よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志時代の字体とは?現代でも通じるの?




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・みんなの書道」のコーナーです。

 

 

字をキレイに書ける女性はそれだけで美人度が×2.5になります(独断偏見)。

有名な女子アナウンサーでも書道の心得がある方は多いですね。

顔が美人で、指がキレイで、字も上手い。これはひとつの女子力です。

モテる女子というのは可愛くて、料理が上手いだけではありません。字もキレイなのです。

それでは、三国志の時代の字体ってどんなものだったのでしょうか。

漢王朝の時代ですからやっぱり「漢字」ですよね。

ということは、私たちでもこの時代の文章は読めるのでしょうか。

今回は三国志の文化、書について触れていきます。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志で映画にしてほしいシーンベスト10




漢字の字体

 

漢字には字体があります。

それは書道に心得がある人にとっては当たり前の話かもしれません。

でもど素人の私はそんなの学校で習った記憶がありません。

・・・習っているのかな?何か聞いたことがあるけど。

それは「篆書」「隷書」「行書」「草書」「楷書」です。

微妙に聞いたことのある単語があります。

いつも私たちが使っている漢字の字体が「楷書」ですよね。

「真書」とも呼ぶそうです。崩さないで書く漢字です。読みやすいです。

それに対するのが「行書」や「草書」です。

楷書を少し崩したのを行書、さらに崩したのが草書。こんなイメージでしょうか。

「篆書」は印章や額などに使用されているとか。素人には見分けがつきませんね。




三国志の時代の字体は?

 

漢の時代の通用字体は「隷書」だったそうです。絶対に読めなさそうですね。

後漢末期(お!三国志の時代かな)には「隷書」から「行書」が生まれました。

そして「行書」から「楷書」が生まれたのです。

なんということでしょう。

今、私たちが使用している漢字の「楷書」は三国志の時代に生まれているのです。

なんか共通点が見つけられて嬉しいですね。

曹丕の即位したときの碑はかなり楷書化していたそうです。

「受禅碑」や「上尊号碑」などですね。

発掘された呉の武将・朱然の名刺は隷書風の楷書だそうです。

この名刺は読めそうですね。

ちなみに草書は行書よりも早い時代に隷書から生まれたそうです。

 

誰の字が上手いのでしょうか

 

では三国志の時代に達筆だったのは誰なのでしょうか。

曹操は草書が上手かったそうですね。なんでもできるのが曹操の凄いところです。

ちなみに先ほど紹介した「受禅碑」や「上尊号碑」の筆者は、

魏の鍾繇(しょうよう)だと伝わっています。

一番達筆だったのがこの鍾繇だったようです。

ゲームにはあまり反映されていない情報ですね。

鍾繇の作品である「墓田丙舎帖」を読んでみました。

漢字はとても読みやすいですね。まさに楷書です。

「宣示表」というものもあり、

実はこれもすべて後世の模本なのですが、完全に読める漢字です。

楷書の最も古い作品といわれています。

 

呉にも達筆はいます

 

呉の芸術家、皇象(こうしょう)。彼も達筆だったそうです。

作品を私は見ていませんが、「八絶」に数えられていた凄腕だったようです。

「急就篇」という模本が後世に伝わっています。

ただしこの頃の草書は「章書」と呼ばれていて、現代の草書とは少し異なっていたそうです。

現代の草書は区別するために「今草」と呼ばれています。

皇象の作品は章書で書かれています。きっと私には読めなさそうですね。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

あの有名な鍾繇の字が1800年後の私たちも普通に読めるというのは感動ですね。

書家として歴史に名前を遺していくひとたちはこの三国志の時代からどんどん増えていくそうです。

三国志は漢字の革命の時代でもあったのですね。はたして張飛は読めたのでしょうか。

 

皆さんはどう感じましたか。

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10

関連記事:三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?
  2. 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴
  3. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 馬超には愛馬がいたの?西方の雄・馬超の愛馬に名前をつけてみた
  4. 桃園の誓いがなかったら劉備はどうなっていたの?
  5. 甘過ぎるおかん孔明!部下に厳しく出来ない事実が発覚!
  6. 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴
  7. 孔融と曹操 曹操をザコ扱い!孔融が天子に禰衡を推薦した文章が毒舌すぎる
  8. 晋にも五虎将軍が存在した?魏の五将軍に匹敵する晋の名将を紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 好きな武将アンケート
  2. 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?
  3. 三国テンカトリガーとはどんなアプリゲーム?
  4. 背水の陣は韓信だけではなかった!項羽が使った悲愴の決意を示した行動とは?
  5. 閻行(えんこう)とはどんな人?韓遂の部下だが曹操の人質アタックに敗れる
  6. 実は楽進は張飛と一騎打ちをしてたってマジ!?

三國志雑学

  1. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  2. 周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志
  3. 解煩督 呉

おすすめ記事

キングダム586話ネタバレ予想vol2今後覚醒しそうなキャラは? キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密 武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物 井伊直弼の墓がある豪徳寺は猫萌えのお寺だった? これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術 【三国志ファン必見】これが魏の軍隊だ! 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期 蒋琬の政策とは?諸葛孔明とは違う政策を考えていた!?

おすすめ記事

  1. 荀彧は後漢グルーブor曹魏グルーブどっちなの?
  2. 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀彧の遠孫
  3. キングダム585話ネタバレ予想外伝信の生まれ育った村はどんな感じ?
  4. 【はじ三の企画ができるまで〜制作の裏側少しだけ公開】
  5. 吉田松陰留魂録はどんな内容?いつ書かれたの?
  6. 【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの?
  7. 小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察
  8. プチャーチンと川路聖謨二人の外交官の友情と打算

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP