呂布特集
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての変

餃子を食べれば耳たぶが生えてくる?中国のお正月を分かりやすく紹介




 

楽しいお正月。中国では旧暦で祝うので、今年は2月16日が

中国のお正月、春節(しゅんせつ)です。

時期や風習は違っても、やっぱり楽しいお正月!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまるで某有名ボクシング映画




年越しの準備

 

春節を迎えるために、年末のうちから掃除をしたり飾り付けをしたり、

いろいろと準備をします。福が到るという意味の、ひっくり返しになった

「福」という字の飾りとか、めでたい対句の書かれた「春聯(チュンリエン)」、

あと、魚を抱いた丸々と太った男の子の絵なんかを飾ります。

魚は「余」という字と同じ発音なので、余裕があるとか財産が余っているとか

いうめでたい意味です。春節前夜の「除夕(チューシー)」の食卓にも魚がのぼります。




春節前夜、「除夕(チューシー)」

 

実家で家族団らんしながらテレビを見てごちそうを食べ、

夜更かし(あるいは徹夜)するのが普通の過ごし方。

日本でなにげなく紅白歌合戦を観ちゃうのと同じような感覚で、

テレビの「春節聯晩会」という番組を観ます。

これは歌ありコントあり司会者の面白トークありという、

のんびりほのぼのと観るのにおあつらえむきの番組です。

夜には爆竹を鳴らす風習がありますが、都市部では騒音や空気汚染や

危険性が問題視されて規制されていることも多いです。

三国志の時代には、本物の竹を燃やして破裂させてバンバンいわせていたそうです。

爆竹の本来の目的は、音で邪悪なものを追い払うことです。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

春節の中国人家庭をご訪問

 

ここまで、なんだか当たり前のレポートでしたね。

中国語の教科書とかに載ってそう。

googleで検索したらいくらでも出てきそうな豆知識ですよ。

そういうニーズも世間には存在するんでしょうけど、

はじさんの読者さんが求めてるのはこんな話じゃないはずだ……

北京留学中、春節の初日に、太極拳の先生(!)のお宅にお呼ばれしました。

先生には5歳の娘さんがいる。

中国には「圧年銭(ヤースイチェン)」というお年玉の習慣がある。

私は目上の人間としてお年玉をあげなければならないのか?

身内でもないのに差し出がましくはないか? あげるとしても

相場はいくらなのか? ビクビクしながら、お金の代わりに

お菓子の詰め合わせとぬいぐるみのセットを持って行ったら、

とても喜んでくれました。

(お菓子の箱の中にぬいぐるみが一緒に入っている不思議な商品がスーパーにあったんですよ)

 

徹夜明け! 憔悴しきった家族

 

喜んでくれたのはいいけど、いつもはバリッとおめかししてる

その女の子が、今日はパジャマ姿でよれよれです。

ご家族もノーメイクで髪ボサボサ。きっと、除夕に一晩楽しく過ごして

もう眠い、っていう時間帯だったんでしょうね(なんでそんな時に呼んだんですか先生)。

日本のお正月同様、中国の春節にも親戚にご挨拶回りをする習慣があり、

先生の家には奥さんの弟さんが遊びに来ました。

そして、おばあちゃんと先生ご夫婦と弟さん、四人の成人が集まったところで、

麻雀が始まりましたよ。しわくちゃの両毛(リャンマオ。0.2元)紙幣が

飛び交っています。賭け麻雀なんでしょうか……いやまさかね。幻さ。

そして私は5歳の女の子から「ママの日本語の教科書を読んで」とせがまれ日本語朗読。

「すごーい! じょうず!」と褒めてもらいました。

 

餃子を食べれば耳たぶが生えてくる?

 

春節には北方では餃子、南方では年糕(ニェンガオ)や湯圓(タンユエン)を

食べるそうです。年糕はおもち、湯圓はあんこ入り白玉だんごスープのようなものです。

北方は寒くて水も少なく米がとれないから、料理も粉食なんですね。

中国語の先生が、春節に餃子を食べるのは凍傷で耳たぶを失っても

餃子を食べれば新しい耳が生えてくるというめでたい食べ物だからなんだよ、

ほら、餃子と耳たぶは形が似てるでしょ、と真顔で教えてくれましたが、

ぜったいに嘘だと思う。

『傷寒論(しょうかんろん)』を著した後漢(ごかん)の医師

張仲景(ちょうちゅうけい)が、耳たぶが凍傷になって困っている人たちを

餃子で治療したという眉ツバな逸話が元ネタであるようです。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

大掃除、家族団らん、夜更かし、お年玉。

中国の春節も日本のお正月と同じように、めでたくて楽しい行事であるようです。

みなさま楽しいお正月をお過ごし下さい。

2018年がみなさまにとってよい年となりますように!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの?

関連記事:三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる!

-古代中国の暮らしぶりがよくわかる-

 

 




よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・…
  2. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操 曹沖は魏の皇帝になる予定だった?曹操が愛した息子をご紹介
  3. 三国志 象兵 三国志の時代には戦象がいた!象さんパオーンと大活躍
  4. 【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された…
  5. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第4部
  6. キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?
  7. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも…
  8. もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 明智光秀 麒麟がくる
  2. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  3. 悪来と呼ばれた典韋
  4. 呂布VS劉備三兄弟

おすすめ記事

  1. 三国時代の英雄たちの心にも息づく孔子が説いた五常とは? 典韋にボコボコにされる成廉
  2. 【三国志とお金】まともな銭は何処に?消えた良貨の行きつく先 袁家をイジメる董卓
  3. 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】
  4. 66話:曹操、孔明の実力を確認すべく劉備討伐の兵を挙げる 曹操 孔明をチェック
  5. 司馬懿は雨がラッキーアイテムだった!?
  6. 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~楽進・于禁篇~ 楽進

三國志雑学

  1. 陸遜の部下の兵士
  2. 魯粛と周瑜
  3. 楽進
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操 健康
  2. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 餓えた農民(水滸伝)
  4. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組

おすすめ記事

胡烈(これつ)とはどんな人?姜維と鍾会の夢を打ち砕いた晋の将軍【晋の将軍列伝】 【感謝・出版】各カテゴリで売れ筋ランキング1位を獲得しました。 合肥の戦いの満寵 鉄壁の合肥城を作り上げた劉馥の一族にとんでもない奴がいた!? 呉蜀赤壁の戦い 赤壁の戦いは計略の宝庫 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 井上源三郎とはどんな人?剣術の腕や人柄を紹介 曹丕 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立の秘密 三国志ライター黒田レン 誰が読んでも間違いなく面白い戦国時代小説!夏の読書感想文もこれでバッチリ! 三国時代には「撃壌」という遊びが流行していた!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP