春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かりやすく解説

この記事の所要時間: 1315




kawauso

 

西暦190年より10年間、徐州のシマ(縄張り)は陶謙(とうけん)

袁術(えんじゅつ)曹操(そうそう)劉備(りゅうび)呂布(りょふ)のような、

中華の首領(ドン)達のドンパチで仁義なき状態ぢゃった。

裏切り、連合、また裏切り、繰り返される仁義無き徐州攻略戦を、

ワシ、KAWAUSOが解説しちゃるけん、おどれら、よーく聞いちょれよ。

 

※KAWAUSOは東映Vシネマも仁義なき戦いも最後まで見た事がありません。

記事中、語尾が無茶苦茶になりますが、馬鹿にしているわけではなく、

ただ、複雑な徐州争奪戦を面白く説明したいだけなので怒らないでね。



最初に徐州の首領だったのは陶謙

陶謙

 

西暦184年の話じゃあ、黄巾賊の半端モンが粋がって後漢組に盾突いて、

後漢組のシマで、やんちゃしとった事がある。

そん時、徐州(じょしゅう)で暴れとった黄巾賊の半端モンをシメたのが

陶謙の親分でのぅ、後漢組長から、改めて刺史としてサカズキ(徐州)を任されたんじゃ。

 

関連記事:実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)

関連記事:黄巾賊の反乱を平定した漢王朝と残念なくらい無能な霊帝

関連記事:黄巾の乱は、どうして起こったのか? 黄巾賊についてわかりやすく解説

関連記事:三国志は黄巾の乱から始まった



後漢組を乗っ取った董卓を突っぱねる陶謙親分

董卓&呂布

 

陶謙親分は、その後、後漢組が次の組長争いで揉めておる時も、

自分は手を出さず、もっぱらシマ(徐州)の経営に余念が無かった。

西暦189年、後漢組が内部分解して、東北の西涼(せいりょう)組の

首領の董卓(とうたく)親分が、後漢組の若組長、献帝の後見人に収まっても

陶謙親分は、、

 

「あんな、どこの馬の骨とも分からん、狂犬風情をワシは

後漢組の頭(かしら)に頂くつもりはないけえのぅ!!」

 

と言っておったんじゃ、、男じゃのぅ、陶謙親分・・

 

関連記事:新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった

関連記事:洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓

関連記事:うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!

関連記事:後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

 

陶謙、朱儁を担いで後漢組に食い込もうとするが失敗

董卓 呂布

 

だけんど、、董卓が鉄砲玉の呂布に殺られて、西涼組の留守を守っちょった

若頭の李傕(りかく)と郭汜(かくし)が洛陽の後漢組事務所をシメて

呂布を放り出して、後漢組を牛耳るようになると陶謙親分は、

元、自分の兄貴分の朱儁(しゅしゅん)の叔父貴に手紙を出して、

 

「朱儁の叔父貴ィ!いつまで李傕・郭汜ごとき若造のケツを拝んどるんかいのぅ?

叔父貴が腰をあげりゃ、後漢組の系列の組の親分衆は、そりゃあ骨も惜しまん、

あんたを後漢組の後見役に推してみせるんじゃがの!!」

 

と、後漢組の組長連が連名で朱儁を若組長の後見に推して

李傕・郭汜を追い払おうと考えたんじゃ

 

こりゃあ、陶謙親分ばかりじゃのうて、孔融(こうゆう)応劭(おうしょう)、

徐璆(じょびょう)・服虔(ふくけん)・鄭玄(ていげん)の組長連も

同様に朱儁の叔父貴を推したんじゃが、朱儁は・・

 

「わしは、献帝若組長の指図に逆らうわけにはいかん・・

李傕・郭汜は気に食わんが、あいつらは馬鹿じゃ付け入る隙はあるわい

組の内側から、わしは後漢組を変えてみせるけぇ」

 

と、陶謙親分と手切れして、李傕・郭汜に丸め込まれおった。

 

陶謙、李傕・郭汜に贈り物をし徐州の支配を固める

表情 陶謙01

 

朱儁の叔父貴からして、こう腰抜けじゃあ、李傕も郭汜も当分殺れん

そう思った陶謙親分は、後漢組にせっせと上がったミカジメ料を上納して、

安東(あんとう)将軍、そして徐州牧(ぼく)の肩書きを貰ったんじゃあ

仕方ないけえ、わしらやって、霞(かすみ)喰っとるわけじゃなし、

シノギを守らんといかんでのう・・

 

関連記事:【三国時代】英雄の地位はどの位?

関連記事:丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい!

関連記事:後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

 

陶謙、袁術・公孫瓚陣営に入り、曹操・袁紹陣営と抗争

公孫瓚

 

李傕・郭汜が好き放題しよるから、後漢組の睨みはどんどん効かなくなっての

後漢組で代々、若頭を出しとる袁術と極北で後漢組から分離して組を開いた

公孫瓚(こうそんさん)ちゅう極道のグループ。

ほいから、袁術とは縁続きの若頭、袁紹、それに最近売りだしてきた、

金持ちのヤンキー上がりの曹操ちゅう男がドンパチを開始しおった。

 

陶謙親分は、公孫瓚と袁術の組に下駄を預けて、袁紹のパシリの曹操と

ドンパチ始めたが、この曹操っちゅーのはチビじゃが、喧嘩が強い。

 

朝まで三国志 曹操

 

陶謙親分は、負けてしもうたんじゃ・・

 

関連記事:三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚

関連記事:公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1

関連記事:公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2

関連記事:弟を殺された事が袁紹VS公孫瓚の抗争の原因

 

 

西暦193年、陶謙親分、曹操のシマ(兗州)を荒らし、逆襲される

曹操

 

今考えればの、、ここで曹操にゃ勝てんちゅうのに気がつかんといかんのじゃが

陶謙親分も年を取っておって、まあ、早い話、判断力が落ちておったんじゃ・・

シマ(徐州)では暴れ者で有名な丹陽の兵隊と闕宣(けっせん)っちゅー

組の若いのに煽られて、つい曹操のシマ(兗州)を荒らしてしまったんじゃ

 

陶謙親分からすりゃ、少し撫でた位のつもりじゃったが、曹操はキレた。

 

「おどれ、陶謙、わしのシマで大人しく商売しとるカタギ衆に手を出すとは

どういう料簡じゃあワレ!!ブチコロシたるわ!」

裏切りは許さぬ 曹操

 

曹操は、狂犬みたいな男で、徐州のシマに入ってきてショバを荒らしまくった

陶謙親分は、負けた腹いせに闕宣をブチ殺して落し前をつけさせたが悪い事に、

徐州にいた曹操の親父を陶謙親分の子分が殺してしまっての・・

それにキレた、曹操はまた、シマ(徐州)を荒らして、丹陽の兵隊衆を

サックリ殺ってしまったんじゃ。

 

陶謙、曹操にシマを荒らされた衝撃で死亡、そこに劉備が・・

曹操 黄巾党が仲間に!

 

曹操には、青州兵っちゅー、殺しも何とも思わん鉄砲玉が大勢ついとる。

その凶暴な暴れぶりにビビってしもうた陶謙親分は下駄を預けた

公孫瓚の親分の仁義に頼った。

 

劉備

 

そこで、やってきたのが、劉備(りゅうび)っちゅー公孫瓚親分の若い衆じゃ・・

陶謙親分には、息子も二人おったが、揃ってボンクラ、そいで、

急遽、劉備に組を任せ、陳登(ちんとう)、孔融を保証人として立てたんじゃ、、

西暦194年、陶謙親分は、10年維持したシマ(徐州)を劉備に譲って死んだ。

陶謙親分、オツトメ御苦労さんやした!!

 

関連記事:復讐に燃える曹操は三国鼎立を早める

関連記事:太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何?

関連記事:青州兵によって膨れ上がる曹操の兵力

関連記事:曹操軍を支えた最強の青州兵

 

曹操、てめえのシマ(兗州)を呂布に奪われる

曹操 呂布

 

シマが劉備に譲られても、曹操のショバ荒らしは続いておった、、

ぢゃが、人間悪い事は出来んもんじゃ、曹操のシマ(兗州)は、

曹操の兄弟分の張邈(ちょうばく)や陳宮(ちんきゅう)の裏切りで

董卓を殺ったヒットマンの呂布に盗まれおった。

曹操は泡を喰って、徐州のシマから逃げ出して劉備新親分は命拾いしたんじゃ

 

関連記事:曹操、陳宮の裏切りで兗州を呂布に奪われる!!

関連記事:本拠地の兗州でクーデター発生!親友の裏切りにあった曹操

関連記事:陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」

関連記事:陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「呂布編」

 

後漢組の元若頭、袁術、揚州のシマを陥れる

袁術

 

陶謙親分の死から1年ばかり遡るんじゃが、豫(よ)州のシマでも

曹操に負けた親分がおった、そう、元後漢組で何代も若頭を勤めた袁術親分じゃ、

この袁術親分、少々知恵が回る位で威張り腐っとるわりにはドンパチが弱い。

 

袁術

 

曹操のシマ(兗州)に殴りこんだはいいが、逆襲され、逆に豫州に攻め込まれ、

曹操とつるんでおった劉表(りゅうひょう)親分にアジトの南陽郡のシマを

奪われて追い出された。

 

じゃけんど、袁術は悪運が強い親分さんじゃ、そのまま楊州のシマを守っておった

陳温(ちんおん)の親分が死んだのを幸いに、乗り込んで揚州を乗っ取ったんじゃ・・

 

関連記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

関連記事:孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術

関連記事:袁術祭り開催日程のお知らせ

関連記事:三国志一の策謀家、袁術の伝説

 

劉備、袁術の威勢を恐れるが袁紹に付き敵対する

朝まで三国志 劉備

 

揚州と徐州は隣同士じゃけん、劉備親分は袁術を恐れて、

親分(刺史)の地位を譲ろうかと本気で思った位じゃが、結局、袁術親分とは

犬猿の仲の袁紹と手を組んでしもうた。

 

袁紹VS袁術(犬猿)

 

袁術「あん、ジャリタレ、この袁術をなめとんかィ、よりにもよって、

袁紹と盃を交わしくさって、、ええやろ、、いずれ、素巻きにして長江に沈めたるわィ」

 

これで袁術は劉備親分を潰そうと決意するんじゃが、これはもう少し後の話じゃい

 

【次のページに続きます】



ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 張飛(ちょうひ)は本当は知将だった?
  2. 【重要なお知らせ】ストライキ決行
  3. 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だ…
  4. はじさんが劉備を丸裸に!素顔は?身長は?劉備を徹底追及!
  5. 丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい!
  6. 曹操の人材登用法が魏国の安定をもたらす!能力主義者・曹操の二段構…
  7. 【中国の杯】三国時代ではどこで酒宴していたの?杯について徹底解説…
  8. 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【8/1〜8/7】
  3. キングダムのラスボスは昌平君でも李牧でもなくあの人だ!
  4. 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢
  5. 徐晃(じょこう)ってどんな人?魏において、もっとも功績を挙げた無敗将軍
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース43記事【3/13〜3/19】

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

26話:弟を殺された事が袁紹VS公孫瓚の抗争の原因 三国志ならともかく戦国時代は興味がないから大河ドラマを見ないあなたへ。こうすれば真田丸も楽しめる! 真田丸の関ヶ原の戦いはすぐに終わったが、どうして西軍は負けたの? 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達 袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた 【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの? 【シミルボン】進化する名将?張飛は決して脳筋ではなかった! 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?

おすすめ記事

  1. 何でこんなに孫権は地味なの?
  2. 桓騎軍のDQN集団がヤバ過ぎる・・・何であんなのが配下に集まるの?その驚くべき理由とは?
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【3/20〜3/27】
  4. 趙雲ってどんな人?|投票ランキング1位の理由
  5. 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官
  6. はじめての三国志 4コマ劇場 「関羽単騎駆け」
  7. 歴史上の最強の弓の使い手は誰?太史慈?李広?源為朝?立花宗茂?
  8. 曹休(そうきゅう)ってどんな人?一回の敗北で、後世の評価がガタ落ちした魏の武将

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP