三国志平話
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?後編

合肥の戦いの満寵




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志プレイバックPartⅡ」のコーナーです。

 

さて前回から、西暦234年の蜀と魏の衝突「五丈原の戦い」の裏側、

同時期に行われた呉と魏の戦いに注目してお伝えしています。

それまで魏の呉方面の司令官であった曹休が病没し、

西暦229年に満寵が都督揚州軍事に任ぜられました。

孫権を封じる役目です。

さてこの満寵がどのような活躍をするのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

前回記事:五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編




満寵は読みが鋭い

 

西暦230年には満寵は明帝(曹叡)によって征東将軍に任じられました。

孫権は様子見で合肥に出兵します。あくまでも様子見ですぐに撤退する気配でした。

満寵は近郊の州から兵を集めていましたが、敵の戦意を聞いて明帝は解散するように命じます。

しかし満寵は孫権の撤退が偽装であることを見抜き、警戒を怠りませんでした。

そして予想通りに孫権は攻めてきましたが、満寵の備えを破ることはできませんでした。

さらに西暦231年に孫権は偽りの投降をさせて満寵を誘き出そうとしますが、

その偽装も満寵は見抜いています。

ただ、王凌だけは抜け駆けし孫権に叩かれています。

このとき王凌は抜け駆けするために明帝に満寵の老いが心配だと上奏し、

満寵は都に呼び出されていました。

西暦232年には盧江へ呉の陸遜が侵攻してきますが、

満寵はここでも孫権の陽動を見抜き、救援には向かわず陽宜口に陣を布いて備えます。

呉軍は成果を出すのは難しいと考え撤退します。

このように満寵は実に読みが鋭い将軍でした。

そこには大将軍になった司馬懿のアドバイスもあったともいわれています。




合肥新城の築城

 

これに関しては諸説あります。

西暦230年に築城が完了いたというものと、西暦233年だという説です。

どちらにせよ呉の水軍の威力を殺すために満寵はもとの合肥城よりやや北に新しい城を築城したのです。

西暦233年に孫権はまたも合肥を攻めます。初めての合肥新城攻めです。

しかし上陸してから遠くになったので様子見状態です。

魏兵らは孫権が攻めてこないと油断していましたが、

満寵は油断を誘ってから攻めてくると読んでいました。

その通りに孫権は兵を上陸させて攻め込みます。

しかし満寵はすでにそれを見越して伏兵を配しており、これを打ち破ります。

 

西暦234年の戦い

 

諸葛亮孔明が万全の準備で4月に第6次北伐に出兵します。

盟約を交わしていた孫権は巣湖から10万の兵を自ら率いて合肥新城を攻めます。

さらに陸遜諸葛瑾には襄陽を攻めさせ、孫韶・張承に広陵を攻めさせます。

魏は多方面から一気に攻め込まれたのです。

魏の明帝は果敢な決断をします。満寵からの合肥新城を撤退し、

寿春まで前線を下げるという作戦を却下します。

そして援軍のため自ら親征するのです。

さらに諸葛亮孔明の抑え役の司馬懿にも援軍を出し、絶対に守りに徹することを厳命します。

こうして魏VS蜀・呉の一大決戦となったのです。

 

満寵の活躍

 

このとき満寵は明帝が到着する前に孫権軍を奇襲し、火攻めを敢行します。

そして合肥新城を落とすための攻城兵器を焼き尽くすのです。

さらに孫権の甥の孫泰を討ちます。

孫権は満寵から受けた損害の他に陣中で疫病が流行ったことと、

明帝が直々に出征したことで合肥の攻略を諦めて撤退しました。

 

 

 

五丈原では司馬懿がなんとか自制し、

防衛に徹したために諸葛亮孔明は病没し蜀も撤退することになります。

一大決戦は特に大きな成果もなく終了しました。

明帝はそれを見届け、戦場で活躍することなく悠々と都に引き上げたのです。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

呉はこの満寵の活躍によって何度も口惜しい思いをしています。

特に孫権は満寵の名前を聞くのも苦々しかったのではないでしょうか。

張遼以上に呉に効果的なダメージを与えた人物・満寵。

つわもの揃いの魏の将軍たちのなかでも燦然と輝く実績をあげた名将のひとりに間違いありません。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなった?

関連記事:三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 孔明 vs 司馬懿 司馬懿と諸葛孔明の文通は心理戦の一端だったの?
  2. 歴史書によく出てくる「尚書」って何?女の尚書もいた!?
  3. 城 銅雀台 銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだっ…
  4. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟 桃園の誓いがなかったら劉備はどうなっていたの?
  5. 【新事実】漢の時代の市場はヤンキーの溜まり場だった!
  6. 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!
  7. 袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操
  8. 難斗米(なしめ) 卑弥呼は魏に何を献上したの?また魏国からの下賜品の差の謎に迫る

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  2. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

おすすめ記事

  1. キングダム581話ネタバレ予想vol2深読み「王賁遂に中二病を脱出!」
  2. 【萌えキャラ三国志】萌えな3武将を選んでみたよ 赤壁の戦いで敗北する曹操
  3. 西郷隆盛は子供の頃、剣士になりたかったって本当? 西郷隆盛
  4. 徳川慶喜は「家康の再来」と言われる程すごい人だったの!? 徳川慶喜(幕末)
  5. 第11話:袁術くん「ミスコミュニケーション」の対策を劉表から学ぶ 袁術
  6. 鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏の臣

三國志雑学

  1. 凌統
  2. 荒れる黄河
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 薩長同盟が結ばれるシーン 坂本龍馬と西郷隆盛と桂小五郎
  2. 曹叡
  3. 細川勝元
  4. 陳登と劉備
  5. 始皇帝
  6. 燃える本能寺
  7. 項羽

おすすめ記事

蜀の魏延 【マイナス20℃極寒行軍!】魏の郭淮を陽谿で撃破した魏延と蜀軍1万 アンゴルモア元寇合戦記二巻ネタバレレビュー キングダム53巻 キングダム589話最新ネタバレ「夜の出来事」レビュー 【はじめての孫子】第9回:其の疾きことは風の如く、其の徐なることは林の如く 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/27〜7/3】 大阪冬の陣では後藤又兵衛はどんな活躍をしたの? 日本で初めてダイエットをしたのは西郷どん? 【10月の見どころ】10/27 公開予定:諸葛均の野望

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP