【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?

photo credit: We choose to see Vol.002 via photopin (license)

 

中国歴史小説に詳しい人なら、伴野朗(ともの・ろう)(1936~2004)

という名前を知らないという人は少ないと思います。

 

太陽王・武帝や、驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)の死、国士無双(こくしむそう)のような中国古代歴史小説から、

落陽曠野(らくようこうや)に燃ゆ、毛沢東(もうたくとう)暗殺、マッカーサーの陰謀のような近現代小説。

 

そして、孫策(そんさく)の死や、三国志孔明死せず、呉・三国志長江燃ゆなど、オールドな

三国志ファンは、その著作を一度は読んだであろうという人気作家でした。

 

しかし、だがしかしです、事実は小説より奇なり、伴野朗は、自身の作品の

為にとんでもないドラマを引き起こす事になります。

 

 

[adsense]
 

切っ掛けは、伴野の小説、落陽曠野に燃ゆ

1989年、伴野朗は、旧満州を舞台にした歴史スペクタクル小説を書きます。

それが、馬賊(ばぞく)、日本軍部、青幇(ちんばん)、欧米悪徳商人が絡む戦争、

恋愛アクションである落陽曠野(らくようこうや)に燃ゆでした。

 

1992年、創立80周年を迎えたにっかつは、その80周年に相応しい、

歴史大作を撮ろうと、原作を探し、伴野朗の小説に行き着きます。

戦争、恋愛、裏切り、情熱、複雑な要素が絡み合った、伴野の小説は、

にっかつ経営陣の目に(かな)い、「落陽曠野に燃ゆ」は映画化される事になります。

 

 

[adsense]
 

素晴らしく豪華な出演者・・なのに?

photo credit: Macro Canadian Quarter via photopin (license)

 

にっかつは、バブルの最晩年のこの年、威信を掛けて50億という

巨額を映画「落陽」に注ぎこみます。

 

映画音楽、モーリス・ゴジャール、アメリカ女優、ダイアン・レイン、

香港のアクション俳優、ユン・ピョウ、ドナルド・サザーランド、

日本からも宍戸錠(ししどじょう)や、中村梅之助(なかむらうめのすけ)立川談志(たてかわだんし)、映画評論家、水野晴郎(みずのはるお)

タレント、桐島かれん、等々、錚々(そうそう)たる面々を集めました。

 

「構想5年、撮影3年、製作費50億、92年日本映画界の話題を

()めにした超大作スぺクタルアクション」

だれもが、落陽は素晴らしい映画になると信じて疑いませんでした。

にっかつが、とんでもない大失敗をしてしまうまでは・・

 

なんで?どうして?監督が伴野朗

photo credit: camera-kodak-brownie-lightbulb.jpg via photopin (license)

 

映画も役者も全て完璧、しかし、にっかつが発表した監督に

関係者は騒然となりました。

 

落陽の監督、伴野朗・・・・

 

そうです、原作である伴野朗が、そのまま50億円をつぎ込んだ

歴史スペクタクル巨編の監督になってしまったのです。

 

もちろん、伴野朗に監督の経験などあろう筈がありません。

全くの素人がいきなり、にっかつの命運を懸けた超大作の監督に指名されたのです。

 

伴野とにっかつの間にどんな交渉があったかは知りませんが、

映画は監督を交代する事なく、そのまま撮影されつづけました。

 

【次のページに続きます】

 

[adsense]

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  2. 蜀の厳顔
  3. 王基に感謝する司馬昭
  4. 司馬懿
  5. 強くなる関羽

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP