キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】




 

キングダムに出てきた斉王(せいおう)・田建(でんけん)。

彼は斉の国の王様ですが、

春秋時代は斉の国は羌族(きょうぞく)出身の太公望・呂尚が初代斉の君主でした。

だがこの国は斉の桓公(かんこう)の時代に亡命してきた田氏が力をつけて台頭したことによって、

太公望が建国した斉は滅ぼされてしまいます。

そして羌出身の斉の君主亡き後田氏が斉の国主として君臨することになります。

田氏の斉と羌姓の斉を区別するために歴史上では田斉と言われることがあります。

今回はこの田氏一族が君臨した斉の歴代の国主の中で最高ランクと言われた名君・威王の

エピソードについてご紹介していきたいと思います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:要離(ようり)とはどんな人?呉王・闔廬の為に身命をとした刺客




九年間も何にもしなかった王様

photo credit: Last Leaf via photopin (license)

 

威王は王位を継いで斉王となります。

しかし彼は何にもしないまま九年間を過ごしてしまいます。

何にもしないというのは本当に何もしないということで、政治は大臣に任せっぱなしで、

王が行う仕事を一切やろうとしませんでした。

そのため国内の情勢は不安定になっていきます。

斉の国内が乱れていることを知った近隣諸国の勢力は斉の国境に兵を進めて侵略を開始。

威王に仕えていた家臣達はこの王様はほんとに大丈夫かと不安になるほど、

彼は王様たる威厳を見せることや政治に関して無関心な人でした。




突然役人を評価するPART1

photo credit: Memento Mori via photopin (license)

 

威王はどうしようもない王だと民衆や大臣、将軍までも思っておりました。

そんな評判が吹き荒れていたある日、

彼は即墨(そくぼく)という町を治めている役人を呼び寄せます。

役人は参上すると威王から「君あんまり宮殿の中で評判が良くないんだよね。

だからさ俺が勝手に君が治めている即墨の街を調査させたんだけどさ、

君かなり統治の仕方がうまいらしいじゃん。

民衆に聞いてみたんだけど『あの人はわしらのことをちゃんと考えている』と褒めてたし、

田畑もしっかりと耕されていたね。これらを評価して君に領土を与えようと思うから

受け取って欲しい」と直々に伝えます。

この言葉を受け取った役人は大いに驚きと畏敬の念で威王にかしずきます。

 

突然役人を評価するPART2

 

威王はまたしても役人を呼びつけます。

その役人は東阿(とうあ)と言われる場所を統治している人物で、

宮殿内の評判はかなり高評価でした。

威王はこの役人に対して「君。かなり宮殿内で評判高いから本当かどうか調べさせてもらったよ。

そしたら君が治めている東阿の領地が評判と違って全然発展してないことに、

俺ビックリしちゃった。

田畑は荒れ放題だし、民衆は君が宮殿に賄賂を贈っているから重税を課し、喘いでいる始末。

君さぁ~全然仕事してないから処罰するね。」と役人に伝えると

威王は声を荒らげて「即刻この役立たずの首をはねよ!!」と言って彼を処断してしまいます。

その後威王は彼の評判を自らに伝えてきた側近たちもすべて殺害してしまいます。

威王のこの果断な決断に側近や大臣、将軍達は恐れ、歪められた報告を行わなくなり、

実情のみを威王に伝えるようになります。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

 

威王は九年間も何もしなかったのではなく、

大臣・側近・将軍達が自分に対してどのような態度を取ってくるのか。

また彼らが自らをどのように見ているのかを査定するために何もやらないで、

様子を見ていることにしていたのです。

その結果、真面目に仕事をしている役人はしっかりと評価を与えて、褒美をあげます。

そして何もやらないで適当に仕事をしている役人には厳罰をもって望むことで、

斉の国を引き締めることに成功します。

ここから威王は斉最高の君主として政治・軍事を積極的におこなっていくことになるのです。

 

参考文献 中公新書 孟嘗君と戦国時代 宮城谷昌光著など

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選

関連記事:【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 趙儼(ちょうげん)とはどんな人?三国志時代の調整力を備えた魏の文…
  2. 小早川秀秋は関ヶ原の戦いでなんで西軍を裏切ったのか?
  3. 鍋島直茂(なべしま なおしげ)がスゴイ!主家乗っ取りに成功!時勢…
  4. 武田信繁(たけだのぶしげ)とはどんな人?武田信玄の片腕と呼ばれた…
  5. 【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ…
  7. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 …
  8. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹叡

おすすめ記事

  1. 甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)
  2. 和宮とはどんな人結構頑固で家茂ラブな皇女
  3. 【軍師連盟】司馬懿は曹操の仕官の誘いを何で断わったの?
  4. 蒋琬の政策の成功は姜維がキーマンだった!!
  5. 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬まんとす
  6. 桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転の策を献じた謀臣 曹魏の3代に仕えた桓範(かんはん)

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操に降伏する教祖・張魯

おすすめ記事

【はじさん書評倶楽部】人生の勝算(NewsPicks Book)前田裕二 【三国志トランプ】なぜこの顔ぶれなのかちょっと謎! 僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る! 幕末 帝国議会 五代友厚は大阪再生の立役者だった! 夏侯淵の死後、一族はどうなったのか? 陸遜の出自と出身は?三国志演義では完全な脇役の陸遜に分析 またまた発見!劉備の黒歴史、なんと劉禅には生き別れの兄がいた? 東方明珠のへなちょこ黄河旅行記 その2

おすすめ記事

  1. 劉琦はどうして毒殺されなかったのか!?【素朴な三国志疑問】
  2. 第六天魔王・織田信長は本当に天下統一がしたかったの?
  3. 三国ベースボール攻略1 三国志キャラが登場する野球ゲームに挑戦!
  4. 勝負下着の参考に!三国時代の下着ってどんなのだったの?
  5. 周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけの男
  6. 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実では秦の天下統一に貢献した人物
  7. 徳川慶喜とナポレオン三世の知られざる日仏交流史
  8. 文化の違いを理解すれば三国志がより分かる!日本と中国では、こういう所が大違い?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP