三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

はじめての変

陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材

陸遜
この記事の所要時間: 531

陸遜

 

陸遜伯言(183~249)は、三国志演義を知る人で知らない人はいないでしょう。

特に、蜀びいきの人にとっては、関羽(かんう)と劉備(りゅうび)を

撃ち破り死に追いやった蜀キラーとして、その名前は脳裏に刻まれていると思います。

 

 

陸遜の家系はどうなの?

陸遜

陸遜は、呉の人です、陸家は、呉では、顧家、張家、朱家と並んで、

呉郡四姓の名門として知られていて、陸孫もその名門の出でした。

 

ただ、本家ではなく、分家筋なので家柄で出世というのは難しい状態にはありました。

陸遜の命運が動き始めるのは、皮肉にも、それが乱世であったからでした。

 

陸遜一族は孫策によって滅ぼされる

孫策

 

一族を纏めていた陸康(りくこう)は盧江の太守でしたが、

近隣の袁術(えんじゅつ)と食糧を巡り、トラブルを起してしまい、

袁術の客将であった孫策(そんさく)に滅ぼされます。

 

一族の大半は、戦死してしまい、陸遜は傍系ですが年上である事で、

陸一族のトップとして、宗族を率いていく事になります。

 

やがて、本拠地である呉郡でも、孫策の勢力が届きますが、

陸遜は若年であり、以前、孫策と陸康が矛を交えた関係でもあるので、

しばらく自重し、孫策が死んで、孫権(そんけん)が呉の当主になると初めて仕官します。

時に陸遜、21歳という若さでした。

 

海昌の統治を任された陸遜は、温情を持って、領民に接し、干ばつの時には、

食糧を分け与えつつ、農業と養蚕を奨励して生活の基盤を支えさせます。

 

関連記事:小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

関連記事:たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王・孫策

 

孫策時代の大きな問題

陸遜 兵士

当時の呉においては、孫策が拡大させた領地に対して、

兵力が少ないという大きな問題がありました。

 

関連記事:孫策、後事を孫権に託して病没する

関連記事:孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる

 

孫策は異民族を容赦なく鎮圧

孫策

 

また、武断派の孫策は、異民族を容赦なく鎮圧したので、多くの

異民族は呉を恨んでいて、孫権の体制になっても呉に従わないで、

不穏な動きを見せる者達も大勢いました。

 

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

関連記事:沙摩柯(しゃまか)武蛮族の王|甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる

 

陸遜は異民族の山越討伐に出る

陸遜

 

陸遜は、孫権に願い出て、呉に従わない山越の頭目潘臨(はんりん)を

志願兵を募って、討伐に行き、密林の奥地でこれを撃破します。

この時に、陸遜は山越から2000の兵力を得て、凱旋します。

 

孫権は、陸遜の鮮やかな手腕を誉め、孫策の娘を陸遜に与えて縁戚にしました。

さらに、孫権は今後の呉について進むべき進路を陸遜に聞きます。

 

孫権は陸遜に今後の呉の未来を聞いてみた

陸遜 孫権

 

陸遜:「呉の安定には、山越民族の制圧と軍事力の強化が急務です。

それには、山越民族を滅ぼすのではなく懐柔して味方にして、

これを呉の兵力として活用する事です。

そうすれば、異民族を鎮圧しつつ、軍事力を強化できましょう」

 

孫権は、もっともであるとヒザを叩いて陸遜をしかるべき地位につけます。

 

関連記事:呉が三国統一を出来なかったのも異民族の影響?

 

陸遜は若い頃から功績をコツコツと立てていた

陸遜

 

その頃、曹操(そうそう)の煽動により丹陽という土地で

費桟(ひさん)という男が反乱を起します。

 

費桟の軍は、大軍で陸遜は寡兵でしたが、陸遜は冷静で、

夜襲を掛けて費桟の軍を撃ち破りました。

 

陸遜は、さらに東方の治安の悪い3つの郡で募兵を行いつつ、

呉に従わない人々を懐柔していき、結果、数万という兵力を吸収します。

力に劣るものは、民戸に編入して農民にしました。

 

三国志演義では、夷陵の戦いから、突然出てきたような扱いの

陸遜ですが、実は若い頃から実績を積み重ねているのが分かります。

 

関連記事:陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

 

呂蒙も陸遜が跡を継ぐ人物だと確信する

呂蒙

 

西暦219年、荊州で関羽と対峙していた呂蒙(りょもう)は病を得て、

建業に帰還しますが、その途中で陸遜は呂蒙に面会を願い出て、

関羽を破り、荊州を手に入れる秘策を告げました。

陸遜 呂蒙

 

呂蒙は、話を聞くにつれて、陸遜が自分の跡を継いで、

呉を引っ張るに足る人物だと確信しました。

 

そして孫権に、自分が亡き後は、陸遜を引き立てるように進言します

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード

関連記事:「男子三日会わざれば刮目して見よ」……呂蒙について

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 王累 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選…
  2. 真田信之 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱…
  3. 袁術 【三国志界の絶対王者】袁術の『陽人の戦い』は頑張らなくても成果が…
  4. 劉備 これはキツイ!健康が回復するかで刑罰が決まる保辜(ほこ)
  5. 李斯 ネズミ 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!
  6. 始皇帝 はじめての三国志 3話:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?
  7. 曹操 劉備 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラVSゲイリー・グッドリッチ 53話:体制を立てなおした劉備に曹操が襲いかかる
  8. 周瑜と程普 孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉備 関羽途方 ぶち切れ
  2. photo credit: Capturing Parkhouse Hill via photopin (license)
  3. キングダム 王騎
  4. 顔良
  5. おんな城主03b 今川義元セリフあり
  6. 口論する韓非と李斯
  7. 週間まとめ4月
  8. 陳平
  9. 周瑜 美男子
  10. 孫権

おすすめ記事

  1. 曹参(そうしん)ってどんな人?漢の高祖劉邦に仕え軍事にそつなく政治にも優れた功労者 photo credit: HDR Yellow Flower via photopin (license)
  2. 110話:関羽の悲報に復讐に燃える劉備 劉備 関羽途方 ぶち切れ
  3. 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立の秘密 曹丕
  4. 原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは? 政
  5. 遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説 泣く子も張遼
  6. 丁原(ていげん)とはどんな人?天下無双の豪傑でもあり呂布パパ photo credit: .... via photopin (license)

三國志雑学

  1. 天地を喰らう
  2. 曹操01
  3. kawauso 投壺
  4. 郭嘉
  5. photo credit: coloured smoke via photopin (license)

ピックアップ記事

  1. 楊端和
  2. 陳平
  3. 孔明 司馬懿 陸遜
  4. 朝まで三国志 公孫瓚
  5. 魏延、姜維、王平、楊儀
  6. 呉懿と孔明
  7. キングダムと三国志
  8. 孔明

おすすめ記事

王政君お怒り!玉磁なげる 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽 貂蝉 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!! 孔明 劉備の剣とハンコ 67話:孔明、博望坡で初陣を飾る。夏侯惇をフルボッコ 01_main はじめての三国志 X 大戦乱!!三国志バトル 周瑜くやしい 呉 74話:孔明に嫉妬する周瑜 抜き出た曹操 31話:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操 photo credit: Poppy & Sun via photopin (license) 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピソードも紹介! 重耳 文公 劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】拝啓 我が息子瞻へ・・諸葛亮息子への手紙 孔明
  2. 【キングダム】始皇帝に皇后がいない?その理由について考えてみた 楊貴妃
  3. 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断 黒田 wiki
  4. 簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え続けた漢の三傑の一人 劉邦と簫何
  5. 秦の為に戦い秦人に恨まれた名将 章邯(しょうかん) photo credit: Soft Colours Flowers via photopin (license)
  6. 【シミルボン】戦だけが能じゃない?三国志の英雄達を詩で比較してみたよ! 蔣琬と姜維と王平
  7. 【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどんな人だったの? 本田圭佑 引用
  8. 「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 photo credit: ... via photopin (license)

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP