曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志時代の字体とは?現代でも通じるの?

この記事の所要時間: 233




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・みんなの書道」のコーナーです。

 

 

字をキレイに書ける女性はそれだけで美人度が×2.5になります(独断偏見)。

有名な女子アナウンサーでも書道の心得がある方は多いですね。

顔が美人で、指がキレイで、字も上手い。これはひとつの女子力です。

モテる女子というのは可愛くて、料理が上手いだけではありません。字もキレイなのです。

それでは、三国志の時代の字体ってどんなものだったのでしょうか。

漢王朝の時代ですからやっぱり「漢字」ですよね。

ということは、私たちでもこの時代の文章は読めるのでしょうか。

今回は三国志の文化、書について触れていきます。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志で映画にしてほしいシーンベスト10




漢字の字体

 

漢字には字体があります。

それは書道に心得がある人にとっては当たり前の話かもしれません。

でもど素人の私はそんなの学校で習った記憶がありません。

・・・習っているのかな?何か聞いたことがあるけど。

それは「篆書」「隷書」「行書」「草書」「楷書」です。

微妙に聞いたことのある単語があります。

いつも私たちが使っている漢字の字体が「楷書」ですよね。

「真書」とも呼ぶそうです。崩さないで書く漢字です。読みやすいです。

それに対するのが「行書」や「草書」です。

楷書を少し崩したのを行書、さらに崩したのが草書。こんなイメージでしょうか。

「篆書」は印章や額などに使用されているとか。素人には見分けがつきませんね。




三国志の時代の字体は?

 

漢の時代の通用字体は「隷書」だったそうです。絶対に読めなさそうですね。

後漢末期(お!三国志の時代かな)には「隷書」から「行書」が生まれました。

そして「行書」から「楷書」が生まれたのです。

なんということでしょう。

今、私たちが使用している漢字の「楷書」は三国志の時代に生まれているのです。

なんか共通点が見つけられて嬉しいですね。

曹丕の即位したときの碑はかなり楷書化していたそうです。

「受禅碑」や「上尊号碑」などですね。

発掘された呉の武将・朱然の名刺は隷書風の楷書だそうです。

この名刺は読めそうですね。

ちなみに草書は行書よりも早い時代に隷書から生まれたそうです。

 

誰の字が上手いのでしょうか

 

では三国志の時代に達筆だったのは誰なのでしょうか。

曹操は草書が上手かったそうですね。なんでもできるのが曹操の凄いところです。

ちなみに先ほど紹介した「受禅碑」や「上尊号碑」の筆者は、

魏の鍾繇(しょうよう)だと伝わっています。

一番達筆だったのがこの鍾繇だったようです。

ゲームにはあまり反映されていない情報ですね。

鍾繇の作品である「墓田丙舎帖」を読んでみました。

漢字はとても読みやすいですね。まさに楷書です。

「宣示表」というものもあり、

実はこれもすべて後世の模本なのですが、完全に読める漢字です。

楷書の最も古い作品といわれています。

 

呉にも達筆はいます

 

呉の芸術家、皇象(こうしょう)。彼も達筆だったそうです。

作品を私は見ていませんが、「八絶」に数えられていた凄腕だったようです。

「急就篇」という模本が後世に伝わっています。

ただしこの頃の草書は「章書」と呼ばれていて、現代の草書とは少し異なっていたそうです。

現代の草書は区別するために「今草」と呼ばれています。

皇象の作品は章書で書かれています。きっと私には読めなさそうですね。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

あの有名な鍾繇の字が1800年後の私たちも普通に読めるというのは感動ですね。

書家として歴史に名前を遺していくひとたちはこの三国志の時代からどんどん増えていくそうです。

三国志は漢字の革命の時代でもあったのですね。はたして張飛は読めたのでしょうか。

 

皆さんはどう感じましたか。

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10

関連記事:三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 宿命のライバル?何度も激闘を繰り広げた姜維と鄧艾
  2. 曹操の配下で打線を組んだ場合、どんな球団になる?
  3. あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬
  4. 【君主vs名士】孫権よりも名士の権力が強かったってマジ!?
  5. 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後、王賁(おうほん)は今…
  6. 孔明の北伐が成功したら三国志どうなったの?
  7. 天に頭はあるの?プライド賭けたトンチ合戦の勝敗は
  8. 早すぎた時代の改革者・袁術にヘッドハンティングされた徐璆の逸話

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 屈原(くつげん)とはどんな人?楚のために命を尽くす有能な政治家
  2. 実在した仙人?史実でも孫策に殺されてしまう于吉(うきつ)
  3. レッドクリフ超え!魯粛(ろしゅく)の知られざる逸話
  4. 【新事実】織田信長は本能寺の変がなくてもオワコンだった!
  5. 九品官人法(きゅうひんかんじんほう)は悪法?どうして曹丕は採用したの?
  6. 64話:諸葛孔明の庵を3回尋ねる劉備、これが三顧の礼

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

蜀が好きな皆さんへ!五分で分かる桃園の三兄弟の逸話を紹介 【センゴク】織田信長の宿敵・朝倉義景はどうやって撃破されたの? 韓遂は腹の中で何を考えていたの?【潼関の戦い】 中原での戦いは苦手だけど異民族討伐戦なら強い董卓 関羽の名言にはどんなモノがあるの? もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった? 橋本左内の墓は二か所ある!?西郷隆盛も認めた幕末の名士をしのぶ 劉伶(りゅうれい)とはどんな人?奇行が目立つ竹林の七賢の一人

おすすめ記事

  1. 曹操に敗れすべてを失った馬超の性格を考える【後半】
  2. 獬豸冠(かいちかん)って何?とんがり帽子は正義のしるし!司法官がかぶったイカす冠
  3. 呉王殺害に成功した暗殺者・専諸ってどんな方法で暗殺に成功したの?
  4. 裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み出した裴松之の先祖
  5. 【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデルとしていた!?
  6. 劉備の人肉食は何故美談になったのか?よかミカンが考察
  7. 鍾会(しょうかい)は何で反乱を起こしたの?魏のイケメン武将の独立事情
  8. 近藤勇の墓は?新選組局長の最期の地をめぐる

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP