キングダム




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

楊脩(ようしゅう)は何故、曹操に殺されたの?曹植と禰衡にも愛された才能の持ち主

この記事の所要時間: 249




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志五世太尉」のコーナーです。

 

 

前回は楊家の筆頭である楊彪が、袁術の義理の弟であるにもかかわらず董卓に殺されず、

逆に重用されたというお話をお伝えしました。

四世太尉の名門・楊家は生き延びたのです。

すると次に気になるのは、五世太尉が実現するのかという点です。

楊彪の息子は楊脩(楊修:ようしゅう)です。

エリートの中のエリートである楊脩ははたして三公の位に就くことができたのでしょうか。

今回は楊脩について語っていきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

前回記事:楊彪(ようひょう)は袁術の義弟なのになぜ董卓に殺されなかったのか?




天才・楊脩(ようしゅう)

 

楊脩が朝廷に出仕するようになったのは25歳の頃だったようです。

ちょうど父の楊彪が三公の太尉についていました。

献帝は長安を脱出し、曹操の加護のもと許に都を移しています。

当初曹操は楊彪を名誉職だが閑職である太傅に就けようとしていました。

そして空いた太尉に冀州の袁紹を就け、自らは大将軍に就任するつもりだったのです。

しかし袁紹はその提案を断ります。太尉は大将軍の指図を受けることになるからです。

困った曹操は大将軍を袁紹に譲り、自らは司空となり、楊彪は元通りに太尉にしました。

楊彪は息子の楊脩を献帝の傍に付けることを決断します。

献帝は喜びました。楊脩の評判は耳にしていたからです。

楊脩は幼少から万巻の書を読破し、詩文の才も群を抜いていました。

楊脩は献帝の侍臣として出仕すると、その仕事ぶりを荀彧に認められます。

さすがは天才の楊脩です。仕事もよくできたようです。

なにせ楊家と袁家のサラブレットですからね。




禰衡(でいこう)に絶賛される

 

楊脩が作成する書類は古書の引用も巧みで誰をも納得させる素晴らしいものでした。

曹操の無理難題も荀彧の代わりに返答し、曹操を納得させたといわれています。

禰衡は三国志史上最強の毒舌家ですが、孔融(こうゆう)とこの楊脩だけは認めていました。

しかも楊脩の場合は直接会ったこともないのです。

楊脩の作成した文書を一目見ただけでその才を認めたそうです。

ちなみにこの禰衡は楊脩の上司の荀彧に対し、弔問使くらいにか使えないと言い放っていますし、

郭嘉程昱などまったく相手にもしていません。

そんな中で若い楊脩が認められるということは、

その文章がよほど立派なものだったことを示しています。

 

さらなる出世

 

曹操が袁紹を滅ぼしてから楊脩はその才をさらに発揮し、丞相付きの主簿となります。

軍事や国政など次々と浮上する問題を楊脩は取り仕切って解決していきます。

その名声を聞いて楊脩と親交を結びたがるものが増えてきました。

筆頭は曹操の息子である曹丕曹植です。

特に曹植は楊脩の才を絶賛しており、「キミに数日会わないのも我慢できない」

というようなラブレターを楊脩に送っています。

楊脩も曹植の才を愛していたようで、二人は相思相愛になります。

しかしそれが楊脩の破滅を招くことになるのです。

曹植は曹操の後継者となるために楊脩に相談するようになります。

楊脩も親身にそれに応えました。

曹操は最終的に太子を曹丕に決定します。

 

 

そうなると楊脩は曹植を擁立して反抗してくる可能性もあります。

楊脩が曹丕の敵に回れば国は二つに分かれることになるのです。

そして楊脩の才覚を持ってすれば曹丕を上回ってくるかもしれません。

曹操は楊脩の処刑を命じます。

理由は西暦219年の劉備との漢中を巡る戦いで、勝手に撤退の準備を進めたためだそうです。

曹操が漢中攻防の際にふと呟いた「これは鶏肋だな」という一言に楊脩は敏感に反応したのです。

 

関連記事:後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた

関連記事:曹操の後継者問題で判断に迷ったのは儒教と文学に原因があった?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

もし楊脩が後継者問題に出しゃばらなかったら、曹操に処刑されることもなかったでしょう。

そして曹丕の時代になって三公に就任していたはずです。

「五世太尉」は実現可能だったことになります。

しかしあまりに鋭敏な才が楊脩に破滅をもたらすことになってしまいました。

曹操はそのすぐ後に病没しますが、

その前に最大の懸念を解決しておきたかったのではないでしょうか。

 

皆さんはどうお考えですか

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何?

関連記事:極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何?
  2. 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!
  3. え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の…
  4. 魯粛から「食わせ者」の本当の意味を知ろう!!
  5. 三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介
  6. 山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界
  7. 【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。
  8. 三国時代の意識の高い役人たちが持ち歩いた七つ道具とは

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【はじめての三国志編集部】今年もおつかれさまでした。
  2. 病気の呂蒙を穴から見守る孫権
  3. なんで曹操は人妻が好きなのか?人妻と付き合いたがる男性の心理
  4. 姜維の兵法二十四編って孔明から貰った大事な宝物だった?
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【10/2〜10/8】
  6. 二世だって優秀さ!魏皇帝の妻・甄氏(しんし)の壮絶な人生と向き合って果てた生涯に心が震える

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【キングダム552話】「身を切る作戦」ネタバレ&レビュー 70話:孫権、父(孫堅)の弔い合戦を始めるよ。黄祖討伐編 【有料記事】少帝劉弁は本当に無能な皇帝だったのか? 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介 黒田長政はすごい人?それとも親の七光りで出世した人? 【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった 【お知らせ】新企画第3弾「はじめての九品官人法」をリリースします。 【はじめての三国志編集部】今年もおつかれさまでした。

おすすめ記事

  1. 2分で分かる合肥の戦い その2 孫権の度胸の良さとは!?
  2. 夏侯覇は郭淮とチョー仲が悪かったから蜀へ逃げたってホント!?
  3. 【西郷どん】さらば斉彬!幻の上洛計画に迫る
  4. 馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話
  5. 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの?
  6. 【新事実】漢の時代の市場はヤンキーの溜まり場だった!
  7. 【趙の名宰相・藺相如の名言】長平の戦いの時に王に発した名言とは
  8. それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP