ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての変

1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

劉備 呂布 肉取り合い

三国志のゲームなどをやっていると兵糧という言葉を目にします。

米を主食にする日本だと米を連想しますが、三国志の時代、米は華南地方でしか

取れず、中原と華北では、粟(あわ)を食べていました。

 

その一方で小麦も伝わり、何と呂布はパンで牛肉を挟んだ

ビーフバーガーを食べていたようなのです。

 

 

 

栄養価が高い、粟(あわ)

粟 wiki

 

吉川栄治の三国志では、劉備の母が、劉備(りゅうび)と二人の食卓を

囲む時に、粟を煮て夕食にするシーンがあります。

 

粟は糖質70%、たんぱく質10%でビタミンB群を含み、鉄やその他、

ミネラルも豊富に含んでいます。

しかも日照りにも強く栽培が簡単である上に消化と吸収によいという事で

漢の時代には、庶民の食事として広く浸透しました。

 

粟の食べ方

鍋

 

まず、粟を水で洗い、鍋に入れて煮込みます。

15分程度も煮込むとそれだけで食べられる位に柔らかくなっています。

漢の時代の竈(かまど)は現在のようなガスではなく安定した火力が得られないので、

粟のように少ない火力で燃料を使わない食事はうってつけだったようです。

 

米を食べなれた人には、エグみと渋さがありますが、黄色い粒には、

甘みもあって美味しいです。

雑穀米を問題なく食べる人であれば粟は問題なく食べられます。

 

庶民の頃の劉備は、このような粟を食べて毎日をつつましく過ごしていたのでしょう。

 

このように広く庶民に食べられた粟ですが、やがて小麦が普及すると、

主食の座を追われていきます。

 

 

無能な皇帝、霊帝は異民族コスプレマニア

霊帝 無能

 

金儲けしか頭になく、官位を売買して後漢を崩壊に導いたアホ皇帝、

霊帝は一方で大変な外国カブレでもありました。

 

当時、胡人(こじん)と呼ばれた、トルコ系の異民族のきらびやかな衣装に、

惚れこんだ霊帝は、自分の衣装もインテリアも全て西域異民族風にして

1人で自己満足していました。

 

霊帝がこうだと、当然、霊帝の関心を買おうと家臣も西域趣味になります。

かくして、都、洛陽に流入してきたのが胡人の主食である胡餅(こべい)です。

 

関連記事:黄巾賊の反乱を平定した漢王朝と残念なくらい無能な霊帝

関連記事:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進は争う

 

胡人の主食の胡餅は、パンの事

 

胡餅は胡餅炉と呼ばれる窯の内側に小麦粉を油で練った生地を

薄く延ばして火を通りやすくして貼り付けて造ります。

 

今でも、中央アジアには、同じような窯があり、そこではナンというパンを焼いて

主食としているので、霊帝の時代の胡餅も、似たような形をしていたであろうと

推測されています。

 

うす焼きのパリパリしたパン、胡餅の食感は、当時の洛陽の人々に、

新鮮な衝撃を与えたようで、かなりの枚数が食べられたようです。

 

 

文献に残る、ビーフ・バーガーを食べた呂布

呂布 ハンバーガー

 

宋代に成立した太平要覧という本に引用される王粲(おうさん)の

英雄記には呂布(りょふ)について以下のような記述があります。

 

王粲は、元は劉表に仕えて、後に曹操曹丕に仕えた学者、

得意技はロバの鳴き真似(本当)

 

李叔節(り・しゅくせつ)は弟の李進先(り・しんせん)とともに

乗氏の城内にいたが、呂布が乗氏の城下まで来たとき、

李叔節は城内から出てきて呂布のもとへ参詣したが、

李進先は出ていくことを承知しなかった。

李叔節のために数頭の肥えた牛をつぶし、数十石の酒をもち、

一万枚の胡餅をつくり、先に待ちうけて客人をねぎらった。

 

ここに出てくる李叔節と李進先は、どちらかが曹操の配下の武将で

李乾(りかん)という人物です。

 

彼は、魏の名将李典の従父であるようです。

 

それは兎も角として、内容を見ると、呂布をもてなす為に、

数頭の肥えた牛を潰して、数十石の酒を造り、そして一万枚の

胡餅を造ったという記録があります。

 

一石は150キロですから、最低でも1・5トンの酒を出して、

一万枚という胡餅を焼き、数頭の牛を潰したという事ですから、

これは呂布の軍勢をもてなす大宴会の類だと思います。

 

さて、そもそも、胡餅というのは、そのままで食べるものではなく、

間に何かを挟んで食べるものです。

 

呂布の軍勢は西域出身者が多かったので李叔節は牛を潰して

胡餅を造ったのでしょう、彼等は胡餅に牛肉を挟んで食べ

酒を大いに飲んだ事でしょう。

 

つまり呂布は今風にいうビーフバーガーを食べていた事になるのです。

まあ、パンはバンズではありませんから厳密には違いますが・・

 

同じ時代を生きていても、劉備と呂布では随分食べているものが違います。

もっとも、劉備も戦乱の中国で名が知れて劉表(りゅうひょう)の

食客になる頃には、美味いものを食べてデブチンになったりしますけどね。

 

関連記事:張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

劉備が貧乏時代に食べていた粟は、今では雑穀米として、

その栄養価が見直されています。

 

逆に、美味そうな呂布のビーフバーガーは、今の価値観で言うと

ジャンクフードという事になるのでしょうか?

 

まあ、当時のビーフは薬なんか少しも使わない天然ビーフなので

健康に悪いという事は無かったかも知れません。

 

今日も三国志の話題をご馳走様でした・・

 

関連記事:寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達

関連記事:三国時代の経済ってどうなってたの?

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 

 

こちらの記事もよく読まれています

三国志 英雄たちの宴

よく読まれてる記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

 

お酒 三国志 曹操

 

よく読まれてる記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

周瑜 周郎

 

よく読まれてる記事:三国時代の音楽ってどんな感じだったの?

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 女と金 後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?
  2. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第7部
  3. 石亭の戦いで交える曹休と周魴(しゅうほう) 曹休の死因となった石亭の戦いについて解説
  4. 張角逝く 太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何?…
  5. 劉禅 蜀の二代目皇帝・劉禅とケンシロウの共通点
  6. 南蛮一の軍師・孟節(兵士を裏切る) 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる…
  7. キレる劉備になだめる黄権 劉備は髭如きで人殺しをした?サイコパスの一面を分かりやすく解説
  8. 周倉と裴元紹 『三国志演義』に登場する周倉は実は実在していた!麦城村に周倉の墓…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 織田信長
  2. 三国志ライター黒田レン
  3. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. 三国志の地図(州)
  5. 法正と夏侯淵
  6. 劉璋(りゅうしょう)
  7. 張飛
  8. ヤンキー

おすすめ記事

  1. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに皇甫嵩を追加しました はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. 楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言】 はじめての三国志 画像準備中
  3. 三国夢幻演義 龍の少年 第10話「光明の龍」配信日が決定しました 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. 後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた 皇帝に就任した曹丕
  5. 陸抗の子孫達も歴史に名を残した素晴らしい人材だった!?
  6. 【素朴な疑問】三顧の礼はどうして凄いのか? 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備

三國志雑学

  1. 朝まで三国志 劉備
  2. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  3. 孫策軍をコテンパンにする陳登軍
  4. 陸遜 剣と刀


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  2. 曹操にコテンパにされる袁紹
  3. 始皇帝
  4. 三国志の女性
  5. 孔明
  6. 黄月英
  7. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる

おすすめ記事

城 銅雀台 曹操ってもしかしてフェミニストだった?銅雀台の侍妾エピソード ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説 黒船(ミシシッピ号) 明治政府最初の対等条約―日清修好条規― kawauso編集長のぼやきVol.8「専門家には敬意を持つ」 ペリーの性格とは?熊親父とは正反対なエンジニア 魏を破る朱然 徐盛と朱然は名将なのにマイナーな武将だった!? 北伐する孔明 【諸葛亮の北伐】精鋭部隊をミエル化 荀彧 月刊はじめての三国志2019年11月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP