春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

はじめての変

陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材

この記事の所要時間: 531

陸遜

 

陸遜伯言(183~249)は、三国志演義を知る人で知らない人はいないでしょう。

特に、蜀びいきの人にとっては、関羽(かんう)と劉備(りゅうび)を

撃ち破り死に追いやった蜀キラーとして、その名前は脳裏に刻まれていると思います。

 

 

陸遜の家系はどうなの?

陸遜

陸遜は、呉の人です、陸家は、呉では、顧家、張家、朱家と並んで、

呉郡四姓の名門として知られていて、陸孫もその名門の出でした。

 

ただ、本家ではなく、分家筋なので家柄で出世というのは難しい状態にはありました。

陸遜の命運が動き始めるのは、皮肉にも、それが乱世であったからでした。

 

陸遜一族は孫策によって滅ぼされる

孫策

 

一族を纏めていた陸康(りくこう)は盧江の太守でしたが、

近隣の袁術(えんじゅつ)と食糧を巡り、トラブルを起してしまい、

袁術の客将であった孫策(そんさく)に滅ぼされます。

 

一族の大半は、戦死してしまい、陸遜は傍系ですが年上である事で、

陸一族のトップとして、宗族を率いていく事になります。

 

やがて、本拠地である呉郡でも、孫策の勢力が届きますが、

陸遜は若年であり、以前、孫策と陸康が矛を交えた関係でもあるので、

しばらく自重し、孫策が死んで、孫権(そんけん)が呉の当主になると初めて仕官します。

時に陸遜、21歳という若さでした。

 

海昌の統治を任された陸遜は、温情を持って、領民に接し、干ばつの時には、

食糧を分け与えつつ、農業と養蚕を奨励して生活の基盤を支えさせます。

 

関連記事:小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

関連記事:たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王・孫策

 

孫策時代の大きな問題

陸遜 兵士

当時の呉においては、孫策が拡大させた領地に対して、

兵力が少ないという大きな問題がありました。

 

関連記事:孫策、後事を孫権に託して病没する

関連記事:孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる

 

孫策は異民族を容赦なく鎮圧

孫策

 

また、武断派の孫策は、異民族を容赦なく鎮圧したので、多くの

異民族は呉を恨んでいて、孫権の体制になっても呉に従わないで、

不穏な動きを見せる者達も大勢いました。

 

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

関連記事:沙摩柯(しゃまか)武蛮族の王|甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる

 

陸遜は異民族の山越討伐に出る

陸遜

 

陸遜は、孫権に願い出て、呉に従わない山越の頭目潘臨(はんりん)を

志願兵を募って、討伐に行き、密林の奥地でこれを撃破します。

この時に、陸遜は山越から2000の兵力を得て、凱旋します。

 

孫権は、陸遜の鮮やかな手腕を誉め、孫策の娘を陸遜に与えて縁戚にしました。

さらに、孫権は今後の呉について進むべき進路を陸遜に聞きます。

 

孫権は陸遜に今後の呉の未来を聞いてみた

陸遜 孫権

 

陸遜:「呉の安定には、山越民族の制圧と軍事力の強化が急務です。

それには、山越民族を滅ぼすのではなく懐柔して味方にして、

これを呉の兵力として活用する事です。

そうすれば、異民族を鎮圧しつつ、軍事力を強化できましょう」

 

孫権は、もっともであるとヒザを叩いて陸遜をしかるべき地位につけます。

 

関連記事:呉が三国統一を出来なかったのも異民族の影響?

 

陸遜は若い頃から功績をコツコツと立てていた

陸遜

 

その頃、曹操(そうそう)の煽動により丹陽という土地で

費桟(ひさん)という男が反乱を起します。

 

費桟の軍は、大軍で陸遜は寡兵でしたが、陸遜は冷静で、

夜襲を掛けて費桟の軍を撃ち破りました。

 

陸遜は、さらに東方の治安の悪い3つの郡で募兵を行いつつ、

呉に従わない人々を懐柔していき、結果、数万という兵力を吸収します。

力に劣るものは、民戸に編入して農民にしました。

 

三国志演義では、夷陵の戦いから、突然出てきたような扱いの

陸遜ですが、実は若い頃から実績を積み重ねているのが分かります。

 

関連記事:陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

 

呂蒙も陸遜が跡を継ぐ人物だと確信する

呂蒙

 

西暦219年、荊州で関羽と対峙していた呂蒙(りょもう)は病を得て、

建業に帰還しますが、その途中で陸遜は呂蒙に面会を願い出て、

関羽を破り、荊州を手に入れる秘策を告げました。

陸遜 呂蒙

 

呂蒙は、話を聞くにつれて、陸遜が自分の跡を継いで、

呉を引っ張るに足る人物だと確信しました。

 

そして孫権に、自分が亡き後は、陸遜を引き立てるように進言します

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード

関連記事:「男子三日会わざれば刮目して見よ」……呂蒙について

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. コネ男・劉備から学ぶ人脈作り!コネクションの活かし方をコッソリ教…
  2. 117話:司馬懿仲達、三国志の表舞台に出現!劉禅は劉備の後継者に…
  3. 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』
  4. 曹家の文才「三曹七子」って何?
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/3〜4/10…
  6. まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ
  7. 徐晃(じょこう)ってどんな人?魏において、もっとも功績を挙げた無…
  8. 71話:黄祖に邪険にされ、甘寧は孫権に寝返る

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 4話:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる
  2. 【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!
  3. 神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった
  4. 【シミルボン】幸村だけじゃない曹操、孔明も使った赤備え!
  5. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  6. 留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の英雄

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART1 三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた? 【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな人? 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後、王賁(おうほん)は今後どうなる? 77話:老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く 【権力を巡る兄弟の確執】曹丕&曹植 VS 後白河天皇&崇徳天皇 軍略にも才能を発揮した蒋済(しょうさい)の進言集

おすすめ記事

  1. 諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!
  2. 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる
  3. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロフェッショナルだった蜀の将軍【前編】
  4. とっても地味な孫権の息子達7名を一挙紹介
  5. 三国インフィニティ(三国INFINITY)とはどんなアプリゲーム?
  6. 101話:曹操魏王に、そして劉備は漢中奪回を目指す
  7. 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだった!
  8. 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介!

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP