広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

うち結婚しないから!自ら両耳と鼻を切り落とした夏侯令女が烈女すぎる

この記事の所要時間: 226




 

魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)の時代。

ふたりの重臣が権力を巡って争いを起こします。

一人は諸葛孔明のライバルとしてその名を歴史に刻んだ司馬仲達(しばちゅうたつ)

もうひとりは曹真(そうしん)の息子である坊ちゃん将軍曹爽(そうそう)です。

彼らふたりは魏の主導権を握るために戦いを始めます。

初めは曹爽が魏の政権の主導権を握ることに成功しますが、

司馬仲達の策に引っかかってしまって敗北してしまいます。

その後彼は司馬懿に処刑させられてしまうのですが、

彼だけではなくて彼の一族も罪を連座することになり処刑されてしまい、

曹爽の家系の血脈が途絶えることになるのですが、ある人物のおかげで防ぐことができました。

曹爽の家系を根絶させなかったある女性の話を今回はお送りしたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?




夏侯令女の烈女ぶりその1:旦那が亡くなり再婚を進められると両耳を切り落とす

 

曹爽には多くの一門衆がおりましたが、その中で今回活躍するのは彼の従姉妹である女性です。

彼女の名前は夏侯令女(かこうれいじょ)と言い烈女としてその名を轟かせることになる人です。

彼女は曹爽の従弟である曹文叔(そうぶんしゅく)と結婚しておりましたが、

旦那が若くして亡くなってしまったため未亡人になってしまいます。

しかし実家は夏侯令女が美しい女性であったことから再婚してはどうかと彼女に進めます。

すると彼女は「旦那が亡くなってしまったのに再婚なんて考えられません」と強い口調で断ると

自らの耳を削ぎ落として再婚しない固い決意を示します。

彼女のこの行動に驚いた実家の人々はそれ以来彼女に再婚話を持ち込むことをしませんでした。

その後彼女は曹爽の従兄弟である曹爽の元へ身を寄せることにします。




夏侯令女の烈女ぶりその2:再び再婚話が持ち込まれると・・・・

 

夏侯令女は曹爽の元に身を寄せておりましたが、

司馬懿との政争で曹爽が敗北して処刑されてしまうと家を追い出されてしまいます。

住む場所も無く、頼る者もいなくなった彼女は再び実家へ強制的に戻ることになってしまいます。

そして実家に戻った彼女に再び再婚話が持ち込まれることになります。

すると彼女は「しつこいです。私は結婚しません」と再び断り、自らの鼻を削ぎ落としてしまいます。

彼女はなぜ自らの体を痛めつけてまで結婚を断るのでしょうか。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

自らの体を傷つけてまで守りたいもの

 

彼女が自らの体に傷つけてまで守りたいものがありました。

それは節義です。

彼女はある人から「一族である曹爽一家は滅亡してしまいました。

それにも関わらずあなたはなんで再婚話が持ち上がるたび、

自らの体にこんなに傷をつけるのですか。」と尋ねられます。

すると彼女は「私はこのような話を聞いたことがあります。

『仁者と言われる人達は隆盛の時も落ち目の時も節義を曲げずに生きており、

義を尊ぶ人達は自らの存亡によって節義を曲げたりしないのだそうです。』

私は曹爽様の一族が盛んな時でさえ自らの節義を曲げて生きていたくないと思い、

あのような行動に出たのです。

どうして曹爽様の一族が滅亡したことをきっかけとして、

私は自らの信念を曲げることができるのでしょうか。」と強い口調で述べます。

この事を聞いた人物は納得して彼女の元を去っていき、ある人物に伝えます。

その人物は曹爽を殺害した張本人である司馬仲達です。

 

夏侯令女の話を聞いて感心してそして・・・・

 

彼女の話を聞いた司馬仲達はすぐ彼女に養子を縁組をさせる命令を出すとともに

手紙を添えます。

その手紙には「あなたの節義を守る信念に感心いたしました。

そこで曹爽殿の一族を再興させるために養子縁組を受けてもらいたい」と

書いて命令書と共に彼女へ届けさせます。

彼女は司馬懿から許しを得て養子を育て曹爽一族の再興を行うことに成功します。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹爽の一族は夏侯令女の烈女ぶりと司馬懿の温情によって一族を再興することができました。

そして夏侯令女は曹爽の一族を救った烈女として歴史に名をとどめることに成功し、

当時の時代における仁義にあふれた最高の烈女として尊ばれたそうです。

 

参考文献 西東社 オールカラーで分かりやすい三国志 渡辺清一著など

 

関連記事:司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指していたの?

関連記事:民話に出てくる司馬懿がまるで昔話のいじわる爺さんレベル!

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったW…
  2. 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由…
  3. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1
  4. 曹丕はどうやって後継者争いに勝ち残って魏の初代皇帝になれたの?
  5. 三国志時代の離婚や再婚問題はどうなっていたの?曹文叔の妻を紹介
  6. 【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後
  7. もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だっ…
  8. 羽林騎(うりんき)とは何?董卓を輩出した近衛部隊を分かりやすく解…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【キングダム】昌平君と媧燐は生き別れの姉弟?そこから導かれる悲しい最後
  2. もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?
  3. これであなたも角栄になれる!?大物になる6の心得
  4. 伍孚(ごふ)とはどんな人?ゴフッ・・董卓を殺せなかった無念のアサシン
  5. 【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立
  6. 于禁(うきん)は魏でも手柄抜群なのにジェットコースターのような人生

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

袁準(えんじゅん)とはどんな人?チート宰相・諸葛孔明を高く評価した人物 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】 狐偃(こえん)とはどんな人?晋の文公を覇者の地位までのし上げた宿臣 赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬 【センゴク】織田信長って本当は優しく思いやりのある性格だった! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【5/22〜5/29】 84話:龐統登場と同時に左遷(笑) 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う!

おすすめ記事

  1. 董和(とうか)とはどんな人?孔明に認められた蜀の貴重な人材
  2. 鬼道の使い手である卑弥呼の女王即位と三国志の関係性
  3. 43話:孫策、後事を孫権に託して病没する
  4. 【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景
  5. 曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説!
  6. 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介
  7. 劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名士達
  8. 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP