三国志時代の字体とは?現代でも通じるの?

2017年4月6日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく「ろひもと理穂の三国志・みんなの書道」のコーナーです。

 

 

字をキレイに書ける女性はそれだけで美人度が×2.5になります(独断偏見)。有名な女子アナウンサーでも書道の心得がある方は多いですね。顔が美人で、指がキレイで、字も上手い。これはひとつの女子力です。

 

あどけない爽やかな古代中国人のカップル 女性

 

モテる女子というのは可愛くて、料理が上手いだけではありません。字もキレイなのです。それでは、三国志の時代の字体ってどんなものだったのでしょうか。

 

皇象(こうしょう)仙人

 

漢王朝の時代ですからやっぱり「漢」ですよね。ということは、私たちでもこの時代の文章は読めるのでしょうか。今回は三国志の文化、書について触れていきます。

 

関連記事:三国志で映画にしてほしいシーンベスト10

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



漢字の字体

 

漢字には字体があります。それは書道に心得がある人にとっては当たり前の話かもしれません。でもど素人の私はそんなの学校で習った記憶がありません。

 

・・・習っているのかな?

 

何か聞いたことがあるけど。それは「篆書」「隷書」「行書」「草書」「楷書」です。微妙に聞いたことのある単語があります。いつも私たちが使っている漢字の字体が「楷書」ですよね。

 

「真書」とも呼ぶそうです。崩さないで書く漢字です。読みやすいです。それに対するのが「行書」や「草書」です。楷書を少し崩したのを行書、さらに崩したのが草書。こんなイメージでしょうか。「篆書」は印章や額などに使用されているとか。素人には見分けがつきませんね。

 

三国志の時代の字体は?

 

漢の時代の通用字体は「隷書」だったそうです。絶対に読めなさそうですね。後漢末期(お!三国志の時代かな)には「隷書」から「行書」が生まれました。そして「行書」から「楷書」が生まれたのです。

 

なんということでしょう。今、私たちが使用している漢字の「楷書」は三国志の時代に生まれているのです。なんか共通点が見つけられて嬉しいですね。

 

典論を掘る曹丕

 

曹丕の即位したときの碑はかなり楷書化していたそうです。「受禅碑」や「上尊号碑」などですね。発掘された呉の武将・朱然の名刺は隷書風の楷書だそうです。この名刺は読めそうですね。ちなみに草書は行書よりも早い時代に隷書から生まれたそうです。

 

誰の字が上手いのでしょうか

 

では三国志の時代に達筆だったのは誰なのでしょうか。曹操は草書が上手かったそうですね。なんでもできるのが曹操の凄いところです。ちなみに先ほど紹介した「受禅碑」や「上尊号碑」の筆者は、魏の鍾繇(しょうよう)だと伝わっています。

 

鍾繇(しょうよう)

 

一番達筆だったのがこの鍾繇だったようです。ゲームにはあまり反映されていない情報ですね。鍾繇の作品である「墓田丙舎帖」を読んでみました。漢字はとても読みやすいですね。まさに楷書です。

 

曹操のもとで才能を発揮する鍾繇(しょうよう)

 

「宣示表」というものもあり、実はこれもすべて後世の模本なのですが、完全に読める漢字です。楷書の最も古い作品といわれています。

 

呉にも達筆はいます

劉惇(りゅうとん)仙人・占い師

 

呉の芸術家、皇象(こうしょう)。彼も達筆だったそうです。作品を私は見ていませんが、「八絶」に数えられていた凄腕だったようです。「急就篇」という模本が後世に伝わっています。

 

ただしこの頃の草書は「章書」と呼ばれていて、現代の草書とは少し異なっていたそうです。現代の草書は区別するために「今草」と呼ばれています。皇象の作品は章書で書かれています。きっと私には読めなさそうですね。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂さん

 

あの有名な鍾繇の字が1800年後の私たちも普通に読めるというのは感動ですね。書家として歴史に名前を遺していくひとたちはこの三国志の時代からどんどん増えていくそうです。

 

三国志は漢字の革命の時代でもあったのですね。はたして張飛は読めたのでしょうか。

皆さんはどう感じましたか。

 

関連記事:忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10

関連記事:三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ!

 

三国志ライフ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ろひもと理穂

ろひもと理穂

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。 自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください! 好きな歴史人物: 曹操、蒲生氏郷

-三国志の雑学
-