夏侯惇は本当に自分の目玉を食べたの?

2017年3月15日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく「ろひもと理穂の三国志コーナー」です。

今回は、前回に引き続き、魏の名将・夏候惇(かこうとん)について触れていきます。

誤解がないように先にお伝えしておきますが、私は夏候惇が好きです。

魏の武将のなかでは張遼と同じくらい好きです。

ただ、張遼よりもツッコミどころが多いのが夏候惇です。

皆さんは、「夏候惇」と聞いて、まず何を連想しますか?

「隻眼」と答える方も多いのではないでしょうか。

そうです。夏候惇は片目を失っていたのです。

 

関連記事:夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



隻眼の将

 

片目を失った隻眼の将といえば、日本人では「伊達正宗」が有名です。

片目に眼帯を当てています。

海賊にもいそうな雰囲気ですね。

それだけの修羅場を潜り抜けてきた猛者の証にも思えます。

ちなみに伊達政宗が隻眼になったのは戦場での負傷ではありません。

子供のころ疱瘡にかかったのが原因です。奇跡的に病気は治りましたが、右目を失いました。

コンプレックスは抱えて育ったようですが、立派な大将となり、

後世のひとは「独眼竜正宗」と呼んで尊敬しています。

元祖「独眼竜」は後唐の太祖「李克用」のことです。

黒塗りの軍装で統一された鴉軍という異名をもつ兵を率いた猛将です。

彼もまた病気で片目が見えなかったといいます。

隻眼でも強い武将は強いのです。

 



夏候惇が失った片目はどっち?

 

李克用よりも元祖隻眼の将といえば、三国志に登場する夏候惇です。

彼は生まれたとき既に片目が見えなかったわけでもなく、病で片目を失ったわけでもありません。

西暦194年までは両目があったのです。

夏候惇が隻眼になったのは、呂布が兗州で張邈や陳宮とともに反乱を起こしたときです。

曹操軍と呂布軍は兗州の地で約4年間戦い続けます。

呂布といえば三国志で最強の将です。旗下も張遼や高順など一騎当千の猛者揃いです。

曹操と呂布の戦いは激戦となります。

その中で夏候惇は左目を射抜かれるのです。

伊達政宗は右目が見えないのですが、夏候惇は左目が見えません。お互いに逆なのです。

三国志演義では呂布の配下である曹性に射られたとされています。

 

夏候惇の脅威のリアクション

 

曹性の矢は正確に夏候惇の顔に突き刺さりました。

「夏候惇、獲ったぞー!!」

って思わず曹性は叫んだに違いありません。

普通ならこれで倒れ、首を刎ねられるでしょう。

運よく味方にかばわれても負傷退場を余儀なくされます。

しかし夏候惇は違いました。

なんと、矢を自分で抜き放ったのです。

痛すぎです。

矢の先には自分の左目が焼き鳥のように突き刺さっていました。

まさに地獄絵図です。きっとこの逸話が後世のホラー映画に投影されていくのでしょう。

さらに凄いことに、夏候惇は、

「親に貰った大事な体の一部を捨てられるか!」と叫んで、その左目を食べてしまうのです。

この異常な気迫に押された曹性は、夏候惇の突き出した槍のえじきとなり死んでしまいます。

三国志のなかでも有名な一場面です。

これぞ戦場に命を賭ける武将の姿。武将の鑑ですね。

日本に星の数ほどいるお笑い芸人たちでも、こんなリアクションは無理です。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

この逸話がフィクションだったとしても、

無数に飛び交う矢の中を必死に戦った夏候惇がいたのは事実でしょう。

その結果、左目を失ったのも事実ではないでしょうか。

負傷してもなお戦い続けようとする夏候惇の闘志がこのような逸話を生んだのだと思います。

きっと夏候惇とは関羽や張飛に負けず劣らぬ闘志の塊だったに違いありません。

以後、盲夏候と呼ばれることになりますが、

曹操を含めそう呼んでいるものたちは尊敬の念をもって夏候惇に接していただろうと私は思います。

 

みなさんはどうお考えですか。

 

関連記事:夏侯惇の死後、一族はどうなったの?忙しかった夏侯惇はイクメンではなかった?

関連記事:曹操の分身!夏侯惇(かこうとん)の生涯

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ろひもと理穂

ろひもと理穂

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。 自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください! 好きな歴史人物: 曹操、蒲生氏郷

-夏侯惇
-