架空戦記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての魏

楊修(ようしゅう)とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才

この記事の所要時間: 534




曹操 鶏肋

 

楊修(ようしゅう)は秀才で曹操もその才能を愛しておりました。

彼も自らの事を秀才と認めており、自他共に認める才子でした。

しかし秀才すぎることが仇となり、

彼はある出来事がきっかけで曹操に殺害されてしまう悲劇の秀才を紹介します。




三公の父を持つ秀才

photo credit: Blue horses via photopin (license)

photo credit: Blue horses via photopin (license)

 

楊修は弘農郡(こうのうぐん)出身の人です。

父は漢王朝の三公である大尉にまで出世した楊彪。

母は三世四公を輩出した名門・袁術(えんじゅつ)の妹です。

彼は青年期からその秀才ぶりを周りから認められ、

将来を周りから期待されます。



曹操に仕える秀才

曹丕

 

曹操は楊修を召し出し、彼を丞相主簿(じょうしょうしゅぼ)に任命します。

楊修は丞相主簿に任命されると仕事をてきぱきと行い、

彼が行った仕事は曹操の意に叶った仕事ぶりで、彼を大いに褒めます。

こうして仕事面で成功した楊修を慕って、多くの人が彼と親交を結びに来ます。

親交を結びに来た人達の中には、曹操の息子である曹丕(そうひ)曹植(そうしょく)などがおりました。

 

曹操の考えを悟った秀才【その1】

曹操 ガラス

 

楊修は人の考えを悟る能力に秀でており、多くの逸話が残っております。

その中でも曹操の考えを察知した逸話が残っているので紹介します。

曹操は丞相の役所を新築します。

彼は門の垂木の組み立てを巡察した際、突如額に「活」と大書して門に掲げさせ、

その場を去ります。

楊修はこの額を見るとすぐに門を破壊するように伝えます。

 

曹操はなぜ「活」の字を書き入れたのか

現実主義曹操

 

門を破壊した役人は楊修に「なぜ門を壊すように指示したのですか。」と尋ねます。

すると彼は「門の中に活という文字が入ると「闊(かつ)」という字になる。

殿下は門が大きく作っているのが嫌なのであろう。」と伝えます。

闊は大きいや広いという意味の漢字です。

曹操は王に就任した当時、民衆や家臣らが「次は皇帝になられる。

そのため今は簒奪の準備をしているのだ」と後漢王朝の簒奪をもくろんでいる噂が

しきりに飛び交っていました。

曹操はその噂を抑えるため大きな門を建てるのは止めよという意味で、

額に「活」という文字を書き入れたのです。

楊修は見事に曹操の本心を見抜くことに成功します。

 

曹操の考えを悟る秀才【その2】

みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

 

曹操はある時楊修を連れて、曹娥(そうが)の碑を見に行きます。

曹娥とは後漢時代、会稽郡に住んでいた少女で、

水死した父の跡を追って長江に身を投げて亡くなった少女です。

県令がこの少女を憐れんで碑を建立します。

この碑の裏に後漢の名文家として知られる蔡邕(さいよう)が

「黄絹幼婦外孫虀臼(こうけんようふがいそんせいきゅう)と書き付けておりました。

曹操はこの蔡邕の碑を呼んで楊修に「この八字の意味が分かるか」と尋ねます。

すると楊修は「わかります。」と即答。

しかし曹操は「まだ言うな。俺が答えるまで待て」と述べます。

その後2キロ(当時の里数に直すと30里ほど)ほど歩いた後、曹操は「わかったぞ」と言い、

答えを書き記し、楊修にあの八字の意味を解説させます。

 

楊修先生の解説「黄絹幼婦外孫虀臼」の意味

裏切りは許さぬ 曹操

 

楊修は曹操に言われると早速解説を始めます。

彼は「黄絹(きけん)とありますが、これは色の糸の意味で文字に直すと「絶」です。

次に幼婦ですが、この意味は少女の事。文字にすると「妙」になります。

このように文字に直していくのが重要です。

さて次の文字は外孫の意味ですが、自分の娘が他家に嫁いで産んだ子で、

文字に直すと「好」になります。

最後の虀臼(さいきゅう)ですが辛(からし)を受け入れる臼ですから、

文字にすると「辞(旧文字の辤)」になりますね。

この四文字を合わせると「絶妙好辞」という評語になります。

皆さん分かったかな。」と述べます。

曹操は大いに頷き「私の才能は君に遅れる事30里だ」と嘆きつつも

彼を大いに褒めます。

このように曹操の考えを先に知り、行動に移すことで曹操の意を汲んだ行動を

起こしていきます。

しかし考えを先に知って行動を移すことが彼に禍を与える事になります。

 

曹植と親しく付き合う

曹植

 

楊修は曹植(そうしょく)と意気が合い付き合い始めます。

二人は非常に仲が良く色々な事を論じたり、詩を作ったりしながら付き合っていました。

こうして二人は親しく付き合っていく事になります。

 

関連記事:ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り

関連記事:曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?

関連記事:曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

楊修は才知に溢れた魏国の秀才と言っても過言ではありません。

丞相主簿として曹操の考えていることを汲み、

彼の意志に沿った成果を挙げていきます。

曹操はそんな彼を見て大いに褒め称えます。

また楊修は人望もあり、特に曹操の三男である曹植と親しく付き合います。

曹植と親しく付き合った事で、彼の運命が激変する事になろうとは

この時楊修は全く気付いておりませんでした。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~張郃篇~
  2. 夏侯淵の死後、一族はどうなったのか?
  3. 劉瞱(りゅうよう)ってどんな人?王族出身の名門参謀でもあり魏の重…
  4. 鍾繇(しょうよう)とはどんな人?関中の守備を任され、西方の憂いを…
  5. 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生…
  6. 三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!
  7. 杜預(どよ)ってどんな人?破竹の勢いで有名になった政治家
  8. 意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 77話:老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く
  2. 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3
  3. 馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)
  4. 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【10/17〜10/23】
  6. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 袁術ってどんな人? 【002】

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【三国志の矛盾】二帝並尊をなぜ諸葛亮孔明は認めたの? 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達 本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは? 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢 三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説 【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

おすすめ記事

  1. 軍略にも才能を発揮した蒋済(しょうさい)の進言集
  2. 【衝撃の事実】董允がいたからこそ蜀は滅亡から逃れた!
  3. 魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた名臣】
  4. 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】
  5. 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!
  6. 鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏の臣
  7. お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!
  8. 【これだけ読めば大体わかる】山崎賢人主演!キングダム実写化の内容を大胆予想!

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP