呂布特集
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての変

孔明の北伐の目標はどこだったの?

北伐する孔明

孔明

 

蜀の威信と存在意義を賭けた北伐は、

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)の生命を燃やした一大事業になります。

 

孔明過労死

 

三国最小の国力で大国魏と五回に渡りぶつかった孔明は疲労し、

ついに五丈原で倒れて還らぬ人になります。

では、孔明は北伐により具体的には、どこの攻略を目指したのでしょうか?

 

 

孔明の狙いは、漢の旧都であり穀倉地帯でもあった長安(ちょうあん)

項羽と劉邦

 

孔明が率いる北伐軍の最終攻略ポイントは、前漢の都でもあった長安です。

ここは、秦の旧都であった咸陽(かんよう)にも近く、一帯は豊かな穀倉地帯でした。

事実、漢の高祖、劉邦(りゅうほう)は反項羽(こうう)の拠点を

この咸陽周辺に置いて部下である䔥何(しょうか)に人と物資をどんどん運ばせて

武力で上回る項羽に対抗しています。

 

三国志の時代においても、長安周辺は、そこで取れる穀物で周辺の人口を

充分に賄える程に豊かでした。

孔明は、この長安を落として拠点にする事で、失った荊州に代わる、

魏攻略の拠点を得ようとしていたのです。

 

また、かつての漢の帝都であった長安を手中にする事は、

漢の再興を旗印にしている蜀にとって格好のPRにもなりました。

 

関連記事:劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

関連記事:劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

 

 

逆に言えば、魏にとって長安は決して落させてはいけない地点

曹丕 残忍

 

見方を変えると、魏にとっては、なにがあっても

孔明に長安を落させるわけにはいかない事になります。

 

三国時代の魏は曹丕(そうひ)の代に許昌(きょしょう)から

洛陽(らくよう)に遷都していますが、洛陽は長安からそこまで離れている

わけではありません、万が一、長安が失陥すれば、安全の為に

遷都を余儀なくされる事態になり、それは魏の求心力を大きく低下させ

国内反乱の呼び水になるでしょう。

 

そうでなくても、長安が落ちれば、その隙に乗じて呉が攻め上ってくる

という可能性も捨てきれない部分がありました。

 

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

関連記事:曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

 

長安を目指す蜀軍に立ちはだかる、山脈

祁山、街亭01

 

しかし、口で長安を落すと言っても、その道のりは簡単なものではありません。

蜀の都である成都(せいと)は盆地であり、穀倉地帯ですが周辺は

天を突くような山脈に囲まれた天然の要害でした。

 

楚漢の戦いでも、劉邦項羽に漢中王に封ぜられて左遷されたおりに、

断崖絶壁をくぐりぬけて命懸けで漢中に赴任しています。

 

その地形は、400年やそこらで変わるものではなく、

漢中から外に出るだけで、それは大変なエネルギーを必要としたのです。

蜀は守るには簡単でも、攻めて出るのは至難の土地でした。

 

関連記事:史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり?

関連記事:項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1

 

長安に至るルートは五つ、いずれも山脈の間を通る間道

北伐

 

巴蜀の地から、長安に出るには、五つのルートが存在したようです。

 

①子午道(しごどう)・・漢中と長安を結ぶ最短のルートで、長安の南に出る事が出来る。

 

②駱谷道(らくこくどう)・・子午道と並行して走りながら、途中で山脈を迂回して、

最後には、子午道と合流するルート。

 

③褒斜道(ほうしゃどう)・・・山脈の真ん中を褒水に沿いながら通って

関中平原を抜ける五丈原へと通じるルート。

 

④故道(こどう)・・・褒斜道のさらに西を通り関中西の要衝である陳倉に通じるルート。

 

⑤関山道(かんざんどう)・・山脈の東北を迂回して、天水郡へ抜ける、最も平坦なルート

 

五回に渡る北伐において、孔明は、この五つのルートを駆使して

魏と激戦を繰り広げます、魏にとっても、孔明の北伐軍のルートを読むのが

最も重要になりました。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

このように北伐の最終目的は、穀倉地帯であり、同時に漢の旧都であった

長安を陥落させて、蜀の支配下に置くという事でした。

そして、長安までの距離はそこまで離れてはいないので、魏延(ぎえん)などは、

単独で軍を率いて長安を落す事を何度も進言していました。

迎え撃つ魏としても、蜀の本隊がどこから出るかを予測しなければならず

大部隊を割いて防衛に当たるなど、地の利がある分は有利であるとはいえ、

決して手が抜けるような戦争では無かったと思います。

 

今日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

孔明過労死

 

よく読まれてる記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

 

管仲(衣食なして礼節を知る)

 

よく読まれてる記事:諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い

 

孔明 司馬懿 陸遜

 

よく読まれてる記事:中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か?

 

諸葛瑾2

 

よく読まれてる記事:諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの?

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 張遼・楽進・李典 合肥の英雄・張遼も曹操並の人材集めに必死だった!?
  2. 三国志では欠かせない攻城と防御の13のテクニック
  3. 【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生
  4. 張裔(ちょうえい)とはどんな人?あぶねぇ~もう少しで呉の文官にな…
  5. 三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww
  6. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮 魏を裏切った王平と夏候覇は何で蜀で出世できたの?【三国志に学ぶ人…
  7. 魏 星座大好きな幼少期の管輅 盤古はやっぱり中国最古の神だった?「天円地方」説【HMR】
  8. 孔明 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉備
  2. 孔明と劉備、関羽、張飛
  3. 貂蝉と呂布
  4. 劉備と呂布
  5. キングダム53巻

おすすめ記事

  1. 老黄忠に迫る!黄忠が夏侯淵を討ち取ったのは本当に法正のおかげ? 法正に敗れる夏侯淵
  2. 三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀 仲の悪い魏延と楊儀
  3. 意外!中国人は三国志をあまり読んでない!? 韓非の本を熟読して感銘を受ける嬴政(始皇帝)
  4. 孫権はなぜ孫策の子息を冷遇したの?それは孫権が袁術を愛していたから? 袁術と孫策
  5. 盤古(ばんこ)とはどんな神様?最古の神のはずなのに新しい中国神話の創世神
  6. 耶律阿保機とはどんな人物?実は本名ではない遼の建国者の秘密 耶律阿保機

三國志雑学

  1. そんろは 孫魯班
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 陳羣と曹丕
  2. 人材マニア 曹操
  3. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  4. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  5. 曹操と機密保持

おすすめ記事

袁術の側室・馮氏(ふうし)の憐れな偽装死にも気づかなかった鈍感・袁術エピソード 貂蝉と呂布 呂布(りょふ)は色白ハンサム?日中女子で違う呂布イメージ 曹操に降伏する教祖・張魯 【三国志ライフハック】好きな事だけを優先してやった曹操 kawauso編集長のぼやきVol.2「サービス精神」 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかしエピソード 濮陽の戦い編 鄧禹と兵士 廃刀令とはどんな法律?武士の特権を奪ったリストラ政策 司馬懿は雨がラッキーアイテムだった!? 吉田松陰の弟子と松下村塾の教育方針を紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP