ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【センゴク】織田信長は長年、本願寺に苦しめられた理由とは?

織田信長


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

本願寺(ほんがんじ)。

戦国時代の当主は本願寺顕如(ほんがんじけんにょ)という人物で、

信長の野望シリーズをプレイしたことのある人なら必ず聞いたことのある武将です。

織田信長にとって最大の敵と行っても過言ではないほど強力で、

10年以上彼と敵対していた勢力です。

この本願寺がついに信長へ敵対する意思を表明し、

浅井・朝倉・三好家と手を結んで織田信長を苦しめることになります。


三好軍が来襲

 

三好家は畿内から四国の阿波(あわ)を中心としており大大名として君臨しておりました。

しかし織田信長が上洛を開始した際に畿内から追い出されてしまい、

四国へ戻って勢力の回復を図っておりました。

その後、勢力をある程度回復した三好家は再び四国から1万人ほどの軍勢で出陣し、

摂津(せっつ)の野田・福島砦に入ります。

信長は三好軍が野田・福島砦に駐屯したことを知ると急いで軍勢を集めて出陣。

野田・福島砦を包囲して攻撃を開始。

織田軍優勢でこの戦は推移することとなり、

織田軍の攻撃の激しさから両砦は信長に和睦の使者を派遣します。

信長は三好家から和睦の使者がやってきても和睦に応じることなく攻撃を継続。

こうして織田軍は両砦を陥落寸前にまで追い詰めることに成功します。


本願寺挙兵

 

織田軍は両砦を陥落寸前にまで追い詰めることに成功しますが、

思わぬところから大反撃を受けることになります。

それは野田・福島砦に近い位置に石山を中心に全国各地の門徒宗へ勢力を持っていた

本願寺です。

彼らは織田軍の陣営に攻撃を仕掛けて撃退。

織田軍は突然の攻撃に混乱しますが本願寺軍に反撃を行います。

しかしいたるところで本願寺軍の強力な攻撃を受けてしまい敗退。

信長はこのままではまずいと考え本願寺へ和睦の使者を送りますが、

拒否されてしまいます。

彼は将軍・足利義昭(あしかがよしあき)にお願いして和睦の使者を送りますが、

これも拒否されてしまいます。

彼は最終手段である朝廷を動かして本願寺と和睦しようと考え、

朝廷へ使者を送って本願寺との和睦の調停を行ってもらうように懇願しますが、

ある報告が信長の耳に入ると彼の表情が凍りついてしまいます。


浅井・朝倉連合軍が南下を開始

 

浅井・朝倉連合は信長が南で三好家と本願寺に手こずっていることを聞くと

すぐに軍勢を南に出陣させて織田家へ攻撃を開始。

両軍は織田家の宇和山(うさやまじょう)城を攻略して京都近辺へ侵入してきます。

信長はとりあえず和睦の調停を行うことを中止してもらいすぐに南から撤退して、

連合軍に備えることにします。

連合軍は信長が京都へ帰還してくると比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ)の麓へ

登って軍勢を駐屯させます。

信長は延暦寺をぐるりと包囲すると延暦寺へ「織田家に対して敵対しないでもらいたい。

織田家に敵対するのが嫌であれば、中立の姿勢をとってもらいたい」と懇願。

しかし延暦寺は彼の要請を無視して、麓に連合軍が駐屯していることも咎めませんでした。

信長は自体を打開できないまま比叡山で3ヶ月もの月日が流れることになり、

季節は冬になっておりました。


  

 

戦国史ライター黒田レンの独り事

 

南に本願寺・三好連合軍。

北に浅井・朝倉連合軍と比叡山延暦寺。

信長は浅井・朝倉連合軍が延暦寺に駐屯してしまったせいで、

岐阜へ帰ることもできなくなってしまいます。

さらに上記に記しておりませんが、

信長の初期の本拠地である尾張(おわり)に近い長島(ながしま)で、

本願寺が煽動した一向一揆(いっこういっき)が勃発。

本拠地岐阜に帰ることもできずに各地で信長の反対勢力が押し寄せてくる中、

信長はどうやってこの危機を乗り越えるのでしょうか。

ヒントは冬です。

 

参考文献 中公新書 信長と将軍義昭 谷口克広著など

 


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 楽毅 【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず
  2. 燃える本能寺 明智光秀の遺体は本物ではないって本当?
  3. 真田昌幸にとっての領土拡張戦略と沼田城の重要性
  4. 夏侯覇 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した…
  5. 法正と劉備 法正が「隗より始めよ」のことわざを引用して劉備に進言したけど、ど…
  6. 黒田官兵衛 秀吉&官兵衛、大助かり、湿地帯の高松城は簡単に水攻めできた?
  7. キレる劉備になだめる黄権 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード
  8. 鼻をほじりながら無関心な織田信長 若い頃の織田信長はどんな人物だったの?うつけ者が時代を駆け抜ける…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 龐統
  2. 勉強する呂蒙
  3. 城 銅雀台
  4. 日本に目指さした孫権
  5. 孫武(ゆるキャラ)
  6. はじめての三国志 画像準備中
  7. 周倉

おすすめ記事

  1. 蜀の武将・張達(ちょうたつ)と范彊(はんきょう)に同情の余地はあるの? 張飛のパワハラに怯える張達と范彊
  2. 袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた 袁術と孫策
  3. 大久保利通の身長は?幕末時代の身長が高かった偉人たち4選
  4. 剣と刀ってどう違うの?【いまさら聞けない三国志の大疑問】 陸遜 剣と刀
  5. 江川英龍とは?パンから銑鉄まで幕末のマルチ技術者を紹介
  6. 士仁(しじん)は何で関羽を裏切ったの?呉へ降伏してしまった蜀の武将 朱然によって捕まる関羽

三國志雑学

  1. 司馬懿、張コウ
  2. 公孫サンは英雄劉備が真似した人物
  3. 賈詡
  4. 董卓


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 大喬と小喬
  2. 悪い顔をしている諸葛亮孔明
  3. 黄月英
  4. 曹操VSかく

おすすめ記事

kawausoって、何者? 曹操のお墓(曹操高陵) そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの? 土いじりをする劉備 劉備の経歴を調べたら実は貧乏ではない!挙兵までの劉備の姿を暴け! 曹操と機密保持 曹操って孫子の兵法書を編集した人だけど兵法を使って戦ったことあるの? 曹丕 三国志演義の曹丕様の初登場シーンが怖すぎる 王翦 キングダム 514話 ネタバレ予想:王翦の進路変更の理由とは? 蔡琰 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生 京劇の格好をした関羽 【シミルボン】すでにキャラ立ちしている、民話の中の三国志

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP