架空戦記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

はじめての変

世説新語の「荀巨伯のお見舞い」の友情話が熱い!

この記事の所要時間: 36




 

世説新語は後漢末から魏・晋・六朝を通じて、

当時を生きた人々の噂話から人物評、

個々人のプライベートやスキルといったことを載せている偉人達の伝記のようなものです。

世説新語は中国南北朝の宋の劉義慶(りゅう ぎけい)によって編纂されました。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:世説新語(せせつしんご)ってなに?初心者にこそ読んでほしい小説集




世説新語はいろんな話が載っている

 

『世説新語』などと四字熟語のような名前ですが、

日本では訳された本がいくつも出版されており、読むのは容易です。

また、漢文を無視して訳文のみを読んでいけば、隙間時間にでもどんどん読めます。

今回は、その第一章、徳行篇の一部のお話をご紹介します。

徳行篇とは当時の人々の良い行いが記されたエピソード集であり、

良い人の話、泣ける話が収録されています。




荀巨伯のお見舞い

 

荀巨伯(じゅんきょはく)という友達思いの男がいました。

ある時、病に伏せっている友人のお見舞いにはるばるその友人のいる郡に向かいました。

ちょうどその頃、胡〔えびす〕の賊共がその郡を狙っていました。

タイミングの悪いことに、荀巨伯(じゅんきょはく)が友人を訪ねている最中に、

賊が到着しその郡に攻め込んできたのです。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

その時、友人は・・・

 

荀巨伯(じゅんきょはく)は友人のいる郡に着くと、早速友人を訪ねます。

一方で賊もその郡目掛けて侵攻していきます。郡へ侵攻しようとする賊達の動きは、

直ぐにも知れ渡り、その郡にいる人々は大急ぎで逃げ出しました。

賊の襲来の報は、荀巨伯(じゅんきょはく)とその友人にも知らされました。

友人「僕は今にも死ぬ身だ。賊に襲われようが構わない。でも君は違う。

一刻も早くここから逃げてくれ。」

荀巨伯(じゅんきょはく)「見舞いに来た僕に逃げろというのか。

君を見捨て、人の道を外してまで生き延びることなんて僕にはできない。」

荀巨伯(じゅんきょはく)は確かに友人のためを思うが故、御見舞いに来ました。

その彼が、友人を見捨ててしまうのは、

確かに理屈に合わないというか本末転倒の気がしなくもありません。

しかし、普通に考えてそれとこれとは話は別です。

友人にしてみれば、御見舞いと賊の襲来とは別問題です。

このままでは、二人とも殺されてしまいます。

 

賊の襲来

 

ついに賊がやってきました。

彼は荀巨伯(じゅんきょはく)を見ると言います。

賊「俺達の大軍が押し寄せたのを見て、郡中のやつらが逃げ出したぞ。

だというのになぜお前は一人ここに残っているのだ。お前はいったいどういう男なのだ。

たった一人で踏みとどまって何をしようと言うのだ。」

荀巨伯(じゅんきょはく)「ここには病気の友人がいるのだ。見捨ててなどいけない。

もしも、彼に危害を加えるならば、代わりに僕を殺せ。その代わり、彼に指一本触れるな。」

賊達はそれを聞くと、お互い顔を見合わせてどよめきます。

賊「俺達のような人の道を知らぬ人間が、人の道を重んずる国に踏み込んではいけない。」

 

そのまま、大軍を引き上げ帰っていきました。

荀巨伯(じゅんきょはく)のおかげで、郡全体が無傷で助かりました。

 

三国志ライターFMの独り言

 

この荀巨伯(じゅんきょはく)の話は、いわゆる友情モノのお話で、

太宰治の「走れメロス」のような類のお話です。

 

 

そういう意味では、これはよくある話に見えてしまうかもしれません。

とはいえ、世説新語で語られる非常に古いお話ですので、相当大昔の話です。

そのため、現代ではよくある話でも当時はそうではなかったのでしょう。

世説新語自体は、中国南北朝-宋の時代なので、400年代にまとめられた本ですが、

その事実が起こったのは後漢~三国時代の200年代ということになります。

そのような観点でこのお話を見ると、良くある友情モノとはいえ、

最古の友情エピソードの一つと言えることになります。

もしかすると、少し大げさに考えれば、

友情をテーマにした創作小説の起源の一つであるのかもしれません。

そのように見ると、この世説新語は現代の小説の元となっているのかもしれません。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?

関連記事:韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




FM

FM

投稿者の記事一覧

三国志は、大昔の出来事ですが、物語をいろいろな視点や切り口で見ていくと、新しくて面白い発見があるのが好きです。

人物像や対人関係、出来事、時代背景、逸話等々、古い話とはいえ、学ぶべきところはたくさんあります。

埃をかぶせておくにはもったいない、賢人たちの誇りがあります。

関連記事

  1. 【はじめての孫子】第12回:卒を視ること嬰児の如し、故にこれと深…
  2. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧し…
  3. 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3
  4. 魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!?
  5. 秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも…
  6. 荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです
  7. いまさら聞けない真田丸って一体何なの?
  8. まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 甘露寺の十字紋石|劉備の石占い
  2. 大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!?
  3. 東方明珠のへなちょこ長江旅行記 その3
  4. 顧夫人とはどんな人?小覇王・孫策の娘の謎に満ちた生涯
  5. 孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?
  6. 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【衝撃の事実】夏侯淵の一族にはなんと皇帝がいた!? 劉禅が読んだ韓非子ってどんな本? 曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け! 超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは! 【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに? 三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる! 三国天武とはどんなアプリゲーム? 井伊直虎の許婚はどういう人?おんな城主 直虎をさらに楽しむ!

おすすめ記事

  1. 忠義の士・陸遜に迫る!陸遜は呉でクーデターを起こすことはできたの?
  2. 【蜀の建国~滅亡まで】蜀の国を背負って戦い続けた丞相【孔明編】
  3. 後漢の人材難極まる!火薬庫涼州の刺史がボンクラ揃い
  4. 【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは信長の幸運と反攻作戦にあった!
  5. 1話:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの?
  6. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を持った戦国四君【青年編】
  7. 人材を使いこなす事で天下を取った劉邦
  8. 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP