架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

何で劉備は劉表からの荊州譲渡を断ったの?第6感で決断した劉備の意図とは?

この記事の所要時間: 220




 

蜀の初代皇帝である劉玄徳。

彼は袁紹と曹操の間で起きた官渡決戦の後、

荊州のボスである劉表のところに身を寄せることにします。

この地で劉備は平穏な時間を過ごすとともに新たな人材を探しておりました。

そんな中曹操が河北を統一して南下してくるとの噂が荊州に流れ込んできますが、

荊州のボスである劉表(りゅうひょう)は病にかかっている状態で、

いつ亡くなってもおかしくない状態でした。

この時、劉表は劉備に荊州を託したそうですが、

彼はなぜ荊州を貰い受けようとしなかったのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かりやすく解説




曹操軍が南下してくる!?

 

劉表は曹操が河北を統一し終わると荊州へ大軍を率いて南下してくる

との噂を病床で聞きます。

彼は曹操が河北統一が終わる前に病にかかってしまうのです。

そのため曹操が大軍を率いて南下してくるとの報告を聞いても判断力が鈍っており、

大した反応をすることができませんでした。

彼はこのまま何も対応しないでいれば荊州が曹操に奪われてしまうと感じたため、

客将として新野に駐屯していた劉備を呼びに行かせることにします。




荊州を託す

 

劉表は劉備がやってくると彼を病床へ呼んで「曹操が大軍を率いて南下してくるそうだ。

このままでは荊州は曹操に奪われてしまう。

我が子にこの荊州を託したのだが、まだ若くて不安でしょうがない。

そこで君荊州を託したいと考えているのだがどうであろうか。」と提案。

劉備はこの事を聞いて驚いていしまいます。

しかし彼は劉表へ「劉表殿。あなたの息子達は若くてもしっかりとした判断力を備えており、

あなたが亡くなった後に荊州を背負って立つふさわしい人材と言っていいでしょう。

今は荊州のことよりも自らの病の治療に専念しなさい」とやんわりと荊州を譲り受ける事を

拒否します。

 

【はじさん編集部】編集長kawausoの奮闘日記も絶賛公開中!

 

他の家臣からも説得されるが・・・・

 

劉備は劉表の家臣達からも「荊州を譲り受けたほうがいいのではないのでしょうか。」と

説得されます。

しかし彼は「今劉表殿から荊州を譲り受ければ、天下の人々は俺のことを

『あいつは劉表のせわになったのに荊州を奪ったそうではないか』と

陰口を叩くに違いない。

また劉表殿には長い期間世話になっているのに、

どうして荊州を譲り受けることができるであろうか。」と劉表から荊州を譲り受ける事を拒否。

 

劉備が荊州を譲り受けなかった真意とは:レンの考察

 

劉備はなぜ頑なに荊州を譲り受けようとしなかったのでしょうか。

もし劉備が荊州を譲り受けたと仮定し、どうなっていたのか想定してみましょう。

劉備は荊州を劉表から譲り受けます。

その後自らの領土となった荊州の豪族や名士達に満足な挨拶をしている暇もなく、

曹操軍の大軍を迎え撃たなくてはなりません。

劉表の側近で力を持っていた蔡瑁(さいぼう)や蒯越(かいえつ)らは劉備を嫌っていたので、

彼に協力することはないでしょう。

また荊州の豪族達も本気で劉備へ力を貸すのかどうかわかりません。

すると劉備は新野にいた自軍のみで曹操軍と戦わなくてはならず、

劉備軍が曹操軍と戦った場合撃退することはほとんど不可能であったと思います。

 

 

そして劉備は再び曹操軍に敗北してしまい荊州を失う事になるのではないのでしょうか。

劉備は上記のような状況になることを考えていたから、

荊州を譲り受けようとしなかったのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

劉備は荊州を譲り受けなかったことで、劉表の息子が荊州を統治することになります。

しかしすぐに曹操軍が南下してきたため荊州は曹操に降伏。

そして劉備軍は南に逃亡することになります。

もし彼が荊州を譲り受けていたらこのように軽快に荊州南部へ

撤退することはできなかったでしょう。

曹操軍がまだ河北で袁家と争っている時なら彼は荊州を譲り受けていたかもしれません。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた?

関連記事:益州に侵攻した劉備にとって最も強敵だったのは誰?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ!…
  2. エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だ…
  3. 【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?
  4. 史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり?
  5. 【真田丸】高速で関ヶ原の戦いは終わったが、どうして三成と家康が戦…
  6. 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?
  7. 毛利家を守るために小早川隆景の苦渋の決断とは?
  8. 鍾会(しょうかい)は何で反乱を起こしたの?魏のイケメン武将の独立…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【はじめての孫子】第10回:九変の利に通ずる者は、兵を用うることを知る
  2. 20話:激突、菫卓対反菫卓連合軍
  3. 三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?
  4. 洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓
  5. 韓非が作った故事成語「矛盾と守株」の真の意味とは?
  6. 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

LINE 三国志ブレイブとはどんなアプリゲーム? 孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察 『三国志』人気を数字から考えてみる 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計 【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強 キングダム最新刊43巻発売決定!43巻の見どころとネタバレ予想! 曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇 キングダム 514話 ネタバレ予想:王翦の進路変更の理由とは?

おすすめ記事

  1. 武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?
  2. 実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?
  3. 信濃守護職就任と武田晴信の出家
  4. 【歴史を変えた名言】この名言によって歴史は変わった「断じて行えば鬼神もこれを避く」
  5. 73話:孔明、大論陣を張り呉の降伏派を叩き潰す
  6. 【キングダム526話】馬南慈の体験した地獄の雁門とは?
  7. 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語
  8. コンテンツ品質向上に向けてアンケートご協力のお願い

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP