広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイネタバレ予想 130話 誘導灯

この記事の所要時間: 442




 

現在、テレビアニメ化も決定し、非常に波に乗っている、異種格闘技、

ガン、アクション、伝奇ホラー、一攫千金グルメ漫画 ゴールデンカムイ!

前回、アシリパの父と言われている、のっぺら坊に会う為に網走監獄に侵入した

杉元、アシリパ、白石でしたが、会ってみれば、のっぺら坊は真っ赤な偽物、

おまけに手引きした門倉看守部長は、あっさりと土方一派を裏切りました。

 

あれよ、あれよな急展開、さあ、ここからどうなる?

 

前回記事:ゴールデンカムイネタバレ予想 129話 五翼放射状平屋舎房

関連記事:【祝アニメ化】ゴールデンカムイってどんな漫画なの?




ゴールデンカムイ 130話 うるさい偽のっぺら坊

 

門倉看守部長の発砲により、網走監獄の防衛体制が眼を覚ましました。

「侵入者だぁ!」怒号とカンカンカンという鐘を鳴らす音が響き

これでは、作戦失敗はもちろん、杉元一行が脱出するのも難しそうです。

 

杉元「門倉の野郎どういうつもりだ」

 

焦る杉元達を尻目に、大声をあげるのっぺら坊、

その時、屋根にいた都丹により、アシリパが天窓に引き上げられます。

 

アシリパ「杉元ッ!!」

 

杉元が銃を発砲しますが、当たりません。

 

看守1「あれ?銃がおかしい!!弾が出ないぞ」

 

看守2「俺の銃も変だ!!」

 

門倉「手入れしないからだろッ」

 

どうやら、門倉は看守の銃に細工をしているようです。

単純に土方を裏切ったわけではない模様・・

 

のっぺら坊「あああああああああ!!」

 

変わらず、叫び声を上げているのっぺら坊、、

 

白石「つまり、こいつがインカラマッちゃんの言ってた

キロランケの仲間ってことなのか?」

 

杉元「うるせえタコ!!」

 

杉元がのっぺら坊を殴ります。

 

杉元「てめえキロランケの仲間か?どうなんだ?」

 

暴力的な杉元に対しのっぺら坊が首を横に振ります。

 

白石「こいつは『替え玉』ってことか?

マジかよ、そこまでする?」

 

杉元「わかんねえが、とにかく・・

俺達がハメられたのは確かだぜ」

 

ゴールデンカムイ130話 都丹、アシリパを抱えてどこへ

 

 

都丹庵士は、アシリパを引き上げて、抱え、屋根を移動します。

 

アシリパ「どこへ行くんだ、都丹庵士!!

トンネルは反対方向のはずだぞ」

 

都丹「本物に会わせる」

 

都丹、意味深な一言です、本物ののっぺら坊の居場所を

知っているのでしょうか?

 

本当にゴールデンカムイ、誰が味方で誰が敵かよく分からない漫画です。

でも、そこが面白いのですが・・

 

 

ゴールデンカムイ130話 第七師団と通じていた女

 

網走監獄の庁舎にも鐘の音が響き渡ります。

ここには、網走監獄とのっぺら坊の身柄を握る男、犬童四郎助がいます。

 

看守「犬童典獄殿ッ 第四舎に侵入者だそうです」

 

犬童「ついにのっぺら坊を奪いに来たか」

 

一方で、こちらは、宿舎で待機しているキロランケと牛山組、、

杉元、白石、アシリパの帰還を待っていますが、気が気ではありません。

 

キロランケ「まずいなこれは」

 

牛山「早く戻ってこい・・」

 

場面変わって、網走監獄の外の丸木舟では

谷垣と夏太郎が待機しています。

 

夏太郎「おいおい、、どうする?」

 

谷垣「どうするも何も、ここで待機するしか・・」

 

そこへコタンで待機しているはずのインカラマッがやって来ます。

 

谷垣「インカラマッ!?」

 

「どうしてここに?村で待機しているはずじゃ」

 

インカラマッ「谷垣ニシパ! いますぐここから逃げてください

ここにいたら、あなたが巻き込まれてしまう・・!!」

 

ここで、網走監獄の見張り看守が声を上げます

 

「アッ」

 

「来た・・・来た来た・・!!」

 

「第七師団が来やがった!!」

 

インカラマッ「谷垣ニシパから小樽への偽名の電報が届くと

私は彼らに教えていました」

 

谷垣「・・・・・インカラマッ お前なにを」

 

どうやら、インカラマッ まだ第七師団とは切れていなかった模様

将来を誓い合った谷垣とインカラマッですが、谷垣はどんな

決断をするのでしょうか?

 

 

ゴールデンカムイ130話 網走監獄へ繋がる橋を爆破!しかし

 

再び、場所は網走監獄庁舎

第七師団の来襲に、緊迫感が走ります。

 

看守「河口の方向から網走川対岸に無数の灯りが・・!!

橋の手前まで迫ってきています」

 

 

犬堂「落ち着け 訓練通りにやるのだッ」

 

次の瞬間、網走監獄と外の世界を結ぶ、

たった一本の橋が爆破されます。

 

谷垣「橋が!!」

 

夏太郎「うわぁ・・・」

 

門倉「この爆発音は例の橋に仕掛けた爆薬か?

ってことはマジで攻めてきたのか?」

 

土方「我々の動きは監視されていたか・・・

侮れんな情報将校というのは」

 

犬童「対岸を繋ぐ唯一の橋だ!!これでしばらく時間が稼げる

第七師団を迎え撃つ態勢を整えろッ」




ゴールデンカムイ 130話 鶴見中尉 まさかの駆逐艦投入!

 

網走川に鉄の塊が浮かんでいます。

 

第七師団兵士「橋が吹き飛びました」

 

鶴見中尉「よぉし これを待っていた!!」

 

鶴見中尉は、雷型の駆逐艦で網走川を移動していました。

この駆逐艦は喫水が1・85メートルしかなく、

網走川を容易に走行可能。

 

網走監獄の見張りが見た、第七師団の松明は、

本当は、駆逐艦の座礁を防ぐために点けられた誘導灯でした。

 

駆逐艦の艦長は、大湊要港部司令官 鯉登平二海軍少将

あの鯉登少尉の父のようです。

ただの陸軍中尉のハズの鶴見中尉ですが、どこまで手が広いのか、、

ほとんど、第七師団を自在に操っています。

 

鯉登少将「もすッ」

 

駆逐艦が、犬童典獄が破壊を命じた橋の残骸を悠々と通過

 

鶴見中尉「杉元や白石たちが金塊のありかをつかみ、

無事に脱出してくれる事を期待していた

殺しあうシャチ、その死骸を食う気色の悪い生き物でいたほうが

こちらの痛手は少なくて済むのだが・・」

 

第七師団兵士「橋の残骸を通過しました

どれだけ武装しようが看守は看守です」

 

鶴見中尉「今夜は我々がシャチとなって狩りにいく

のっぺら坊とアシリパを確保せよ!!」

 

ゴールデンカムイ 131話に続きます!!!

 

 

ゴールデンカムイウォッチャーkawausoの独り言

 

どうやら、今回、のっぺら坊奪還計画で一番得したのは第七師団のようです。

犬童典獄は、橋を爆破して師団の侵入を阻止するつもりのようでしたが

鶴見中尉が駆逐艦で網走川から入ってくるとは予想外でしたね。

 

これで、外に逃げられなくなったのは、犬童典獄、そして、杉元や

白石、土方、そしてアシリパですね。

ここからは、網走監獄VS第七師団の激闘になりますが、

少数の土方、杉元はどう立ちまわるのでしょう。
 







kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!?
  2. 【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは?
  3. 梁鵠(りょうこく)とはどんな人?魏の宮殿を飾った全ての題字を書い…
  4. 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前…
  5. 阿会喃、死んだらあかいなん!!孔明に裏切られた良い蛮族
  6. 高順(こうじゅん)ってどんな人?張遼と双壁を為す呂布軍の名将
  7. 再婚なんか当たり前?驚きの三国志の再婚事情とは?
  8. 曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 呂不韋の出世のきっかけはここから始まる!
  2. 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」
  3. 三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介!
  4. エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だったの?
  5. え!そんな理由なの?丁儀は曹丕に馬鹿にされたから曹植を応援した?
  6. 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

意外な事実!三国志の時代のお盆は死者の為に懺悔する日だった! 裴潜(はいせん)とはどんな人?兵力を用いることなく北方異民族をてなずけた魏の文官 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【後半】 8話:社会不安を利用し急速に拡大した太平道、当時の人が宗教に頼った理由とは? 権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権 【古代中国の伝説の聖剣】欧冶子が作った宝剣がとんでもない高価なモノだった!? 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだった! 何でこんなに孫権は地味なの?

おすすめ記事

  1. 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2
  3. 曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?
  4. 忠義の士・陸遜に迫る!陸遜は呉でクーデターを起こすことはできたの?
  5. 【ネコ派必見】猫にまつわる中国史の逸話!古代漢民族は無類の猫好きだった?
  6. 衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?
  7. 三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?
  8. 魏延を倒した楊儀は孔明が亡くなった後どうなったの?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP