知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます!

2016年4月11日


 

劉備

 

人間には自我があります、そして、意識していなくても自尊心は大変なものです。

相手の提案が100%正しくても、全て相手の言う通りだとヘソを曲げると言うのが

人間の偽らざる心理であり、だからこそ、優れたビジネスマンは、

複数の提案をしつつ、あたかも、それを顧客が選んだように誘導するのです。

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



天才軍師、龐統(ほうとう)が優柔不断な劉備を誘導する・・

龐統2

 

容姿以外は、孔明に匹敵するとされた、鳳雛こと、

龐統士元(しげん)ですが、彼は劉備の軍師として、

劉璋(りゅうしょう)が領有する益州の攻略に随行します。

 

しかし、なりふり構えない立場の筈の劉備(りゅうび)は、

優柔不断な所があり、何事も直線で片付ける主義の龐統から見ると、

つまらない事にウダウダしていて、イラつく部分がありました。

 

並の人物なら、ここで、劉備を批判して、その為に劉備は、

さらに、頑固になり、より益州攻略は難航したでしょう。

ところが、龐統は、優柔不断な劉備の性格を分析する事で、

益州攻略を早める手を打ってきます。

 



龐統は劉備を分析、切羽つまらない限りは冷静で沈着、

龐統

 

龐統は、しばらく、劉備と寝食を共にする間に、その癖を見抜きます。

 

龐統「劉備とは、切羽つまれば大胆な事もするが、

普段の性質は用心深く慎重、できれば危ない橋を渡りたくない小心な人だ。

このような人物は急ぐような過激な策ではなく、また、

余り時間が掛からない策を好む傾向がある・・」

 

龐統は、劉備の性格をこのように分析して、益州攻略の策を考案します。

 

龐統は、劉備が取らないであろう策も混ぜて複数提示する。

龐統

 

龐統は、劉備に、益州攻略の計略を提示しますが、

それは、3つ存在していました。

 

上策:選りすぐりの精鋭を選んで、昼夜兼行で隠密で成都を奇襲する。

劉璋は、武力がないから、その首を挙げられるだろう

 

中策:フ水城を守る高沛(こうはい)と楊懐(ようかい)は、

劉備を警戒しているが一方では英雄だと慕っている所もある。

そこで、荊州に帰るので送別の宴を開かせて欲しいと言って騙し、

城に入ったら、これを殺して兵力を吸収し、成都を目指す。

 

下策:一度、白帝城まで退却して、守りを固めつつ、

荊州に使いを送って援軍を呼び、兵力を増強してから成都を目指す

 

劉備は、中の策を採用する・・

朝まで三国志 劉備

 

劉備は、上策については、成功しても自分の評判を落としかねない

過激な策だと難色を示して却下します。

また、下策については、荊州の軍勢を呼んでいる間に劉璋が守りを

固めてしまう事や、呉や魏が動く可能性も考えて却下しました。

 

そして、高沛と楊懐を騙して殺し、城と兵力を奪うのが、

自分の名前も傷付けず、同時に、それほど時間も掛からないと

決断して、中策を選んだのです。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-三国志の雑学
-, , ,