キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【戦国四君・孟嘗君の逸話】五月五日の子に生まれた子は捨てよ!!父が信じた迷信が原因で悲劇が訪れる

この記事の所要時間: 210




 

春秋戦国時代を牽引した戦国四君の一人・孟嘗君(もうしょうくん)田文。

彼は五月五日生まれだったことを知っていましたか。

現在ではこどもの日で休日となっており、

皆様はゴールデンウィーク真っ最中で色々な所へ遊びに行っている時期でしょう。

しかし孟嘗君田文はゴールデンウィークを満喫している場合ではなく、

生きるか死ぬかの運命の瀬戸際に立たされておりました。

今回はゴールデンウィーク真っ最中の五月五日に生まれてしまったことが原因で、

大変な目にあった孟嘗君田文をご紹介したいと思います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!




「こいつを捨ててこい!!」by田嬰

 

斉の宰相として国政を運営していた田嬰(でんえい)。

彼には多くの子供がおり、ある側室が子供を出産します。

だが田嬰は子供が五月生まれであったことが原因で激怒。

子供を生んだ母親へ「今すぐこいつを捨ててこい」と命令。

子供を出産した母親は田嬰の命令に逆らって子供を捨てることなく、

隠して育て上げていきます。

この子供が後に孟嘗君として歴史に名を残すことになる田文です。




顔を真っ赤にして激怒

 

田嬰は大臣として斉の国政を取り仕切っており、

当時彼は各国から靖郭君(せいかくくん)と

呼ばれるほど知名度を上げておりました。

そんな中一人の青年が彼のもとを訪ねてきます。

彼は青年と一緒にいる側室へ「誰だこの人は」と訪ねます。

すると側室は「この子はあなたが捨てて来いといった子供です」と伝えます。

この側室の言葉を聞いた田嬰はまたまた顔を真っ赤にして激怒。

そして彼は側室へ「貴様。なぜ育てたんだ」と怒鳴り散らします。

側室は臆することなく田嬰へ「なぜそんなに怒るのでしょうか。

この子があなたに何をしたというのでしょうか。」と質問。

田嬰はこの質問に対して「こやつが五月五日に生まれたからだ」と一言述べます。

たったそれだけの理由で・・・・子供を捨てて来いなんてないんてひどいオヤジなのでしょうか。

現在なら考えられないことです。

 

田文の反撃

 

田文の母親は田嬰の言葉を聞き、怒りを押し殺して「なぜ五月五日の子供は

捨てなくてはならないのでしょうか。」と再び質問します。

田嬰はイライラしながら「五月五日に生まれた子供は戸口より背丈が大きくなると言われており、

戸口より背丈が大きくなれば親を殺害すると言われているからだ」と言います。

田文の母は田嬰が意味不明な迷信を信じていることに唖然として反論できませんでした。

母の言葉と田嬰の言葉が止んだ頃を見計らって田文は父である田嬰へ

「差し出がましいようですが、人の運命とは天から授かっているのでしょうか。

それとも戸口から授かっているのでしょうか。

もし人が天から運命を授かっているのではなく戸口から授かっているのであれば、

私の背丈よりも戸口を大きくすることで父上が信じていることを回避できるのではないのでしょうか。」

ともっともな正論を伝えます。

この言葉を聞いた田嬰は「ふん。うるさいわ」と言って奥へ下がってしまうのでした。

田文の正論に勝つことができないと悟った田嬰は奥へ逃げてしまったのです。

ずるいです・・・・。意味わかなんないです・・・・。

ていうか田文へ謝れって感じですよね。

しかし田嬰はその後も田文に一言も謝罪の言葉を述べなかったそうですが、

彼を自分の屋敷に済ませることにします。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

靖郭君田嬰は斉の宰相として国政を預かっていたのにも関わらずあのような意味不明な迷信を

信じていたことに驚きを隠せません。

中国の迷信はいろいろありますが、

頭脳明晰な人物でも当時の中国の人は簡単にあのような意味不明な迷信を信じてしまうそうです。

しかし田文の正論がなければもしかしたら田嬰は彼を亡き者にしたかも知れないと考えると、

迷信って怖いと思いませんか。

「今回の戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

じかいもまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

参考文献 司馬遷「史記」 奥平卓一・久米旺生訳など

 

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選

関連記事:【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬…
  2. 三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】
  3. 田豫(でんよ)とはどんな人?魏の国境付近の平和を勝ち取っていた異…
  4. 高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!?
  5. 袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持…
  6. 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード
  7. 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描…
  8. 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽くした孫家の将
  2. 賈詡に学ぶベストな転職の方法
  3. 周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣
  4. 夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析
  5. 【悲報】天皇に振られた長州藩、八・一八の政変はどうして起きた?
  6. 漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

ええっ?曹操は歴史の先生として宮廷で採用されていた!? 月照はどんな人?西郷どん最愛のお坊さん? 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ! 司馬家の皇帝殺害を正当化するための故事が存在した!?晋国を安定に導く文言 易姓革命!?禅譲か?簒奪か?王莽のはかない夢 【はじ三グッズ】可愛い郭嘉のスマホケース(iPhone/Android対応)近日発売予定 ガシュガル・ホータン連合軍を率いて戦い続けた後漢の武将・班超 王允(おういん)ってどんな人?中華を救うべく董卓暗殺に成功するも…残念な結末を迎える

おすすめ記事

  1. 五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎる!
  2. 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄は猛獣をどう扱っていたの?
  3. 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!?
  4. 司馬朗(しばろう)とはどんな人?司馬懿でさえ頭が上がらない偉大な兄の生涯
  5. 劉備と劉邦
  6. 蜀の名将として名高い黄権も曹丕によるパワハラを受けていた!
  7. 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ!
  8. 132話:もうやりたい放題!曹叡の乱心で魏の暗黒時代へ突入

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP