広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる!

この記事の所要時間: 426




正月

 

2016年、皆様、新年明けましておめでとうございます。

旧年中は、ひとかたならぬご愛顧を賜りましてスタッフ一同、深く御礼申し上げます。

いよいよ2周年目に入った、はじさんを今後とも宜しくお願い致します。

さて、お正月と言えば、おせち料理ですが、遥か1800年の昔の三国時代

曹操(そうそう)孫権(そんけん)劉備(りゅうび)は何を食べていたのでしょうか?




華北では正月に水餃子を食べる習慣があった

水餃子

 

現在、中国で大みそかに水餃子を食べる習慣があるのは有名ですが、

すでに三国志の時代には華北では正月に水餃子を食べる習慣があったと

考えられる説があります。

 

中国では紀元前6世紀の春秋戦国時代の薛国の城跡遺跡から

青銅の器が出土し、そのデザインに三角の食べ物の絵が描かれ

それが水餃子のルーツであると推測されたのです。

 

さらに、餃子の形から財布がイメージされたのか、

餡をパンパンに詰めるとお金が貯まるという事も言われました。

華北の人間である曹操や劉備は、お正月に餡でパンパンの餃子を

モリモリ食べていたのかも知れません。

 

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

関連記事:【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王

関連記事:【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR)




本当に三国時代に餃子なんかあったの?また飛ばしじゃ・・

 

餃子の歴史については、諸説あり分からない部分が多いのは事実です。

しかし、三国時代の魏の張揖(ちょうゆう)の書いた広雅(こうが)という

書物には、饂飩(うんどん)と呼ばれる餡を小麦粉で包んだ食品があった

という事が記録されています。

 

ただ、中国における餃子とは、日本でポピュラーな焼き餃子ではなく、

水餃子です、この饂飩も単体では食べず、お湯を入れた器に盛って

食していたようです。

 

餃子の発明者、張仲景の伝説

 

また、どうして、正月に餃子を食べるようになったのかについては、

同じく後漢時代の張仲景の伝説が残っています。

太守を辞めて、故郷、南陽郡に戻った張は、飢えと寒さに苦しむ、

多くの貧しい人々を目にします。

 

彼等は、皆、厳しい寒さと栄養失調で耳がただれて凍傷を起していました。

張仲景は傷寒論を著わした医師でもありましたので、早速医療小屋を造り

小麦粉で練った皮に羊肉や薬草を餡にして詰めた嬌耳(きょうじ)という

具材を造り、大鍋でお湯と煮込んで貧しい人々に配りました。

暖かいスープで飢えと寒さから解放された人々は耳の凍傷も治癒して全快していきました。

 

人々は、この事を慶事として、以来、正月に耳の形をした嬌耳を造り

食べるようになったそうです。

もっとも、これは、元々、正月に餃子を食べる習慣があったものを

名医として知られる張仲景の手柄にして箔をつけたイメージが強いです。

 

これらの事から、中国ではかなり昔から、正月の寒い日に、

饂飩あるいは嬌耳を食べていた可能性があります。

 

朝から生卵を飲む?ロッキーみたいな呉のお正月


一方華南地方である呉では、華北とは一風違う正月料理が存在します。

何と、お正月になると呉の人々は朝食に生卵を飲んでいました。

そして、辛みがある五種類の菜、韮、大蒜、韮菜、雲台、胡菜を

薬味として食べていたようです。

これらの菜は胃腸の働きを活発にする効果がありました。

 

つまり、その後に宴会で食べるご馳走に備えての事でしょうが、

最初に生卵を飲んでいるのが何とも奇妙でロッキーみたいです。

おおう!エイドリアーーーーーン♪

 

呉の人々ですから、孫権(そんけん)孫策(そんさく)周瑜(しゅうゆ)

魯粛(ろしゅく)あたりの人々も正月に集まり揃って生卵を飲んだのでしょうか?

 

漢の時代からあった大みそかの爆竹

 

中国と言えば、旧正月に爆竹というイメージがありますが、

これも漢の時代に始まった風習でした。

 

今と違い、当時の爆竹は、焚火の中に青竹を投げ込み破裂させるという

文字通りな爆竹で危険なものです。

どうして、おおみそかに爆竹を鳴らすかと言いますと、漢の時代には

おおみそかには、山から悪鬼が降りてきて郷で悪さをするという言い伝えがあり

それを追い払う為に爆竹で大きな音を出したようです。

 

おおみそかには、椒柏酒(しょうはくしゅ)を飲んでへべれけになる

椒柏酒

 

おおみそかは、中国語で除夕と言いますが、

後漢の時代、この日には、山椒(さんしょう)と松柏(しょうはく)の実を

酒に浸した椒柏酒を飲むという習慣があり、これが一番大事な行事とされていました。

 

柏は凋落する事なく長い寿命を保つ事から縁起が良いとされていて、

当時の道士達がお酒に松柏の実を浸して飲むようになり、健康にいいからと、

一般庶民にも伝えたのが起源であると言われます。

三国時代は後漢の直後ですから、三国志の英雄達も、おおみそかには、

椒柏酒を薬として飲んで、大いに盛り上がったと思われます。

 

椒柏酒は時代を経ると、お屠蘇(とそ)に変化しこれは日本にも伝わりました。

ところが一方で中国ではお屠蘇を飲む習慣は明代には廃れていき今はありません。

本家では廃れ、分家では残る、これも、歴史の不思議な所ですね。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

三国志演義は、明代の創作物なので、そこに登場する行事は

明時代に存在したもので三国時代のモノではないというケースが多いです。

でも、細かに見ていくと、お正月に水餃子っぽいモノを食べていたり、

爆竹の原型があったり今の中国っぽい風習も出てきたりしているのが面白いですね。

 

インパクトが強いのが、呉の人々のお正月に生卵一気飲みですが、

それには、どんな意味があったのでしょうか?

なんか、朝から生卵は、胃に負担がありそうなイメージです。

 

新年度も、はじめての三国志を宜しくお願い致します。

今年度も、三国志の話題をご馳走様でした。

 

関連記事:諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変えて愛されていた!

関連記事:曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校

関連記事:宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を分かりやすく解説!

関連記事:旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—




よく読まれている記事

孔明 コペルニクス

 

よく読まれている記事:古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?

 

兵馬俑 kawauso

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 曹操は周瑜も魏軍に取り込もうとしていた!孫呉の大都督・周瑜も欲し…
  2. ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期
  3. 曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編
  4. 魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった?…
  5. 意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?
  6. 張飛の男気人生に痺れる!これぞ三国一!一騎当万の豪傑
  7. 【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった!
  8. 韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編
  2. 諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族
  3. 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師
  4. 益州の牧・劉璋の配下で最強の武将は誰か?魏延や黄忠を打ち破ったあの武将
  5. 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【前半】
  6. インスタグラムはじめました。

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い なぜ関羽は神様になったのか?忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【5/1〜5/8】 衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった! 【はじめての三国志読者へお知らせ】あの袁術祭りのバナーを設置したよ! 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3) 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1

おすすめ記事

  1. 【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む
  2. 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だった
  3. 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【後半】
  4. 三国志で映画にしてほしいシーンベスト10
  5. 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだった!
  6. 30話:曹操軍を支えた最強の青州兵
  7. 曹操が人材集めに熱中していたのは曹騰(そうとう)の影響だった!?
  8. 劉曄(りゅうよう)の進言に従っていれば魏の曹丕が天下統一をしていた?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP