餃子を食べれば耳たぶが生えてくる?中国のお正月を分かりやすく紹介


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

楽しいお正月。中国では旧暦で祝うので、今年は2月16日が

中国のお正月、春節(しゅんせつ)です。

時期や風習は違っても、やっぱり楽しいお正月!

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまるで某有名ボクシング映画


年越しの準備

 

春節を迎えるために、年末のうちから掃除をしたり飾り付けをしたり、

いろいろと準備をします。福が到るという意味の、ひっくり返しになった

「福」という字の飾りとか、めでたい対句の書かれた「春聯(チュンリエン)」、

あと、魚を抱いた丸々と太った男の子の絵なんかを飾ります。

魚は「余」という字と同じ発音なので、余裕があるとか財産が余っているとか

いうめでたい意味です。春節前夜の「除夕(チューシー)」の食卓にも魚がのぼります。


春節前夜、「除夕(チューシー)」

 

実家で家族団らんしながらテレビを見てごちそうを食べ、

夜更かし(あるいは徹夜)するのが普通の過ごし方。

日本でなにげなく紅白歌合戦を観ちゃうのと同じような感覚で、

テレビの「春節聯晩会」という番組を観ます。

これは歌ありコントあり司会者の面白トークありという、

のんびりほのぼのと観るのにおあつらえむきの番組です。

夜には爆竹を鳴らす風習がありますが、都市部では騒音や空気汚染や

危険性が問題視されて規制されていることも多いです。

三国志の時代には、本物の竹を燃やして破裂させてバンバンいわせていたそうです。

爆竹の本来の目的は、音で邪悪なものを追い払うことです。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

春節の中国人家庭をご訪問

 

ここまで、なんだか当たり前のレポートでしたね。

中国語の教科書とかに載ってそう。

googleで検索したらいくらでも出てきそうな豆知識ですよ。

そういうニーズも世間には存在するんでしょうけど、

はじさんの読者さんが求めてるのはこんな話じゃないはずだ……

北京留学中、春節の初日に、太極拳の先生(!)のお宅にお呼ばれしました。

先生には5歳の娘さんがいる。

中国には「圧年銭(ヤースイチェン)」というお年玉の習慣がある。

私は目上の人間としてお年玉をあげなければならないのか?

身内でもないのに差し出がましくはないか? あげるとしても

相場はいくらなのか? ビクビクしながら、お金の代わりに

お菓子の詰め合わせとぬいぐるみのセットを持って行ったら、

とても喜んでくれました。

(お菓子の箱の中にぬいぐるみが一緒に入っている不思議な商品がスーパーにあったんですよ)


徹夜明け! 憔悴しきった家族

 

喜んでくれたのはいいけど、いつもはバリッとおめかししてる

その女の子が、今日はパジャマ姿でよれよれです。

ご家族もノーメイクで髪ボサボサ。きっと、除夕に一晩楽しく過ごして

もう眠い、っていう時間帯だったんでしょうね(なんでそんな時に呼んだんですか先生)。

日本のお正月同様、中国の春節にも親戚にご挨拶回りをする習慣があり、

先生の家には奥さんの弟さんが遊びに来ました。

そして、おばあちゃんと先生ご夫婦と弟さん、四人の成人が集まったところで、

麻雀が始まりましたよ。しわくちゃの両毛(リャンマオ。0.2元)紙幣が

飛び交っています。賭け麻雀なんでしょうか……いやまさかね。幻さ。

そして私は5歳の女の子から「ママの日本語の教科書を読んで」とせがまれ日本語朗読。

「すごーい! じょうず!」と褒めてもらいました。


  

餃子を食べれば耳たぶが生えてくる?

 

春節には北方では餃子、南方では年糕(ニェンガオ)や湯圓(タンユエン)を

食べるそうです。年糕はおもち、湯圓はあんこ入り白玉だんごスープのようなものです。

北方は寒くて水も少なく米がとれないから、料理も粉食なんですね。

中国語の先生が、春節に餃子を食べるのは凍傷で耳たぶを失っても

餃子を食べれば新しい耳が生えてくるというめでたい食べ物だからなんだよ、

ほら、餃子と耳たぶは形が似てるでしょ、と真顔で教えてくれましたが、

ぜったいに嘘だと思う。

『傷寒論(しょうかんろん)』を著した後漢(ごかん)の医師

張仲景(ちょうちゅうけい)が、耳たぶが凍傷になって困っている人たちを

餃子で治療したという眉ツバな逸話が元ネタであるようです。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

大掃除、家族団らん、夜更かし、お年玉。

中国の春節も日本のお正月と同じように、めでたくて楽しい行事であるようです。

みなさま楽しいお正月をお過ごし下さい。

2018年がみなさまにとってよい年となりますように!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの?

関連記事:三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる!

-古代中国の暮らしぶりがよくわかる-

 

関連記事

  1. 甘寧 裏切る ゆるキャラ
  2. 梁興と馬騰
  3. 曹操 詩
  4. 藏覇(臧覇)と曹操
  5. 真田丸
  6. 成廉、魏越、呂布

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“古代オリンピック"

“近代オリンピック"

“いだてん"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP