キングダム
黄巾賊




はじめての三国志

menu

はじめての変

荊軻(けいか)とはどんな人?伝説の暗殺一家ゾルディック家もびっくり!秦王政を暗殺しようとした男

この記事の所要時間: 558




政

 

秦が強大になるにつれて、各国は手も足も出ない状態になります。

そんな中秦王政に恨みを持つ燕の太子は彼を暗殺しようと計画し、

一人の男に暗殺計画を依頼します。

その男の名は荊軻(けいか)

彼は燕王から暗殺依頼を受け、無謀ともいえる秦王政の暗殺に試みます。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 



暗殺者荊軻の生い立ち

 

荊軻は衛という小国の出身で始めから、暗殺者を目指した訳ではありませんでした。

彼が志したのは官僚です。

そのため弁論の術を修行するため諸国を周ります。

諸国を巡る旅を完了し、衛の官僚になるべく就職活動を開始します。

就職活動を始めると衛の君主からお呼びがかかります。

荊軻はすぐに衛の君主と会い、自らが考える国家論を語ります。

しかし衛の君主は荊軻の話を受け入れませんでした。

荊軻は自らの考えを受け入れられなかった事で心が折れ、官僚の夢を捨て

衛を出て他国を放浪します。

 

関連記事:屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達?

関連記事:史上最強の交渉術を備えた縦横家ってどんな人?

関連記事:老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

関連記事:キングダムの時代に開花した法家の思想



燕に辿り着く

 

荊軻は衛を出て、遊侠(やくざもの)として各国を歩き回ります。

各地を周り、色々な人と出会い別れを繰り返しながら、燕に流れ着きます。

荊軻は燕に流つくと、高漸離(こうざんり)という筑(弦楽器の一部)の達人と友人になります。

二人は市場に言って酒を昼間から飲み、高漸離は酔うと筑を奏で、歌い騒ぎます。

荊軻は高漸離が筑を奏でると必ず、泣き始めるありさまです。

この様子を見ている民は周りに誰にも存在しないかのような振舞いにこう言います。

「傍若無人」だと言いふらすのです。

 

関連記事:「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら?

 

人質太子が帰国

photo credit: :) via photopin (license)

photo credit: 🙂 via photopin (license)

 

燕の太子で丹は秦で人質となっていたが逃亡します。

そして彼は燕にボロボロの姿で逃げ帰ってきます。

太子丹は幼いころから秦へ人質に出されていました。

彼は子供の頃、人質でありながら幼い頃の秦王政と親しく付き合っていました。

その後大人になった丹は子供の頃と同じように、秦王政に語りかけます。

すると政はにらみ、冷たい対応を取ります。

太子丹は成人した政の対応に怒りを感じ、燕に帰ってきます。

彼は燕に帰ってくると、秦王政を殺害しようと考え

燕の実力者田光に相談を持ち掛けます。

田光は丹から「秦王を暗殺する計画を立てているのだが、知り合いに

刺客などいないか。」と相談します。

田光は少し考えこむと丹に「私の食客に一人適任者がおります。」と伝えます。

太子は「さようか。その者を連れてきてもらいたい。」と田光に伝えます。

田光は頷き、その場を去ろうとします。

丹は田光が立ち上がった時に「この事は誰にも言わないでな」と口止めします。

 

用心深い秦王に近づけ!その1:秦王政を暗殺するための策を考える

photo credit: Memento Mori via photopin (license)

photo credit: Memento Mori via photopin (license)

 

田光は荊軻に「秦王政を暗殺してくれないか。」と依頼します。

荊軻は食客として養ってくれた田光へ恩を返すため快諾。

田光は荊軻が快諾した後「太子に疑念を持たれてしまった。」と言い、自刃します。

荊軻は田光の死を悲しむ暇もなく、秦王政に近づく方法を考えます。

秦王政は用心深く、小手先の考えでは近づくことはできません。

荊軻は数日間、部屋に籠って考え続けた結果、一つの策を思いつきます。

 

用心深い秦王に近づけ!その2:太子丹に策を容認させる

 

荊軻は自らが考えた渾身の策を披露するため、太子丹と会見します。

荊軻は太子丹に会うと「太子。用心深い秦王に会う策を考えてきましたので

聞いて頂けますか」と告げます。

太子丹は「申してみよ」と話を促します。

荊軻は頷き話し始めます。

「秦王に近づくため、まず一つ目の策として

燕で一番豊かな土地である督亢(とくこう)を秦に渡すことをお許しください。」

と告げます。

太子丹は頷き「次の策を聞かせよ。」と催促します。

荊軻は次の策を言うのをためらっていましたが、太子が再び話をせよと

促すので、意を決し話します。

桓騎 キングダム

 

「太子。秦から我が国を頼って亡命してきた桓騎(かんき)の首を差し出そうと思います。」

と伝えます。

太子は「バカ野郎。我が国を頼ってきた者を殺すことはできぬ」と言い、部屋から出ていきます。

荊軻はこのようになることをあらかじめ予測しており、次の策へ移行します。

 

関連記事:【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐

関連記事:桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術

関連記事:【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説!

 

用心深い秦王に近づけ!その3:桓騎の首を手に入れろ

桓騎 キングダム

 

荊軻は太子丹の元を去ると、桓騎の元へ向かいます。

荊軻は彼に会うと「私が秦王政を殺し、あなたの無念を晴らしてきましょう。

しかし秦王に近づくには、どうしてもあなたの首が必要なのです。」と頭を下げて

お願いします。

桓騎は秦王政へ復讐するため、荊軻の申し入れを受け入れ、自刃します。

荊軻はこうして秦王に近づく二つの策を成立します。

 

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 小牧長久手の戦いの勝敗はどうなった?漫画・センゴクから見る小牧長…
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/24〜10…
  3. 【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってた…
  4. 孫権のツンデレ外交に蜀の天才外交官・鄧芝の能力炸裂!蜀呉同盟を復…
  5. これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみち…
  6. 王昶(おうちょう)ってどんな人?治世に優れた優秀な政治家で、軍事…
  7. はじめての三国志 4コマ劇場 「関羽単騎駆け」
  8. 【はじめての孫子】第11回:兵は多きを益ありとするに非ざるなり。…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【キングダム550話】「期限の知らせ」ネタバレ&レビュー
  2. 『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわざ
  3. 28話:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備
  4. 【シミルボン】ドキッ!全員男!三国志の時代にあった男同士のひざまくら
  5. 三国志のダブー・劉禅は本当に劉備の子だったの?
  6. 62話:徐庶を手に入れたい曹操、程昱の鬼畜な計略を採用し劉備から徐庶を奪うの巻

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説 東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1 楊貴妃と玄宗が愛を育んだ温泉地華清池によかミカンが行ってみた 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】 【キングダム】王賁の子孫はついに○○になっちゃったってホント!? キングダム 529話 ネタバレ予想:犬戎の末裔 【ネオ三国志】第7話:皇帝に就任した袁術と荀彧の秘策【蒼天航路】 63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと?

おすすめ記事

  1. 陸遜と趙雲は本当に有能だったの?英雄を徹底分析
  2. 【告白】私はこうして三国志にハマりました!
  3. 【歴史を変えた名言】この名言によって歴史は変わった「断じて行えば鬼神もこれを避く」
  4. 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたってホント?
  5. 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【前半】
  6. 【キングダム】呂不韋の子孫は前漢の皇后と三国志のあの人だった!
  7. 井伊直弼とはどんな人?井伊の赤鬼は泣いた赤鬼だった
  8. 歴史上の最強の弓の使い手は誰?太史慈?李広?源為朝?立花宗茂?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP