三国志平話
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較

この記事の所要時間: 819




孔明と姜維

 

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)姜維(きょうい)も、

揃って北伐を行っている事は、三国志を知っている方ならご存じだと思います。

孔明は、西暦227年から没する234年まで7年間という間、

一方の姜維は、西暦253年、北伐慎重論の費禕(ひい)が横死してから、

262年まで、9年間に渡って北伐を敢行しました。

 

ところが、どちらも、軍事的には失敗でありながら、

孔明の北伐は擁護する声が多く、姜維の北伐には批判が多いです。

その原因は、二つの北伐の質の違いにありました。




蜀の存在理由を北伐とリンクさせて支持を受けた孔明

孔明

 

基本的な事ですが、孔明は北伐を行うにあたり、

どうして北伐が必要か?という事を端的には、

出師の表を表わして説明しました。

 

孔明

 

孔明「蜀は、魏に追われた先帝が興した地方政権ではなく、

亡国に追い込まれた後漢を継ぐ正統な王朝である。

故に、簒奪者の魏と同じ天を頂く事は出来ないッ!

今こそ、立てよ! 立てよ蜀人!悲しみを怒りに変え、

人の道を知らぬ虎狼の曹魏に、裁きの鉄槌を下すのだ!」

 

ここには、放置しておくと、やがてだらしなく腐敗していく

であろう蜀の官僚組織を常に引き締める意図がありました。

そして、北伐は、蜀という政権が続く限り止めるわけには

いかない存在意義になります。

 

また、孔明は、南方経営や、塩鉄の専売で軍事費を賄い、

出来るだけ、蜀の人民の生活に負担が掛からないように

配慮もしていました。

 

関連記事:諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

関連記事:孔明の北伐の目標はどこだったの?

関連記事:孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?

関連記事:張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の重臣




費禕の戒めを無視して、北伐を再開した 姜維

姜維

 

一方の姜維は、若い頃から北伐の再開が持論でしたが、

孔明の後継者である蔣琬(しょうえん)は兎も角、次の費禕になると、

 

「孔明でさえ、出来なかった北伐を我々に出来るわけがない、

ここは、堅く守り、情勢の変化を見るべき」

 

という考えにシフトします。

 

それでも、丞相の遺志を継いでという意見はありましたが

やはり、大勢はリスクよりも安定に傾いていきます。

そこを費禕の死後、武力を背景に強引に北伐に持って行ったので、

勝っている間はいいですが、段谷(だんこく)で鄧艾(とうがい)に大敗すると、

人民の恨みは募り蜀の疲弊に拍車を掛けたのです。

 

また、孔明のケースと違い、特別な財源を用意出来ている

わけでもない事も恨みを深くしたでしょう。

 

関連記事:孔明、後継者姜維(きょうい)を得る

関連記事:姜維は忠臣なのか、それとも愚将か?

関連記事:胡烈(これつ)とはどんな人?姜維と鍾会の夢を打ち砕いた晋の将軍【晋の将軍列伝】

関連記事:鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る

 

長安と洛陽の陥落に戦略の主眼を置いた孔明

劉禅

 

孔明の北伐の大目標は、長安、あわよくば洛陽を落して

後漢の帝都を回復し、魏の反撃をしのぎつつ拠点を確保し

ゆくゆくは、そこに劉禅(りゅうぜん)を迎えて

後漢の正統後継者である、蜀漢の正統性をアピールする事です。

 

孔明は、連携を上手く行かせる為に、祁山や街亭というような、

涼州と成都、長安を結ぶような戦略拠点を抑えようとします。

勇猛で、必ずしも魏に服属しているとは言えない、涼州の諸民族を

まとめ上げて、対抗する事で、軍事力のハンディキャップを補い

かつ、涼州・擁州を蜀領に組み込む考えです。

 

これは、後漢の天下の回復という大義名分にも合致していますし

実際に、長安一つでも失陥していれば、呉もこれに呼応し、

魏には、最大のピンチが訪れた事でしょう。

 

孟達

 

事実、第一次北伐は、馬稷のチョンボが無く孟達(もうたつ)の蜀への寝返りが

迅速であったなら、蜀軍は、長安・洛陽を同時に衝く事が出来、

魏は背後には、遼東の公孫一族もあり、南には呉もありで、

かなりの大ピンチになり、鄴(ぎょう)まで遷都した可能性もあります。

 

関連記事:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活

関連記事:蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

関連記事:董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!

 

涼州を切り取る事に終始した姜維の北伐

 

一方の姜維は、孔明の北伐を受け継いだ割には、

長安に目をつけるというような事はありませんでした。

西暦257年に、魏で諸葛誕(しょかつ・たん)が反乱を起した時に、

虚を突いて、秦川を越え長安を狙う素振りを見せただけです。

 

どうして、姜維が涼州を荒らし回る事が多くなったのか?

というと、ここが魏の本拠地から遠く、守りが手薄だった事に

大きな理由があります。

 

魏の影響力が弱いのだから、ここでは北伐の成果が得やすい

という事ですし、元々、姜維は涼州の人間ですから、

土地勘も、人脈もあったのかも知れません。

 

ですが、涼州は不便な土地であり、姜維の思惑も思った程には

成功しませんでした、時々、涼州の人民を蜀に強制的に

移住させたりする戦果はありましたが、、

本拠地を狙われた訳ではない、魏の側から見ると、

その重圧は孔明の頃より弱かったと言えるでしょう。

 

また、辺境でのゴタゴタは蜀の人民へのPRが弱く、

蜀の首脳部への受けも、余り良くなかったと思います。

北伐は姜維の自己満足という悪評も立つ事になったでしょう。

 

関連記事:諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族

関連記事:諸葛靚(しょかつせい)とはどんな人?父(諸葛誕)の敵である司馬家を恨み、晋に仕えなかった硬骨漢

関連記事:魏や呉にもいた諸葛一族の話

関連記事:三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介しちゃいます♪

関連記事:

【次のページに続きます】



ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 魏延は名将・韓信と同じ天才的な戦術眼を持っていた??
  2. 【シミルボン】首絞め、兜取り、不意打ち何でもありの三国志時代の一…
  3. 鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性
  4. 天に頭はあるの?プライド賭けたトンチ合戦の勝敗は
  5. そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの?
  6. まるでクリントイーストウッド?三国志は西部劇だった?
  7. 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計
  8. 曹操にまつわる梅林の話は本当なの?梅干しが曹操軍を救う?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデルが存在した!
  2. 三国ベースボール攻略1 三国志キャラが登場する野球ゲームに挑戦!
  3. 【8月の見どころ】8/27公開予定:本当は嫌なヤツだったかも知れない五丈原の費禕に迫る
  4. 61話:曹仁が繰り出した高度な陣形 八門金鎖の陣を繰り出す。劉備軍はどうやって攻略したのか?
  5. 篤姫の髪型について徹底紹介!少女期から晩年まで
  6. 子玉(しぎょく)って誰?三国志にも名前が出る楚の猛将・成得臣

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

よく考えてみると劉備は反董卓連合に参加していないのでは!? アンゴルモア元寇合戦記二巻ネタバレレビュー 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断 『史記』に託された司馬遷の激情とは 大改名!?中東でも放送されたアニメ『三国志』 夏侯惇の死後、一族はどうなったの?忙しかった夏侯惇はイクメンではなかった? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース36記事【4/2〜4/9】 井伊直弼の子孫は幕末をどう生き延びたのか?

おすすめ記事

  1. キングダム 529話 ネタバレ予想:犬戎の末裔
  2. 五丈原の戦いは緊張感に乏しい戦だった?
  3. キングダム 524話 ネタバレ予想:朱海決戦はどのように推移する?
  4. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4
  5. 大久保利通はどんな性格をしていたの?身長や西郷隆盛との関係性
  6. 賈逵(かき)ってどんな人?地味で目立たないが、居ないと困る魏の将軍
  7. 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~楽進・于禁篇~
  8. 郭淮が夏侯淵の死後に才能を開花させる!!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP