キングダム
黄巾賊




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【センゴク】丹波の反乱と松永久秀の反乱

この記事の所要時間: 418




 

織田信長は再び窮地に追い込まれることになります。

彼が窮地に追い込まれることになったきっかけは天王寺砦でおきた本願寺軍との戦いで、

辛勝したことが原因です。

この戦いで織田軍が辛勝したことによって西の覇者・毛利家は、

織田軍に敵対する意思を固めます。

そして毛利家は戦国最強と謳われていた毛利水軍を率いて木津川口(きづがわぐち)で、

織田軍に大勝利を収めることになります。

織田軍は毛利水軍に大敗北したことがきっかけで、

信長に敵対していた丹波(たんば)の赤井直正(あかいなおまさ)に、

強力な援軍が現れることになります。

また信貴山城(しぎさんじょう)の城主であった

問題児・松永久秀も本願寺と同盟を結んで、信長に反旗を翻します。

これらは天正四年~五年にかけて起こった出来事で、

信長にとってかなり危険な年になります。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最後




丹波の光秀が大活躍

 

明智光秀(あけちみつひで)は木津川口の戦いが起きる前年に信長から丹波攻略を命令。

光秀は軍勢を率いて丹波攻略へ出陣します。

丹波の国で織田信長に反乱を起こしたのは赤井直正(あかいなおまさ)という武将です。

彼は明智軍が丹波へ踏み込んでくると丹波各地の自領で籠城戦を展開していきますが、

光秀の攻撃によって次々と赤井氏の各地の諸城は陥落していくことになり、

赤井氏の勢力は徐々に弱まっていくことになります。

そして毛利軍が木津川口で織田水軍に大勝利を行った時、

赤井氏は丹波の隣国である但馬(たじま)の竹田城を包囲しておりました。

光秀は赤井氏が但馬城へ遠征に行っている事を知ると彼を攻撃して、

但馬・竹田城を救出しようとします。

赤井直正は明智軍が但馬・竹田城救援に来ていることを知ると

急いで包囲を解いて撤退し黒井城(くろいじょう)へ入城します。

光秀は赤井直正が黒井城へ逃亡したことを知るとこの城を包囲。

光秀は赤井直政が逃亡できないようにアリ一匹逃さない完全包囲を敷いて、

兵糧攻めを行います。

こうして赤井氏は光秀によって滅ぼされる寸前にまで追い込まれてしまいます。

ついでに丹波の他の大名のほとんどが光秀に味方している状態でした。




坂本城へ帰還する光秀軍

 

光秀は丹波攻略に失敗してしまい本拠地である坂本城へ帰還することになりました。

彼の軍勢は城門を潜ってきますが、ほとんどの兵士はボロボロになっておりました。

光秀に従軍していたある兵士は坂本城を守っていた兵士へ怒りをぶちまけます。

光秀に従軍していた兵士達は「あいつら裏切りやがった!!」と

坂本城を守っていた兵士達へ怒りを顕にしておりました。

丹波の国で一体何が起こったのでしょうか。

 

丹波の大名波多野氏が光秀に反乱

 

明智光秀は赤井直正が篭城している黒井城へ兵糧攻めを開始。

彼は赤井直正が篭城している黒井城を完全包囲して兵糧攻めを行います。

こうして黒井城は徐々に弱っていくことになり、

赤井氏を討伐する寸前まで追い詰めるのですがここでありえないことが発生。

それは光秀に味方していた波多野氏が突如反乱を起こして赤井氏に味方するのです。

波多野氏は赤井氏に味方すると光秀の軍勢に猛攻をかけて、

丹波から追い出してしまいます。

光秀はなんとか波多野氏の追撃をかわして自らの居城である坂本城へ帰還。

こうして光秀の丹波攻略戦はゼロから再び始まることになるのです。

波多野氏が反逆を起こして光秀の軍勢を攻撃したのが木津川口の戦いが行われた

年と同年である天正四年となっております。

この結果、畿内は織田家勢力の完全支配から遠ざかることになり、

波多野氏や赤井氏は明智光秀へ頑強に抵抗していくことになります。

 

問題児・松永久秀の挙兵

 

丹波は波多野氏の反乱によって平定することから遠ざかってしまいます。

そして場所は変わって石山本願寺(いしやまほんがんじ)を包囲している

織田方の前線拠点である天王寺砦(てんのうじとりで)。

この砦からある親子が本願寺討伐軍司令官である佐久間信盛(さくまのぶもり)に、

何も言わずに黙って抜け出して居城へと帰還してしまいます。

その親子とは織田信長に何度も反乱を起こしていた

問題児・松永久秀と久通(ひさみち)です。

彼らは天王寺砦を抜け出して大和(やまと)にある居城・信貴山城へ戻ると信長に対して

挙兵します。

信長は信貴山の松永久秀がなんで反乱を起こしたのか全くわかりませんでした。

彼はとりあえず松永久秀へ使者を送って反乱を起こした理由を尋ねさせますが、

久秀は「俺は信長と敵対するんじゃ」と言って信長に敵対する意思を見せます。

使者は久秀を説得しますが、久秀の意思を翻すことができずに虚しく帰ることになります。

信長は久秀が反乱を収める気がないことをしると織田軍の最強部隊である佐久間信盛、

明智光秀、羽柴秀吉(はしばひでよし)、丹羽長秀(にわながひで)などのそうそうたる武将で、

久秀親子が篭城する信貴山城へ猛攻を開始することにします。

 

松永久秀の最後

 

松永久秀は信貴山城へ篭城すると織田軍を迎え撃つべく防備を固めます。

要害堅固の信貴山城は織田軍のオールスター部隊の攻撃を受けても

びくともしませんでした。

久秀は信長軍を撃退している間に同盟者である本願寺へ援軍を送ってもらうように要請。

本願寺は久秀の使者がやってくるとすぐに鉄砲隊を使者に与えて、

信貴山城へ帰還させます。

こうして信貴山城へ帰還してきた使者の報告を聞いた久秀は

「これで信長なんかに負けんわい!!」と

勝利を確信して意気揚々と信貴山城を守っている諸将へ伝えます。

しかし戦況が一変。

本願寺の援軍を率いてきた使者が突如久秀軍を攻撃。

久秀軍は突然裏切った軍勢の攻撃を受けて大混乱してしまいます。

さらに裏切った軍勢が城門を信貴山城の城門を開けてしまったため、

織田軍のオールスター部隊が城内へ侵入。

こうして信貴山城は落城寸前にまで追い詰められてしまいます。

松永久秀は自害することに決めます。

彼は自害する前に天下の名茶器と呼ばれた平蜘蛛(ひらぐも)の釜を叩き割ってから、

自害して果てたそうです。

息子である久通は信貴山城を抜け出して逃亡。

その後どうなったのか歴史書には描かれておりません。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

松永久秀ですがどうして反乱を起こしたのでしょうか。

信長にも一切思い当たるフシがないため、彼の反乱理由がわからず困惑してしまいます。

歴史書にも久秀の反乱理由が記載されていないため分からずじまいです。

通説としては上杉謙信(うえすぎけんしん)が

能登・加賀(かが=能登攻略時には加賀の一向一揆衆とは和睦しており、

敵対していないため平定する必要はない)を平定して、

上洛してくる可能性が高いため、

謙信の上洛に呼応して反乱を起こしたのではないのかとされております。

しかし久秀が反乱を起こした当時謙信はまだ能登(のと)討伐を行っており、

完了したわけではありません。

その為上洛することはほとんど不可能な状態でした。

では一体何なのか。

それは今後の研究で少しづつ明らかになっていくのではないのでしょうか。

一つ確実に言えることは久秀の原因不明の反乱によって、

信長は肝を冷やした事は間違えないでしょう。

なぜならば上記でも説明した通り上杉謙信が能登討伐を完了する寸前までこぎつけており、

いつ越前に侵攻してくるかわからない状態であった為です。

能登の七尾城(ななおじょう)に篭城していたある人物が、

織田信長へ援軍要請したことがきっかけであの有名な戦いが勃発することになります。

この上杉謙信と織田信長の北陸軍を束ねている司令官柴田勝家との戦いは、

マンガ・センゴクでも描かれております。

しかしこの織田軍と上杉軍との戦いがどのような戦いであったのかは、

参考資料が少なく詳細がわかっていない状態です。

 

参考文献 中公新書 信長と消えた家臣たち 谷口克広著など

 

 

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 豊臣秀頼(とよとみひでより)は本当に豊臣秀吉の息子なの?
  2. 丁原(ていげん)とはどんな人?天下無双の豪傑でもあり呂布パパ
  3. 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ!…
  4. 【劉邦暗殺計画】劉邦の態度のでかさに激怒した家臣達
  5. 曹丕のいじめ・パワハラに悩まされた被害者たちを紹介
  6. ドリフターズの主人公・島津豊久ってマイナーだけど何をした人なの?…
  7. 曹真が明帝時代の名将である確固たる理由
  8. 徳川慶喜の大政奉還は日本国大統領の布石だった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 大久保利通と西郷隆盛西南戦争の原因は王道vs覇道の対立だった
  2. 楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん
  3. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第2部
  4. 【キングダム】龐煖(ほうけん)が戦死する理由を史実をもとにネタバレ予想!
  5. 司馬懿は屯田のおかげで曹魏を乗っ取れた?理由に迫る!
  6. 【三国志刀剣乱舞】三国志武将が持っていた名刀・名剣を紹介するよ

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

張飛(ちょうひ)は本当は知将だった? 魏が好きな皆さんへ!五分でわかる曹魏の逸話を紹介【三国志逸話列伝】 キミとボクの三国志とはどんなアプリゲーム? 吉田松陰と久坂玄瑞の手紙、「長州白熱教室」君ならどう考える? 【李傕・郭汜祭り 4日目】献帝帰還の功労者の惨めな最期 張済(ちょうさい) 【三国志刀剣乱舞】三国志武将が持っていた名刀・名剣を紹介するよ 【角栄ブームを斬る】田中角栄の裏の顔!原発利権で国土を汚したダーティーな男 【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲

おすすめ記事

  1. 軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できたの?
  2. 金禕(きんい)とはどんな人?漢中防衛戦の陰に隠れたとある事件
  3. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第15部
  4. 周瑜はいかにして魯粛を呉に引き入れたのか?
  5. もう!待ちきれない真三国無双8の発売日はいつ?
  6. 【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し
  7. 坂本龍馬の死因は?暗殺の黒幕は分かったの?
  8. 秦の『外交』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP