架空戦記
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた?

この記事の所要時間: 246





 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志理想のリーダー像」のコーナーです。

 

 

現代でも理想のリーダーについて熱い激論が交わされています。

効果的なチームマネジメントを考えると、部下の気持ちを汲み取り、

その自主性を促し力づけができるリーダーが理想的です。

的確な指示や命令を下すリーダーよりも、部下にある程度の権限を委譲し、

環境に応じて自分で考えさせて行動させるリーダーの方がより強い組織を築くことができるからです。

このように部下に権限委譲し自主性を高めることを現代では「エンパワーメント」と呼びます。

経営コンサルタントとして名高いスティーブン・R・コヴィー博士も提唱する

「7つの習慣」の中でその重要性について語っています。

今回は理想のリーダー像について触れていきます。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】




正史の劉備

 

正史に登場する劉備はほとんど勉強しません。

ファッションや音楽ばかりに興味を持っています。

さらに劉備は社交的で、豪傑たちと積極的に交わり人脈を築いています。

一般的に不良と呼ばれるような若者はこぞって劉備を慕ってきました。

劉備は「任侠の大親分」という感じでしょうか。

その中で関羽や張飛との結びつきが強まったのです。

一方で劉備は義を重んじ、自分の損得よりも他人のことを一番に考えています。

それが劉備=「仁徳の主」というイメージになったのだと思います。




三国志演義の劉備

 

三国志演義の劉備は線が細いイメージです。

清廉潔白で不正を許さず、無欲に漢王室の復興に邁進します。

群雄が割拠し、戦乱の時代にあって劉備は清く正しく生きるのですが、正直いって弱い。

すぐに泣く。怖くて泣くのではなく、自分の無力さを嘆いて泣くのです。

すると関羽や張飛だけでなく周囲の武将や名士、

民衆などが劉備の志に共感し強力に後押ししてくれるのです。

周囲を動かす不思議な魅力を持った人物、それが劉備です。

仁の人という描かれ方は正史と同じですが、

三国志演義では劉備は「涙で天下をとった」ともいわれているほど泣いています。

 

中華の理想のリーダー像

 

仁徳や人望、その人間の魅力によって周囲の人たちを自発的に動かす。

これが中華の理想とするリーダー像です。

中華はもともと能力よりも仁徳を重んじています。

本人がどんな成果を出したのかのではなく、

自らが動かずとも周囲を動かすことができる人こそが優れた君主なのです。

周囲の人は主君を助けるために何が必要なのかを考えます。

そうすることでただ命令を忠実に実行するよりも、個人のやる気は満ち、

その能力を引き出すことができるのです。

まさに劉備のやり方は、現代のチームマネジメントに通じるものがあります。

より強い組織を構築するためのエンパワーメントを劉備は行っていたのです。

 

民衆との大移動

 

荊州の客将だった劉備は曹操の侵略を受けて南下します。

このときなんと地元の民衆10万人が劉備を慕って付いてきたのです。

民衆の進みは遅く、曹操の追撃兵がどんどん近づいてきます。

ここで劉備に「民衆を放棄し、一刻も早く江陵を押さえましょう」と助言したものがいました。

しかし劉備は「大事を済すには必ず人をもって本となす」と答えて、民衆の放棄を許しませんでした。

これには諸説ありますね。諸葛亮孔明が敗走を単なる敗走とはせずに、

勝ちに結びつけるために退却の足を敢えて鈍せたというものもあります。

またいずれこれについてはお話をしましょう。

とにかく軍の退却に従って民衆も行動を共にするというのは前代未聞です。

それだけ劉備は民衆に慕われていたことを示しています。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

常に危機的状況にいる劉備を見放した人もいたにはいたでしょう。

しかし、実際に土地もない、地縁もない、兵力もない劉備が蜀の建国に至ったわけですから、

それこそ劉備の魅力、リーダーとしてのマネジメントが優れていたということではないでしょうか。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】

関連記事:もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 





ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. とっても皇帝になりたかった袁術
  2. 三国志の隠れた英雄・皇甫嵩(こうほすう)に起こった事件とは!
  3. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編
  4. はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選
  5. 魏延(ぎえん)ってどんな人?|裏切り者?それとも忠義の士?
  6. そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里…
  7. 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の…
  8. 【三国志の友情パワー】孫堅四天王の熱き友情を紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー
  2. 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった
  3. 【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記録から始まった
  4. 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけじゃない!!
  5. 魏も漢もクソ喰らえ!野望のままに自由に生きた梁興(りょうこう)
  6. 荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の女性を全身全霊で愛した愛妻家

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

袁術は反董卓連合軍の解散後どこで何をしていたの? 呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない 漫画潰す気か!原作者ブチ切れ必至のキングダムの最後をネタバレ予想!! 【シミルボン】とっても面倒くさい!三国志の時代の髪の毛のお手入れ 【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁 洛陽から発見された玉璽は本当に価値があったの? 蜀軍キラーとして名を挙げることになった陳泰の戦いに痺れる! 【砕けた友情】刎頸の交わりで結ばれた二人の絆にヒビが・・・・

おすすめ記事

  1. 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活
  2. 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い
  3. 84話:龐統登場と同時に左遷(笑)
  4. 134話:頑固な忠臣、張昭と孫権の対立がシュール
  5. はじめての三国志ライター kawausoの記事修正のお詫び
  6. 小牧長久手の戦いの勝敗はどうなった?漫画・センゴクから見る小牧長久手の戦い
  7. 三国時代の経済ってどうなってたの?
  8. 【蜀の滅亡へのカウントダウン】こうして蜀の国は滅びへ至った

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP