広告募集
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての変

【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?

この記事の所要時間: 341

 

中国歴史小説に詳しい人なら、伴野朗(ともの・ろう1936~2004)

という名前を知らないという人は少ないと思います。

 

太陽王・武帝や、驃騎(ひょうき)将軍の死、国士無双のような中国古代歴史小説から、

落陽曠野に燃ゆ、毛沢東暗殺、マッカーサーの陰謀のような近現代小説。

 

そして、孫策の死や、三国志孔明死せず、呉・三国志長江燃ゆなど、オールドな

三国志ファンは、その著作を一度は読んだであろうという人気作家でした。

 

しかし、だがしかしです、事実は小説より奇なり、伴野朗は、自身の作品の

為にとんでもない大事件を引き起こす事になります。

 

 

 

切っ掛けは、伴野の小説、落陽(らくよう)曠野(こうや)に燃ゆ

1989年、伴野朗は、旧満州を舞台にした歴史スペクタクル小説を書きます。

それが、馬賊、日本軍部、青幇(ちんばん)、欧米悪徳商人が絡む戦争、

恋愛アクションである落陽曠野に燃ゆでした。

 

1992年、創立80周年を迎えたにっかつは、その80周年に相応しい、

歴史大作を撮ろうと、原作を探し、伴野朗の小説に行き着きます。

戦争、恋愛、裏切り、情熱、複雑な要素が絡み合った、伴野の小説は、

にっかつ経営陣の目に適い、「落陽曠野に燃ゆ」は映画化される事になります。

 

 

 

素晴らしく豪華な出演者・・なのに?

 

にっかつは、バブルの最晩年のこの年、威信を掛けて50億という

巨額を映画「落陽」に注ぎこみます。

 

映画音楽、モーリス・ゴジャール、アメリカ女優、ダイアン・レイン、

香港のアクション俳優、ユン・ピョウ、ドナルド・サザーランド、

日本からも宍戸錠や、中村梅之助、立川談志、映画評論家、水野晴郎や

タレント、桐島かれん、等々、錚々たる面々を集めました。

 

「構想5年、撮影3年、製作費50億、92年日本映画界の話題を

総嘗めにした超大作スぺクタルアクション」

だれもが、落陽は素晴らしい映画になると信じて疑いませんでした。

にっかつが、とんでもない大失敗をしてしまうまでは・・

 

なんで?どうして?監督が伴野朗

 

映画も役者も全て完璧、しかし、にっかつが発表した監督に

関係者は騒然となりました。

 

落陽の監督、伴野朗・・・・

 

そうです、原作である伴野朗が、そのまま50億円をつぎ込んだ

歴史スペクタクル巨編の監督になってしまったのです。

 

もちろん、伴野朗に監督の経験などあろう筈がありません。

全くの素人がいきなり、にっかつの命運を懸けた超大作の監督に指名されたのです。

 

伴野とにっかつの間にどんな交渉があったかは知りませんが、

映画は監督を交代する事なく、そのまま撮影されつづけました。

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保…
  2. 孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの…
  3. 【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男…
  4. 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみ…
  5. 【三国志演義】赤壁の戦いはどこまで実話なの?
  6. 【新事実】漢の時代の市場はヤンキーの溜まり場だった!
  7. 三国志の時代に象兵はいたの?
  8. 管輅(かんろ)とはどんな人?全ての占いを極めた天才占い師

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 王昶(おうちょう)ってどんな人?治世に優れた優秀な政治家で、軍事面でも頼れる魏の武将
  2. 曹丕(そうひ)ってどんな人?魏書には正当性を表す記述ばかり!?
  3. 三国志禁断ゾーン・悲しい人類の「殉葬」に関する歴史
  4. これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。
  5. 朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶力抜群の呉の指揮官
  6. 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった! 騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【10/3〜10/9】 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった? 漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの? おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家 卑弥呼の謎!曹爽と卑弥呼には関係があった!? 【総集編】2016年一番可愛そうな武将まとめ20選

おすすめ記事

  1. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後漢にやってきたローマ使節
  2. 衝撃の新事実・・・諸葛孔明は実は二人いた!?
  3. 涙なしには語れない桃園の結義
  4. 三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保持じゃい!
  5. 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード
  6. 王基(おうき)ってどんな人?軍事・政治で非凡な能力を見せた魏の武将
  7. 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?
  8. 【シミルボン】幸村だけじゃない曹操、孔明も使った赤備え!

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP