キングダム
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

世説新語の「荀巨伯のお見舞い」の友情話が熱い!




 

世説新語は後漢末から魏・晋・六朝を通じて、

当時を生きた人々の噂話から人物評、

個々人のプライベートやスキルといったことを載せている偉人達の伝記のようなものです。

世説新語は中国南北朝の宋の劉義慶(りゅう ぎけい)によって編纂されました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:世説新語(せせつしんご)ってなに?初心者にこそ読んでほしい小説集




世説新語はいろんな話が載っている

 

『世説新語』などと四字熟語のような名前ですが、

日本では訳された本がいくつも出版されており、読むのは容易です。

また、漢文を無視して訳文のみを読んでいけば、隙間時間にでもどんどん読めます。

今回は、その第一章、徳行篇の一部のお話をご紹介します。

徳行篇とは当時の人々の良い行いが記されたエピソード集であり、

良い人の話、泣ける話が収録されています。




荀巨伯のお見舞い

 

荀巨伯(じゅんきょはく)という友達思いの男がいました。

ある時、病に伏せっている友人のお見舞いにはるばるその友人のいる郡に向かいました。

ちょうどその頃、胡〔えびす〕の賊共がその郡を狙っていました。

タイミングの悪いことに、荀巨伯(じゅんきょはく)が友人を訪ねている最中に、

賊が到着しその郡に攻め込んできたのです。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

その時、友人は・・・

 

荀巨伯(じゅんきょはく)は友人のいる郡に着くと、早速友人を訪ねます。

一方で賊もその郡目掛けて侵攻していきます。郡へ侵攻しようとする賊達の動きは、

直ぐにも知れ渡り、その郡にいる人々は大急ぎで逃げ出しました。

賊の襲来の報は、荀巨伯(じゅんきょはく)とその友人にも知らされました。

友人「僕は今にも死ぬ身だ。賊に襲われようが構わない。でも君は違う。

一刻も早くここから逃げてくれ。」

荀巨伯(じゅんきょはく)「見舞いに来た僕に逃げろというのか。

君を見捨て、人の道を外してまで生き延びることなんて僕にはできない。」

荀巨伯(じゅんきょはく)は確かに友人のためを思うが故、御見舞いに来ました。

その彼が、友人を見捨ててしまうのは、

確かに理屈に合わないというか本末転倒の気がしなくもありません。

しかし、普通に考えてそれとこれとは話は別です。

友人にしてみれば、御見舞いと賊の襲来とは別問題です。

このままでは、二人とも殺されてしまいます。

 

賊の襲来

 

ついに賊がやってきました。

彼は荀巨伯(じゅんきょはく)を見ると言います。

賊「俺達の大軍が押し寄せたのを見て、郡中のやつらが逃げ出したぞ。

だというのになぜお前は一人ここに残っているのだ。お前はいったいどういう男なのだ。

たった一人で踏みとどまって何をしようと言うのだ。」

荀巨伯(じゅんきょはく)「ここには病気の友人がいるのだ。見捨ててなどいけない。

もしも、彼に危害を加えるならば、代わりに僕を殺せ。その代わり、彼に指一本触れるな。」

賊達はそれを聞くと、お互い顔を見合わせてどよめきます。

賊「俺達のような人の道を知らぬ人間が、人の道を重んずる国に踏み込んではいけない。」

 

そのまま、大軍を引き上げ帰っていきました。

荀巨伯(じゅんきょはく)のおかげで、郡全体が無傷で助かりました。

 

三国志ライターFMの独り言

 

この荀巨伯(じゅんきょはく)の話は、いわゆる友情モノのお話で、

太宰治の「走れメロス」のような類のお話です。

 

 

そういう意味では、これはよくある話に見えてしまうかもしれません。

とはいえ、世説新語で語られる非常に古いお話ですので、相当大昔の話です。

そのため、現代ではよくある話でも当時はそうではなかったのでしょう。

世説新語自体は、中国南北朝-宋の時代なので、400年代にまとめられた本ですが、

その事実が起こったのは後漢~三国時代の200年代ということになります。

そのような観点でこのお話を見ると、良くある友情モノとはいえ、

最古の友情エピソードの一つと言えることになります。

もしかすると、少し大げさに考えれば、

友情をテーマにした創作小説の起源の一つであるのかもしれません。

そのように見ると、この世説新語は現代の小説の元となっているのかもしれません。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?

関連記事:韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




FM

FM

投稿者の記事一覧

三国志は、大昔の出来事ですが、物語をいろいろな視点や切り口で見ていくと、新しくて面白い発見があるのが好きです。

人物像や対人関係、出来事、時代背景、逸話等々、古い話とはいえ、学ぶべきところはたくさんあります。

埃をかぶせておくにはもったいない、賢人たちの誇りがあります。

関連記事

  1. 呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない
  2. 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟 劉備と豊臣秀吉はどっちがスゴイの?英雄の比較
  3. 三国時代の音楽ってどんな感じだったの?
  4. そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里…
  5. 策士・張飛 (ちょうひ)が繰り出す瞞天過海の計&暗渡陳倉計ってど…
  6. 後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?
  7. 異民族に好かれる董卓 新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった
  8. これであなたも角栄になれる!?大物になる6の心得

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組

おすすめ記事

  1. 夏侯淵が滅ぼした宋建は韓遂を上回る長生き群雄だった
  2. 【お知らせ】はじめての三国志が有料記事の単品販売を開始 三国志をより深く知る 特集noteバナー(有料)
  3. プチャーチンと川路聖謨二人の外交官の友情と打算
  4. 藤崎竜ファン感涙 封神演義がアニメ化!アニメキャスト声優や見どころ
  5. 孫権が暴露!蜀は孔明の国だった
  6. 三国志の隠れた英雄・皇甫嵩(こうほすう)に起こった事件とは!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

太平道だけじゃない!『三国志』の時代に人々の心を支えた思想や宗教 蜀の武将・張達(ちょうたつ)と范彊(はんきょう)に同情の余地はあるの? 【意外】古代中国では犬や山猫が鼠を捕っていた? 井伊直弼と直虎の関係性は?直虎は先祖なの? 陸遜の出自と出身は?三国志演義では完全な脇役の陸遜に分析 豊臣秀吉 戦国時代2 【センゴク】鳥取城の飢え殺しはどんな戦略だったの?兵士の死亡率を最小限に済ませる戦術とは? 倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説 趙雲の京劇風コスチュームって何?真・三國無双8をさらに楽しむ

おすすめ記事

  1. 三国志サミット2015年に、はじさんも出演します はじめての三国志
  2. 【日本人と三国志の出会い】奈良時代に董卓だとdisられていた人が存在した【シミルボン】
  3. 「耳で聞いて覚える三国志」をはじめました
  4. 知ってた?桜田門外の変は超お粗末な事件だった
  5. 【祝・はじめての三国志】3周年記念の御礼を申し上げます! はじめての三国志
  6. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.1
  7. 篤姫の江戸城無血開城における役割とは?
  8. 【一触即発】益州の争奪をめぐって劉備と孫権が対立しそうだった 劉備と孫権

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP