三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

読書感想文に使えるオススメ歴史小説「日本の幕末・近代史編」おまけもあるよ

この記事の所要時間: 420




 

毎日毎日暑くて死にそうになっている黒田レンですが、

はじめての三国志読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。

夏といえば山登りをして自然を満喫しているかもしれませんね。

そんなはじめての三国志をいつも読んでいただいている学生読者の皆様。

夏休み最大の敵である奴の存在を忘れていませんか。

そうです・・・・宿題です。

今回は初めての三国志ライター黒田レンが学生の皆様の宿題をお手伝いしようと考え、

読書感想文に使えるオススメの歴史小説「日本の幕末・近代史」をご紹介したいと

思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ランキング




黒田レンのオススメ日本の幕末・近代史小説その1:ゴールデンカムイにも登場する土方歳三を主人公とした「黒龍の柩」

 

 

黒田レンがオススメする日本の幕末・近代史小説その1としては、

現在話題沸騰中の人気マンガ「ゴールデンカムイ」に登場する

土方歳三(ひじかたとしぞう)を主人公とした北方謙三氏の「黒龍の柩」です。

ゴールデンカムイの土方歳三はめちゃくちゃ強く描かれておりますが、

黒龍の柩に登場する土方歳三もかなり強く格好良く描かれております。

そしてこの「黒龍の柩」の見どころとしては、

今までの新選組のお話とは全然違うストーリー展開をしている点です。

皆さんが知っている土方歳三を主人公とした物語は新選組設立から始まって、

京都で維新志士と呼ばれる薩長土の活動家達を斬って活躍。

そして鳥羽伏見の戦いによって幕府が滅亡する方向へ歩み始め、

新選組も局長・近藤勇が亡くなり初期の新選組の組織が分裂しボロボロになりながらも、

土方歳三が新政府軍と戦い北海道で討ち死にするのが今までの小説だと思います。

しかし「黒龍の柩」はなんと土方歳三が幕府の将軍様・徳川慶喜をアイヌへ連れて行って、

新国家樹立の計画を果たそうとしている点です。

この構想は今まで描かれていた新選組や土方歳三を主人公とした小説とは、

明らかに一線を画しているものです。

そして新選組の皆さんがどのようにこの計画に参加するのか。

もちろん局長・近藤勇や三段突きの名人・沖田総司(おきたそうじ)、

居合の達人・斎藤一なども個性豊かなキャラクターとして登場して活躍。

新選組や幕末のお話が好きな方であれば、

グイグイ引き寄せられるストーリー展開となっているので、

読書感想文に使ってみてはいかがでしょうか。




おまけ・・・・黒田レンオススメアジア近代史小説:「ワイルド・スワン」で一躍有名になったユン・チアンの話題作

 

 

少し黒田レンのオススメ日本の幕末・近代史から外れます。

皆さんは「ワイルド・スワン」を知っておりますか。

「ワイルド・スワン」は中国出身の作者ユン・チアンが、

自らが生活していた毛沢東時代の中国政権下を書いたノンフィクション小説で、

世界各国で売られた超ベストセラー作品です。

そして今回黒田レンはおまけとして

ユン・チアンが書いた『マオ 誰も知らなかった毛沢東』をオススメします。

レンは去年の年末の企画であった西太后(せいたいごう)の情報収集を兼ねて、

ユン・チアンが書いた西太后に関する本を読み終わった頃偶然この本に出会いました。

レンは西太后の本が面白かったので、

『マオ 誰も知らなかった毛沢東』を購入して読んだ所今年一番の衝撃を受けました。

レンは実を言うと衝撃を受けるほど毛沢東に関して詳しい知識を持ってなく、

毛沢東に関して持っている知識といえば3つくらいしかありませんでした。

一つは国民党よりも貧弱な武器しかもっていなかった共産党を率いていた毛沢東。

二つ目は国民党に大きな勢力を持っていた張学良(ちょうがくりょう)が、

蒋介石(しょうかいせき)をとっ捕まえて毛沢東に引き渡した事がきっかけで、

共産党軍が中国統一をすることができた。

三つ目は文化大革命(詳しい内容を知らないが・・・・)をした人。

上記しか毛沢東の情報を知りませんでした。

そのためレンは毛沢東を深く知り近代アジアの知識を得ようとして

『マオ 誰も知らなかった毛沢東』を読破。

レンが『マオ 誰も知らなかった毛沢東』を読んだ感想は、

毛沢東が必ずしも英雄ではなかったということです。

共産党を率いて中国統一を果たした毛沢東が英雄ではなくなんなのか。

色々ありますがひとまとめにして言うならば、

自らの権力を保持するために他人を恐怖と暴力で抑圧するとんでもない人物でした。

更にこの小説は毛沢東が行った恐怖政治を詳細に書いているため、

かなりグロイです。

グロイの苦手な方は読まない方がいいでしょう。

これ以上はネタバレになるので気になる方はぜひ読んでください。

今まで教科書やウィキペディア等で、

知っていた毛沢東の姿を根底から覆す一冊になる事間違えないです。

読書感想文にするにはかなりえぐい描写や政治状況などが記されていることから、

難しいと思います。

しかし現在の中華人民共和国が成立することになった

毛沢東の数々の真実を知りたい方だけにオススメしたい一冊となっております。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

黒田レンのオススメ日本の幕末・近代史小説その2:ゴールデンカムイの前日譚。日清日露戦を日本を中心に多角的に捉えた「坂の上の雲」

 

 

さておまけをいきなりぶっ込んで話がずれてしまいましたが本題に戻りたいと思います。

黒田レンのオススメ日本の幕末・近代史小説その2は、

ゴールデンカムイの主人公である杉本佐一が活躍した日清・日露戦をテーマにした小説

「坂の上の雲」です。

「坂の上の雲」は8月26日に放映される「関ヶ原」の原作者・司馬遼太郎が書いた小説で、

明治政府ができてから数年後に誕生した三人の愛媛・松山出身の青年を主人公にしている物語です。

一人は近代俳句の基盤を作り上げた・正岡子規(まさおかしき)。

二人目は日本初の騎兵隊・創設者秋山好古(あきやまよしふる)。

三人目は日露海戦の作戦を立案し日本海軍を勝利へと導いた

秋山真之(あきやまさねゆき)です。

この三人は出身地が愛媛松山だけが共通点でありながら(三人とも仲は良かった)、

それぞれ場所と時を異にしながら日本に大きな影響を与えた主人公達です。

見どころとしてはやはり日露戦争と言えるでしょう。

秋山兄弟など軍人だけが活躍したのではなく、外交官、諜報官、民衆など

多くの日本人が全身全霊をかけて10倍以上の国力差のあるロシアとどのようにして、

日露戦争を戦い抜いたのかを詳しく知ることができる一冊です。

ゴールデンカムイではサラッと杉本佐一が活躍した旅順包囲戦(りょじゅんほういせん)、

203高地戦が描かれております。

しかし「坂の上の雲」を読めば何のために旅順包囲戦を行ったのか、

どうして203高地を攻略しなければならなかったのかを知ることができます。

また当時203高地で行われた戦いがどれだけの激戦であったのか。

上記を詳しく知ることができる点も「坂の上の雲」の魅力と言えるでしょう。

ゴールデンカムイの前日譚として読めばより深くゴールデンカムイを楽しめることができ、

読書感想文として提出しても申し分ない一冊です。

 

読書感想文手伝い隊ライター黒田レンの独り言

 

今回は日本の幕末・近代史のオススメ小説をご紹介しました。

夏休みは始まったばかりでこれから読書感想文をやろうと思っている方へ

黒田レンオススメの小説をチョイスさせていただきました。

毎日1時間ほど読書をすれば10日程で読み終えることができ、

読書感想文を書く時間も設けることができます。

そのためギリギリに読んだらすべてを読むことができないかもしれませんが、

今から読み始めれば十分間に合うと思いますので、

ぜひ黒田レンがオススメした歴史小説を読んで読書感想文に活用してみては、

いかがでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?

関連記事:北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【映画・関ヶ原を100倍楽しめる】司馬遼太郎の歴史小説「関ヶ原」…
  2. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その2
  3. 今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る!
  4. 馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い
  5. 羅憲 劉備は何で蜀を建国しようと思ったの?三国志演義で人気を占める蜀の…
  6. これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレード…
  7. 衝撃の事実!魏には2人の郭嘉が存在した!?
  8. 【センゴク】織田信長は長年、本願寺に苦しめられた理由とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. もし呂布が曹操に斬首されず助命されていたらどうなったの?
  2. 【三国天武 攻略その2】周瑜や姜維など三国天武の強いイケメン武将と新武将として登場した南蛮王の奥さんを紹介
  3. 三国時代に乱立した皇帝…そもそも皇帝ってどんな人?
  4. 【8月の見どころ】8/30公開予定:関羽千里行が可能だったのはカバだから?
  5. 三国志演義の翻訳本比較してみた!どれを読めばいいの?
  6. え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

三國志雑学

  1. 異議ありと叫ぶ司馬懿
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏の曹操孟徳

おすすめ記事

島津斉興「せごどん」では教えない真実 【李傕・郭汜祭り 6日目】全員悪人の例外?献帝を保護するつもりだった段煨(だんわい) 武田晴信の領地経営と甲州法度をざっくりと分かりやすく紹介! 【保存版】孫呉の歴史(208~219)を年表でザックリ紹介するよ 趙娥(ちょうが)とはどんな人?復讐者兼暗殺者であった烈女・龐蛾親(ほうがしん) 【キングダム552話】「身を切る作戦」ネタバレ&レビュー 三国志で一番の悪酔い君主は誰だ?【酒乱ランキング】 kawauso編集長のぼやきVol.13「好きな漫画家」

おすすめ記事

  1. 月刊はじめての三国志2018年2月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  2. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.1
  3. 山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎
  4. 世説新語の「荀巨伯のお見舞い」の友情話が熱い!
  5. 【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁術だった!?
  6. 第8話:袁術くん「コンフォートゾーン」から抜け出す
  7. キングダム 514話 ネタバレ予想:王翦の進路変更の理由とは?
  8. 桂小五郎と大村益次郎の出会いが維新にシナジー効果を起こす

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP