編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉表(りゅうひょう)とはどんな人?肥沃な土地と膨大な兵力を保持しながら、華々しい活躍をしないで終わった荊州牧

この記事の所要時間: 429




劉備

 

後漢王朝は光武帝劉秀が皇帝となってから数百年間天下を保持します。

その間皇帝の親戚である劉氏は各地の王に取り立てられます。

三国志の時代にも前漢や後漢時代に王となった、

劉氏の子孫が多数生き延びており、

劉表(りゅうひょう)も前漢の皇帝である景帝の息子・

魯王(ろおう)劉余(りゅうよ)の子孫で、

名門として敬われてきました。

彼は後漢時代「八俊」と言われるほど優秀な人物で、

荊州刺史に任命され荊州に赴きます。

彼はその後20年間荊州を統治。

肥沃な土地である荊州を有し、膨大な兵力を持ち、

優れた人材も多くいた劉表でしたが、乱世を制する事はできませんでした。




荊州刺史に任命される

劉表 三国志 ゆるキャラ

 

劉表は身長が180㎝もあり、顔もかなりカッコ良く、

威厳に満ちていたそうです。

彼は大将軍何進に取り立てられ、霊帝が亡くなると空白であった

荊州刺史に任命されます。




反乱の多い荊州に赴く

朝まで三国志 劉表

 

劉表は荊州へ赴きます。

この当時の荊州は土地の有力者が反乱を起こし、荒れておりました。

そのため劉表は荊州の有力者である蒯良・蒯越兄弟や蔡瑁達と会い

どうすればいいか相談します。

蒯良は劉表の相談に対して「仁義と信義を明らかにすれば、

おのずと民衆からの支持を得る事が出来ます。」と説きます。

また蒯越と蔡瑁は「反乱を起こしている賊に、知り合いがいますので、

彼らを誘って賊の首謀者を斬れば、反乱は静まりましょう」と提案。

 

蒯越と蔡瑁のアドバイスを取り入れる

朝まで三国志 劉表

 

劉表はまず蒯越と蔡瑁のアドバイスに従い、反乱軍の首謀者たちを

宴会に誘います。

反乱を起こしている賊の首謀者達は劉表の誘いに乗り、宴会にやってきます。

劉表は宴会にやってきた賊の首謀者達を兵に捕縛させ、処断します。

その後反乱軍の兵士達を降伏させ、反乱を鎮定します。

 

袁紹と結ぶ

袁紹が宦官を惨殺に行く

 

董卓(とうたく)は皇帝を擁し、好きなように政治を行うと、

各地の実力者たちは兵を出し合い董卓討伐軍を結成。

劉表も兵を率いて参加します。

この連合軍の盟主に名門袁家の当主袁紹(えんしょう)が就任。

連合軍は董卓討伐に軍を進めますが、思うように進まず、

結局何の成果を上げられず、解散してしまいます。

この時劉表は同じ名門である袁紹と同盟します。

しかし袁紹を嫌っていた袁術は劉表が袁紹と組んだことを知ります。

袁術は連合軍解散後、劉表を討伐するため自らの陣営に属していた

孫堅を劉表討伐に向かわせます。

 

関連記事:袁紹本初(えんしょう・ほんしょ)とはどんな人?曹操の最大のライバル

関連記事:沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

江東の虎・孫堅との戦い

孫堅 ゆるキャラ 三国志

 

劉表は荊州に戻るとすぐに孫堅(そんけん)から攻撃を受けます。

彼は黄祖(こうそ)に孫堅迎撃を命じますが、孫堅軍攻撃に敗れてしまいます。

劉表は黄祖が敗走して襄陽に戻ってくると「私はここで籠城するから、

外から孫堅を攻撃せよ。」と命じ、遊軍として出撃させます。

その後襄陽は孫堅軍の猛攻を受けますが、劉表は必死に耐え続けます。

遊軍として襄陽城外に居た黄祖は、兵を集め孫堅軍に攻撃を仕掛けますが、

再度敗れ、襄陽近辺の山中へ逃走。

孫堅は黄祖軍へ猛追撃を行い、山中へ入っていきます。

この時孫堅は黄祖軍が放った流れ矢に当たって、亡くなってしまいます。

孫堅が亡くなった事で孫堅軍は軍をまとめ撤退し、

襄陽の包囲は解かれる事になります。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた
  2. 【ビジネス三国志】曹操、黄蓋、孫権から学ぶ性格を見抜かれない上司…
  3. キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?
  4. スーパーエリート袁術!理由はファミリーにあり?スーパー名家を探る…
  5. 孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題
  6. 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為…
  7. 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?
  8. 偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/15〜8/21】
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見どころ紹介
  3. 【日中変人学者対決】孔融VS藤原頼長
  4. 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介!
  5. 曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?
  6. 105話:曹操軍20万vs蜀の歴代最強メンバー【漢中争奪戦】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

楊端和(ようたんわ)の最期は壮絶な戦死?キングダムの女将軍の死を大胆予想 【三国志の矛盾】二帝並尊をなぜ諸葛亮孔明は認めたの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/24〜10/30】 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(後半) 許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー 世説新語(せせつしんご)ってなに?初心者にこそ読んでほしい小説集 これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活 【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側

おすすめ記事

  1. 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴
  2. 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操
  3. 曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る
  4. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.3【完】
  5. 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみた
  6. 134話:頑固な忠臣、張昭と孫権の対立がシュール
  7. 小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察
  8. 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【前半】

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP