キングダム




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長続きした?

この記事の所要時間: 219




 

劉備が建国した蜀漢は、漢王朝の後継者を自称していました。

王朝は後漢最後の皇帝・献帝が魏の曹丕に帝位を禅譲したことで滅んでいるのですが、

劉備諸葛亮孔明はそれを認めませんでした。

ここで、蜀漢は二つの宿命を背負うことになります。

今回は蜀漢の宿命について触れていきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【前半】




国家の至上戦略

 

蜀漢の宿命のひとつが、「簒奪者たる魏の打倒」でした。

これはまさに建国の志です。

つまり何を差し置いても優先しなければならないのが、「北伐」なのです。

それを諦めることは、国のアイディンティティを喪失することにつながります。

蜀漢が北伐をしないという選択肢は本来あり得ないのです。

丞相たる諸葛亮孔明がそれを行い、その後継者たる姜維が大将軍となって実行に移しました。

もし、誰も北伐を敢行しなかったら、その時点で蜀漢は滅んだといっても過言ではありません。

蜀は国家でもなんでもなくなり、

その住民はただ僻地の山奥に隠れ住んでいる人たちの群れに成り下がるいうことになるのです。




名士重用

 

蜀漢の宿命のもうひとつが「名士の重用」です。

漢王朝が重用してきた名士を、その後継である蜀漢が疎んじることは許されませんでした。

同様に高官として召し抱える必要があったのです。

蜀にあって特に名士として有名だったのが、許靖と劉巴のふたりでした。

世論は名士たちの言動で決まった時代です。

魏に比べて名士の少ない蜀は、余計に気を使って彼らを重用します。

劉備の皇帝即位のとき、官僚の最高位にいたのが太傅となった許靖であり、

皇位の誥命を書いたのが劉巴でした。

ちなみに劉巴は「兵隊ふぜいと話などできるか」と言って張飛と口をききませんでした。

諸葛亮孔明が仲立ちしても収まりません。劉巴が魏に帰りたがっていることは明白でした。

だからこそ劉備は根気強く劉巴を重用したのです。

同様な事項に、漢の司空だった来豔の子で、来敏が無能ながらも高官としてずっと蜀に仕えています。

無能というより狂人だったという説もあります。

それを見て興ざめしていく同志はたくさんいたでしょう。

北方出身の名士ばかりが優遇され、現地の人たちはやる気を失っていきます。

そして「漢の正式な後継はやはり魏である」という世論の流れが、

蜀の住民のなかでも広がっていくのです。

蜀漢は内側から滅んでいきます。

 

北伐が成功していたら

 

姜維が上手く戦ったとして、果たしてどこまで食い込んでいけたでしょうか。

人口、兵力、国土、資源ともに、魏にはまったくかなわない蜀です。

勝てたとして西方の一部を占領するのが限界だったのではないでしょうか。

地理的には涼州、雍州あたりでしょうか。

もしも長安まで占領できたとしたら世論の流れも変わったかもしれません。

しかし、姜維の力だけでそこまで成し遂げるのは土台無理な話です。

異民族を味方につけるだけでは不足です。

司馬氏の専横に対して曹氏や夏侯氏が団結して蜀と結んでいたら、

もしかするとそこまでうまくいったかもしれません。

ただし、国力差を考えると、一時、長安まで領土を広げても、

あっさり魏に奪い返されるというのがオチではないでしょうか。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

蜀漢に課せられた宿命を考えると、

逆転の目は諸葛亮孔明存命時しかなかったのではないかと思います。

諸葛亮孔明が北伐に成功し、

呉と共同で魏を攻めていたら、或いは魏を打ち滅ぼせたかもしれないのです。

いくら名将とはいえ、その代役は姜維には荷が重かったのではないでしょうか。

蜀漢は「志が高い国」ではありましたが、その分「融通の利かない国」でもありました。

カリスマを失った蜀漢が長続きするのはどう考えても難しかったように思えます。

 

みなさんはどうお考えですか。

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術
  2. 【意外】日本人のほうが三国志を原文で読めるって知ってた?
  3. ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期
  4. 孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?
  5. 三国志 Three Kingdomsのここがすごい!スリーキング…
  6. 三国志テストにチャレンジ!!TOSIC990点を目指せ!!
  7. はにゃ?これ名詩なの?三国時代の詩が難解すぎる件
  8. 公孫瓚は異民族に特別厳しかったのか?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【11月の見どころ】「麒麟がくる」特集
  2. 112話:怒れる劉備は70万の大軍で呉を攻める
  3. キングダム556話「王翦の守り」ネタバレ&レビュー
  4. 卑弥呼はなぜ死んだの?卑弥呼の死の謎に迫る!
  5. 100話:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める
  6. 四川の孔明史跡(成都武侯祠・剣門蜀道・明月峡・都江堰)を調査してみた【三国夢幻紀行 諸葛孔明篇1】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

周瑜はいかにして魯粛を呉に引き入れたのか? 龐徳は曹操のみならず子孫代々称えられた忠臣だった 【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!! 東方明珠のへなちょこ長安旅行記 その4 プチャーチンと川路聖謨二人の外交官の友情と打算 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い? 【異聞】徐庶は劉備の人徳なんかどうでも良かった?

おすすめ記事

  1. 太史慈は群雄だった!孫策死後疎まれた男の生涯
  2. 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは?
  3. 【キングダム】残念!ファルファルおじさん騰 死亡のお知らせ
  4. 幻のノーベル賞、山極勝三郎とはどんな人?【はじ三ヒストリア】
  5. 【感謝】シミルボンにて総合ランキング1位を「はじめての三国志」が獲得しました!
  6. 【中国人民激白】劉備が鬼畜すぎたから徐庶は離れた
  7. 29話:青州兵によって膨れ上がる曹操の兵力
  8. 大発明!耕しながら戦う曹操のフロンティアスピリット

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP