黄巾賊




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言

この記事の所要時間: 28




 

戦国四君の中で最大の食客と人望を持った四君である孟嘗君(もうしょうくん)

彼は斉王と喧嘩をして宰相の位を追われてしまいます。

この時孟嘗君には3000人もの食客がいたのですが全員いなくなってしまいます。

しかし一人だけ孟嘗君の元を離れずにいたのが馮驩(ふうかん)です。

彼は孟嘗君の元に留まり、そのまま彼が宰相へ戻れるように再起の策を提案した人物でした。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!




宰相罷免

 

斉の貴公子である孟嘗君は諸侯からも人望がある人物で、

彼が動けば天下の諸侯は全て彼に付き従うほどの人物でした。

そんな彼を見て嫉妬していたのが斉王です。

斉王は諸侯から「斉は孟嘗君のおかげで成り立っている」と噂されていることを知ります。

そのことに対して孟嘗君にイラついていた斉王は孟嘗君に難癖を付けて、

宰相の位から引きずり下ろしてしまいます。

孟嘗君はこの事を領地である薛(せつ)で知ると大いに腹が立ち壁に向かって

陶器を投げて八つ当たりをしていたそうです。




食客達がいなくなる

 

孟嘗君が宰相を罷免させられた事を知った食客達は一人ずついなくなってしまいます。

そして日に日に減っていく食客達の数を見て大いに落胆した孟嘗君は

ため息ばかりをついておりました。

そして数ヵ月後には誰ひとりとして食客は残らず、全て彼の元から去ってしまいます。

この事を知った孟嘗君は天を仰いで嘆きますが、家の中で一人の人物が座っておりました。

 

役立たずの馮驩

 

孟嘗君は家の中に目を凝らすと一人の人物が立ち上がって、彼の元へやってきます。

この人物は孟嘗君の食客となってそこそこの年月を過ごしておりましたが、

他の食客達のように活躍することなく、また仕事もしなかったため、

他の食客から「ただ飯食いの役立たず」と陰口を言われている馮驩でした。

彼は孟嘗君に「宰相へ戻るための策をお教え致しましょう」と言って彼のために色々と画策します。

そしてこの作戦は成功し、孟嘗君は再度斉の宰相へ返り咲くことになります。

 

食客達が再び戻ってくるが・・・

 

孟嘗君はこうして宰相へ返り咲きますが、内心イライラしておりました。

彼は馮驩が散って居なくなった食客達を呼び戻していたからです。

孟嘗君は政務を終えて家に帰ると早速馮驩を呼んで「あいつら帰ってくるのはいいが、

どの面下げてわしと面会するのであろうか。」と馮驩へ話しかけます。

すると彼は「殿。市場で人が集まってくるのは物が大量に売っているからで、

店を閉めたら誰もきません。

人間関係も同じようにお金を持っている人のところには色々な人材が集まってきますが、

お金がない人のところには人材は集まってきません。

今食客達が居ないのは殿にお金がないからです。彼らを恨んではなりません。」と述べます。

この言葉を聞いた孟嘗君は大いに納得し、

食客が戻ってきても嫌な顔せずいつもどおりに向かい入れます。

 

春秋戦国ライター黒田レンの独り言

 

馮驩が残したこの名言は「富貴(ふうき)なれば士多く、貧賎(ひんせん)なれば友すく無きは

当然である」と伝わっております。

この名言はいつの時代になっても通用する名言であると私は思います。

現代でもお金のある議員や地主、国会議員、芸能人でもお金のある人のところにはたくさんの

人が集まってきています。

そのため議員として当選できなかった人や芸能人で稼げなくなった人、

地主としてなにかの理由でお金が無くなった人のところには、

あまり多くの人は寄り付かなくなってきます。

その原因はその人物にお金がないからです。

彼の名言はまさしく人間関係の真理をついた至言であると私は思うのですが、

はじさんの読者の皆様はどのようにこの名言を捉えますか。

 

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選

関連記事:【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見ど…
  2. 【マイナー武将列伝】賈詡は有名だけどご主人の張繍って誰?
  3. 信長ジェラる?高松城水攻めからの甲州征伐の流れが完璧すぎる
  4. 美濃大返し炸裂!織田家の覇権をかけた柴田勝家(アゴ)と羽柴秀吉(…
  5. 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだっ…
  6. 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!?
  7. 徳川慶喜は「家康の再来」と言われる程すごい人だったの!?
  8. 管輅(かんろ)とはどんな人?全ての占いを極めた天才占い師

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【意外な事実】劉備は孔明よりも法正を用いてた
  2. キングダムのナキ(那貴)は史実どおり実在したの?
  3. 陶謙はどうして劉備を後継者にしたの?三国志の素朴な疑問に答える
  4. 2300年前の古代中国に動物園が存在した?キングダムに登場するランカイのモデルも?
  5. 【真・三國無双8】新キャラ周倉(しゅうそう)とはどんなキャラ?実際に存在した人?
  6. 「篤姫」経済効果はどの位?町おこしのヒントが満載

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【11/20〜11/26】 49話:許攸の寝返りが曹操を勝利に導く 曹操の北伐~袁氏の滅亡~ 曹昂すぺしゃる「丁夫人と曹昂」 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【1/30〜2/5】 管輅(かんろ)とはどんな人?全ての占いを極めた天才占い師 63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと?

おすすめ記事

  1. 関羽千里行って有名だけど何なの?
  2. 何進(かしん)とはどんな人?天下騒乱のきっかけを作った大将軍
  3. 【はじさん編集部】第2話 三国志なんか読むな!(泣)新橋の夜に吠える はじ三の犬達
  4. 【山内容堂と坂本龍馬】2人の関係は「理想の上司と部下」だったのか?
  5. 曹髦(そうぼう)とはどんな人?曹植に匹敵する才能を持ち、曹操に見劣りしない武略を持っていた為に、殺害されてしまった皇帝
  6. 三国志ならともかく戦国時代は興味がないから大河ドラマを見ないあなたへ。こうすれば真田丸も楽しめる!
  7. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.2
  8. 決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP