よかミカンの三国志入門
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志史上で一番絵が上手なのは誰だ!?ヒント、姓は曹です

この記事の所要時間: 231




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志のゴーギャンを探せ」のコーナーです。

 

 

人類史上、誰が一番絵が上手なのか。この問いに答えられる人はいますか?

鳥山明先生?・・・正解です。

では二番手は誰でしょうか?

ピカソ?確かに彼の「アルジェの女たち」という作品は1億7900万ドルで取引されましたからね。

別にお金で作品の価値は決まらないとは思いますが。

それを言ったら、デ・クーニングの「インターチェンジ」は3億ドルです。

1ドル111円として333億円ですね。ということは、

鳥山明先生の次に上手なのはデ・クーニングかな。

ちなみに三国志の時代のブームは山水画です。

曹操にも劉備にも「ドラゴンボール」は好評でしょうが、

「インターチェンジ」のような抽象絵画は受け入れられそうもないですね。

山水画に近い高額作品となると、ゴーギャンの「ナ・フェア・ファア・イポイポ」でしょうか。

背景に自然が描かれているし。

これもトレードは3億ドルという噂です。

前置きが長くなりましたが、三国志史上一番絵が上手いのは誰だ。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志で映画にしてほしいシーンベスト10




蜀の超有名人のあの方

 

いきなりですが、諸葛亮孔明ですよ。

息子の諸葛瞻と並んで上手といわれていました。

南征でゾトアドなどの異民族を平定したときに「夷図」という絵を描いて

文化についていろいろ授業をしたそうです。

本当かい!?って思う方は、唐の時代の張彦遠さんに聞いてみてください。

書画の物凄いコレクターです。

彼の著書の「歴代名画記」にそう書いてあるんです。

親子そろって絵が上手いって凄いですね。




魏ではなんとあの方です

 

作品がほとんど残っていないのでもう張彦遠さんの意見を鵜呑みにするしかありません。

魏で絵が上手だったのはなんと、曹髦(そうぼう)です。

え!?四代目皇帝じゃないですか。

唐の時代の画家である曹覇は曹髦の子孫であると自称しています。

誇りに思っていたのでしょう。

他に楊彪の息子の楊脩も上手だったそうです。楊脩って何気に凄いんですよ。

あの禰衡に文章をベタ褒めされていますし、荀彧にも認められています。

曹操にもかなり警戒されていますね。

恐らく司馬懿以上に曹操が警戒していたのは楊脩でしょう。

今度詳しく記事を書きます。とにかく楊脩は多方面で一流だったんですね。

どんな絵を描いたのか興味があります。

 

呉が一番凄いのかな

 

では、呉では誰が絵が上手だったのでしょうか。

張彦遠さんが言うには、曹不興と趙夫人だそうです。

曹不興は呉の「八絶」に選ばれています。

八絶とは、曹不興の他、以前に紹介した書道の皇象、囲碁の厳武、

夢占いの宋寿、人相占いの鄭嫗、星占いの劉惇、風占いの呉範、

算術の趙達といった芸術や技芸に優れた八人を指します。

曹不興の描いた絵は、墨の一点すらも本物のハエと孫権が見誤ったくらいだったそうです。

これは孫権の依頼を受けた曹不興が、間違えて屏風に墨を一滴落としてしまったときの逸話です。

臨機応変にそれをハエとして描いたら、そのままの作品がまかり通ってしまったと伝わっています。

多分、描き直すには手遅れなくらい完成間近だったのでしょう。

ちなみに仏教の絵を最初に描いたのも曹不興だそうです。

6世紀ごろの画家で評論家の謝赫は、この曹不興の絵が最高級だと評価しています。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

そんなわけで三国志史上最も絵が上手だったのは、曹不興に決まりました!!

タイトルを見て、きっと曹操でしょ。

って思った皆さん、残念。曹植って思った皆さんも残念。曹髦だと思った皆さんは惜しい!!

気にはなりますが、曹操の描いた絵が上手だったのかはわかりません。

きっと上手だったと思います。曹操は器用なんで。

 

曹操の墓の于禁の絵は誰が描いたんでしょうね。

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10

関連記事:三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介
  2. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第4回 目指せ主力の英雄化!呉…
  3. 三国志の時代に傘ってあったの?始皇帝や光武帝、呂蒙も使っていた傘…
  4. 劉備と西郷隆盛の共通点って何?
  5. 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話
  6. 【魯粛・朱桓・周魴の息子達】三国志後半を彩った呉の二代目武将はか…
  7. 三国志の結末(最後)ってどうなるの?
  8. 孫権老害!魏は曹叡の代で潰れるとドヤって大失敗

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第4回 目指せ主力の英雄化!呉の名将も仲間入りです!
  2. 善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯!
  3. 夏侯淵が定軍山で戦死した原因は兵力不足だった?
  4. 【海の日特集】甘寧だけじゃない三国志に出てくる海賊達を紹介
  5. 29話:青州兵によって膨れ上がる曹操の兵力
  6. 【中華二千年の戦い】皇帝の友達宦官vs母方の血族外戚

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だった 呉と倭は外交交渉をしていたの?日本を目指した衛温と諸葛直 王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(後半) 【お知らせ】新企画第2弾「はじめての三国志ストア」をリリースします。 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣 秦の始皇帝はどんな顔をしていたの?政はユダヤ人だった? 諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い

おすすめ記事

  1. 王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実
  2. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに周瑜を追加しました
  3. 韓嵩(かんすう)が気の毒すぎる!劉表に命じられて曹操の元へ偵察に行って帰ってきたら殺されそうになる
  4. 孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの?
  5. 三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介
  6. 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.1
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【10/9〜10/15】
  8. 【キングダム】趙の慶舎(けいしゃ)は実在したの?史実を元に真実の姿を解説

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP