曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【経営者必見】三国志と戦国に学ぶ人を活かす経営術

この記事の所要時間: 233





 

現在は企業や団体でなど色々なものが組織化されています。

組織化することによる利点は物事を効率良く行うことができ、

生産性のアップができます。

これは三国志の時代でも組織化を行っており、

生産性をアップさせて国力を充実させることに成功しています。

では組織の中で一番重要な物は一体何なのでしょうか。

それは組織に所属する人です。

現代と三国志の時代に共通している「人」を大切にして、

大成功した人物達をご紹介しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について

 


 

三国志のリーダー曹操の場合

 

三国志の中で一番人に重きを置いたリーダーとはいったい誰でしょう。

それは曹操(そうそう)と言えるのではないでしょう。

なぜ曹操なのか。

曹操は自分に敵対した勢力の中で優秀な人がいれば、

積極的にラブコールを送って味方に引き入れています。

また曹操は犯罪者でも親不孝者でも優秀な人ならば、

すぐに登用して自らの組織に引き入れております。

また実績を上げた人が入ればすぐに褒美を与えて、

組織にいる人々にやる気を出すように仕向けておりました。

上記の実績から曹操こそ三国志の中でも一番人を大切したからこそ、

三国志最大の領土を得ることに成功したと言えるでしょう。




 

戦国時代のリーダー織田信長の場合

 

日本の戦国時代にも人財を大切にしてきた人物がおりました。

それは第六天魔王として有名な織田信長です。

信長も曹操と一緒で優秀な人であれば、積極的に活用しています。

信長が引き上げた人の一例を挙げてみましょう。

まずは天下統一を果たした豊臣秀吉と言えるでしょう。

 

豊臣秀吉は超貧民でしたが、織田信長に才能を見出されたことによって、

出世していくことになり、織田軍団の方面司令官の地位を獲得することになります。

また滝川一益(たきがわかずます)も織田信長に見出された人物です。

一益は甲賀(こうが)出身の人ですが、不遇を囲っておりました。

しかし織田信長に鉄砲の腕前が評価されて登用された後、

織田軍団の方面司令官にまで抜擢される大出世を果たしております。

これらの例からもわかるように織田信長も才能ある人物であれば貧民でも登用して、

その才能を活用しております。

また信長も曹操と同じように手柄を立てた武将には惜しみなく褒美を与えて、

武将にやる気を出すようにしていました。

戦国時代のリーダー織田信長も人を大切にしていることがお分かりになるでしょう。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志1

 

人を大切にしている日本マクドナルドの場合

 

そして現代にも人を大切にしている会社があります。

それは日本マクドナルドです。

マクドナルドは一時期。異物混入事件などが多発し、

大赤字をたたき出してしまいます。

しかし日本マクドナルドCEOサラ・カサノバ氏はある秘策を用います。

その秘策をある番組で紹介していました。

彼女いわく「マクドナルドは人によって支えられており、

売上を回復させるためには社員が満足しなくてはならない」と語っておりました。

この秘策を用いた結果、社員全員のやる気が上がり、

サービスの向上に努めた結果、マクドナルドは大赤字から回復することになります。

サラ・カサノバ氏も三国志の曹操や戦国時代の織田信長のように、

人を大切に扱い、その結果、経営を大成功に導いております。

 

関連記事:1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

三国志も戦国時代も現代も人を大切にしている組織、

会社こそが大成功する秘訣だと言えるのではないのでしょうか。

組織に属している人々のやる気を出させることによって、

曹操や信長は大きく領土を拡大しています。

またサラ・カサノバ氏も社員のやる気を出させるために大赤字の中、

給料を上げて社員のやる気を上げ、サービスの向上に努め、

売上を回復させております。

この結果マクドナルドも大きく売上を回復させております。

現代の経営者も曹操や信長、サラ・カサノバ氏を見習って、

人を大切にすることから初めて見てはいかがでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学

関連記事:【ビジネス三国志】曹操、黄蓋、孫権から学ぶ性格を見抜かれない上司になる方法

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生
  2. 笮融(さくゆう)とはどんな人?中国初仏教群雄として歴史に名を刻ん…
  3. 孫権が張昭を呉の丞相に任命しなかったのはどうして?
  4. 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったW…
  5. 韓信が井陘口の戦いで使ったのは背水の陣だけではなかった!
  6. 【意外な事実】劉備は孔明よりも法正を用いてた
  7. 【それは偏見!】偏ってしまった英雄曹操の実像
  8. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 P…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?
  2. 「篤姫」経済効果はどの位?町おこしのヒントが満載
  3. 東方明珠のへなちょこ黄河旅行記 その2
  4. これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?
  5. 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!
  6. 三国志 Three Kingdomsのここがすごい!スリーキングダムズを楽しむ3つのポイント

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧 迷信を利用して統治を行った魏の西門豹(せいもんひょう)に迫る! 涼州兵も思わずニッコリ?曹操はユーモアに溢れていた 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第13部(完) 曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑 王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実 まだまだいた三国志の名外交官たち5選 出雲の麒麟児・山中鹿之助の青年期に迫る

おすすめ記事

  1. 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」のことわざを作り出した班超って一体何者?
  2. 【新連載予告】『まだ漢王朝で消耗してるの?』はどんな内容なの?
  3. 老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった
  4. 黄老思想(こうろうしそう)とは何?アベノミクスの原点は前漢時代にあった!
  5. 【三国ブレイズ 攻略2】蜀の名将・趙雲と姜維が加入!アイテムの強化と攻略ポイント紹介
  6. 【三国志の食事】劉備・曹操・孫権も食べていた!?三国時代の食事風景とは(デザートもあるよ)
  7. 【第7回 幻想少女】強敵続出!ろひもと理穂は曹操に会えたのか!?
  8. 名馬ズラリ!三国志〜日本史と英雄の偉業を支えた名馬たちを徹底紹介!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP