編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!

この記事の所要時間: 355




劉備

 

営業の仕事においては、仕事を取る側が仕事を依頼する側よりも下です。

そこで、丁重な態度で応じるのが、当たり前のマナ―ですが、

それでは、大量にやってくる他社の営業と違いはありません。

相手に覚えてもらう、出来れば、その場で応諾を得るには、

わざと、相手の弱みを衝いて怒らせるという手法も有効なのです。



魏略(ぎりゃく)に見る、劉備の心を捕らえた孔明の発言

三顧の礼 ゆるキャラ 孔明

 

正史三国志、出師の表では、劉備(りゅうび)

孔明(こうめい)の庵を三度尋ねたとされています。

ところが、魏略では反対であり、孔明が樊城(はんじょう)に

駐屯していた劉備に、自分を売り込んだとされています。

 

その真偽は兎も角として、このアクティブな魏略の孔明は、

劉備の状態を正確に把握して、これを怒らせて、その上で、

ナイスアドバイスをし、その軍師になっています。




孔明、劉備を挑発!「毛を編んで遊んでんじゃねーよ!」

孔明バージョン 三国志 軍師

 

孔明が、樊城に劉備を尋ねた時、そこには、孔明同様に、

劉備に用いてもらおうという人々が大勢いて劉備臨席の下で、

会議を開いていました。

 

孔明は、あえて、この時には何も発言せず、黙っています。

やがて、時間が来たので求職組は、ゾロゾロと帰っていきます。

孔明は、何も言わず黙って居残っていました。

 

劉備「はあぁ・・今日も大したヤツは来なかったぞっと」

 

劉備は、人から貰った毦(ジ:ヤクの毛)を編み編みしています。

この時代、ヤクの毛は編みあげて、軍旗の飾りにしていたようです。

劉備は、元ムシロ売りだったせいか、こういう繊維を編むのが

癖というか趣味でした。

すると、孔明、黙って、劉備の前にやってきて言いました。

 

孔明

 

 

孔明「あなたが噂に違わない、名将軍なら遠大な夢があるんでしょ?

こうして、毦を編んで、遊んでいるヒマがあるんですか!」

 

 

劉備はブチキレ、遊んでない!ヒマ潰しだぃ!

朝まで三国志 劉備

 

すると劉備、図星を指されて、ブチキレ、毦を放り出して言います。

 

劉備「何を言うか、若造!私は、あれだ、、

ちょっと、ヒマつぶしをしていただけだ!」

 

孔明は、怯む事なく、たて続けに質問を飛ばします。

 

孔明「では、畏れながら申し上げるが、

将軍は、劉表と曹操どちらが上と考えておられるか?」

 

劉備「そりゃあ、もちろん、曹操だ!」

 

孔明「では、将軍御自身と曹操では、どちらが上ですか?」

 

 

朝まで三国志 劉備

 

劉備「うーん、悔しいが曹操だ・・」

 

孔明「劉表も将軍御自身も、曹操には及ばないと言う。

しかも、将軍の手勢は僅か、数千にしかならない。

これで、曹操を待つとは、一体どんな計略でしょう?

失礼ながら、将軍は何も考えておられない!」

 

 

ぐうの音も出ない劉備、孔明に質問

表情 劉備03

 

若造と侮っていた孔明にコテンパンに論破されて、

劉備は、ぐうの音も出なくなりました。

 

劉備「実は、私も、その事を密かに憂いておりました。

では、どうすればいいのか?あなたの意見を聴きたい」

 

孔明、戸籍から漏れていた流民を籍に加える事を提言する

孔明 墨者

 

ここで、我を折った劉備から、ではどうすればいいか?

と尋ねられた孔明は、以下のように言います。

 

孔明「荊州は人口が少ないわけではありません。

ただ、戦乱で戸籍を失い、流民となった人間が多いだけです。

将軍におかれては、その事を劉表に説いて、

流民に戸籍を与えるように進言すればよろしいでしょう。

その上で、徴兵するなら民の恨みを買わないで済みます」

 

それを聴いた、劉備は、それは名案と劉表に進言し、

荊州兵は増員され、劉備も配下の兵を増す事が出来ました。

こうして、劉備は、孔明の知略に感服し、これを上客として

扱うようになったと言われます。

 

魏略・九州春秋では、この孔明が劉備に売り込みに行った

という説を採用し、それが孔明が劉備と主従になった切っ掛けとしています。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

孔明は、自身が若く、まともに行ったのでは

劉備に相手をされないと知っていました。

 

別に、劉備に限らず、自分より明らかに年下の人間、

さらには、それが、自分より立場が弱いなら、

なおさら、多くの人は軽く見て下に扱います。

 

そこで、孔明は、相手の注意をこちらに引きつける為に

わざと相手が触れられたくない弱点を衝いて、相手を怒らせます。

当然ですが、怒っている時には、相手の関心は100%、

こちら側に向いているという事です。

 

そこで、すかさず、相手の弱点の解決策をポンと提示します。

劉備は長年の悩みが解消され、一気に孔明を信じてしまうのです。

 

相手に怒られるというのを私達はマイナスにとらえがちですが、

相手の注目を100%集めているという事では、注目されている

というのと同じ事ですし、弱点を解消する方法さえ知っていれば、

一気に、自分の知名度を引き上げる事も可能なのです。

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

関連記事:【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった

関連記事:【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司馬穰苴(しばじょうしょ)から学べ!

関連記事:郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由

 




よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術
  2. 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄…
  3. 128話:諸葛亮孔明、ついに五丈原に堕つ・・
  4. 13話:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進…
  5. 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?
  6. 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法
  7. 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術
  8. 神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった!
  2. 中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗)
  3. 衛覬(えいき)とはどんな人?関中復興に画期的な提案を行った魏の文官
  4. 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?
  5. 太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?
  6. 【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1 キングダムの時代に開花した法家の思想 三国志の時代を震えさせる怨霊たち!特に呉には怨霊系の話が多い! 19話:超豪華!反董卓軍の英雄達 孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題 【三国志の矛盾】二帝並尊をなぜ諸葛亮孔明は認めたの? 尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ちはだかった中国地方の戦国大名 はじさんが劉備を丸裸に!素顔は?身長は?劉備を徹底追及!

おすすめ記事

  1. 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?
  2. 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡
  3. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿
  4. 125話:何で孔明や姜維の北伐は街亭や祁山にこだわったの?
  5. キングダムの秦王・政がドハマリした韓非子(かんぴし)ってなに?
  6. 魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった?
  7. 【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由!
  8. 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志を追加配信しました。

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP