広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

孔明の北伐の目標はどこだったの?

この記事の所要時間: 246

孔明

 

蜀の威信と存在意義を賭けた北伐は、

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)の生命を燃やした一大事業になります。

 

孔明過労死

 

三国最小の国力で大国魏と五回に渡りぶつかった孔明は疲労し、

ついに五丈原で倒れて還らぬ人になります。

では、孔明は北伐により具体的には、どこの攻略を目指したのでしょうか?

 

 

孔明の狙いは、漢の旧都であり穀倉地帯でもあった長安(ちょうあん)

項羽と劉邦

 

孔明が率いる北伐軍の最終攻略ポイントは、前漢の都でもあった長安です。

ここは、秦の旧都であった咸陽(かんよう)にも近く、一帯は豊かな穀倉地帯でした。

事実、漢の高祖、劉邦(りゅうほう)は反項羽(こうう)の拠点を

この咸陽周辺に置いて部下である䔥何(しょうか)に人と物資をどんどん運ばせて

武力で上回る項羽に対抗しています。

 

三国志の時代においても、長安周辺は、そこで取れる穀物で周辺の人口を

充分に賄える程に豊かでした。

孔明は、この長安を落として拠点にする事で、失った荊州に代わる、

魏攻略の拠点を得ようとしていたのです。

 

また、かつての漢の帝都であった長安を手中にする事は、

漢の再興を旗印にしている蜀にとって格好のPRにもなりました。

 

関連記事:劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

関連記事:劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

 

 

逆に言えば、魏にとって長安は決して落させてはいけない地点

曹丕 残忍

 

見方を変えると、魏にとっては、なにがあっても

孔明に長安を落させるわけにはいかない事になります。

 

三国時代の魏は曹丕(そうひ)の代に許昌(きょしょう)から

洛陽(らくよう)に遷都していますが、洛陽は長安からそこまで離れている

わけではありません、万が一、長安が失陥すれば、安全の為に

遷都を余儀なくされる事態になり、それは魏の求心力を大きく低下させ

国内反乱の呼び水になるでしょう。

 

そうでなくても、長安が落ちれば、その隙に乗じて呉が攻め上ってくる

という可能性も捨てきれない部分がありました。

 

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

関連記事:曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!

 

長安を目指す蜀軍に立ちはだかる、山脈

祁山、街亭01

 

しかし、口で長安を落すと言っても、その道のりは簡単なものではありません。

蜀の都である成都(せいと)は盆地であり、穀倉地帯ですが周辺は

天を突くような山脈に囲まれた天然の要害でした。

 

楚漢の戦いでも、劉邦は項羽に漢中王に封ぜられて左遷されたおりに、

断崖絶壁をくぐりぬけて命懸けで漢中に赴任しています。

 

その地形は、400年やそこらで変わるものではなく、

漢中から外に出るだけで、それは大変なエネルギーを必要としたのです。

蜀は守るには簡単でも、攻めて出るのは至難の土地でした。

 

関連記事:史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり?

関連記事:項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1

 

長安に至るルートは五つ、いずれも山脈の間を通る間道

北伐

 

巴蜀の地から、長安に出るには、五つのルートが存在したようです。

 

①子午道(しごどう)・・漢中と長安を結ぶ最短のルートで、長安の南に出る事が出来る。

 

②駱谷道(らくこくどう)・・子午道と並行して走りながら、途中で山脈を迂回して、

最後には、子午道と合流するルート。

 

③褒斜道(ほうしゃどう)・・・山脈の真ん中を褒水に沿いながら通って

関中平原を抜ける五丈原へと通じるルート。

 

④故道(こどう)・・・褒斜道のさらに西を通り関中西の要衝である陳倉に通じるルート。

 

⑤関山道(かんざんどう)・・山脈の東北を迂回して、天水郡へ抜ける、最も平坦なルート

 

五回に渡る北伐において、孔明は、この五つのルートを駆使して

魏と激戦を繰り広げます、魏にとっても、孔明の北伐軍のルートを読むのが

最も重要になりました。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

このように北伐の最終目的は、穀倉地帯であり、同時に漢の旧都であった

長安を陥落させて、蜀の支配下に置くという事でした。

そして、長安までの距離はそこまで離れてはいないので、魏延(ぎえん)などは、

単独で軍を率いて長安を落す事を何度も進言していました。

迎え撃つ魏としても、蜀の本隊がどこから出るかを予測しなければならず

大部隊を割いて防衛に当たるなど、地の利がある分は有利であるとはいえ、

決して手が抜けるような戦争では無かったと思います。

 

今日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

孔明過労死

 

よく読まれてる記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

 

管仲(衣食なして礼節を知る)

 

よく読まれてる記事:諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い

 

孔明 司馬懿 陸遜

 

よく読まれてる記事:中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か?

 

諸葛瑾2

 

よく読まれてる記事:諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの?

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系…
  2. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第11部
  3. どうして曹操は嫌われているのか!?別に否定もしません
  4. 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人…
  5. 蒙毅(もうき)ってどんな人?趙高に恨まれて悲劇の最期を迎える文官…
  6. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part2
  7. クリスマスの日には三国志の人々は何をしていたの?
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/5〜12/…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十七話「消された種子島」の見どころ紹介
  2. 周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけの男
  3. 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前まで遊牧民のプライドと一族を守ろうとした馬超
  4. 61話:曹仁が繰り出した高度な陣形 八門金鎖の陣を繰り出す。劉備軍はどうやって攻略したのか?
  5. 【マイナー武将列伝】賈詡は有名だけどご主人の張繍って誰?
  6. 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だったの? 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛 譙周(しょうしゅう)とはどんな人?劉禅に降伏するのが得策であると説いた政治家 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず 【はじさん編集部】編集長kawauso日記 第1話 KDPを出版せよ! 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス 【はじめてのスキッパーキ】船乗り犬?それとも牧羊犬?意外に謎の多い犬種だった?【第2話】 諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの?

おすすめ記事

  1. 79話:曹操最大の失敗赤壁の戦い
  2. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編
  3. 三国志の時代も「人は見た目が100パーセント」だった!?
  4. 【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編
  5. 司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人
  6. 李広(りこう)とはどんな人?「飛将軍」と呼ばれた男は李信の子孫であった!?
  7. 134話:頑固な忠臣、張昭と孫権の対立がシュール
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【8/1〜8/7】

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP