キングダム
姜維特集


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

何で劉備は劉表からの荊州譲渡を断ったの?第6感で決断した劉備の意図とは?

張飛、劉備、曹操




 

蜀の初代皇帝である劉玄徳。

彼は袁紹曹操の間で起きた官渡決戦の後、

荊州のボスである劉表のところに身を寄せることにします。

この地で劉備は平穏な時間を過ごすとともに新たな人材を探しておりました。

そんな中曹操が河北を統一して南下してくるとの噂が荊州に流れ込んできますが、

荊州のボスである劉表(りゅうひょう)は病にかかっている状態で、

いつ亡くなってもおかしくない状態でした。

この時、劉表劉備に荊州を託したそうですが、

彼はなぜ荊州を貰い受けようとしなかったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かりやすく解説




曹操軍が南下してくる!?

 

劉表は曹操が河北を統一し終わると荊州へ大軍を率いて南下してくる

との噂を病床で聞きます。

彼は曹操が河北統一が終わる前に病にかかってしまうのです。

そのため曹操が大軍を率いて南下してくるとの報告を聞いても判断力が鈍っており、

大した反応をすることができませんでした。

彼はこのまま何も対応しないでいれば荊州が曹操に奪われてしまうと感じたため、

客将として新野に駐屯していた劉備を呼びに行かせることにします。




荊州を託す

 

劉表は劉備がやってくると彼を病床へ呼んで「曹操が大軍を率いて南下してくるそうだ。

このままでは荊州は曹操に奪われてしまう。

我が子にこの荊州を託したのだが、まだ若くて不安でしょうがない。

そこで君荊州を託したいと考えているのだがどうであろうか。」と提案。

劉備はこの事を聞いて驚いていしまいます。

しかし彼は劉表へ「劉表殿。あなたの息子達は若くてもしっかりとした判断力を備えており、

あなたが亡くなった後に荊州を背負って立つふさわしい人材と言っていいでしょう。

今は荊州のことよりも自らの病の治療に専念しなさい」とやんわりと荊州を譲り受ける事を

拒否します。

 

【はじさん編集部】編集長kawausoの奮闘日記も絶賛公開中!

 

他の家臣からも説得されるが・・・・

 

劉備は劉表の家臣達からも「荊州を譲り受けたほうがいいのではないのでしょうか。」と

説得されます。

しかし彼は「今劉表殿から荊州を譲り受ければ、天下の人々は俺のことを

『あいつは劉表のせわになったのに荊州を奪ったそうではないか』と

陰口を叩くに違いない。

また劉表殿には長い期間世話になっているのに、

どうして荊州を譲り受けることができるであろうか。」と劉表から荊州を譲り受ける事を拒否。

 

劉備が荊州を譲り受けなかった真意とは:レンの考察

 

劉備はなぜ頑なに荊州を譲り受けようとしなかったのでしょうか。

もし劉備が荊州を譲り受けたと仮定し、どうなっていたのか想定してみましょう。

劉備は荊州を劉表から譲り受けます。

その後自らの領土となった荊州の豪族や名士達に満足な挨拶をしている暇もなく、

曹操軍の大軍を迎え撃たなくてはなりません。

劉表の側近で力を持っていた蔡瑁(さいぼう)蒯越(かいえつ)らは劉備を嫌っていたので、

彼に協力することはないでしょう。

また荊州の豪族達も本気で劉備へ力を貸すのかどうかわかりません。

すると劉備は新野にいた自軍のみで曹操軍と戦わなくてはならず、

劉備軍が曹操軍と戦った場合撃退することはほとんど不可能であったと思います。

 

 

そして劉備は再び曹操軍に敗北してしまい荊州を失う事になるのではないのでしょうか。

劉備は上記のような状況になることを考えていたから、

荊州を譲り受けようとしなかったのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

劉備は荊州を譲り受けなかったことで、劉表の息子が荊州を統治することになります。

しかしすぐに曹操軍が南下してきたため荊州は曹操に降伏。

そして劉備軍は南に逃亡することになります。

もし彼が荊州を譲り受けていたらこのように軽快に荊州南部へ

撤退することはできなかったでしょう。

曹操軍がまだ河北で袁家と争っている時なら彼は荊州を譲り受けていたかもしれません。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた?

関連記事:益州に侵攻した劉備にとって最も強敵だったのは誰?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 逃げる夏侯覇 なぜ夏侯覇は蜀に亡命したの?魏期待の星のナゾに迫る
  2. 関羽と周倉 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第一回:司隷(しれい)、豫州…
  3. 司馬懿 【極悪】司馬懿はいかにして屯田制を食い物にしたのか?
  4. 劉禅を説得する張嶷 劉禅に忠誠を尽くした武人・張嶷の最後に心が震える
  5. 徐晃と許チョ 「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武…
  6. 袁術と孫策 孫策の独立理由に疑問!袁術は孫策に対して本当にケチだったの?
  7. 蒙恬(もうてん)とはどんな人?秦・中華統一後に一族が滅びる悲しい…
  8. 郭嘉 官渡の戦いのMVPは荀彧ではなく郭嘉に与えるべき理由【ビジネス三…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 漢帝国の宿敵で匈奴の名君(匈奴族)
  2. 梁冀(りょうき)
  3. 孫子の兵法 曹操
  4. 項羽と劉邦
  5. 嬴政(始皇帝)
  6. 胡烈
  7. 孔明

おすすめ記事

  1. 月刊はじめての三国志2019年6月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 曹丕
  2. 現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!! 劉備
  3. 資本論には何が書いてあるの?【前編】 カール・マルクス
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第21話「ぬしの名は」の見どころ紹介 おんな城主 直虎
  5. 陸遜はなんで改名をしたの?陸議と魏書では記載されているイケメン陸遜の改名に迫る 陸遜
  6. 【月間まとめ】2016年3月の注目ニュース19選!

三國志雑学

  1. 魯粛
  2. 赤兎馬にまたがる呂布
  3. ミニチュアで遊ぶ董卓


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉邦と簫何
  2. キングダム
  3. 本多忠勝
  4. 疫病が蔓延している村と民人
  5. 孔明の罠
  6. 于禁
  7. 周瑜と孫策

おすすめ記事

姜維と孔明 孔明の愛弟子であった姜維はなぜ孔明の後継者に選ばれなかったの? 明智光秀が剣を持って戦っているシーン 明智光秀の銅像はどこにある?坂本城跡と岐阜県のゆかりの地の明智光秀像を紹介 井伊直弼とはどんな人?井伊の赤鬼は泣いた赤鬼だった 袁術と周瑜と孫策 孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!? 【孔門十哲】閔子騫(びんしけん)とはどんな人?いじめてくる継母も徳で感化させる 皇帝・劉禅が住んでいる宮殿や成都を警備する伊賞 尹賞とはどんな人?姜維と一緒に蜀を支えた出世頭!? 武田騎馬軍団 馬場信春 武田信玄の騎馬隊は弱かった?真実を検証 漢呂布の怒りを買う侯成(こうせい) 侯成(こうせい)とはどんな人?禁酒中でイライラしている呂布に斬首の命を受けた八健将

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP