はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

呉王殺害に成功した暗殺者・専諸ってどんな方法で暗殺に成功したの?

この記事の所要時間: 219




 

春秋戦国時代には多くの暗殺者が登場します。

有名なのは始皇帝を殺害しようとした荊軻(けいか)

君主の仇討ちの為に暗殺者となった豫譲(よじょう)などです。

今回はその中でも「史記」の刺客列伝二番目に登場する

暗殺者・専諸(せんしょ)をご紹介しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選




伍子胥に見出された暗殺者

 

専諸は呉を故郷とする人物です。

彼は楚から逃亡していた伍子胥(ごししょ)と出会った事で運命が大きく変わることになります。

伍子胥は専諸の剣技の凄さを知って彼を呉王の公子である光(こう)に推挙。

当時の呉王は公子光を殺害しようと考えており、

伍子胥は公子の護衛として彼をそばに置くように提案します。

光は伍子胥の提案を受け入れて彼を護衛隊長としていつも身辺に侍らしていました。

その後伍子胥は楚から逃げ出した楚王の太子・建の元へと向かいます。




楚へ侵攻するも大敗北

 

呉王は楚王が亡くなったことを知ると、楚の領土へ攻撃を仕掛けます。

しかし楚軍の強さは王が亡くなっても変わることなく精強で呉軍は散々に敗北してしまいます。

この戦いには呉王の息子達も参戦しておりましたが、

各地で楚軍と劣勢の中戦っており、呉の国に帰還することができませんでした。

そのため呉の国には公子光と呉王しかいませんでした。

公子光は専諸へ「現在、他の兄弟達は楚軍と戦っており帰ってくることができない状況になり、

国内にいる公子は現在私一人である。

そこで現呉王を殺害して私が呉王に就任する最大のチャンスが来たと思うのだが。」と

専諸に伝えます。

すると彼は光に「公子の言うとおりです。今があなた様が呉王になる最大のチャンスでしょう。

しかしあなた様が呉王を殺害するような危ないことをするべきではありません。

私が呉王を殺害したいと思いますが一つだけ心残りがあります。

それは呉王の兵によって殺害されたあと、

老いた母と幼い息子の面倒を誰が見てくれのかが心配です。」と光に向かって問います。

すると光は「私が君の家族を面倒みよう。どうか一緒に闘ってくれないか。」と提案。

専諸はこの言葉を聞いて「ありがとうございます。」と感謝の言葉を述べます。

 

呉王殺害計画発動

 

公子光は自宅の地下に兵士を埋伏し、父である呉王を自宅に呼んで宴会をしようと

誘います。

呉王は光の提案を受け入れて多数の護衛兵を伴って光の家に到着します。

その為宴会場には多数の護衛兵が王の身辺を固めており、暗殺できる隙を与えませんでした。

こうしてガチガチの宴会がスタートします。

公子光は宴会がたけなわに近づいた頃を見計らって、

地下室へ行き専諸に「頼んだぞ」とひと声かけます。

すると専諸は頷き、外へ出ていきます。

 

魚の中に隠した匕首で・・・・

 

専諸は外に出ると料理人から焼き魚を受け取ります。

そして護衛兵に「呉王様に、珍しい焼き魚の料理ができましたので献上したいのですが、

いいでしょうか。」と尋ねます。

すると護衛兵は「ここで裸になってから献上しにいけ」と専諸に命令をします。

専諸は言われるがままに素っ裸になって焼き魚を王の前に持っていきます。

彼は王の前に傅くと、すぐさま魚の腹中に隠してあった匕首を取り出して、

呉王を一撃で仕留めます。

しかし専諸は呉王を殺害した後に護衛兵によって殺害されてしまいます。

専諸の活躍によって呉王殺害に成功した公子光は護衛兵を殺害した後すぐに宮殿を制圧。

そして公子光は呉王として君臨すると、専諸の息子に高位の位を与えて優遇することにします。

彼こそが呉を隆盛に導くことになる呉王闔廬(こうりょ)として歴史に名を刻むことになるのです。

 

春秋戦国ライター黒田レンの独り言

 

暗殺者である専諸によって歴史が大きく変わることになります。

もし公子光が伍子胥が推挙した専諸を家臣として受け入れなければ「五十歩百歩」の諺や

「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」のことわざが出現しなかったでしょう。

このように考えると専諸が行った行為は非常に重要な行動であったことがわかると思います。

「今回の春秋時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:若し頃の劉備は暗殺されそうになったり、カッコ悪かったりと散々だった!?

関連記事:【キングダム羌瘣】超絶かわいい暗殺者の新たな夢ってなに?羌瘣の魅力に迫る!

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【魯粛・朱桓・周魴の息子達】三国志後半を彩った呉の二代目武将はか…
  2. 【孔門十哲】顔回(がんかい)とはどんな人?孔子が最も愛した弟子
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第24話「さよならだけが人…
  4. 【三国天武 攻略その3】諸葛孔明?それとも呂布?三国天武に登場す…
  5. 真田昌幸にとっての領土拡張戦略と沼田城の重要性
  6. 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になっ…
  7. 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤…
  8. 武田信玄の最強の敵!?武田家を揺るがす大事件を勃発させた武田義信…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 漫画「センゴク」から見る小牧・長久手の戦い前哨戦
  2. 介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして忠誠を尽くす
  3. 剣と刀ってどう違うの?【いまさら聞けない三国志の大疑問】
  4. 王翦はどういう性格だったの?キングダムに学ぶつかみづらい男の処世術
  5. 【転職面接を攻略】呂布、陳琳、孔明に学ぶ面接必勝法
  6. キングダム ネタバレ予想534話 日没まで

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

徳川慶喜は静岡で余生を過ごした?知られざる逸話とゆかりの地を紹介 土方歳三に妻はいたの?モテモテ副長は独身主義 杜預(どよ)ってどんな人?破竹の勢いで有名になった政治家 キングダム ネタバレ予想535話「急成長 イケメン蒙恬とポンコツ信」 韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメーカー韓遂 江藤新平の功績を知ろう「この国のかたち」 徐璆(じょきゅう)とはどんな人?曹操より丞相を譲ろうとされた男 【kawausoミエル化計画】地味な劉表政権をミエルカしてみたよ!

おすすめ記事

  1. 吉田松陰はテロリストなの?それってホント?
  2. 三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた
  3. 【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法律編】
  4. 梁興(りょうこう)とはどんな人?魏も漢もクソ喰らえ!野望のままに自由人
  5. 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史を変えた!?
  6. 【大三国志 攻略8】今回は激戦中のあの巨大同盟が登場!天下乱舞にも波乱の予感
  7. 曹参(そうしん)ってどんな人?漢の高祖劉邦に仕え軍事にそつなく政治にも優れた功労者
  8. 近藤勇の墓は?新選組局長の最期の地をめぐる

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP