ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

はじめての変

【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?

はじめての三国志 画像準備中

photo credit: We choose to see Vol.002 via photopin (license)

 

中国歴史小説に詳しい人なら、伴野朗(ともの・ろう)(1936~2004)

という名前を知らないという人は少ないと思います。

 

太陽王・武帝や、驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)の死、国士無双(こくしむそう)のような中国古代歴史小説から、

落陽曠野(らくようこうや)に燃ゆ、毛沢東(もうたくとう)暗殺、マッカーサーの陰謀のような近現代小説。

 

そして、孫策(そんさく)の死や、三国志孔明死せず、呉・三国志長江燃ゆなど、オールドな

三国志ファンは、その著作を一度は読んだであろうという人気作家でした。

 

しかし、だがしかしです、事実は小説より奇なり、伴野朗は、自身の作品の

為にとんでもないドラマを引き起こす事になります。

 

 

 

切っ掛けは、伴野の小説、落陽曠野に燃ゆ

1989年、伴野朗は、旧満州を舞台にした歴史スペクタクル小説を書きます。

それが、馬賊(ばぞく)、日本軍部、青幇(ちんばん)、欧米悪徳商人が絡む戦争、

恋愛アクションである落陽曠野(らくようこうや)に燃ゆでした。

 

1992年、創立80周年を迎えたにっかつは、その80周年に相応しい、

歴史大作を撮ろうと、原作を探し、伴野朗の小説に行き着きます。

戦争、恋愛、裏切り、情熱、複雑な要素が絡み合った、伴野の小説は、

にっかつ経営陣の目に(かな)い、「落陽曠野に燃ゆ」は映画化される事になります。

 

 

 

素晴らしく豪華な出演者・・なのに?

photo credit: Macro Canadian Quarter via photopin (license)

 

にっかつは、バブルの最晩年のこの年、威信を掛けて50億という

巨額を映画「落陽」に注ぎこみます。

 

映画音楽、モーリス・ゴジャール、アメリカ女優、ダイアン・レイン、

香港のアクション俳優、ユン・ピョウ、ドナルド・サザーランド、

日本からも宍戸錠(ししどじょう)や、中村梅之助(なかむらうめのすけ)立川談志(たてかわだんし)、映画評論家、水野晴郎(みずのはるお)

タレント、桐島かれん、等々、錚々(そうそう)たる面々を集めました。

 

「構想5年、撮影3年、製作費50億、92年日本映画界の話題を

()めにした超大作スぺクタルアクション」

だれもが、落陽は素晴らしい映画になると信じて疑いませんでした。

にっかつが、とんでもない大失敗をしてしまうまでは・・

 

なんで?どうして?監督が伴野朗

photo credit: camera-kodak-brownie-lightbulb.jpg via photopin (license)

 

映画も役者も全て完璧、しかし、にっかつが発表した監督に

関係者は騒然となりました。

 

落陽の監督、伴野朗・・・・

 

そうです、原作である伴野朗が、そのまま50億円をつぎ込んだ

歴史スペクタクル巨編の監督になってしまったのです。

 

もちろん、伴野朗に監督の経験などあろう筈がありません。

全くの素人がいきなり、にっかつの命運を懸けた超大作の監督に指名されたのです。

 

伴野とにっかつの間にどんな交渉があったかは知りませんが、

映画は監督を交代する事なく、そのまま撮影されつづけました。

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. はにゃ?これ名詩なの?三国時代の詩が難解すぎる件
  2. 曹芳 魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)就任により魏は滅びの道を歩んだ?…
  3. 天に頭はあるの?プライド賭けたトンチ合戦の勝敗は
  4. 雨の中進軍する曹真 【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介
  5. 孔明 【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!…
  6. 盤古 中国神話 盤古(ばんこ)とはどんな神様?最古の神のはずなのに新しい中国神話…
  7. 司馬懿 曹操に警戒された司馬懿の凄さはどこにあるのか?
  8. 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 …

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. カイ良、カイ越、蔡瑁に初めて会う劉表
  2. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  3. 荀攸と曹操
  4. 袁紹VS公孫瓚
  5. 曹操 女性の敵? 鄒氏
  6. 鎌倉時代の侍
  7. 郭嘉スマホケース
  8. 尼子晴久
  9. 成廉、魏越、呂布

おすすめ記事

  1. 宦官の始まりは古代中国史ではどの時代からはじまったの? 宦官VS外威 三国志
  2. 蜀が夷陵の戦いで敗北したことによってどんな影響を受けたの? 夷陵の戦いで負ける劉備
  3. 【センゴク】新事実かも!武田滅亡の原因は信玄のせいだった? 真田丸 武田信玄
  4. 王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物 簒奪する王莽
  5. 108話:三国志を牽引した風雲児曹操、志半ばで死ぬ
  6. 徐晃は名将と呼べる将軍だったの?? 徐晃と夏侯淵

三國志雑学

  1. 現実主義曹操
  2. 山頂に陣を敷いた馬謖
  3. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  4. 五斗米道の教祖・張魯
  5. 梁冀(りょうき)


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 岩崎弥太郎
  2. 孔明
  3. 司馬徽
  4. 旅馬 三国志
  5. 余生をゆっくり過ごす晩年期の徳川慶喜

おすすめ記事

【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第3回 曹操交代!まさかのあの人が主力メンバー入り!! 孔明による出師の表 【パチ感満載】後出師の表を堂々パクった諸葛恪! 後悔する孫権 【三国志演義】赤壁の戦いではどうして孫権より周瑜の出番が多いの? 曹操の魅力とは?武将アンケート同立2位 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将 木牛流馬 実はガラクタ疑惑も諸葛亮が発明した木牛流馬とは? 上杉謙信 【センゴク】明智光秀へ「ありがとう」と感謝しなくてはならない大名達を紹介 反董卓軍マニアック(劉備 雷銅 リョカ サマカ 周倉) 20話:激突、菫卓対反菫卓連合軍

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP