法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?

はじめての三国志 画像準備中

photo credit: We choose to see Vol.002 via photopin (license)

 

中国歴史小説に詳しい人なら、伴野朗(ともの・ろう)(1936~2004)

という名前を知らないという人は少ないと思います。

 

太陽王・武帝や、驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)の死、国士無双(こくしむそう)のような中国古代歴史小説から、

落陽曠野(らくようこうや)に燃ゆ、毛沢東(もうたくとう)暗殺、マッカーサーの陰謀のような近現代小説。

 

そして、孫策(そんさく)の死や、三国志孔明死せず、呉・三国志長江燃ゆなど、オールドな

三国志ファンは、その著作を一度は読んだであろうという人気作家でした。

 

しかし、だがしかしです、事実は小説より奇なり、伴野朗は、自身の作品の

為にとんでもないドラマを引き起こす事になります。

 

 

 

切っ掛けは、伴野の小説、落陽曠野に燃ゆ

1989年、伴野朗は、旧満州を舞台にした歴史スペクタクル小説を書きます。

それが、馬賊(ばぞく)、日本軍部、青幇(ちんばん)、欧米悪徳商人が絡む戦争、

恋愛アクションである落陽曠野(らくようこうや)に燃ゆでした。

 

1992年、創立80周年を迎えたにっかつは、その80周年に相応しい、

歴史大作を撮ろうと、原作を探し、伴野朗の小説に行き着きます。

戦争、恋愛、裏切り、情熱、複雑な要素が絡み合った、伴野の小説は、

にっかつ経営陣の目に(かな)い、「落陽曠野に燃ゆ」は映画化される事になります。

 

 

 

素晴らしく豪華な出演者・・なのに?

photo credit: Macro Canadian Quarter via photopin (license)

 

にっかつは、バブルの最晩年のこの年、威信を掛けて50億という

巨額を映画「落陽」に注ぎこみます。

 

映画音楽、モーリス・ゴジャール、アメリカ女優、ダイアン・レイン、

香港のアクション俳優、ユン・ピョウ、ドナルド・サザーランド、

日本からも宍戸錠(ししどじょう)や、中村梅之助(なかむらうめのすけ)立川談志(たてかわだんし)、映画評論家、水野晴郎(みずのはるお)

タレント、桐島かれん、等々、錚々(そうそう)たる面々を集めました。

 

「構想5年、撮影3年、製作費50億、92年日本映画界の話題を

()めにした超大作スぺクタルアクション」

だれもが、落陽は素晴らしい映画になると信じて疑いませんでした。

にっかつが、とんでもない大失敗をしてしまうまでは・・

 

なんで?どうして?監督が伴野朗

photo credit: camera-kodak-brownie-lightbulb.jpg via photopin (license)

 

映画も役者も全て完璧、しかし、にっかつが発表した監督に

関係者は騒然となりました。

 

落陽の監督、伴野朗・・・・

 

そうです、原作である伴野朗が、そのまま50億円をつぎ込んだ

歴史スペクタクル巨編の監督になってしまったのです。

 

もちろん、伴野朗に監督の経験などあろう筈がありません。

全くの素人がいきなり、にっかつの命運を懸けた超大作の監督に指名されたのです。

 

伴野とにっかつの間にどんな交渉があったかは知りませんが、

映画は監督を交代する事なく、そのまま撮影されつづけました。

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹丕 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立…
  2. 司馬懿と曹操 【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの?
  3. 孫策、陸遜、顧邵、他 孫策の娘はあの名将達へ嫁いでいた!?
  4. 陳平 三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介!…
  5. 曹操と夏侯惇 夏侯惇の少年時代はいったいどんな子供だったの??
  6. 呂布と袁術 呂布の武力100以上あっても天下は取れなかった理由
  7. 公孫サン(公孫瓚) そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる!…
  8. 呂布 【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 黄権
  2. 異民族に好かれる董卓
  3. 魯粛、孫権、張昭
  4. 張飛の男気人生
  5. バリバリビジネスマンの坂本龍馬
  6. 城 銅雀台

おすすめ記事

  1. 月刊はじめての三国志2018年2月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  2. え?そうだったの!?西遊記の目的はお経を取る事では無かった?
  3. 張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!? 曹操と張繍
  4. 銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬兵器
  5. 劉備は旅好きだったのか!?北から南へ大移動の真相 曹操から逃げ回る劉備
  6. 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介 南蛮

三國志雑学

  1. 孫皓と張俊
  2. 張遼 カカロットーーーー!
  3. 幕末 魏呉蜀 書物
  4. 孟獲
  5. 環夫人
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 始皇帝
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 騎射の術に長けた騎馬兵士
  4. 河上彦斎

おすすめ記事

はじめての三国志 はじめての三国志開設2周年のご挨拶 甘寧と呂蒙と凌統 超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード 曹丕 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」 篤姫 小松帯刀は篤姫に好意を持っていた?真相に迫れ! 【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘ってどんな人? 張角と通じていた宦官 10話:実は、最初から作戦に失敗していた黄巾賊 餓えた農民(水滸伝) 戦国時代の農民の暮らしは超スパルタで戦闘的だった? 横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP