広告募集
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

幻の必殺陣形・八卦の陣とは?三国志演義と諸葛亮孔明の八陣図

この記事の所要時間: 241




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志の守備陣形」のコーナーです。

 

 

戦場において陣形というものは大切です。

攻撃重視の陣もあれば、守備に徹する陣形もあります。

例えば諸葛亮孔明が考案したといわれる「鶴翼の陣」。

敵を包み込んで叩く陣形ですが、敵よりも兵数が優っているときに使用します。

この鶴翼の陣を破るのに適しているのが「魚鱗の陣」です。中央突破の攻めの布陣です。

こういった陣形を変形させながら戦うのが戦場という場所なのです。

今回はこの陣形について触れていきます。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵




日本で有名な「車掛の陣」

 

日本の戦国時代では、三方ヶ原の戦いで徳川家康の鶴翼の陣に武田信玄は魚鱗の陣で戦い、

武田信玄が勝利を収めています。

川中島の戦いでは逆に武田信玄が鶴翼の陣を敷き、上杉謙信の「車掛の陣」を防ぎました。

この車掛の陣というのは車輪が回るように次々と新手の部隊が敵にぶつかっていく陣です。

実際に上杉謙信がこの陣を用いたのかは定かではありません。伝説的な陣形です。

日本の武将は勉強家が多く。諸葛亮孔明が伝える「八陣図」を応用させて様々な陣を編み出しました。

他にも「偃月の陣」「雁行の陣」や「鋒矢の陣」「長蛇の陣」「方円の陣」「衡軛の陣」

などがあります。

一般的に「八陣の法」などと呼ばれています。




諸葛亮孔明の「八陣図」

 

状況に応じて柔軟に変化させられる諸葛亮孔明が考案した陣形といわれています。

32小隊からなる方陣を正方形に八陣配した陣形です。中央には大将の陣が入ります。

敵の攻撃や地形だけでなく、調練や行軍、野営、

戦闘に臨機応変に対応できる万能の陣形とされています。

しかし、諸葛亮孔明がこの陣を布いて戦った話はほとんど聞きません。

映画「レッドクリフ」では、諸葛亮孔明が「八卦の陣」を布きます。

かなり迫力のある陣形で、映画を観ていて圧倒されました。

八陣図と八卦の陣は同じような陣形だったのでしょうか。

 

三国志演義に登場する八陣

 

三国志演義にはさらにこの八陣図そっくりの陣形が登場します。

映画に登場する八卦の陣とほぼ同じ陣形です。名前は「八門金鎖の陣」です。

諸葛亮孔明の八陣図と異なるのは、中央がすっぽりと空いている点です。

三国志演義でこの陣形を布いたのは、曹操配下の曹仁(そうじん)です。

荊州の劉表の客将だった劉備は最前線である新野を守っていました。

そこに荊州平定のため曹仁が送り込まれるのです。

曹仁の先鋒が劉備に撃破されます。すると曹仁はこの八門金鎖の陣を布きました。

曹仁自信の必殺の陣形です。

 

軍師・徐庶の見せ場

 

このとき劉備の陣営には徐庶がいました。

徐庶は曹仁の陣が八門金鎖の陣だと気が付きます。

八門金鎖の陣は北より時計回りで「驚門」「開門」「休門」

「生門」「傷門」「杜門」「景門」「死門」とされています。

徐庶は劉備に「生門、景門、開門から攻め込めば吉、傷門、驚門、休門から攻めれば負傷し、

杜門、死門から攻めれば壊滅する」と伝えました。

そして趙雲に500の兵を率いさせ、東南の生門から攻め込み、

そのまま中央を通過して西の景門を突破するように指示します。

趙雲はその通りに突撃し、さらに景門から生門に取って返し、曹仁軍を見事に混乱させたました。

曹仁の陣形はまだまだ隙があったということです。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

西暦229年に諸葛亮孔明が八卦の陣を布き、司馬懿仲達に対峙しています。

司馬懿はやはり生門、景門、開門から兵を突撃させますが、陣は崩れません。

諸葛亮孔明は陣に改良を重ねており、門にも動きを加えることで弱点を克服していたのです。

突撃した兵たちは全滅したそうです。

諸葛亮孔明の凄さを物語るエピソードですね。

さすがは無敵の天才軍師です。これは誰も真似ができないでしょう。

まさに諸葛亮孔明ならではの幻の必殺陣形です。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較

関連記事:孔明の北伐の目標はどこだったの?

関連記事:孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑
  2. 沙摩柯(しゃまか)武蛮族の王|甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる
  3. 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒…
  4. キングダム 楚の宰相、春申君の最後が残念すぎる
  5. 【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だ…
  6. 【三国志if】もしも劉備が諸葛亮孔明にフラれていたら!?
  7. 三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当…
  8. これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将
  2. 蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?
  3. 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗
  4. 【第一回 放置少女】美少女達と一緒に三国志の世界を体感しよう!!
  5. 孫静(そんせい)とはどんな人?兄貴、孫堅とはゼッコーモン!ひたすら故郷を守った孫一族
  6. 【劉邦暗殺計画】劉邦の態度のでかさに激怒した家臣達

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族 荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の女性を全身全霊で愛した愛妻家 新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった 10話:実は、最初から作戦に失敗していた黄巾賊 善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯! 【月間まとめ】2016年2月の注目ニュース10選! 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【前半】 黄月英(黄夫人)ってどんな女性だったの?孔明の妻を紹介

おすすめ記事

  1. 呂岱(りょたい)とはどんな人?三国志第一の老将で孫権からのミッションを忠実にこなす異民族討伐隊長
  2. 子産(しさん)とはどんな人?超弱国を強国にした春秋時代の名宰相
  3. 【キングダム】転職によって人生を劇的に変えた李斯(りし)
  4. 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【後半】
  5. キングダムの秦王・政がドハマリした韓非子(かんぴし)ってなに?
  6. 三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで鎧を徹底紹介!
  7. はじめての三国志 4コマ劇場 「難攻不落の門」
  8. 関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む!

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP