孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を持った戦国四君【青年編】




photo credit: 🙂 via photopin (license)

 

古代中国の春秋・戦国と呼ばれる時代は戦乱の時代でした。

秦王政が統一国家を打ち立てるまで、500年以上中国各地で

戦が繰り広げられておりました。

この戦乱の時代には名将や名宰相、軍略家が世の中に多く出て、歴史に名を刻みます。

田文(でんぶん)も歴史に名を残した天下の名宰相です。

しかし彼の幼少期と青年期はつらいものでした。

今回は孟嘗君(もうしょうくん)こと

田文(でんぶん)を前編・後編に分けて紹介したいと思います。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 

関連記事:『うしおととら』の獣の槍の元ネタは孫子の時代にあった?古代中国の名剣・干将と莫邪




5月5日生まれの田文

photo credit: Japan via photopin (license)

 

田文は斉王の従弟である田嬰の子として生まれます。

田嬰は40人もの側室をもっており、田文の母親は大勢の側室の中でも低い身分の出身でした。

また古代中国では「5月に生れた子供は、大きくなったらあなたを

殺すことになる」と言う迷信が信じられていた時代でもありました。

なぜ5月生まれの子が親を不幸にするのか。

5月は「悪月(あくげつ)」と呼ばれ、一年で最も忌まわしい日であったそうです

そんな五月に田文は誕生します。



父に殺されそうになる

photo credit: Welcome to the dark side….. via photopin (license)

 

田嬰は占い師の予言の子である5月5日に生れた田文を殺害しようとします。

田文の母親は田嬰の言葉を聞き、息子を知り合いに預け、

田嬰には「あなた。田文は殺しました。ご安心ください」と嘘をつきます。

田嬰は彼女の言葉に満足げに頷き、仕事に励んでいきます。

 

関連記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

関連記事:始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

関連記事:【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐

関連記事:騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍

 

息子が生きていることに激怒

photo credit: Sleepy Valley – Nant Gwynant, Snowdonia via photopin (license)

 

田文は父の顔を知らずに育っていきます。

田文は成人すると母に呼ばれて父田嬰の家に赴きます。

田嬰は母親に「誰だ。こいつは。」と険しい口調で問われます。

すると母親が「私の子供です。つまりあなたの子ですよ」と伝えます。

田嬰は激怒。田文を指さしながら「お前。こいつを殺したと言ったではないか」と激しい口調で詰問します。

 

関連記事:項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察】

関連記事:豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者

関連記事:なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

 

父に認められる

photo credit: Romantic via photopin (license)

 

二人の話を聞いていた田文は「なぜ5月生まれの私を殺害しようとしたのですか」と父に問いただします。

すると父は「5月生まれの子は、長(たけ)戸(こ)と等しくば将(まさ)に

其(そ)の父母にりならざらんとす」と答えます。

この意味は五月生まれの子は、門より背丈が高くなって、父や母に害をなす存在となるという意味です。

田文は父の言葉を聞き「父上。人の運命を決めるのは天が決めるものでは

ないですか。門が人の運命を決めるものではありません。」と反論します。

田嬰は彼の言葉に納得し、自らの家に住むことを許可します。

しかし過去のいきさつから待遇は良くありませんでした。

 

関連記事:【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王

関連記事:これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。

関連記事:【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR)

関連記事:【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホント?

 

「玄孫(やしゃご)」の名を問う

photo credit: Dandelion via photopin (license)

 

田文は父の屋敷での暮らしを始めます。

そんなある日彼は父に「父上。玄孫の名お分かりですか」と問います。

田嬰は息子に「わからん」と答えます。

すると田文は「父上。現在斉は領土の拡張が行われておりません。それなのに

この家には膨大な蓄財があります。その蓄財を父上は名前も知らない誰かに

残すのはもったいなくありませんか。」と問いただします。

田嬰は頷き「ではどうするのが正しいのだ」と再び質問します。

田文は「才能を持つ食客を全国から集め養うべきです。」と提案。

田文は大いに頷き、食客集めを開始します。

 

関連記事:趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?

関連記事:桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術

 

田文の家に食客が集まる

 

田嬰は食客を斉国で集め、田文に食客の世話を任せます。

田文の世話は食客たちに非常に評判が良く、斉の王や貴族、

全国の諸侯にまで彼の名が知れ渡るほどでした。

 

関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?

関連記事:廉頗(れんぱ)とはどんな人?悲劇のレジェンド元趙三大天[キングダム ネタバレ注意]

関連記事:白起(はくき)ってどんな人?|キングダムでお馴染みの六大将軍

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話

 

父の後継ぎが決定

photo credit: Time to fly via photopin (license)

 

田嬰は彼の名が斉の貴族や王だけではなく全国に知れ渡っていることを知り、

一つの決断をします。

彼は田文を呼び「私の跡を継ぐのはお前だ。後を頼むぞ」と告げます。

田文は唐突の事でありましたが、力強く頷きます。

こうして田文は幼少期~青年期にかけて冷遇されていた忍耐の日々を

耐え抜き、激動の乱世の世界に羽ばたく事になります。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

彼の幼少期~青年期はつらいものでした。

青年期の辛さをようやく抜け、天下へ飛翔する事になります。

しかし天下に羽ばたいた孟嘗君田文はその後もつらく厳しい時を

いくつも乗り越えて行く事になります。

今回のお話はこれでおしまいにゃ。次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~

 

次回記事:孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【成人編】

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー



よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

兵馬俑 kawauso

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

キングダム 政

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

兵馬俑

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

始皇帝

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 孔明 郭嘉 周瑜
  2. 趙雲子龍
  3. 三国時代の船 楼船
  4. ローマ法王の尻に敷かれる貧乏な欧州の国王達

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP