はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】

この記事の所要時間: 258




 

キングダムに出てきた斉王(せいおう)・田建(でんけん)。

彼は斉の国の王様ですが、

春秋時代は斉の国は羌族(きょうぞく)出身の太公望・呂尚が初代斉の君主でした。

だがこの国は斉の桓公(かんこう)の時代に亡命してきた田氏が力をつけて台頭したことによって、

太公望が建国した斉は滅ぼされてしまいます。

そして羌出身の斉の君主亡き後田氏が斉の国主として君臨することになります。

田氏の斉と羌姓の斉を区別するために歴史上では田斉と言われることがあります。

今回はこの田氏一族が君臨した斉の歴代の国主の中で最高ランクと言われた名君・威王の

エピソードについてご紹介していきたいと思います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:要離(ようり)とはどんな人?呉王・闔廬の為に身命をとした刺客




九年間も何にもしなかった王様

photo credit: Last Leaf via photopin (license)

 

威王は王位を継いで斉王となります。

しかし彼は何にもしないまま九年間を過ごしてしまいます。

何にもしないというのは本当に何もしないということで、政治は大臣に任せっぱなしで、

王が行う仕事を一切やろうとしませんでした。

そのため国内の情勢は不安定になっていきます。

斉の国内が乱れていることを知った近隣諸国の勢力は斉の国境に兵を進めて侵略を開始。

威王に仕えていた家臣達はこの王様はほんとに大丈夫かと不安になるほど、

彼は王様たる威厳を見せることや政治に関して無関心な人でした。




突然役人を評価するPART1

photo credit: Memento Mori via photopin (license)

 

威王はどうしようもない王だと民衆や大臣、将軍までも思っておりました。

そんな評判が吹き荒れていたある日、

彼は即墨(そくぼく)という町を治めている役人を呼び寄せます。

役人は参上すると威王から「君あんまり宮殿の中で評判が良くないんだよね。

だからさ俺が勝手に君が治めている即墨の街を調査させたんだけどさ、

君かなり統治の仕方がうまいらしいじゃん。

民衆に聞いてみたんだけど『あの人はわしらのことをちゃんと考えている』と褒めてたし、

田畑もしっかりと耕されていたね。これらを評価して君に領土を与えようと思うから

受け取って欲しい」と直々に伝えます。

この言葉を受け取った役人は大いに驚きと畏敬の念で威王にかしずきます。

 

突然役人を評価するPART2

 

威王はまたしても役人を呼びつけます。

その役人は東阿(とうあ)と言われる場所を統治している人物で、

宮殿内の評判はかなり高評価でした。

威王はこの役人に対して「君。かなり宮殿内で評判高いから本当かどうか調べさせてもらったよ。

そしたら君が治めている東阿の領地が評判と違って全然発展してないことに、

俺ビックリしちゃった。

田畑は荒れ放題だし、民衆は君が宮殿に賄賂を贈っているから重税を課し、喘いでいる始末。

君さぁ~全然仕事してないから処罰するね。」と役人に伝えると

威王は声を荒らげて「即刻この役立たずの首をはねよ!!」と言って彼を処断してしまいます。

その後威王は彼の評判を自らに伝えてきた側近たちもすべて殺害してしまいます。

威王のこの果断な決断に側近や大臣、将軍達は恐れ、歪められた報告を行わなくなり、

実情のみを威王に伝えるようになります。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

 

威王は九年間も何もしなかったのではなく、

大臣・側近・将軍達が自分に対してどのような態度を取ってくるのか。

また彼らが自らをどのように見ているのかを査定するために何もやらないで、

様子を見ていることにしていたのです。

その結果、真面目に仕事をしている役人はしっかりと評価を与えて、褒美をあげます。

そして何もやらないで適当に仕事をしている役人には厳罰をもって望むことで、

斉の国を引き締めることに成功します。

ここから威王は斉最高の君主として政治・軍事を積極的におこなっていくことになるのです。

 

参考文献 中公新書 孟嘗君と戦国時代 宮城谷昌光著など

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選

関連記事:【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 孫臏の魔術がスゴイ!どの国からも侮られていた斉兵を強兵に変えた改…
  2. 李通(りつう)とはどんな人?義侠心に溢れた魏の知られざる勇将
  3. 遼来来!よりも呉は彼を恐れていた?呉キラー曹休(そうきゅう)
  4. 日本で一番すごい武将?敵中を突破して帰国した猛将・島津義弘の武勇…
  5. 黒田官兵衛は牢屋に閉じ込められた時に何で自殺しなかったの?
  6. 【囚われた二人の友情】匈奴に囚われた李陵と蘇武の熱き友情
  7. 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス
  8. 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?
  2. 韓当(かんとう)ってどんな人?程普と共に呉を支え続けた呉の勇将
  3. 楊脩(ようしゅう)は何故、曹操に殺されたの?曹植と禰衡にも愛された才能の持ち主
  4. 夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇の先祖
  5. 8話:社会不安を利用し急速に拡大した太平道、当時の人が宗教に頼った理由とは?
  6. 袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志の結末(最後)ってどうなるの? びっくり!三国時代の文化は日本に近かった? 『うしおととら』の獣の槍の元ネタは孫子の時代にあった?古代中国の名剣・干将と莫邪 「ざっくりとわかる三国志」をはじめました。 何進(かしん)とはどんな人?天下騒乱のきっかけを作った大将軍 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.3【完】 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった! 楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

おすすめ記事

  1. もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】
  2. 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 2
  3. 三国志に学ぶ国家絶滅危機:もし日本(国家)がなくなったら、日本人はどうなるの?
  4. 曹操の北伐~袁氏の滅亡~
  5. キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰?
  6. 曹操の人材登用法が魏国の安定をもたらす!能力主義者・曹操の二段構えの政策とは?
  7. 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術
  8. 【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP