呂布特集
姜維特集


はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

豊臣秀吉の天下統一に向けて「四国征伐」が開戦!どんな戦いになったの?

豊臣秀吉 戦国時代2




 

豊臣秀吉は色々な理由を付けて、

四国統一を果たした長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)を討伐するべく準備を行います。

しかし秀吉は病気にかかってしまい(仮病とも)

豊臣軍の総大将を弟・豊臣秀長(とよとみひでなが)に任せることにします。

豊臣軍は阿波(あわ)・讃岐(さぬき)・伊予(いよ)の三方面から総勢12万程の軍勢で、

四国へ侵攻を開始。

長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)は秀吉が四国征伐を行うとの情報を手に入れると

軍勢を集め元親率いる本隊を白地城へ駐屯させ、

秀吉軍が阿波方面から進行してくるであろうことを予測。

そのため阿波に重点を置いて、

秀吉軍を迎撃する防衛ラインを構築して秀吉軍の襲来を待ち受けることにします。

こうして両者戦の準備を整え終え、

四国で豊臣軍vs元親軍の激闘が繰り広げられることになります。

 

センゴクを100倍楽しむ全記事一覧はこちら

関連記事:豊臣秀吉の天下統一の第一弾「四国征伐」に向けて何をしたの?




三方面同時から攻撃が行われる

 

元親は豊臣の軍勢が阿波・讃岐・伊予の三方面から攻撃をしてくる可能性があると知ると

急いで阿波以外の地域の防備構築を行うことにします。

しかし豊臣の軍勢が四国に向けて渡航準備を整えていつでも攻撃可能であったため、

万全な防衛ラインを構築することができないまま戦いが始まってしまうのでした。




伊予方面での戦い

 

毛利家当主・毛利輝元(もうりてるもと)・吉川元長(きっかわもとなが)・

小早川隆景(こばやかわたかかげ)等の軍勢が伊予へ侵攻を開始。

毛利軍は上陸すると速攻で上陸地点近くに有る丸山城を降伏させて、

伊予内陸部へと侵攻していきます。

伊予方面の元親軍の重要拠点である金子城では軍議が開かられておりました。

金子城の城主である金子元宅(かねこもといえ)は2千程の兵力しか、

集まらなかった金子城で籠城するのか、それとも毛利家に降伏するのかを議論。

元宅は長宗我部氏と戦う意思を見せると彼の部下達も同意します。

彼は金子城を捨てて高尾(たかお)城へ入城して防備を固め、

毛利軍の攻撃を待ち受けることにします。

 

全員死す

 

金子元宅は毛利軍が高尾城へ進軍してくると手勢800人を率いて出撃。

毛利軍と野外で合戦を繰り広げます。

しかし毛利軍の兵力の大きさに800人程度では大きな打撃を与えることができず、

全滅してしまいます。

そして高尾城を攻略することに成功すると

その後河野氏が立てこもっていた湯築城を降伏。

北伊予だけでなく南伊予の豪族たちも抵抗を諦めて降伏してきます。

こうして伊予は毛利家によって平定されることになります。

 

讃岐方面の戦い

 

讃岐に上陸したのは宇喜多秀家(うきたひでいえ)を大将として、

黒田官兵衛(くろだかんべえ)、蜂須賀正勝(はちすかまさかつ)、

仙石権兵衛秀久(せんごくごんべえひでひさ)など総勢2万3000千程の兵力が讃岐へと

上陸してきます。

彼らは大軍で讃岐へ上陸すると元親の防衛拠点である城を即座に陥落させ、

幸先良いスタートを切ることができました。

その後讃岐の植田城へ攻撃を仕掛けますが、

この城の防衛がしっかりとしていたことから攻めあぐねてしまいます。

そのため官兵衛は秀家へ「ここで植田城に手こずっているよりも

阿波へ侵攻した秀長殿と合流したほうがいいでしょう」と進言。

秀家は官兵衛の進言を取り入れて植田城の攻撃を中止して、

阿波方面へ向かって進軍を開始。

讃岐での戦いはこうして終了し、

戦いの舞台は元親が防衛ラインを重点的に構築した阿波へと移ることになります。

 

阿波での戦いその1:激戦木津城

 

秀長率いる豊臣軍は阿波へ上陸すると木津城へ攻撃を行います。

豊臣軍は火の出るような攻撃を継続して行いますが、

元親が配置した猛将・東条関兵衛は豊臣軍の攻撃に屈することなく撃退していきます。

東条関兵衛が守っていた木津城に豊臣軍は8昼夜にもわたって攻撃を継続して行い、

この攻撃にも耐えていた関兵衛。

しかし水の手を絶たれてしまい豊臣軍に降伏することになります。

その後秀長は阿波各地の城へ攻撃を行いますが、

元親が構築した防衛ラインを突破することができずに時間だけが過ぎて行きます。

 

阿波での戦いその2:防衛拠点が崩壊

 

元親が築いた豊臣軍防衛ラインはしっかりと機能していたのですが、

あることがきっかけで崩壊してしまいます。

その原因を作ったのは元親の弟・香宗我部親泰(こうそかべちかやす)と

重臣である吉田重俊(よしだしげとし)でした。

彼らは東条関兵衛が守っていた木津城が陥落したことを知ると豊臣軍にビビってしまい、

城を放棄して元親の本拠地である土佐(とさ)へ逃亡してしまうのです。

このため元親が構築した阿波の防衛ラインが崩壊することになり、

秀長軍が阿波内部へ進撃することになってしまうのです。

 

阿波での戦いその3:最後の防衛ラインでの戦い

 

秀長は阿波内陸部の重要拠点である一宮(いちのみや)城・脇(わき)城・岩倉(いわくら)城に

攻撃の重点を置き、三つの城へ攻撃を開始することにします。

秀長率いる豊臣軍本隊は藤堂高虎(とうどうたかとら)、

蜂須賀正勝ら総勢5万の大軍を用いて一宮城へ攻撃を開始することになります。

一宮城を防衛するのは元親の重臣である谷忠兵衛(たにちゅうべえ)でした。

彼は豊臣軍が攻撃を仕掛けてくると必死に防衛を行い豊臣軍と戦いを続けていきます。

秀長率いる5万の豊臣軍は一宮城が以外に激しい抵抗をしてくるため、

城内に供給している水の手を断つ作戦を決行。

この作戦に加えて得意の兵糧攻めを同時に行った結果、

一宮城は水・兵糧が無くなってしまい降伏することになります。

また残りの重要拠点である脇城・岩倉城も一宮城の降伏前後に陥落。

こうして秀長率いる豊臣軍は元親の本営である白地城へ向けて進撃を再開します。

 

豊臣と和睦する道へ

 

元親は白地城で軍議を開きます。

彼は豊臣軍の強さを目の当たりにしてこのまま戦っても勝てないことを思い知らされ、

谷忠兵衛から「和睦するべきではないか」と説得されますが、

一度はねつけてしまいます。

だが重臣達総出の説得によって元親は豊臣との和睦を行うことに。

秀長は元親の和睦の話に応じ秀吉に指示を仰ぎます。

秀吉は元親に本領である土佐一国が安堵することが、

和睦の条件であることを秀長に伝えます。

元親は秀吉の条件に応じて豊臣と和睦することに応じ、

豊臣と長宗我部の戦いは終結することになります。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

こうして豊臣軍の勝利によって四国征伐は完了することになり、

秀吉の天下統一戦の第一弾は成功することになるのです。

しかし秀吉の天下統一事業の完成はまだ始まったばかりで、

日本最強の兵士を有しているあの家との対決が迫っておりました。

そして豊臣軍の圧倒的な攻撃力の前に屈した長宗我部元親は、

秀吉に降伏後は従順に豊臣家へ従うことになります。

この長宗我部氏ですが九州地方での戦いに参加することによって、

大きく運命を狂わせられることになります。

さてマンガ・センゴク権兵衛の主人公である仙石権兵衛はこの四国征伐での功績によって、

讃岐10万石を秀吉から与えられることになり、

大大名としての一歩を踏み出すことになります。

しかし彼も九州地方での戦いに参加することによって運命が大きく変化することになります。

さて上記の武将たちの運命を狂わせることになった秀吉の天下統一事業第二弾は

「九州征伐」ですが一体どうなるのでしょうか。

 

参考文献 吉川弘文館 長宗我部元親 山本大著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 燃える本能寺 明智光秀の母が謀反の切っ掛けになった?本能寺の変の引き金になっ…
  2. 豊臣秀吉 戦国時代 天下人・豊臣秀吉が過去に仕えていた松下綱之ってどんな人?
  3. 【三国天武 攻略その3】諸葛孔明?それとも呂布?三国天武に登場す…
  4. 2つの持論を展開する費禕 呉が蜀を作った!費禕が蜀の宰相になれたのは孫権のおかげだった?
  5. 皇帝になることを決意する孫権 【正史三国志】呉書を参考に孫権が皇帝へ登るまでの歴史をご紹介
  6. 大喬 乱世の女は強かった!女城主直虎以外の女傑を紹介
  7. 劉邦と項羽 項羽に勝ったのはこれだ!項羽に勝つことができた劉邦自らの自己評価…
  8. 呉民衆の意見に耳を傾ける顧雍(こよう) 孫呉の二代目丞相・顧雍に迫る!正史三国志・呉書からみた丞相の実績…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 韓信vs孔明
  2. 光武帝(劉秀)
  3. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. 石川克世
  5. 司馬懿
  6. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  7. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  8. 孔子

おすすめ記事

  1. 今川義元はどんな性格をしていたの?今川義元の生い立ちなどから考察 今川義元
  2. 【三国志の疑問】女性を巡る男の戦いはどこまで真実なの?史実と演義を比較 連幹の計 呂布 貂蝉
  3. 鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏の臣
  4. 本多忠勝と島津義弘のどちらが強い?最強武将対決 薩摩藩の島津義弘
  5. もし曹操が劉備と入れ替わったらどうなる?【三国志もしもシリーズ】
  6. 68話:劉表死す、そして偽の遺言書で劉琮が後継者に 劉表死す

三國志雑学

  1. 官渡の戦い 騎馬兵
  2. 張遼・楽進・李典
  3. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  4. 赤兎馬
  5. 曹操と夏侯惇


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. ロバ顔の諸葛瑾
  2. 井伊直政
  3. 飢えている王忠
  4. 朝まで三国志 劉備
  5. はじめての三国志 画像準備中
  6. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  7. 呂布のラストウォー 呂布

おすすめ記事

茶を飲む張角(太平道) 三国志の時代のお茶は、全然人気が無かったってホント? 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 泣いていると鬼ではなく、張遼がやってくる!? イギリスのEU離脱って何?三国志で例えて理解度アップ! 曹操のムスコ達アイキャッチ2 集まれ曹操の25人の息子たち・その3 玉璽 古代中国の玉器と印鑑の使用用途は?宋代にも玉璽はあった? 岳王廟 wikipedia 岳王廟は恐怖の心霊スポットなのか?岳飛廟を分かりやすく紹介 丸木舟(弥生時代) 古墳時代の海外交易「船が陸を渡る」壮大な航海を解説 キングダム 戦国七雄地図 戦国策【燕策】人の弱みに付け込み交渉を有利に進めるの巻

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP