朝まで三国志悪
広告




はじめての三国志

menu

はじめての変

忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10

この記事の所要時間: 34




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志家臣にするのは難しいベスト10!!」のコーナーです。

 

これまで、ベストコンビネーション賞、一騎打ち最強賞を決めてきましたが、

今回は家臣に加えるのは難しいなという「家臣にするのは難しい賞」を決定したいと思います。

いつも通り私の独断と偏見で決めさせていただきます。

あしからず。

ちなみにこの賞を受賞するポイントは「忠誠心の低さ」「自立心の高さ」がポイントになります。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志ベストコンビネーション賞!感心・感動したコンビ10選




第10位から第6位

 

第10位は西方の雄・韓遂です。

反乱を加担すること数知れず。異民族からの信頼もあり、

漢王朝の指示などまったく聞く耳を持ちません。

仮に家臣にしても、韓遂が力をつけていくとすぐに独立していくことでしょう。

 

 

第9位は黄巾の頭領・張角です。

大規模な反乱を起こすあたりかなりの独立心があると考えられます。

誰もが考えなかった後漢帝国を滅ぼす準備をしたわけですから、まさに独立勢力の先駆け的な存在です。

仮に家臣にしても、他の家臣たちに信仰心を目覚めさせて根こそぎ離脱される恐れがあります。

 

 

第8位は蜀の皇帝・劉備です。

あれだけ群雄の下を渡り歩いても決して自立心を失わなかったあたりはさすがです。

志に反することを強要させたら簡単にいなくなってしまうことでしょう。

あの曹操をもってしても飼いならすことはできなかったのですから手強いですね。

 

 

第7位は魏を代表する英雄・司馬懿です。

そもそも召し抱えることから難しいです。曹操をもってしてもかなりの時間がかかっていますし、

献帝を迎えるという難関をクリアしていなければ決して家臣に加わらなかったに違いありません。

しかも野心もあるので召し抱えてからでも大変です。

器量が司馬懿以上でなければ簡単に寝首をかかれることでしょう。

 

 

第6位は飛将・呂布です。

この順位は意外かもしれませんが、何度も群雄の配下にはなっているのです。

基本的には家臣気質だと思います。しかし出世のためならば簡単に主君の首を獲ります。

彼が家臣団にいたら心休まる日はないでしょう。




第5位と第4位

 

では気になる第5位!最強の毒舌家・禰衡です。

彼の毒舌ぶりは筆舌に尽くしがたいものがあります。

いくら才能があっても人間としての魅力が欠如していますね。何様なんでしょうか。

他の家臣も彼がいたらうんざりすると思いますし、

まったく盛り上がらないで組織はどんどん弱体化していくでしょう。

 

 

第4位は、暴君・董卓です。

何をしでかすかわかりません。上司に対しても、

いつか殺してやるぐらいの殺意をもって働いていそうです。

それでいて知恵がまわるのでいつの間にか主君は孤立し、その座を奪われることでしょう。

その後は残酷な死が待っています。

 

第3位と第2位

 

いよいよ第3位です。自称皇帝・袁術です。

なにせ名門出ですから言うことは聞かないでしょう。

しかも野心が高く、周囲の空気を読めないので、とんでもないことをやっちゃいます。

彼が家臣にいたらどれだけの事件に巻き込まれるかしれません。

 

 

では第2位です。小覇王・孫策です。

とにかく自立心が旺盛。しかもチャレンジ精神に満ち溢れています。

強い仲間を作るのもうまい。仮に孫策を家臣に加えても、

1年もせずに主君の座は孫策にもっていかれているはずです。

 

家臣にするのは難しい賞(KMS)特別金賞

 

それでは第1位です。ジャジャジャジャーン!!

ダントツで曹操です。

曹操に能力でかなう人間はいないでしょう。

人の下で生きる男ではありません。天の下で生きることすらこの男は超越しそうです。

社会や人類の常識の外にいるのです。半分、神話に登場する英雄、それが曹操です。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

シュミレーションゲームをすると曹操や孫策を家臣に加えることができます。

これは元来おかしな話です。ひとときはそうあったとしても、時期が来たら必ず自立します。

そこの修正をシュミレーションゲームには要求したいですね。

 

みなさんはどう思いますか。

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・

関連記事:曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?
  2. 【ファン必見】2016年スーパーエリート袁術君の活躍まとめ26選…
  3. 【マイナー武将列伝】賈詡は有名だけどご主人の張繍って誰?
  4. 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だ…
  5. 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2
  6. 朱儁(しゅしゅん)とはどんな人?董卓を恐れずに反対意見を述べた人…
  7. 夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析
  8. 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 再婚なんか当たり前?驚きの三国志の再婚事情とは?
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見どころ紹介
  3. 軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>
  4. 織田信長にとって最強の敵は武田信玄や上杉謙信でもなく本願寺顕如だった!
  5. 二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説するよ
  6. 始皇帝・政が甘々な性格であった事が原因で秦が滅びた?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

サンクトペテルブルク以東最大と言われた大阪城を建築した秀吉の狙いとは? 劉馥(りゅうふく)ってどんな人?魏の地方行政官なのに無人の合肥を鉄壁の城に作り上げた功臣 三国志の時代のお茶は、全然人気が無かったってホント? 月刊はじめての三国志2017年10月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.2 乱世の奸雄・曹操の初陣はどんな戦いをしてたの? どもりが酷い鄧艾の隠れた才能!優れた農業政策「済河論」を分かりやすく解説 『三國志曹操伝 ONLINE』がアップデート。新コンテンツ「千里行」と、完全オリジナルシナリオを追加!

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【4/17〜4/24】
  2. 【楚漢戦争】劉邦をイジメ、苦しめた、いじめっ子雍歯(ようし)
  3. 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器
  4. これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだった!
  5. 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.1
  6. 【素朴な疑問】馬謖って失敗ばかり強調されるけど手柄とかないの?
  7. 屈原(くつげん)とはどんな人?楚のために命を尽くす有能な政治家
  8. 【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP