よかミカンの三国志入門
黄巾賊




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

うち結婚しないから!自ら両耳と鼻を切り落とした夏侯令女が烈女すぎる

この記事の所要時間: 226




 

魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)の時代。

ふたりの重臣が権力を巡って争いを起こします。

一人は諸葛孔明のライバルとしてその名を歴史に刻んだ司馬仲達(しばちゅうたつ)

もうひとりは曹真(そうしん)の息子である坊ちゃん将軍曹爽(そうそう)です。

彼らふたりは魏の主導権を握るために戦いを始めます。

初めは曹爽が魏の政権の主導権を握ることに成功しますが、

司馬仲達の策に引っかかってしまって敗北してしまいます。

その後彼は司馬懿に処刑させられてしまうのですが、

彼だけではなくて彼の一族も罪を連座することになり処刑されてしまい、

曹爽の家系の血脈が途絶えることになるのですが、ある人物のおかげで防ぐことができました。

曹爽の家系を根絶させなかったある女性の話を今回はお送りしたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?




夏侯令女の烈女ぶりその1:旦那が亡くなり再婚を進められると両耳を切り落とす

 

曹爽には多くの一門衆がおりましたが、その中で今回活躍するのは彼の従姉妹である女性です。

彼女の名前は夏侯令女(かこうれいじょ)と言い烈女としてその名を轟かせることになる人です。

彼女は曹爽の従弟である曹文叔(そうぶんしゅく)と結婚しておりましたが、

旦那が若くして亡くなってしまったため未亡人になってしまいます。

しかし実家は夏侯令女が美しい女性であったことから再婚してはどうかと彼女に進めます。

すると彼女は「旦那が亡くなってしまったのに再婚なんて考えられません」と強い口調で断ると

自らの耳を削ぎ落として再婚しない固い決意を示します。

彼女のこの行動に驚いた実家の人々はそれ以来彼女に再婚話を持ち込むことをしませんでした。

その後彼女は曹爽の従兄弟である曹爽の元へ身を寄せることにします。




夏侯令女の烈女ぶりその2:再び再婚話が持ち込まれると・・・・

 

夏侯令女は曹爽の元に身を寄せておりましたが、

司馬懿との政争で曹爽が敗北して処刑されてしまうと家を追い出されてしまいます。

住む場所も無く、頼る者もいなくなった彼女は再び実家へ強制的に戻ることになってしまいます。

そして実家に戻った彼女に再び再婚話が持ち込まれることになります。

すると彼女は「しつこいです。私は結婚しません」と再び断り、自らの鼻を削ぎ落としてしまいます。

彼女はなぜ自らの体を痛めつけてまで結婚を断るのでしょうか。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

自らの体を傷つけてまで守りたいもの

 

彼女が自らの体に傷つけてまで守りたいものがありました。

それは節義です。

彼女はある人から「一族である曹爽一家は滅亡してしまいました。

それにも関わらずあなたはなんで再婚話が持ち上がるたび、

自らの体にこんなに傷をつけるのですか。」と尋ねられます。

すると彼女は「私はこのような話を聞いたことがあります。

『仁者と言われる人達は隆盛の時も落ち目の時も節義を曲げずに生きており、

義を尊ぶ人達は自らの存亡によって節義を曲げたりしないのだそうです。』

私は曹爽様の一族が盛んな時でさえ自らの節義を曲げて生きていたくないと思い、

あのような行動に出たのです。

どうして曹爽様の一族が滅亡したことをきっかけとして、

私は自らの信念を曲げることができるのでしょうか。」と強い口調で述べます。

この事を聞いた人物は納得して彼女の元を去っていき、ある人物に伝えます。

その人物は曹爽を殺害した張本人である司馬仲達です。

 

夏侯令女の話を聞いて感心してそして・・・・

 

彼女の話を聞いた司馬仲達はすぐ彼女に養子を縁組をさせる命令を出すとともに

手紙を添えます。

その手紙には「あなたの節義を守る信念に感心いたしました。

そこで曹爽殿の一族を再興させるために養子縁組を受けてもらいたい」と

書いて命令書と共に彼女へ届けさせます。

彼女は司馬懿から許しを得て養子を育て曹爽一族の再興を行うことに成功します。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹爽の一族は夏侯令女の烈女ぶりと司馬懿の温情によって一族を再興することができました。

そして夏侯令女は曹爽の一族を救った烈女として歴史に名をとどめることに成功し、

当時の時代における仁義にあふれた最高の烈女として尊ばれたそうです。

 

参考文献 西東社 オールカラーで分かりやすい三国志 渡辺清一著など

 

関連記事:司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指していたの?

関連記事:民話に出てくる司馬懿がまるで昔話のいじわる爺さんレベル!

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里…
  2. 三国志って何?はじめての人向け
  3. 【兵法書・六鞱(りくとう)】いにしえのカッチョイイ名言をビジネス…
  4. 黄崇(こうすう)と蒋斌(しょうひん)はどんな人?蜀の名将・黄権の…
  5. 曹操には弱点はないの?
  6. 陸遜と趙雲は本当に有能だったの?英雄を徹底分析
  7. 蜀が好きな皆さんへ!五分で分かる桃園の三兄弟の逸話を紹介
  8. 周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々
  2. 三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥
  3. 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう)
  4. 【第2回 幻想少女】我が陣営のエース・関羽雲長を紹介します!
  5. 文聘(ぶんぺい)とはどんな人?魏延とも打ち合いをした魏の武将
  6. やる気あんのか!?董承のペラペラ曹操暗殺計画

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語 久坂の思想から新日本グランドデザインを探れ! 佐久間象山は狂人吉田松陰をどう評価した 【センゴク】織田信長って本当は優しく思いやりのある性格だった! 劉備が親孝行でお茶を買う?中国茶の種類を紹介 97話:蜀を得た事で呉と荊州の支配問題が再燃する 「はじめての三国志」のロゴが完成しました 益州に侵攻した劉備にとって最も強敵だったのは誰?

おすすめ記事

  1. 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイントとは!?
  2. 杜襲(としゅう)とはどんな人?住民と団結して劉表軍と戦った県長
  3. 後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?
  4. 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった!
  5. 三国志ならともかく戦国時代は興味がないから大河ドラマを見ないあなたへ。こうすれば真田丸も楽しめる!
  6. ケチで有名だった曹洪の子孫はどうなったの?ケチが災いし処刑されかけた曹洪
  7. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.7
  8. 桃園の誓いがなかったら劉備はどうなっていたの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP