陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

陸遜

 

陸遜伯言(183~249)は、三国志演義を知る人で知らない人はいないでしょう。特に、蜀びいきの人にとっては、関羽(かんう)と劉備(りゅうび)を撃ち破り死に追いやった蜀キラーとして、その名前は脳裏に刻まれていると思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜の孫・陸機も犬をかわいがっていた!三国志時代の犬と人との絆

関連記事:陸遜の生い立ちはどんな感じ?知られざる陸遜の前半生に迫る


陸遜の家系はどうなの?

陸遜

陸遜は、呉の人です、陸家は、呉では、顧家、張家、朱家と並んで、呉郡四姓の名門として知られていて、陸孫もその名門の出でした。

 

陸遜

 

ただ、本家ではなく、分家筋なので家柄で出世というのは難しい状態にはありました。陸遜の命運が動き始めるのは、皮肉にも、それが乱世であったからでした。


陸遜一族は孫策によって滅ぼされる

孫策

 

一族を纏めていた陸康(りくこう)は盧江の太守でしたが、近隣の袁術(えんじゅつ)と食糧を巡り、トラブルを起してしまい、袁術の客将であった孫策(そんさく)に滅ぼされます。一族の大半は、戦死してしまい、陸遜は傍系ですが年上である事で、陸一族のトップとして、宗族を率いていく事になります。

 

ほっぺたに矢を受ける孫策

 

やがて、本拠地である呉郡でも、孫策の勢力が届きますが、陸遜は若年であり、以前、孫策と陸康が矛を交えた関係でもあるので、しばらく自重し、孫策が死んで、孫権(そんけん)が呉の当主になると初めて仕官します。時に陸遜、21歳という若さでした。

 

陸遜

 

海昌の統治を任された陸遜は、温情を持って、領民に接し、干ばつの時には、食糧を分け与えつつ、農業と養蚕を奨励して生活の基盤を支えさせます。

 

関連記事:小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

関連記事:たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王・孫策


孫策時代の大きな問題

陸遜 兵士

当時の呉においては、孫策が拡大させた領地に対して、兵力が少ないという大きな問題がありました。

 

関連記事:孫策、後事を孫権に託して病没する

関連記事:孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる


孫策は異民族を容赦なく鎮圧

孫策

 

また、武断派の孫策は、異民族を容赦なく鎮圧したので、多くの異民族は呉を恨んでいて、孫権の体制になっても呉に従わないで、不穏な動きを見せる者達も大勢いました。

 

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

関連記事:沙摩柯(しゃまか)武蛮族の王|甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる

 

陸遜は異民族の山越討伐に出る

陸遜

 

陸遜は、孫権に願い出て、呉に従わない山越の頭目潘臨(はんりん)を志願兵を募って、討伐に行き、密林の奥地でこれを撃破します。この時に、陸遜は山越から2000の兵力を得て、凱旋します。孫権は、陸遜の鮮やかな手腕を誉め、孫策の娘を陸遜に与えて縁戚にしました。さらに、孫権は今後の呉について進むべき進路を陸遜に聞きます。

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

孫権は陸遜に今後の呉の未来を聞いてみた

陸遜 孫権

 

陸遜:「呉の安定には、山越民族の制圧と軍事力の強化が急務です。それには、山越民族を滅ぼすのではなく懐柔して味方にして、これを呉の兵力として活用する事です。そうすれば、異民族を鎮圧しつつ、軍事力を強化できましょう」

 

孫権は、もっともであるとヒザを叩いて陸遜をしかるべき地位につけます。

 

関連記事:呉が三国統一を出来なかったのも異民族の影響?

 

陸遜は若い頃から功績をコツコツと立てていた

陸遜

 

その頃、曹操(そうそう)の煽動により丹陽という土地で費桟(ひさん)という男が反乱を起します。費桟の軍は、大軍で陸遜は寡兵でしたが、陸遜は冷静で、夜襲を掛けて費桟の軍を撃ち破りました。陸遜は、さらに東方の治安の悪い3つの郡で募兵を行いつつ、呉に従わない人々を懐柔していき、結果、数万という兵力を吸収します。力に劣るものは、民戸に編入して農民にしました。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)

 

三国志演義では、夷陵の戦いから、突然出てきたような扱いの陸遜ですが、実は若い頃から実績を積み重ねているのが分かります。

 

関連記事:陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

 

呂蒙も陸遜が跡を継ぐ人物だと確信する

呂蒙

 

西暦219年、荊州で関羽と対峙していた呂蒙(りょもう)は病を得て、建業に帰還しますが、その途中で陸遜は呂蒙に面会を願い出て、関羽を破り、荊州を手に入れる秘策を告げました。

陸遜 呂蒙

 

呂蒙は、話を聞くにつれて、陸遜が自分の跡を継いで、呉を引っ張るに足る人物だと確信しました。そして孫権に、自分が亡き後は、陸遜を引き立てるように進言します

 

陸遜は関羽を討ち取る

陸遜 関羽

 

陸遜は呂蒙の引き立てを受けて、共同で作戦を展開し、わざと、陸遜は関羽を誉めたたえる手紙を書いて、自分を臆病に見せて

陸遜 関羽

 

関羽を油断させ、その隙を突いて関羽を討ち取りました。

 

関連記事:関羽の死|桃園三兄弟の悲しい別れ

関連記事:ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期

 

陸遜は戦後のアフターフォローも一流

陸遜

 

陸遜は、新しく得た荊州の人民に、孫権からもらった金銀財宝を惜しまず、分け与えて人心を掴みます。荊州の人々は、こぞって陸遜に協力して蜀の残党や支援者を掴まえるのに協力したので、捕まえたり、斬ったり、捕虜にした人数は数万に上りました。このように陸遜は戦が上手いだけではなく戦後のアフターフォローも万全で、人心を掴むのが得意でした。

 

反乱の芽も未然に防ぐ陸遜

陸遜

 

荊州占領後、新しく加入した荊州出身者が手柄を挙げられないのに不満を持っているのを知ると、陸遜は、これを孫権に上奏します。以後、荊州出身者も、内政や軍事に使われるようになり、不満の声は消えました。こういう、新参者が置かれがちな疎外感にも、陸遜は敏感に目配りをし反乱の芽を未然に摘んでいたのです。

 

夷陵の戦いが始まる

陸遜 劉備

さて、呉の呂蒙・陸遜に関羽が討たれた事で、蜀と呉の同盟は反故になり、劉備は自ら大軍を率いて、荊州に進撃を開始します。これが、後世に名高い夷陵の戦いです。

 

関連記事:関羽の悲報に復讐に燃える劉備

関連記事:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める

関連記事:怒れる劉備は70万の大軍で呉を攻める

 

陸遜は大都督として迎え撃つが他将軍と折り合いが合わない

陸遜

 

陸遜は、大都督として、これを迎え撃ちますが、陸遜の配下の将軍は、いずれも、陸遜以前からの名将、猛将揃いでした。40歳になったばかりの陸遜は、彼等に侮られ、命令違反や、守ってばかりで、一向に蜀軍に攻勢を掛けない陸遜を「臆病者」「腰抜け」と公然と非難する人間も現れます。

 

陸遜

 

呉の陣営は大いに荒れて、陸遜は剣を抜いて、これを抑えつける場面もありましたが、陸遜は孫権が動揺しないように、このような荒れている呉の陣営の事を報告しませんでした。

 

火計を駆使して、蜀軍を焼き払う

陸遜

 

やがて、劉備が呉の領地奥深くまで進攻して戦線が伸びきると、陸遜は、攻勢に転じ、火計を駆使して、蜀軍を焼き払います。劉備は、なすすべなく退却して、白帝城に入ります。

 

魏軍のおかしな様子を察知する陸遜

みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

 

呉将達は、さらに白帝城を攻撃して劉備を血祭りにあげろと意気巻きますが、陸遜は不穏な動きをしている魏を警戒し、深追いを止めて、本拠地に引き上げます。この陸遜の読みは的中していて、魏は江陵など、三方向から呉に進攻しますが、これは陸遜の活躍により阻止されました。

 

曹休

 

陸遜は、その後も魏の曹休(そうきゅう)の大軍を撃破するなど、度々の戦功を立てて、最期には、丞相にまで出世します。

 

丞相にまで出世したが孫権の後継者争いに巻き込まれる

そんろは 孫魯班

 

軍事以外でも陸遜は民力の休養に焦点をあて、戦乱で荒れた土地を開墾させ、厳罰化する法律を緩和するなどの措置を取ります。しかし、晩年、孫権の後継者を巡る問題に陸遜は巻きこまれます。。

 

関連記事:孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題

 

陸遜の最期

陸遜

 

後継者問題では、序列を重んじた陸遜は孫和を擁護しますが、孫覇を推す派閥は、陸遜の事を孫権に激しく讒言しました。

 

陸遜

 

孫権はこれを鵜呑みにしてしまい陸遜を罵倒する手紙を送ります。忠臣だった陸遜は、この手紙を読んで屈辱から体調を崩し憤死しました。

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

陸遜は、内政も軍事も出来るバイプレイヤーで、重圧にも強く、よく孫権を補佐して呉を支え、呉が魏に吸収される事を防ぎました。ですが、最期には、後継者問題に巻き込まれて忠義を尽くしてきた孫権に罵倒されて亡くなるとは哀れとしか言えませんね。今日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜が赤壁の戦いに参加したらどうなっていた?【if三国志】

関連記事:陸遜はなんで改名をしたの?陸議と魏書では記載されているイケメン陸遜の改名に迫る

 

【孫権を支えた呉の大軍師 陸遜】
陸遜特集

 

 

関連記事

  1. 甘寧と凌統
  2. 人物評論家として有名な李粛
  3. 楊儀と魏延
  4. 諸葛瑾
  5. 周瑜と程普
  6. 曹丕

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP