よかミカンの三国志入門
黄巾賊




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【映画関ヶ原を100倍楽しむ】関ヶ原の戦い…実は寧々と淀の争いが原因だった!?

この記事の所要時間: 429




 

今夏司馬遼太郎が描いた歴史小説「関ヶ原」を原作として、

劇場で「関ヶ原」が放映されることになりました。

そこで今回は関ヶ原の戦いをより深く知ることで100倍映画・関ヶ原を楽しむ為、

関ヶ原の戦いがどのようにして起きたのかをご紹介したいと思います。

関ヶ原の戦いには二人の女性の派閥が関係してくるのですが、

この二人が関ヶ原の戦いに大きく関係してくることになるのです。

 

関連記事:【映画・関ヶ原を100倍楽しめる】司馬遼太郎の歴史小説「関ヶ原」の魅力をたっぷりご紹介




関ヶ原の戦いに関係した二人の女性をご紹介

 

関ヶ原の戦いがどのようにして起きることになったのかをご紹介する前に

関ヶ原の戦いに関与した二人の女性をご紹介したいと思います。

まず一人目は豊臣秀吉となって天下統一する前から、

秀吉の艱難辛苦を支えて続けてきた「寧々(おねね)」です。

そして二人目は豊臣秀吉が天下統一された後、

側室として秀吉の元へやってきた「淀(よど)殿」。

寧々と淀は豊臣政権ではどのような立場に立っていた人物なのでしょうか。




寧々は豊臣政権で秀吉を支えた実力者

 

寧々と淀殿の二人についてご紹介していきたいと思います。

まずは戦国無双などのゲームで有名になった寧々です。

寧々は秀吉がまだ織田家の一部将として

出世する前から秀吉を支えてきた「糟糠の妻」と言える存在です。

そのため秀吉が関白となり豊臣の姓を朝廷からもらった後、

寧々も「吉子」の名前を朝廷から下賜されると共に従一位の位を貰うことになります。

まさに名実ともに天下一の奥さんとして豊臣政権で君臨することになります。

寧々は秀吉が天下を統一するために各地へ遠征するために京都を離れている時には、

朝廷と交流を深めて関与していきます。

秀吉は天下統一後諸大名の妻子を人質として大阪城へ住まわせる政策を実施。

この時豊臣秀吉は寧々に重大な任務を与えることにします。

寧々が秀吉から与えられた重大な任務とは一体何なのでしょうか。

 

諸大名の反感を中和する役割を果たす

 

秀吉は諸大名から妻子を人質に取る政策を実行すると

寧々に人質となって大阪へやって来た妻子達の面倒を見る役目を任せることにします。

この結果、大阪城にやってきた諸大名の人質達は堅苦しい生活を強いられることなく、

安全で伸び伸びと生活を送ることができました。

諸大名は寧々のおかげで妻子が大阪で窮屈な生活を送ることなく、

伸び伸びと生活していることを知って秀吉が諸大名から反感される事なく人質政策が

受け入れられることになります。

また諸大名の妻子達が窮屈な生活を送ることがないのは寧々の面倒見のよさである事を知った

諸大名から絶大な人気を得ることになります。

更に寧々には羽柴秀吉時代から小姓として育てて来た武将達や

養子として豊臣家に入ってきた子供達を育てる仕事がありました。

寧々に育てられて感謝している武将は多く、一例を上げると福島正則(ふくしままさのり)、

加藤清正(かとうきよまさ)、小早川秀秋(こばやかわひであき)などがいます。

寧々に育てられた武将達は秀吉死後に寧々の元を訪れて、

不自由がないか世話を焼いていたそうです。

このように多くの武将達が寧々の元に集まって来る事になるのです。

対して淀殿は豊臣政権でどのような立場に立っていたのでしょうか。

 

豊臣政権の後継者を生んで政権内での地位が急上昇!?

 

寧々は豊臣政権内で諸大名から信頼を寄せられ、

夫でありながら天下人として君臨していた秀吉からも頼りにされていた女性でした。

さて対する淀殿はどのような女性だったのでしょうか。

淀は秀吉の側室として向かい入れられた後子供を生むことになります。

しかも二人です。

秀吉は長年寧々との間に子供ができなくて悩んでおり、

多くの側室を迎えては子作りに励んでいましたが子供を儲けることができませんでした。

だが淀を側室に向かい入れて子作りに励むと早速一人目を授かることになり、

無事出産を果たすことになります。

淀が生んだ最初の子供の名前は鶴松(つるまつ)です。

しかし鶴松は生後三年程で亡くなってしまうのでした。

だが淀は再び豊臣秀吉の子供を儲けることになります。

次の子供の名前は拾(ひろい)と名付けられ、

この拾が成長して豊臣家最後の君主となる豊臣秀頼(とよとみひでより)となるのです。

こうして拾を生んだ淀は豊臣政権内では強固な地位を築くことに成功し、

豊臣政権内で一気に大きな勢力を築くことになります。

淀は近江(おうみ)の大名・浅井長政(あざいながまさ)の娘であることから、

近江出身の武将達が多く集まってくることになります。

淀の元に集まってきた武将達の一例として、

石田三成(いしだみつなり)、増田長盛(ましたながもり)、

長束正家(なつかまさいえ)などの官僚達でした。

こうして寧々の次位に次ぐ権力を得ることになった淀殿。

しかしなぜ二人は敵対することになったのでしょうか。

 

寧々と淀殿は敵対する意思がなかった

 

寧々が豊臣政権内での女性の中で一番の地位を手に入れ、

多くの大名や武将達が彼女のまわりに集まってきます。

しかし淀殿も秀吉の後継を産んだことから寧々に次ぐ地位を手に入れることになり、

淀殿の周りにも近江出身の官僚達が集まってくることになります。

だが寧々と淀殿は対立することを望んでいたのでしょうか。

寧々は秀吉の政治アドバイザーとして政治にも関わっていたことがあり、

淀殿と対立することで豊臣家が分裂して二つに割る可能性を考慮に入れていたはずです。

にも関わらず積極的に淀殿と敵対するような行動をした可能性は限りなく低いでしょう。

その証左としてある書状があります。

家康に味方していた黒田長政(くろだながまさ)と浅野幸長(あさのゆきなが)が、

小早川秀秋へ出した書状が挙げられます。

長政と幸長は秀秋へ「家康が2,3日以内にやってくるからこちらに寝返る準備をしていて欲しい」と

家康に味方するよう促す書状を送っております。

この書状の中で長政と幸長は寧々の名前をちらつかせて寝返りを催促しているのですが、

当時寧々は秀吉が建立した高台院で秀吉を弔っており、

積極的に東軍へ味方して秀秋が寝返るように働きかけてはいないのです。

もちろん西軍にも味方しているわけではなく、

あくまでも中立な立場でこの戦を見守っている状態でした。

レンはこのことから寧々が大阪を住処にしている淀殿と敵対する意思を持っていないと

考えています。

もう一つ付け加えると淀殿も寧々に敵対するような行動を取っていないと言えるでしょう。

その理由としては淀殿が西軍へ積極的に政治的な行動をしているわけではないからです。

そのため二人の女性は東軍と西軍に積極的に協力することはなく、

敵対するような行動を取っていないと言え、

関ヶ原の戦いの根本的な原因となっているのは、

寧々と淀殿の周りに集まった武将達の派閥であるとレンは考えております。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

今回は関ヶ原の戦い…実は寧々と淀の争いが原因だった!?についてご紹介しました。

結果的には寧々も淀殿も敵対するような行動を起こしていないと言うことになりました。

しかし西軍も東軍も「北政所(寧々)」の名前を勝手に使って、

西軍から東軍へ寝返りするように催促。

西軍は東軍の総大将徳川家康の罪状を掲げた際、

「北政所」の名前を勝手に使っていたそうです。

「北政所(寧々)」の名前が関ヶ原の戦いが起きる前の段階では、

かなり影響力のある名前であることが言えるのではないのでしょうか。

そのため、両軍は無断で「北政所」の名前を使用していたと考えることが出来るでしょう。

ここからはレンの予想になりますが、

無断で北政所の名前を両軍が使用したせいで、

寧々が大阪城に居座っている淀殿に敵対していると勘違いし、

寧々vs淀殿の対立構造が出来上がってしまったのではないのかと考えております。

寧々の関ヶ原の前の行動については、

司馬遼太郎の関ヶ原に記載されているので、

この点を知っているとより深く映画・関ヶ原を見ることが出来るのではないのでしょうか。

 

参考文献 新潮社 関ヶ原 司馬遼太郎著など

(写真引用元:関ヶ原公式サイト

 

映画「関ヶ原」の予告ダイジェスト




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 秦の昭襄王(しょうじょうおう)って戦神と言われるほど本当に強かっ…
  2. 【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って…
  3. 呂不韋の成功哲学!自ら立てた計画とは?
  4. 【蜀の滅亡へのカウントダウン】こうして蜀の国は滅びへ至った
  5. 【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第39話「虎松の野望」を振…
  7. 楊修(ようしゅう)とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲…
  8. 曹休(そうきゅう)ってどんな人?一回の敗北で、後世の評価がガタ落…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬
  2. 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外な才能
  3. 【キングダム】王賁の子孫はついに○○になっちゃったってホント!?
  4. 楊戯(ようぎ)とはどんな人?季漢輔臣賛を記して蜀の臣下を褒め称えた政治家
  5. 橋本左内の本「啓発録」をサクッと解説!西郷隆盛も認めた天才の名言とは?
  6. 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具として生きることになった美女

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

乱世の女は強かった!女城主直虎以外の女傑を紹介 呉が好きな皆さんへ!五分でわかる孫呉の逸話を紹介【三国志逸話列伝】 大久保利通の死因は?ご遺体とお墓はどこにあるの? 【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った? 【蜀漢の年表】劉備と孔明が支えた季漢の歴史を超分かりやすく解説 張郃は袁紹の疑心暗鬼の犠牲者だった!? 【西郷どん】おゆうとはどんな人?大久保一蔵(利通)を支えた愛人 cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶

おすすめ記事

  1. 【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!
  2. 【第五回 放置少女】ケチ武将・曹洪倒すためガチャをぶん回してみた結果
  3. 曹操にまつわる梅林の話は本当なの?梅干しが曹操軍を救う?
  4. 鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者
  5. ゴールデンカムイネタバレ予想 131話 死神がやってくる
  6. 【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの?
  7. 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄は猛獣をどう扱っていたの?
  8. 高杉晋作と銀魂の高杉晋助の共通点は?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP