架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較

この記事の所要時間: 819




孔明と姜維

 

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)姜維(きょうい)も、

揃って北伐を行っている事は、三国志を知っている方ならご存じだと思います。

孔明は、西暦227年から没する234年まで7年間という間、

一方の姜維は、西暦253年、北伐慎重論の費禕(ひい)が横死してから、

262年まで、9年間に渡って北伐を敢行しました。

 

ところが、どちらも、軍事的には失敗でありながら、

孔明の北伐は擁護する声が多く、姜維の北伐には批判が多いです。

その原因は、二つの北伐の質の違いにありました。




蜀の存在理由を北伐とリンクさせて支持を受けた孔明

孔明

 

基本的な事ですが、孔明は北伐を行うにあたり、

どうして北伐が必要か?という事を端的には、

出師の表を表わして説明しました。

 

孔明

 

孔明「蜀は、魏に追われた先帝が興した地方政権ではなく、

亡国に追い込まれた後漢を継ぐ正統な王朝である。

故に、簒奪者の魏と同じ天を頂く事は出来ないッ!

今こそ、立てよ! 立てよ蜀人!悲しみを怒りに変え、

人の道を知らぬ虎狼の曹魏に、裁きの鉄槌を下すのだ!」

 

ここには、放置しておくと、やがてだらしなく腐敗していく

であろう蜀の官僚組織を常に引き締める意図がありました。

そして、北伐は、蜀という政権が続く限り止めるわけには

いかない存在意義になります。

 

また、孔明は、南方経営や、塩鉄の専売で軍事費を賄い、

出来るだけ、蜀の人民の生活に負担が掛からないように

配慮もしていました。

 

関連記事:諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

関連記事:孔明の北伐の目標はどこだったの?

関連記事:孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?

関連記事:張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の重臣




費禕の戒めを無視して、北伐を再開した 姜維

姜維

 

一方の姜維は、若い頃から北伐の再開が持論でしたが、

孔明の後継者である蔣琬(しょうえん)は兎も角、次の費禕になると、

 

「孔明でさえ、出来なかった北伐を我々に出来るわけがない、

ここは、堅く守り、情勢の変化を見るべき」

 

という考えにシフトします。

 

それでも、丞相の遺志を継いでという意見はありましたが

やはり、大勢はリスクよりも安定に傾いていきます。

そこを費禕の死後、武力を背景に強引に北伐に持って行ったので、

勝っている間はいいですが、段谷(だんこく)で鄧艾(とうがい)に大敗すると、

人民の恨みは募り蜀の疲弊に拍車を掛けたのです。

 

また、孔明のケースと違い、特別な財源を用意出来ている

わけでもない事も恨みを深くしたでしょう。

 

関連記事:孔明、後継者姜維(きょうい)を得る

関連記事:姜維は忠臣なのか、それとも愚将か?

関連記事:胡烈(これつ)とはどんな人?姜維と鍾会の夢を打ち砕いた晋の将軍【晋の将軍列伝】

関連記事:鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る

 

長安と洛陽の陥落に戦略の主眼を置いた孔明

劉禅

 

孔明の北伐の大目標は、長安、あわよくば洛陽を落して

後漢の帝都を回復し、魏の反撃をしのぎつつ拠点を確保し

ゆくゆくは、そこに劉禅(りゅうぜん)を迎えて

後漢の正統後継者である、蜀漢の正統性をアピールする事です。

 

孔明は、連携を上手く行かせる為に、祁山や街亭というような、

涼州と成都、長安を結ぶような戦略拠点を抑えようとします。

勇猛で、必ずしも魏に服属しているとは言えない、涼州の諸民族を

まとめ上げて、対抗する事で、軍事力のハンディキャップを補い

かつ、涼州・擁州を蜀領に組み込む考えです。

 

これは、後漢の天下の回復という大義名分にも合致していますし

実際に、長安一つでも失陥していれば、呉もこれに呼応し、

魏には、最大のピンチが訪れた事でしょう。

 

孟達

 

事実、第一次北伐は、馬稷のチョンボが無く孟達(もうたつ)の蜀への寝返りが

迅速であったなら、蜀軍は、長安・洛陽を同時に衝く事が出来、

魏は背後には、遼東の公孫一族もあり、南には呉もありで、

かなりの大ピンチになり、鄴(ぎょう)まで遷都した可能性もあります。

 

関連記事:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活

関連記事:蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

関連記事:董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!

 

涼州を切り取る事に終始した姜維の北伐

 

一方の姜維は、孔明の北伐を受け継いだ割には、

長安に目をつけるというような事はありませんでした。

西暦257年に、魏で諸葛誕(しょかつ・たん)が反乱を起した時に、

虚を突いて、秦川を越え長安を狙う素振りを見せただけです。

 

どうして、姜維が涼州を荒らし回る事が多くなったのか?

というと、ここが魏の本拠地から遠く、守りが手薄だった事に

大きな理由があります。

 

魏の影響力が弱いのだから、ここでは北伐の成果が得やすい

という事ですし、元々、姜維は涼州の人間ですから、

土地勘も、人脈もあったのかも知れません。

 

ですが、涼州は不便な土地であり、姜維の思惑も思った程には

成功しませんでした、時々、涼州の人民を蜀に強制的に

移住させたりする戦果はありましたが、、

本拠地を狙われた訳ではない、魏の側から見ると、

その重圧は孔明の頃より弱かったと言えるでしょう。

 

また、辺境でのゴタゴタは蜀の人民へのPRが弱く、

蜀の首脳部への受けも、余り良くなかったと思います。

北伐は姜維の自己満足という悪評も立つ事になったでしょう。

 

関連記事:諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族

関連記事:諸葛靚(しょかつせい)とはどんな人?父(諸葛誕)の敵である司馬家を恨み、晋に仕えなかった硬骨漢

関連記事:魏や呉にもいた諸葛一族の話

関連記事:三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介しちゃいます♪

関連記事:

【次のページに続きます】



ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯
  2. これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が…
  3. ブサメン軍師、龐統(ほう統)|鳳雛と呼ばれたホウ統
  4. 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬ま…
  5. 三国志の時代の庶民の家はどんな建物をしていたの?
  6. そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里…
  7. 孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も…
  8. 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【春秋戦国時代】時代の主人公であった魏の文侯の厳選エピソード
  2. 被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何?
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十六話「綿毛の案」の見どころ紹介
  4. 三国志では教えてくれない洛陽と長安の秘密
  5. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3
  6. 楽天koboにて『#君主論』の販売を開始しました。

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第10部 李厳(りげん)とはどんな人?自分の出世の為に孔明の足を引っ張った蜀の将軍 孫堅(そんけん)ってどんな人?「江東の虎」と群雄達から恐れられた孫策・孫権の父親 【キングダム】呂不韋の子孫は前漢の皇后と三国志のあの人だった! はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【5/15〜5/22】 暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ) 【砕けた友情】刎頸の交わりで結ばれた二人の絆にヒビが・・・・

おすすめ記事

  1. 夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族
  2. 韓浩(かんこう)とはどんな人?曹操が常に手元に置きたがった男
  3. 115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編
  4. 暴漢・董卓は後漢王朝を安定させようと努力していた!
  5. 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だった
  6. 益州に侵攻した劉備にとって最も強敵だったのは誰?
  7. 112話:怒れる劉備は70万の大軍で呉を攻める
  8. 【ビジネス三国志】孔明の大逆転!既成概念を破壊してチャンスを掴め

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP