広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何?

この記事の所要時間: 234




 

キングダムの信、王賁(おうほん)蒙恬(もうてん)、王翦ら将軍達や李斯、尉繚(うつりょう)、

王綰(おうわん)ら文官達の力を結集して秦王政は天下統一を行います。

皇帝と名乗った始皇帝政は真の皇帝のみが許される事に成る封禅の儀式(封禅の儀式)を

執り行います。

 

 

この封禅の儀式ですが、

三国志の時代ではこの封禅の儀式を行った人は誰ひとりとしておりません。

また前漢・後漢時代でも数十人の皇帝が居たにも関わらずたった三人しかいませんでした。

この超レアな儀式である封禅の儀式とは一体どのようなものであったのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志ベストコンビネーション賞!感心・感動したコンビ10選




封禅の儀式とは

 

そもそも封禅の儀式とは一体何なのでしょうか。

上記で少し触れましたが、真の皇帝が中国の華北平原にある泰山(たいざん)の頂上まで登って、

天上にいる神様とお話をする儀式だそうです。

真の皇帝の基準ですが、

偉業である天下統一を成し遂げた点と徳が高い事が

封禅を行う上で非常に重要な事柄だそうです。

ではこの儀式はいつごろから行われていたのでしょうか。




いつごろから封禅の儀式は行われていたの?

 

封禅の儀式は中国の神話時代の皇帝達である五帝時代に行われていたそうです。

しかし彼らが封禅の儀式を行っていたのかは不明です。

なぜなら封禅の儀式は秘技とされるもので、どのようなことを泰山の頂上で行っていたのかは

記録に残していたなかったからです。

そのため博士と言われる人物達でも全くわからない儀式でした。

 

始皇帝も封禅の儀式を行おうとするが・・・・

 

始皇帝・政も天下統一という偉業を成し遂げた後、泰山で封禅の儀式を行おうと考えます。

その前段階として秦の偉業をたたえた石碑を嶧山(えきざん)と言われる山の麓に建築して、

祀らせることにします。

その後色々な政策をもって天下の統治を行った事で天下が平和な状態を出現させます。

こうして始皇帝・政は自らの偉業が天下統一と諸々の政策で偉業を成し遂げたと考え、

儀礼に関してのスペシャリストである儒者を大勢連れて泰山へ向かいます。

しかし儒者達は封禅の儀式がどのようなものであったのか知っている者は一人もいませんでした。

そのため彼は色々な意見を始皇帝・政へ進言してきます。

始皇帝・政は色々な意見を出してくる儒者達の言葉を聞いているとイライラしてきたのか、

彼らをすべて追っ払ってしまいます。

そして周王朝の時代に祭祀の儀式を執り行っていた者を見つけ出して、

周王朝風の泰山の儀式を行うことにします。

 

封禅の儀式は行われたのか

 

始皇帝・政はこの祭祀の儀式を執り行っていた者と二人で泰山の頂上へ向かって登って行きます。

彼は自らが封禅の儀式を行った証として、自らの名前を彫った石碑を建造。

この石碑は泰山の南側の道に建造したのですが、頂上に登った帰りは北側から下山して

諸葛孔明が青年時代に歌った梁父吟(りょうほぎん)で有名な梁父山で禅の儀式を行ったそうです。

しかし始皇帝・政もこの封禅の儀式を記録に残すことをしないで秘技としてしまいます。

そのため泰山の頂上でどのような封禅の儀式を行ったのかは一切分かっておりません。

また始皇帝が泰山へ登ろうとした時に暴風雨に襲われたとの記録が残っており、

始皇帝は実は泰山に登っていないのではないのかということも当時は囁かれていたそうです。

 

関連記事:なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの?

関連記事:マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

封禅の儀式は始皇帝の跡を継いだ馬鹿皇帝・胡亥(こがい)も執り行っており、

胡亥以降封禅の儀式を執り行った者は前漢時代ですと武帝。

後漢時代ですと光武帝・劉秀を含めて三人の皇帝しか行われておりません。

超レアな儀式である封禅の儀式はキングダムで描かれることになるのでしょうか。

 

参考文献 史記 司馬遷著 丸山松幸・守屋洋訳など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝闕宣のイケイケ人生

関連記事:霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. うち結婚しないから!自ら両耳と鼻を切り落とした夏侯令女が烈女すぎ…
  2. 三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法
  3. 【英雄亡き三国志の見どころ】司馬師vs王基の壮絶な舌戦:勝利の軍…
  4. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気…
  5. 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しが…
  6. 【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘っ…
  7. 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた…
  8. 知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【6/12〜6/19】
  3. 玉(ぎょく)が大好きな中国人
  4. 五分でわかる蜀の名将達の現代にまで残る名言・逸話【三国志逸話列伝】
  5. 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材
  6. 後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

阿会喃、死んだらあかいなん!!孔明に裏切られた良い蛮族 武神と恐れられていた関羽は結婚していたの? 鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選 王朝交代の背景には中国の五行思想があった!? 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.1 【センゴク】何で信長は比叡山焼き討ちをしたのか? 【危険】謀略の天才だった陳平の批判がエグすぎる 三国志の時代にダムがあった!蜀が豊かであったのはダムのおかげ

おすすめ記事

  1. 宦官VS外戚の争い 第二ラウンド
  2. 【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは
  3. 狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切り刻んだ劉氏の怨念
  4. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち
  5. 菫卓が死んだ後、長安はどうなったの?
  6. 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない
  7. 蜀の二代目皇帝・劉禅とケンシロウの共通点
  8. 介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして忠誠を尽くす

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP