荊軻(けいか)とはどんな人?伝説の暗殺一家ゾルディック家もびっくり!秦王政を暗殺しようとした男




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

政

 

秦が強大になるにつれて、各国は手も足も出ない状態になります。そんな中秦王政に恨みを持つ燕の太子は彼を暗殺しようと計画し、一人の男に暗殺計画を依頼します。

 

荊軻

 

その男の名は荊軻(けいか)

彼は燕王から暗殺依頼を受け、無謀ともいえる秦王政の暗殺に試みます。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 




暗殺者荊軻の生い立ち

秦王政を暗殺するための策を考える荊軻

 

荊軻は衛という小国の出身で始めから、暗殺者を目指した訳ではありませんでした。彼が志したのは官僚です。そのため弁論の術を修行するため諸国を周ります。諸国を巡る旅を完了し、衛の官僚になるべく就職活動を開始します。就職活動を始めると衛の君主からお呼びがかかります。

 

荊軻はすぐに衛の君主と会い、自らが考える国家論を語ります。しかし衛の君主は荊軻の話を受け入れませんでした。荊軻は自らの考えを受け入れられなかった事で心が折れ、官僚の夢を捨て衛を出て他国を放浪します。

 

関連記事:屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達?

関連記事:史上最強の交渉術を備えた縦横家ってどんな人?

関連記事:老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

関連記事:キングダムの時代に開花した法家の思想




燕に辿り着く

「燕」の旗を持った兵士

 

荊軻は衛を出て、遊侠(やくざもの)として各国を歩き回ります。各地を周り、色々な人と出会い別れを繰り返しながら、燕に流れ着きます。荊軻は燕に流つくと、高漸離(こうざんり)という筑(弦楽器の一部)の達人と友人になります。二人は市場に言って酒を昼間から飲み、高漸離は酔うと筑を奏で、歌い騒ぎます。

 

荊軻は高漸離が筑を奏でると必ず、泣き始めるありさまです。この様子を見ている民は周りに誰にも存在しないかのような振舞いにこう言います。「傍若無人」だと言いふらすのです。

 

関連記事:「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら?

 

人質太子が帰国

 

燕の太子で丹は秦で人質となっていたが逃亡します。そして彼は燕にボロボロの姿で逃げ帰ってきます。太子丹は幼いころから秦へ人質に出されていました。彼は子供の頃、人質でありながら幼い頃の秦王政と親しく付き合っていました。

 

その後大人になった丹は子供の頃と同じように、秦王政に語りかけます。すると政はにらみ、冷たい対応を取ります。太子丹は成人した政の対応に怒りを感じ、燕に帰ってきます。彼は燕に帰ってくると、秦王政を殺害しようと考え燕の実力者田光に相談を持ち掛けます。

 

田光は丹から「秦王を暗殺する計画を立てているのだが、知り合いに刺客などいないか。」と相談します。

田光は少し考えこむと丹に「私の食客に一人適任者がおります。」と伝えます。

太子は「さようか。その者を連れてきてもらいたい。」と田光に伝えます。

田光は頷き、その場を去ろうとします。

丹は田光が立ち上がった時に「この事は誰にも言わないでな」と口止めします。

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. 馬で高速移動する王翦
  2. 病に倒れる始皇帝
  3. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  4. 兵馬俑
  5. 斉王になる司馬攸

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2020年 4月 19日

    キングダムではどんなアレンジをされるのか楽しみです。
    お頭は易々と首を取らせてはくれそうにないですし、曲者だらけのキングダム界で、一国の太子が軽んじられたから!という理由で暗殺者を送るとも思えませんし…。
    (逆に成キョウ系かもしれませんが。)

    • さあや
    • 2019年 10月 02日

    荊軻が官僚を目指して、弁論の修行をしていたのを初めて知りました!だから、樊於期の首をもらう説得も上手く言ったんですね
    何となく荊軻って結構自信家っぽいなと思いました笑
    秦舞陽が立っていただけとは…ほんまに役立たず、やったんですね…
    秦王は、めちゃめちゃ運がいいですね
    それも始皇帝としての才能なんですかね
    面白い記事ありがとうございます




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP