陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

陸遜

 

陸遜伯言(183~249)は、三国志演義を知る人で知らない人はいないでしょう。特に、蜀びいきの人にとっては、関羽(かんう)と劉備(りゅうび)を撃ち破り死に追いやった蜀キラーとして、その名前は脳裏に刻まれていると思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜の孫・陸機も犬をかわいがっていた!三国志時代の犬と人との絆

関連記事:陸遜の生い立ちはどんな感じ?知られざる陸遜の前半生に迫る


陸遜の家系はどうなの?

陸遜

陸遜は、呉の人です、陸家は、呉では、顧家、張家、朱家と並んで、呉郡四姓の名門として知られていて、陸孫もその名門の出でした。

 

陸遜

 

ただ、本家ではなく、分家筋なので家柄で出世というのは難しい状態にはありました。陸遜の命運が動き始めるのは、皮肉にも、それが乱世であったからでした。


陸遜一族は孫策によって滅ぼされる

孫策

 

一族を纏めていた陸康(りくこう)は盧江の太守でしたが、近隣の袁術(えんじゅつ)と食糧を巡り、トラブルを起してしまい、袁術の客将であった孫策(そんさく)に滅ぼされます。一族の大半は、戦死してしまい、陸遜は傍系ですが年上である事で、陸一族のトップとして、宗族を率いていく事になります。

 

ほっぺたに矢を受ける孫策

 

やがて、本拠地である呉郡でも、孫策の勢力が届きますが、陸遜は若年であり、以前、孫策と陸康が矛を交えた関係でもあるので、しばらく自重し、孫策が死んで、孫権(そんけん)が呉の当主になると初めて仕官します。時に陸遜、21歳という若さでした。

 

陸遜

 

海昌の統治を任された陸遜は、温情を持って、領民に接し、干ばつの時には、食糧を分け与えつつ、農業と養蚕を奨励して生活の基盤を支えさせます。

 

関連記事:小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

関連記事:たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王・孫策


孫策時代の大きな問題

陸遜 兵士

当時の呉においては、孫策が拡大させた領地に対して、兵力が少ないという大きな問題がありました。

 

関連記事:孫策、後事を孫権に託して病没する

関連記事:孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる


孫策は異民族を容赦なく鎮圧

孫策

 

また、武断派の孫策は、異民族を容赦なく鎮圧したので、多くの異民族は呉を恨んでいて、孫権の体制になっても呉に従わないで、不穏な動きを見せる者達も大勢いました。

 

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

関連記事:沙摩柯(しゃまか)武蛮族の王|甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2 3 4>

関連記事

  1. 周瑜と程普
  2. 孫権
  3. 法正
  4. 呂範
  5. 楊儀と魏延
  6. 陸遜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP