架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

小早川秀秋は関ヶ原の戦いでなんで西軍を裏切ったのか?

この記事の所要時間: 248




 

河北の覇者を決めた袁紹と曹操の決戦である官渡の戦い。

この戦いは曹操が勝ちましたが、きっかけを作ったのは袁紹軍から寝返ってきた人物が

曹操の勝利に貢献しております。

日本史にも天下を分けた戦である関ヶ原の戦いで豊臣側から寝返って、

東軍率いる徳川家康へ寝返った人物がおりました。

その人物の名は小早川秀秋です。

彼はどうして西軍から東軍へ寝返ったのでしょうか。

 

前回記事:【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART1

前回記事:【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART2




小早川秀秋とは一体何ものなの?

 

関ヶ原の戦いで小早川秀秋が裏切った原因を紹介する前に小早川秀秋について

ご紹介しなくては話が進まないので彼をざっくりご紹介していきたいと思います。

小早川秀秋は豊臣秀吉の奥さんである寧々(ねね)のお兄さんの息子です。

彼は養子として秀吉が貰い受けて育っていきます。

しかし秀秋が成人するにつれて寧々は「こいつはダメだ」と感じ始めます。

その原因はお酒を飲み始めてからです。

酒を飲むこと自体に問題があるのではなく、飲んだらべろんべろんに酔うまで飲んでいました。

この秀秋の行動を見た寧々は幾度も彼を注意したそうですが、

彼は寧々のいうことを聞かなかったそうです。

そのため寧々は「あ~コイツまじでポンコツだ」と秀吉に訴えます。

秀吉は当初秀秋を弁護していたそうですが、彼も秀秋の素行を聞くにつれて「寧々の言うとおり、

ポンコツだ」と思い始めます。

そして秀吉の息子である秀頼が誕生すると彼は秀秋をどこかの養子へだそうと考えます。

彼が養子へだそうと考えていたのは中国の覇者である毛利家でした。

そのため毛利家を支えていた両川のひとりである小早川隆景(こばやかわたかかげ)へ

相談しますが、断られてしまいます。

隆景は秀吉の申し出を断った後、もし秀秋が他家へ養子に出す件が再度出てきたとき、

秀吉に「毛利はわしの申し出を断ったからな~」と言われて因縁をつけられ、

毛利家が危険にさらされることを恐れました。

そこで隆景は秀吉へ「我が家に秀秋殿を養子として、いただきたいのですが」と相談。

秀吉は隆景の申し出を喜んで秀秋を小早川家へ養子として引き渡します。

こうして小早川の家を隆景から引き継いだ秀秋が小早川の当主となったことで

小早川秀秋として歴史に出現することになるのです。




関ヶ原の戦いで小早川秀秋が裏切った理由その1:徳川家康に威嚇されたから

 

豊臣と徳川が決戦を関ヶ原で天下分け目の戦を行います。

秀秋は小早川の軍勢を率いて西軍に参加。

彼は西軍の中でも1,2を争う大軍を率いて東軍と西軍の戦いが

一番わかりやすく知ることのできる松尾山へ上って駐屯します。

そして秀秋軍の下で東軍と西軍が熾烈な戦いを開始します。

秀秋は最初から西軍を裏切るつもりはあったのかもしれませんが、

有利な方へ加担したいと考えておりました。

そのため松尾山へ登って戦況を観戦しておりましたが、西軍のほうが有利であることがわかり、

彼は西軍に味方しようか考えておりました。

そんな最中徳川家康は味方すると言って一向に味方しない小早川秀秋にブチギレて

秀秋が駐屯している松尾山へ鉄砲で攻撃を仕掛けます。

この攻撃に驚いた秀秋は軍勢に号令をかけて松尾山から駆け下りて、

西軍へ攻撃することになります。

そのため小早川秀秋が裏切った原因の一つとして家康に

威嚇されたことによる恐怖が原因の一つに考えられるのではないかと思います。

 

関ヶ原の戦いで小早川秀秋が裏切った理由その2:黒田長政の調略

 

黒田官兵衛(くろだかんべえ)の息子である黒田長政(くろだながまさ)

彼は父のように謀略に優れている武将で、関ヶ原の戦いでは西軍の諸将と連絡を取り、

東軍に願えるように調略を施しております。

その中には小早川秀秋もいました。

彼は長政へ味方になるように言われていたこともあり西軍から東軍へ寝返る書状を徳川家康に

送っております。

黒田長政の調略によって東軍へ寝返る約束をしていたことが、

西軍から東軍へ寝返った理由と言えるのではないのでしょうか。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

上記二つが小早川秀秋の寝返った理由として代表的なものだと思いますが、

他にも秀吉の妻・寧々から家康へ味方するようにしなさいとアドバイスがあったことなども

秀秋が東軍へ寝返った理由として挙げられているそうです。

もし秀秋が関ヶ原の戦いで寝返ることなく東軍へ襲いかかっていたとしたら、

歴史は大幅に変化することになったでしょう。

そして秀秋は歴史に西軍で活躍した武将として歴史に名をとどめることになったのでは

ないでしょうか。

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかし…
  2. 【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考…
  3. 真田昌幸の智謀がキラリと光る!徳川軍を打ち破った伝説の戦い上田城…
  4. 王烈(おうれつ)を知っていたら三国志マニア?名声をもっていながら…
  5. 三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介!
  6. 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話
  7. 信長ジェラる?高松城水攻めからの甲州征伐の流れが完璧すぎる
  8. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話
  2. 魏の諸葛誕が反乱に失敗した原因ってなに?
  3. 孫策の独立理由に疑問!袁術は孫策に対して本当にケチだったの?
  4. 68話:劉表死す、そして偽の遺言書で劉琮が後継者に
  5. 邴原(へいげん)とはどんな人?曹操・荀彧から尊敬を受けたマイナー文官
  6. 郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの? 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う! 呂布の裏切りについて考察してみた 【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加える 漢の時代の人が考えるあの世は、どんなイメージ? 三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選 曹彰(そうしょう)とはどんな人?勉強嫌いだが、武を磨いて将来を期待された曹操の4男

おすすめ記事

  1. コネ男・劉備から学ぶ人脈作り!コネクションの活かし方をコッソリ教えちゃいます!【ビジネス三国志】
  2. 乱世の女は強かった!女城主直虎以外の女傑を紹介
  3. 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』
  4. 魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!?
  5. 秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの?
  6. これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。
  7. 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった
  8. 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP