キングダム
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志の時代も「人は見た目が100パーセント」だった!?

この記事の所要時間: 36




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志袁術はブサイクの期待の星だったのか?」のコーナーです。

 

(写真引用元:人は見た目が100パーセント

 

就職活動の面接や合コンなどの場面では第一印象というのは大切ですね。

ドラマでは「人は見た目が100パーセント」という極端な話も登場してきているぐらいです。

これについては、アメリカの心理学者アルバートメラビアンが

「7-38-55」という数字を提唱しています。

この数字は何を表しているのでしょうか。

実際のコミュニケーションの内容よりも、それ以外の要素が強く相手に伝わるというものです。

服装や表情、スタイルなどの見た目など視覚の効果が55%。

口調や声のトーンなどの聴覚の効果が38%だそうです。

なんとどんなに一生懸命に話をしても、

実はその人の印象は一瞬で9割が決まっているということなんです。恐ろしい話ですね。

今回はそんな他人の評価の決め方について触れていきます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術




三国志の時代の評価

 

三国志の時代も「見た目」は重要視されています。

それは現代よりも極端だったかもしれません。

見た目重視とは、どういった論理でしょうか。

「容貌」はその人の能力や人格をそのまま反映していると信じられていたのです。

つまり見た目が良いということは、能力も高く、人格も優れているということになります。

立派な容貌であるということは、それだけでかなりのアドバンテージがあるのです。

恋愛やアイドルの人気投票の話ではありません。

 

 

見た目が、役人としての出世にも大きくかかわったということです。

逆に考えると、容貌がダメだと、将来に期待できないということになります。

三国志に登場するキャラで貧相だったのは、

益州の劉璋に仕えた張松や能力があるのに在野に埋もれていた龐統などが有名です。

劉備に出会うまでは、本人が望むほどの重用はされていなかったようです。

現代でも高額を支払って顔を整形する人が多いですよね。

張松がそれを聞いたら絶対にうらやましがったことでしょう。




人物鑑定がブーム

 

TVもYouTubeもSNSもまだなかった時代です。

その人がどんな容貌なのかは口コミでしか広まりません。

しかし、世間は誰がどんな容貌なのかとても気にしています。

そこで生まれたのが「人物鑑定」です。その人の容貌から能力や性格を占うものです。

この人物鑑定の結果は、風評や登用、出世などに大きくかかわりました。

 

 

信用度の高い人物鑑定士に汝南の許劭(きょしょう)や許靖がいます。

彼らに称賛されれば必ず出世したといわれていますし、称賛されない場合は逆の道をたどったそうです。

彼らの月に一度の人物鑑定会のことを「汝南の月旦評」と呼んでいたといいます。

ここで高い評価を受けるということは、

現代のレストランでいうとミシュランガイドで

3つ星に選ばれるくらいの名誉なことですし、評判につながることです。

 

関連記事:許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー

関連記事:意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐統の容貌

 

曹操の評価

 

三国志の英雄である曹操はいったいどのような評価を受けたのでしょうか。

曹操は若いころに許劭の人物鑑定を受けて、「治世の能臣、乱世の奸雄」と評されています。

有名な話ですね。曹操自身はこの評価を喜んだそうです。

曹操は後に許劭を仕官させようとしましたが、許劭は断っています。

あの四世太尉で有名な楊彪でも許劭を仕官させることはできませんでした。

権力に屈せずに己の信念で人物鑑定を続けたかったのでしょう。

国家権力に屈しない司法のようですね。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

袁紹は容貌が優れていたために袁家の家督を継ぐべきだと期待されていました。

袁術にはそのような評価の記載がなかったので、あまり容貌は良くなかったのかもしれませんね。

もしかするとメチャメチャブサイクだったかも・・・。

そんなブサイクな男が皇帝になる。これは一つの革命です。

見た目重視の風潮を袁術は変えたかったのかもしれません。

そう考えるとなんか袁術を応援したくなりますね。

皆さんはどうお考えですか。

 

関連記事:営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!

関連記事:知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます!

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第2回 三国志マニアも喜ぶ豊富…
  2. 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる
  3. 官渡の戦いを終戦に導いた許攸(きょゆう)は偉大なの!?
  4. 封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書…
  5. 諸葛亮が魏延に言った「反骨の相」ってどんな頭の形なの?
  6. 趙雲は五丈原ではどんな役割だった?趙雲の北伐と最期
  7. 易姓革命!?禅譲か?簒奪か?王莽のはかない夢
  8. 賈詡と陸遜を徹底比較!あなたはどっちの天才軍師を起用する?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 足利義満はどんな人?強きを助け弱きを挫くベタな権力者
  2. 【はじめての君主論】電子書籍出版のお知らせ
  3. 厳畯は魯粛の後任だった!知られざる実話
  4. 大久保利通の妻はどんな人だったの?大久保満寿子に迫る
  5. 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったWanted
  6. 天下の袁紹軍の組織図はどうなってたの?袁紹陣営をミエル化してみる!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

楽天koboにて『#君主論』の販売を開始しました。 千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当なの? 女王・卑弥呼はどこから来たの?邪馬台国のミステリーに迫る! 【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる? 【子供は親のコピー】劉備の阿斗投げを容認する儒教の驚きの論理 江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは? 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.1 曹操に寵愛された環夫人は、控え目な子育て上手な女性だった

おすすめ記事

  1. 于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人
  2. 名探偵郭嘉TOP画面
  3. 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチコピー
  4. 【呉の艦コレ】賀斉と呂範の軍艦デコレーションが凄い
  5. 【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!
  6. 魏延(ぎえん)ってどんな人?裏切り者?それとも忠義の士?
  7. 魯粛から「食わせ者」の本当の意味を知ろう!!
  8. 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP