ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言

孟嘗君




 

戦国四君の中で最大の食客と人望を持った四君である孟嘗君(もうしょうくん)

彼は斉王と喧嘩をして宰相の位を追われてしまいます。

この時孟嘗君には3000人もの食客がいたのですが全員いなくなってしまいます。

しかし一人だけ孟嘗君の元を離れずにいたのが馮驩(ふうかん)です。

彼は孟嘗君の元に留まり、そのまま彼が宰相へ戻れるように再起の策を提案した人物でした。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!




宰相罷免

 

斉の貴公子である孟嘗君は諸侯からも人望がある人物で、

彼が動けば天下の諸侯は全て彼に付き従うほどの人物でした。

そんな彼を見て嫉妬していたのが斉王です。

斉王は諸侯から「斉は孟嘗君のおかげで成り立っている」と噂されていることを知ります。

そのことに対して孟嘗君にイラついていた斉王は孟嘗君に難癖を付けて、

宰相の位から引きずり下ろしてしまいます。

孟嘗君はこの事を領地である薛(せつ)で知ると大いに腹が立ち壁に向かって

陶器を投げて八つ当たりをしていたそうです。




食客達がいなくなる

 

孟嘗君が宰相を罷免させられた事を知った食客達は一人ずついなくなってしまいます。

そして日に日に減っていく食客達の数を見て大いに落胆した孟嘗君は

ため息ばかりをついておりました。

そして数ヵ月後には誰ひとりとして食客は残らず、全て彼の元から去ってしまいます。

この事を知った孟嘗君は天を仰いで嘆きますが、家の中で一人の人物が座っておりました。

 

役立たずの馮驩

 

孟嘗君は家の中に目を凝らすと一人の人物が立ち上がって、彼の元へやってきます。

この人物は孟嘗君の食客となってそこそこの年月を過ごしておりましたが、

他の食客達のように活躍することなく、また仕事もしなかったため、

他の食客から「ただ飯食いの役立たず」と陰口を言われている馮驩でした。

彼は孟嘗君に「宰相へ戻るための策をお教え致しましょう」と言って彼のために色々と画策します。

そしてこの作戦は成功し、孟嘗君は再度斉の宰相へ返り咲くことになります。

 

食客達が再び戻ってくるが・・・

 

孟嘗君はこうして宰相へ返り咲きますが、内心イライラしておりました。

彼は馮驩が散って居なくなった食客達を呼び戻していたからです。

孟嘗君は政務を終えて家に帰ると早速馮驩を呼んで「あいつら帰ってくるのはいいが、

どの面下げてわしと面会するのであろうか。」と馮驩へ話しかけます。

すると彼は「殿。市場で人が集まってくるのは物が大量に売っているからで、

店を閉めたら誰もきません。

人間関係も同じようにお金を持っている人のところには色々な人材が集まってきますが、

お金がない人のところには人材は集まってきません。

今食客達が居ないのは殿にお金がないからです。彼らを恨んではなりません。」と述べます。

この言葉を聞いた孟嘗君は大いに納得し、

食客が戻ってきても嫌な顔せずいつもどおりに向かい入れます。

 

春秋戦国ライター黒田レンの独り言

 

馮驩が残したこの名言は「富貴(ふうき)なれば士多く、貧賎(ひんせん)なれば友すく無きは

当然である」と伝わっております。

この名言はいつの時代になっても通用する名言であると私は思います。

現代でもお金のある議員や地主、国会議員、芸能人でもお金のある人のところにはたくさんの

人が集まってきています。

そのため議員として当選できなかった人や芸能人で稼げなくなった人、

地主としてなにかの理由でお金が無くなった人のところには、

あまり多くの人は寄り付かなくなってきます。

その原因はその人物にお金がないからです。

彼の名言はまさしく人間関係の真理をついた至言であると私は思うのですが、

はじさんの読者の皆様はどのようにこの名言を捉えますか。

 

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選

関連記事:【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十六話「綿毛の案」の見ど…
  2. はじめての三国志 画像準備中 【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった?
  3. 楊儀 魏延を倒した楊儀は孔明が亡くなった後どうなったの?
  4. 豊臣秀吉 戦国時代2 豊臣秀吉の天下統一の第一弾「四国征伐」に向けて何をしたの?
  5. 【ネオ三国志】第6話:曹操美女にうつつを抜かして大敗北【蒼天航路…
  6. 織田信長 戦国時代最大のミステリー・本能寺の変の謎に迫る!!
  7. 紂王 殷の紂王(ちゅうおう)とはどんな人?悪逆非道の限りを尽くした殷朝…
  8. ドリフターズの主人公・島津豊久ってマイナーだけど何をした人なの?…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 王翦
  2. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  3. 大山巌
  4. 孔明による出師の表
  5. 蒋琬と姜維と王平
  6. 公孫瓚と劉備
  7. 典韋にボコボコにされる成廉

おすすめ記事

  1. 【はじめてのスキッパーキ】船乗り犬?それとも牧羊犬?意外に謎の多い犬種だった?【第2話】
  2. 夏侯玄(かこうげん)とはどんな人?夏候家の逸材として称えられた名士 夏侯玄
  3. 老荘思想(道家)ってどんな思想?ありのままに? 老荘思想(ろうそうしそう)
  4. 121話:孔明、後継者姜維(きょうい)を得る 孔明と姜維
  5. 李典と楽進の仲って本当に悪かったの!? 張遼・楽進・李典
  6. 【シミルボン】びっくり!三国志の時代の役人は役所に五日間缶詰だった? 株式会社三国志で働く劉備と孔明

三國志雑学

  1. 司馬懿
  2. 九品官人法を作った陳羣
  3. 実は頭がイイ賢い張飛
  4. 羊コ 羊祜 魏と晋


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 西郷隆盛像
  2. 処刑寸前で止める廬毓(ろいく)
  3. 馬超と羊
  4. 朱桓(しゅかん)
  5. 陸遜
  6. 旅 三国志
  7. 曹丕に喧嘩を売る曹植と楊脩

おすすめ記事

明智光秀 麒麟がくる 明智光秀が築いた城下町3選(坂本城・亀山城・福知山城) 三国志タクティクスデルタとはどんなアプリゲーム? 老荘思想(ろうそうしそう) 【老荘思想の創設者】老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた 西郷隆盛像 西郷隆盛が西南戦争を起こした理由とは? 剣を持って戦う徐庶 徐庶にはどんな逸話があるの? お互いに歌を交わす趙雲と劉備 三国サラリーマン趙雲?史実の趙雲は劉備の死後に出世した? 魏延と姜維 姜維と魏延性格は真反対だけど似ている所があった!! 司馬炎に気に入られる孫秀 【晋の皇帝 司馬炎の悩み】司馬家の後継者問題

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP