編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言

この記事の所要時間: 28




 

戦国四君の中で最大の食客と人望を持った四君である孟嘗君(もうしょうくん)

彼は斉王と喧嘩をして宰相の位を追われてしまいます。

この時孟嘗君には3000人もの食客がいたのですが全員いなくなってしまいます。

しかし一人だけ孟嘗君の元を離れずにいたのが馮驩(ふうかん)です。

彼は孟嘗君の元に留まり、そのまま彼が宰相へ戻れるように再起の策を提案した人物でした。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!




宰相罷免

 

斉の貴公子である孟嘗君は諸侯からも人望がある人物で、

彼が動けば天下の諸侯は全て彼に付き従うほどの人物でした。

そんな彼を見て嫉妬していたのが斉王です。

斉王は諸侯から「斉は孟嘗君のおかげで成り立っている」と噂されていることを知ります。

そのことに対して孟嘗君にイラついていた斉王は孟嘗君に難癖を付けて、

宰相の位から引きずり下ろしてしまいます。

孟嘗君はこの事を領地である薛(せつ)で知ると大いに腹が立ち壁に向かって

陶器を投げて八つ当たりをしていたそうです。




食客達がいなくなる

 

孟嘗君が宰相を罷免させられた事を知った食客達は一人ずついなくなってしまいます。

そして日に日に減っていく食客達の数を見て大いに落胆した孟嘗君は

ため息ばかりをついておりました。

そして数ヵ月後には誰ひとりとして食客は残らず、全て彼の元から去ってしまいます。

この事を知った孟嘗君は天を仰いで嘆きますが、家の中で一人の人物が座っておりました。

 

役立たずの馮驩

 

孟嘗君は家の中に目を凝らすと一人の人物が立ち上がって、彼の元へやってきます。

この人物は孟嘗君の食客となってそこそこの年月を過ごしておりましたが、

他の食客達のように活躍することなく、また仕事もしなかったため、

他の食客から「ただ飯食いの役立たず」と陰口を言われている馮驩でした。

彼は孟嘗君に「宰相へ戻るための策をお教え致しましょう」と言って彼のために色々と画策します。

そしてこの作戦は成功し、孟嘗君は再度斉の宰相へ返り咲くことになります。

 

食客達が再び戻ってくるが・・・

 

孟嘗君はこうして宰相へ返り咲きますが、内心イライラしておりました。

彼は馮驩が散って居なくなった食客達を呼び戻していたからです。

孟嘗君は政務を終えて家に帰ると早速馮驩を呼んで「あいつら帰ってくるのはいいが、

どの面下げてわしと面会するのであろうか。」と馮驩へ話しかけます。

すると彼は「殿。市場で人が集まってくるのは物が大量に売っているからで、

店を閉めたら誰もきません。

人間関係も同じようにお金を持っている人のところには色々な人材が集まってきますが、

お金がない人のところには人材は集まってきません。

今食客達が居ないのは殿にお金がないからです。彼らを恨んではなりません。」と述べます。

この言葉を聞いた孟嘗君は大いに納得し、

食客が戻ってきても嫌な顔せずいつもどおりに向かい入れます。

 

春秋戦国ライター黒田レンの独り言

 

馮驩が残したこの名言は「富貴(ふうき)なれば士多く、貧賎(ひんせん)なれば友すく無きは

当然である」と伝わっております。

この名言はいつの時代になっても通用する名言であると私は思います。

現代でもお金のある議員や地主、国会議員、芸能人でもお金のある人のところにはたくさんの

人が集まってきています。

そのため議員として当選できなかった人や芸能人で稼げなくなった人、

地主としてなにかの理由でお金が無くなった人のところには、

あまり多くの人は寄り付かなくなってきます。

その原因はその人物にお金がないからです。

彼の名言はまさしく人間関係の真理をついた至言であると私は思うのですが、

はじさんの読者の皆様はどのようにこの名言を捉えますか。

 

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選

関連記事:【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国同盟の終わりと武田信玄の危機
  2. 第六天魔王・織田信長は本当に天下統一がしたかったの?
  3. 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用…
  4. 秦の『人材』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?
  5. 范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師
  6. みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった!
  7. 【初代親衛隊長】呂布軍を打ち破るきっかけを作った典韋(てんい)
  8. 三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【3/13〜3/20】
  2. 禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏
  3. 【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・項羽
  4. 袁術は反董卓連合軍の解散後どこで何をしていたの?
  5. 徐璆(じょきゅう)とはどんな人?曹操より丞相を譲ろうとされた男
  6. 孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽くした孫家の将

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

ブラウザ三国志|マーベラスにおとぼけが突撃じゃ! 【衝撃の事実】死せる孔明、生ける仲達を走らせるは司馬懿の芝居だった!?英雄の波瀾万丈な人生に迫る! 【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世したの? 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる 甘露寺の十字紋石|劉備の石占い 【真田丸】高速で関ヶ原の戦いは終わったが、どうして三成と家康が戦うことになったの?『黒田廉の考察』 【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデルとしていた!? 空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え?

おすすめ記事

  1. 陳羣(ちんぐん)って九品官人法以外の実績ってあるの?
  2. 68話:劉表死す、そして偽の遺言書で劉琮が後継者に
  3. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志に興味を持ったきっかけ 【002】
  4. 漢の名将韓信が敗北したことがあるってホント!?
  5. 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 2
  6. 【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの?
  7. 宦官VS外戚の争い 第二ラウンド
  8. 三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP