴦

 

魏が司馬氏に皇帝の位を譲り、晋の時代が到来します。

文鴦は涼州で反乱を起こしていた異民族討伐の命令を受け、諸軍を率いて出陣します。文鴦は異民族に自軍の陣を大きく広げて大軍のように見せかける事で異民族を威圧します。

異民族は晋軍が大軍であることに怯んだ所を見逃さず猛攻をかけます。

文鴦の激しい攻撃に耐えきれず異民族は崩れ方々に散ってしまう。その後文鴦の強さに恐れをなした異民族の軍勢は降伏を願い出て晋軍の大将は快く受諾した事で反乱は収まります。

文鴦は大した犠牲を自軍に出さず討伐を成功させた事で天下に文鴦の名が広まります。

この討伐時が文鴦の絶頂期でありました。

その後文鴦は、司馬家の讒言によって文鴦のみならず、家族や親戚など三族すべてが処刑される悲惨な最後を迎えるのです。

 

関連記事:曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

関連記事:衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?

関連記事:司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

関連記事:超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

蜀の関羽(かんう)や趙雲(ちょううん)、魏の楽進(がくしん)張郃(ちょうこう)などの将軍たちと見劣りしないほどの強さを誇っていると私は思います。文鴦の最後がパッとしない終わり方でしたのでそれが残念でなりません。また文鴦が趙雲に比肩されるほどの強さをもって敵に恐れられていました。

 

これは三国志演義で記載されているのですが、 他の書物では張飛に比肩する強さと称されているそうです。

どちらにしてもとんでもない強さを持った人物であることは間違いないです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜は丞相として何年間活躍したのか?その驚くべき真実

関連記事:もし関羽が曹操の元に留まり劉備の元に戻らなかったらどうなっていた?

 

【赤壁を超える!魏呉の直接対決特集】
濡須口の戦い特集バナー

 

 




関連記事

  1. 鍾会軍の軍監として従軍する衛瓘
  2. 人を恨んだことがない誠実な司馬顒
  3. 晋王朝を作った司馬炎
  4. 異議ありと叫ぶ司馬懿
  5. はじめての三国志 画像準備中
  6. 孫皓に対して戒めの手紙を書く陸抗(りくこう)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“古代オリンピック"

“近代オリンピック"

“いだてん"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP