架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【誓い編】

この記事の所要時間: 521




 

古代中国の春秋時代には様々な国が勃興しては滅び、戦国時代になると七つの国に分かれる事になります。

今回は春秋時代、楚王によって家族が全員殺され、

復讐の鬼となった呉の名将・伍子胥(ごししょ)を数回に分けて紹介していきます。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 



楚の名家に生まれる

photo credit: Memento Mori via photopin (license)

photo credit: Memento Mori via photopin (license)

 

伍子胥は楚の国の名家の出身です。

父は楚の太子である建の教育長を務めている伍奢(ごしゃ)。

また兄は情の厚い人物として国内で評判の高い伍尚(ごしょう)です。

さらにこの家は春秋時代の楚の名臣として名高い伍挙(ごきょ)を輩出

しており、楚王からの信頼も厚く国内で重んじられておりました。

そんな家に生まれた伍子胥は何不自由なく暮らしておりました。



悪心費無忌の策略その1:息子の嫁を奪い取るように進言

 

伍奢を上司に持つ費無忌は名門伍氏を嫌っており、いつかは蹴落としてやろうと画策します。

まず初めに、楚の平王に媚びて彼の信用を得ます。

こうして王の信頼を得た費無忌は、徐々に権力の座に近づきます。

そんなある日太子建の妻に秦の王女を迎える話が舞い込んできます。

平王は喜び、縁組の使者として費無忌を秦へ送ります。

費無忌は秦の王女を見てすぐに楚へ帰り、

平王に「秦の王女は超絶に可愛く、美人ですぞ。王自らこの王女を嫁に娶り、

太子には別の女性をあてがえばよいでしょう。」と報告。

平王は費無忌の言葉に頷き、秦の王女を自らの妻として迎えます。

費無忌はこの一件で平王から全幅の信頼を得て、彼の側近として仕え、傲慢になっていきます。

 

関連記事:「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

 

費無忌の謀略その2:自らの地位を盤石にするため、太子建を首都から追い出す

photo credit: :) via photopin (license)

photo credit: 🙂 via photopin (license)

 

費無忌は今の地位を盤石な物にするため、次世代の王である太子建の追放を計画。

まずは平王に彼の悪口を言いまくります。

費無忌の悪口作戦は功を奏し、平王はだんだん太子建を疎(うと)んじます。

そして彼を首都から遠く離れ、他国との国境に近い城父(じょうほ)へ

異動させることに成功させます。

 

関連記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

関連記事:始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

関連記事:【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐

関連記事:騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍

 

費無忌の謀略その3:楚国から太子を追い出す

 

太子建は城父へ行くと国境を守るため軍を強化。

費無忌は彼が軍を強化したと聞くと平王に「太子は列国と手を組んで、

反乱を起こそうと企んでおりますぞ。」と進言します。

平王は信頼する費無忌からの助言を受け入れ、太子の教育係の長であった伍奢を呼びます。

平王は伍奢が来ると「お前の教育がダメなせいで、

太子が反乱を企てようとしているでは無いか。どうなっているんだ。」と彼を攻め立てます。

彼は「太子が反乱を起こすわけありません。軍事力を強化したのは、

国境の守りを万全にするためです。王よ。近くにいる悪逆の臣の言うことを聞いてはなりませんぞ」と王に反論。

悪逆の臣と言われた費無忌は怒り、平王に「王よ。早く決断しないと

伍奢が太子建に力を貸して反乱を起こしてしまいますぞ」と進言。

平王は費無忌の進言を聞きき、教育係の長であった伍奢を逮捕。

さらに費無忌は太子のいる城父へ自殺を促す使者を送ります。

この使者は太子建の不幸を哀れに思い、事前にその内容を伝えます。

その結果太子建は間一髪で城父を脱出し、隣国の宋へ亡命します。

 

関連記事:項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察】

関連記事:豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者

関連記事:なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

 

兄に復讐を誓う

 

費無忌は伍氏の一族を滅亡させるため平王に「伍奢の息子である伍尚と伍子胥を

捕えましょう。彼らを野放しにしては、いずれ我が国に害が及びましょう。」と進言します。

平王は彼の進言に頷き、すぐさま伍奢の家に使者と兵を向かわせます。

平王の使者は二人に「父を助けたいなら、縄につけ。」と命じます。

二人は「分かりました。準備をしますゆえ時間をいただきたい。」と伝えます。

使者は頷き「分かった。数時間だけ待ってやるから支度を終わらせろ」と

強い口調で言い、その場を去っていきます。

伍尚は「我は捕えられている父を見捨てる事は出来ない。そのため使者

と共に行き、父と共に死のう。だがお前は逃げて、復讐を果たせ。」と告げます。

伍子胥は泣きながら「兄上。必ず復讐を果たします。天上からわれの事を

見守っていてくだされ」と伍尚に告げ、逃走します。

数時間後再び使者がやってきて、伍尚を捕縛。

伍子胥が居ない事に気付きすぐに追手を差し向けます。

しかし伍子胥は楚の国を出て、平王の太子建の亡命先である宋国へ入国を果たします。

 

関連記事:【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王

関連記事:これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。

関連記事:【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR)

関連記事:【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホント?

 

父と兄が自害

 

その後父伍奢と兄伍尚は平王の命により、自害します。

伍奢は死の間際「この国は、息子によって滅亡寸前まで追い詰められる事になるだろう。」

と予言を残し、亡くなります。

費無忌は伍奢と伍尚を亡き者にするも、引き続き伍子胥を捕縛するため各地へ追手を差し向けます。

こうして楚の名門伍氏は事実上滅亡します。

 

関連記事:三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?

関連記事:桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術

関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?

関連記事:廉頗(れんぱ)とはどんな人?悲劇のレジェンド元趙三大天[キングダム ネタバレ注意]

 

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

前半が費無忌の事ばかりで、伍子胥があまり登場しませんでした。

すいません。

でもこの費無忌の話をすっ飛ばしてしまうと伍子胥がなぜ復讐を誓ったのかが

分からなくなってしまうと思い、書かせて頂きました。

次回以降から伍子胥の復讐への旅が始まりますので、楽しみにお待ちください。

今回のお話はこれでおしまいにゃ。次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう

それじゃまたにゃ~

 

関連記事:白起(はくき)ってどんな人?|キングダムでお馴染みの六大将軍

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話

関連記事:キングダムのレジェンド、楽毅(がくき)は何をした人?

関連記事:【キングダム】李牧(りぼく)とはどんな人?趙国最後の守護神・三大天

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー



よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

兵馬俑 kawauso

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

キングダム 政

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

兵馬俑

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

始皇帝

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Par…
  2. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず
  3. 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?
  4. どうすれば蜀の二代目過保護な劉禅をしっかり教育できたの?
  5. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計
  6. 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操
  7. あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王
  8. 項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 任峻(じんしゅん)とはどんな人?屯田制を実行し魏軍の食料庫をパンパンにした男
  2. 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?
  3. 民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる
  4. 白馬寺とは何?洛陽にある中国最古のお寺は白馬が経典を運んだ!
  5. 玉(ぎょく)が大好きな中国人
  6. 楊修(ようしゅう)とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

世説新語の「荀巨伯のお見舞い」の友情話が熱い! 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その2 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの? 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.3【完】 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る 民話に出てくる司馬懿がまるで昔話のいじわる爺さんレベル! 阿会喃、死んだらあかいなん!!孔明に裏切られた良い蛮族 【キングダム】驚愕!信の血筋はなんと皇帝に即位していた!

おすすめ記事

  1. 魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた名臣】
  2. 荀攸(じゅんゆう)ってどんな人?同族の荀彧の影に隠れた才能
  3. 十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!?
  4. 【シミルボン】衝撃!あの孔明にパシリの時代があった?
  5. 原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?
  6. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その2
  7. スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・
  8. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP