荊軻(けいか)とはどんな人?伝説の暗殺一家ゾルディック家もびっくり!秦王政を暗殺しようとした男


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

政

 

秦が強大になるにつれて、各国は手も足も出ない状態になります。

そんな中秦王政に恨みを持つ燕の太子は彼を暗殺しようと計画し、

一人の男に暗殺計画を依頼します。

 

荊軻

 

その男の名は荊軻(けいか)

彼は燕王から暗殺依頼を受け、無謀ともいえる秦王政の暗殺に試みます。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 


暗殺者荊軻の生い立ち

秦王政を暗殺するための策を考える荊軻

 

荊軻は衛という小国の出身で始めから、暗殺者を目指した訳ではありませんでした。

彼が志したのは官僚です。

そのため弁論の術を修行するため諸国を周ります。

諸国を巡る旅を完了し、衛の官僚になるべく就職活動を開始します。

就職活動を始めると衛の君主からお呼びがかかります。

荊軻はすぐに衛の君主と会い、自らが考える国家論を語ります。

しかし衛の君主は荊軻の話を受け入れませんでした。

荊軻は自らの考えを受け入れられなかった事で心が折れ、官僚の夢を捨て

衛を出て他国を放浪します。

 

関連記事:屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達?

関連記事:史上最強の交渉術を備えた縦横家ってどんな人?

関連記事:老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

関連記事:キングダムの時代に開花した法家の思想


燕に辿り着く

「燕」の旗を持った兵士

 

荊軻は衛を出て、遊侠(やくざもの)として各国を歩き回ります。

各地を周り、色々な人と出会い別れを繰り返しながら、燕に流れ着きます。

荊軻は燕に流つくと、高漸離(こうざんり)という筑(弦楽器の一部)の達人と友人になります。

二人は市場に言って酒を昼間から飲み、高漸離は酔うと筑を奏で、歌い騒ぎます。

荊軻は高漸離が筑を奏でると必ず、泣き始めるありさまです。

この様子を見ている民は周りに誰にも存在しないかのような振舞いにこう言います。

「傍若無人」だと言いふらすのです。

 

関連記事:「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら?


人質太子が帰国

 

燕の太子で丹は秦で人質となっていたが逃亡します。

そして彼は燕にボロボロの姿で逃げ帰ってきます。

太子丹は幼いころから秦へ人質に出されていました。

彼は子供の頃、人質でありながら幼い頃の秦王政と親しく付き合っていました。

その後大人になった丹は子供の頃と同じように、秦王政に語りかけます。

すると政はにらみ、冷たい対応を取ります。

太子丹は成人した政の対応に怒りを感じ、燕に帰ってきます。

彼は燕に帰ってくると、秦王政を殺害しようと考え

燕の実力者田光に相談を持ち掛けます。

田光は丹から「秦王を暗殺する計画を立てているのだが、知り合いに

刺客などいないか。」と相談します。

田光は少し考えこむと丹に「私の食客に一人適任者がおります。」と伝えます。

太子は「さようか。その者を連れてきてもらいたい。」と田光に伝えます。

田光は頷き、その場を去ろうとします。

丹は田光が立ち上がった時に「この事は誰にも言わないでな」と口止めします。


用心深い秦王に近づけ!その1:秦王政を暗殺するための策を考える

 

田光は荊軻に「秦王政を暗殺してくれないか。」と依頼します。

荊軻は食客として養ってくれた田光へ恩を返すため快諾。

田光は荊軻が快諾した後「太子に疑念を持たれてしまった。」と言い、自刃します。

荊軻は田光の死を悲しむ暇もなく、秦王政に近づく方法を考えます。

秦王政は用心深く、小手先の考えでは近づくことはできません。

荊軻は数日間、部屋に籠って考え続けた結果、一つの策を思いつきます。

 

用心深い秦王に近づけ!その2:太子丹に策を容認させる

 

荊軻は自らが考えた渾身の策を披露するため、太子丹と会見します。

荊軻は太子丹に会うと「太子。用心深い秦王に会う策を考えてきましたので

聞いて頂けますか」と告げます。

太子丹は「申してみよ」と話を促します。

荊軻は頷き話し始めます。

「秦王に近づくため、まず一つ目の策として

燕で一番豊かな土地である督亢(とくこう)を秦に渡すことをお許しください。」

と告げます。

太子丹は頷き「次の策を聞かせよ。」と催促します。

荊軻は次の策を言うのをためらっていましたが、太子が再び話をせよと

促すので、意を決し話します。

桓騎 キングダム

 

「太子。秦から我が国を頼って亡命してきた桓騎(かんき)の首を差し出そうと思います。」

と伝えます。

太子は「バカ野郎。我が国を頼ってきた者を殺すことはできぬ」と言い、部屋から出ていきます。

荊軻はこのようになることをあらかじめ予測しており、次の策へ移行します。

 

関連記事:【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐

関連記事:桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術

関連記事:【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説!

 

用心深い秦王に近づけ!その3:桓騎の首を手に入れろ

桓騎 キングダム

 

荊軻は太子丹の元を去ると、桓騎の元へ向かいます。

荊軻は彼に会うと「私が秦王政を殺し、あなたの無念を晴らしてきましょう。

しかし秦王に近づくには、どうしてもあなたの首が必要なのです。」と頭を下げて

お願いします。

桓騎は秦王政へ復讐するため、荊軻の申し入れを受け入れ、自刃します。

荊軻はこうして秦王に近づく二つの策を成立します。

 

秦王暗殺計画その1:秦王との会見

キングダム 政

 

太子丹はすべての条件が揃うと、荊軻に毒を焼き入れた小さい刃と

一人の壮士を従者として与えます。

荊軻は毒入りの刃をもらいますが、従者は自らの友人にしたいと申し出ます。

しかし彼の友人は出発の日までに間に合わず、太子丹が用意した従者を

共に加え、秦の首都・咸陽に向けて出発。

 

秦王に会見で近づく荊軻

 

荊軻は秦の首都・咸陽に着くと桓騎と領地の地図を秦王に渡します。

秦王は燕の領地が記載されている地図と桓騎の首を見て大喜びします。

荊軻は彼の喜びようを見て、ここまでは自らの策が成功した事を確信。

問題はこの後であると自らの気を引き締めます。

 

秦王暗殺計画その2:必殺の一撃で秦王を葬れ

政 キングダム

 

秦王は桓騎の首を見た後に、領地が記載されている地図をゆっくりと開き始めます。

荊軻は秦王が地図を開き終わった頃を見計らい、地図を秦王から奪い取り

毒の入った小さいナイフで彼の袖をつかみ刺そうとします

しかし秦王の袖がちぎれたため、逃れる事に成功。

荊軻は最大のチャンスを活かす事ができませんでした。

 

秦王暗殺計画その3:逃げる秦王を追って刺せ

逃げる秦王政を追いかける荊軻

 

 

秦王は荊軻を殺すため、剣を抜こうとします。

しかし彼は焦ってしまい、剣を抜くことが出来なかったため、逃げます。

荊軻はすぐに気を取り直して、逃げる秦王を追いかけます。

 

秦王の周りに居る臣下は、誰一人として武器をもっておらず

焦っておろおろしているのでした。

そんな中、秦王専属の医師が薬箱を荊軻に投げつけます。

荊軻は薬箱に当たり怯んでしまいます。

 

秦王暗殺計画その4:暗殺計画は失敗。荊軻は惨殺される

始皇帝

 

秦王は荊軻がひるんだ隙を見て、落ち着いて剣を抜き、

荊軻を一刀の元に斬りつけます。

彼は最後の力を振り絞って、秦王にナイフを投げつけますが、

秦王には当たらず、柱に当たります。

その後荊軻は秦王とその部下により、斬り刻まれてしまいます。

さてここで皆さんが気になったと思うことがあると思います。

荊軻と共に来た従者は一体何をしていたのでしょうか。

彼は荊軻を助ける事無く、荊軻が刻まれて事件が終わるまでずっとブルブル

と震えて立ち尽くしていただけであったそうです。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

こうして荊軻が考えた秦王暗殺計画は失敗に終わります。

それにしても至近距離からの攻撃は、運よく袖が破れた事で

難を避ける事になりました。

始皇帝は荊軻や張良などの暗殺者からの攻撃を

全てかわします。

始皇帝は物凄い運に恵まれた人物であった事が伺えますね。

今回のお話はこれでおしまいにゃ。次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう

それじゃまたにゃ~

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:白起(はくき)ってどんな人?|キングダムでお馴染みの六大将軍

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 


 

関連記事

  1. 弓矢を構える李広
  2. 騎射の術に長けた騎馬兵士
  3. 口論する韓非と李斯
  4. キングダム
  5. キングダム
  6. キングダム 戦国七雄地図

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • さあや
    • 2019年 10月 02日

    荊軻が官僚を目指して、弁論の修行をしていたのを初めて知りました!だから、樊於期の首をもらう説得も上手く言ったんですね
    何となく荊軻って結構自信家っぽいなと思いました笑
    秦舞陽が立っていただけとは…ほんまに役立たず、やったんですね…
    秦王は、めちゃめちゃ運がいいですね
    それも始皇帝としての才能なんですかね
    面白い記事ありがとうございます

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP