架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

荊軻(けいか)とはどんな人?伝説の暗殺一家ゾルディック家もびっくり!秦王政を暗殺しようとした男

この記事の所要時間: 50




政

 

秦が強大になるにつれて、各国は手も足も出ない状態になります。

そんな中秦王政に恨みを持つ燕の太子は彼を暗殺しようと計画し、

一人の男に暗殺計画を依頼します。

その男の名は荊軻(けいか)

彼は燕王から暗殺依頼を受け、無謀ともいえる秦王政の暗殺に試みます。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 



暗殺者荊軻の生い立ち

 

荊軻は衛という小国の出身で始めから、暗殺者を目指した訳ではありませんでした。

彼が志したのは官僚です。

そのため弁論の術を修行するため諸国を周ります。

諸国を巡る旅を完了し、衛の官僚になるべく就職活動を開始します。

就職活動を始めると衛の君主からお呼びがかかります。

荊軻はすぐに衛の君主と会い、自らが考える国家論を語ります。

しかし衛の君主は荊軻の話を受け入れませんでした。

荊軻は自らの考えを受け入れられなかった事で心が折れ、官僚の夢を捨て

衛を出て他国を放浪します。

 

関連記事:屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達?

関連記事:史上最強の交渉術を備えた縦横家ってどんな人?

関連記事:老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

関連記事:キングダムの時代に開花した法家の思想



燕に辿り着く

 

荊軻は衛を出て、遊侠(やくざもの)として各国を歩き回ります。

各地を周り、色々な人と出会い別れを繰り返しながら、燕に流れ着きます。

荊軻は燕に流つくと、高漸離(こうざんり)という筑(弦楽器の一部)の達人と友人になります。

二人は市場に言って酒を昼間から飲み、高漸離は酔うと筑を奏で、歌い騒ぎます。

荊軻は高漸離が筑を奏でると必ず、泣き始めるありさまです。

この様子を見ている民は周りに誰にも存在しないかのような振舞いにこう言います。

「傍若無人」だと言いふらすのです。

 

関連記事:「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら?

 

人質太子が帰国

photo credit: :) via photopin (license)

photo credit: 🙂 via photopin (license)

 

燕の太子で丹は秦で人質となっていたが逃亡します。

そして彼は燕にボロボロの姿で逃げ帰ってきます。

太子丹は幼いころから秦へ人質に出されていました。

彼は子供の頃、人質でありながら幼い頃の秦王政と親しく付き合っていました。

その後大人になった丹は子供の頃と同じように、秦王政に語りかけます。

すると政はにらみ、冷たい対応を取ります。

太子丹は成人した政の対応に怒りを感じ、燕に帰ってきます。

彼は燕に帰ってくると、秦王政を殺害しようと考え

燕の実力者田光に相談を持ち掛けます。

田光は丹から「秦王を暗殺する計画を立てているのだが、知り合いに

刺客などいないか。」と相談します。

田光は少し考えこむと丹に「私の食客に一人適任者がおります。」と伝えます。

太子は「さようか。その者を連れてきてもらいたい。」と田光に伝えます。

田光は頷き、その場を去ろうとします。

丹は田光が立ち上がった時に「この事は誰にも言わないでな」と口止めします。

 

用心深い秦王に近づけ!その1:秦王政を暗殺するための策を考える

photo credit: Memento Mori via photopin (license)

photo credit: Memento Mori via photopin (license)

 

田光は荊軻に「秦王政を暗殺してくれないか。」と依頼します。

荊軻は食客として養ってくれた田光へ恩を返すため快諾。

田光は荊軻が快諾した後「太子に疑念を持たれてしまった。」と言い、自刃します。

荊軻は田光の死を悲しむ暇もなく、秦王政に近づく方法を考えます。

秦王政は用心深く、小手先の考えでは近づくことはできません。

荊軻は数日間、部屋に籠って考え続けた結果、一つの策を思いつきます。

 

用心深い秦王に近づけ!その2:太子丹に策を容認させる

 

荊軻は自らが考えた渾身の策を披露するため、太子丹と会見します。

荊軻は太子丹に会うと「太子。用心深い秦王に会う策を考えてきましたので

聞いて頂けますか」と告げます。

太子丹は「申してみよ」と話を促します。

荊軻は頷き話し始めます。

「秦王に近づくため、まず一つ目の策として

燕で一番豊かな土地である督亢(とくこう)を秦に渡すことをお許しください。」

と告げます。

太子丹は頷き「次の策を聞かせよ。」と催促します。

荊軻は次の策を言うのをためらっていましたが、太子が再び話をせよと

促すので、意を決し話します。

桓騎 キングダム

 

「太子。秦から我が国を頼って亡命してきた桓騎(かんき)の首を差し出そうと思います。」

と伝えます。

太子は「バカ野郎。我が国を頼ってきた者を殺すことはできぬ」と言い、部屋から出ていきます。

荊軻はこのようになることをあらかじめ予測しており、次の策へ移行します。

 

関連記事:【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐

関連記事:桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術

関連記事:【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説!

 

用心深い秦王に近づけ!その3:桓騎の首を手に入れろ

桓騎 キングダム

 

荊軻は太子丹の元を去ると、桓騎の元へ向かいます。

荊軻は彼に会うと「私が秦王政を殺し、あなたの無念を晴らしてきましょう。

しかし秦王に近づくには、どうしてもあなたの首が必要なのです。」と頭を下げて

お願いします。

桓騎は秦王政へ復讐するため、荊軻の申し入れを受け入れ、自刃します。

荊軻はこうして秦王に近づく二つの策を成立します。

 

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 【シミルボン】これは凄い!非常に我慢強い英雄、曹操
  2. 【夏休みや旅行の移動時間にいかが】キングダムや三国志よりもすごい…
  3. 諸葛孔明の影に隠れる劉備
  4. 恩賜の御衣ってなに?三国志や源氏物語にも出てくるエピソードを紹介…
  5. キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデ…
  6. 中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン…
  7. これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。
  8. 蜀の武将・張達(ちょうたつ)と范彊(はんきょう)に同情の余地はあ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る
  2. 項燕(こうえん)とはどんな人?信と蒙恬を撃破する王騎レベルの名将!
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/15〜8/21】
  4. 藏洪(ぞうこう)とはどんな人?袁紹が可哀想になるくらい逆恨み男の人生
  5. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期
  6. 魏や呉にもいた諸葛一族の話

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた? 106話:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてしまった漢 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた 【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった! 57話:劉備はどうやって三国志界の天才軍師・諸葛孔明を手に入れたの? 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1

おすすめ記事

  1. 【曹操死す】卞皇后の一番辛くて長い日々
  2. 孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した!
  3. 三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの?
  4. 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆するつもりだったの?
  5. 曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【9/25〜10/2】
  7. 123話:馬謖痛恨のミス!!泣いて馬謖を斬る孔明
  8. 宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を分かりやすく解説!

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP