ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

西郷どん

大久保利通の妻はどんな人だったの?大久保満寿子に迫る




大久保利通

 

幕末三傑のひとり、明治維新を推し進め、

立ち上がったばかりの明治政府の中心人物となった大久保利通(おおくぼとしみち)

大久保利通は、幕末から明治維新までリーダーシップをとった偉人のひとりです。

この時代は、日本が内外に大きな危機の渦中にあった激動の時代であり、

きれい事だけでは、時代を動かすことなどできなかったはずです。

だからでしょうか。大久保利通には頭は切れるが、

策謀家、冷血漢、陰謀家、独裁的、

目的のためなら手段を選ばぬ男というマイナスの評価があります。

それだけ、多くの敵を作りながら、血塗られた道の中で時代を切り開いていきます。

そして、多くの敵を作った大久保利通は、日本の近代化の基礎ができたときに暗殺されました。

この強烈な個性をもった男を夫にもった妻というのは、いったいどのような女性だったのでしょうか。

とても普通の女性ではついていけそうにありません。

大久保利通の妻、大久保満寿子(おおくぼ ますこ)

彼女はいったいどのような人だったのでしょうか。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:大河ドラマ西郷どんをブレなく楽しむ6つのポイント

関連記事:【西郷どん】実は大久保利通は囲碁が下手だった?




大久保利通の妻はどんな人だったの?

大久保満寿子

 

大久保利通は薩摩藩の下級藩士の出身です。

そして、薩摩藩の世継ぎ問題である「お遊羅騒動」に巻き込まれ、父と流刑となります。

大久保利通も蟄居処分となります。

このとき、大久保利通は20歳。

当時であれば、結婚すべき年齢です。

元々貧乏だった大久保家さらに困窮を極め、

大久保利通は結婚できるような状況にありませんでした。

当時の結婚は家と家のつながりが重要視されたのですから、

家は困窮を極め、蟄居の身分となっている大久保利通の結婚が遅くなるのは、

当然のことだったでしょう。

1857年になり、大久保利通は満寿子(ますこ)と結婚します。

大久保利通は28歳で満寿子は21歳のときです。

大久保利通は、薩摩藩主となった島津久光から高い評価を得て出世を街道に乗ります。

開明的な名君と評価される島津久光の側近として薩摩藩を動かす中心人物となっていきます。

夫が出世する中、大久保家に嫁いだ満寿子については、

どのような生活を送っていたのでしょうか。

大久保利通には三人の妹がいました。そして、父と母も存命です。

大久保利通は、冷血な印象とは裏腹に非常に家族を大事にする人物でもありました。

蟄居中には妹たちに迷惑をかけているという思いもあったでしょう。

薩摩藩の重職を担うようになった大久保利通は、家のことは妻である満寿子に任せていました。

おそらく当時の「嫁」という立場の中で三人の義妹や義父母に対し気を遣いもって接し、

重職を担っている夫に心配をかけぬよう家を守っていたのでしょう。

大久保家の中で満寿子がどのような生活を送っていたのか?

その証拠となるような史料は非常に乏しいのです。

NHKの大河ドラマ「翔ぶが如く」では賀来千香子さんが満寿子を演じました。

西郷どん」ではミムラさんが満寿子となります。

フィクションによって歴史人物のイメージが作られることはよくあることです。

大久保利通の妻である満寿子のイメージもドラマの中で作られていくかもしれません。

それが真実であるのかどうかは分かりませんが、動乱の幕末期、

その中心にいた英傑の嫁のイメージをどう感じるかは、見ている人の思い次第かもしれないです。

そして、幕末期、大久保利通はその中心人物として

京都の岩倉具視と手を組み討幕方向に進んでいきます。

大久保利通は薩摩という場所に留まっていられる存在ではなくなっていきます。

明治維新により江戸幕府は消滅しますが、動乱の時代が終わったわけではありません。

明治政府の対抗する東北諸藩や旧幕臣を中心する勢力は存在していました。

大久保利通の日本近代化の道はまだ途上だったのです。

明治維新後、大久保利通は、江戸から東京となった場所に活動の拠点を移します。

そのときには、京都出身の「おゆう」という妾(愛人)がいました。

大久保利通のふたり目の妻ともよばれています。

当時、権力をもった男性が妾を持つことは普通のことであり、

現代の価値観で、大久保利通を責めることはできないでしょう。

ただ、本来の妻である満寿子は薩摩で暮らし続けました。

時代が明治となっても、5人の子どもたちを薩摩で育て、長じると東京に送り出していました。

東京の明治政府内では、盟友であった大久保利通と西郷隆盛が対立します。

西南戦争の一因となる対立でした政変が起きます。

西郷隆盛は明治政府から下野します。

彼は明治政府に敵意を持った「侍」と共に薩摩に戻りました。

薩摩で幼い子どもを育てている大久保利通の妻、

満寿子がそれをどのような思いで見ていたのかは分かりません。

夫の創りだした新しい時代により、妻は大きな苦悩を抱えたのかもしれません。

そして1874年になって、満寿子は上京します。

大久保利通は家庭では非常に子煩悩な父親であった伝わっています。

大久保利通の息子がそのような証言を残しています。

しかし、東京での家族の生活は非常に短い時間で終わりを告げました。

1878年に大久保利通は暗殺されます。

そして、その後を追うように夫の死の7か月後に満寿子もその生涯を終えました。

享年42歳です。

貧乏下級藩士の家に嫁いだと思ったら、夫はとんでもない英傑であり、

新しい時代の中心人物として、近代日本をけん引する存在になっていくのです。

彼女が妻として幸せであったのかどうか――

それは、永久に分からないことかもしれません。




大久保利通の家族と子孫は?

幕末時代の大久保利通

 

大久保利通はまさに「子孫に美田を残さず」という生き方もしています。

日本の近代化のために私財まで投入し、借金まで残していました。

「私欲」というものがなく、金銭的には清廉潔白な人物でした。

そして、美田を残されなかった家族と子孫たちはどうなったのでしょうか。

まず、大久保利通が子煩悩であったという言葉を残している次男の牧野伸顕は、

外交官として、日本がついに「一等国」となるパリ講和会議において次席全権大使を務めた外交官です。

名前が「大久保」ではなく「牧野」であるのは牧野家の養子になったからです。

彼は太平洋戦争中まで活躍を続けます。

日本の敗戦を予測し、和平工作を行っていきます。

また、長男の大久保利和、三男の大久保利武は貴族院議員となりました。

 

関連記事:大久保利通はどんな性格をしていたの?身長や西郷隆盛との関係性

関連記事:大久保利通の身長は?幕末時代の身長が高かった偉人たち4選

 

大久保利通の家系図をみていくとあの人の名前も?

 

大久保利通の血統はその後も日本の中心に生きていきます。

その家系図を明治から昭和、平成へとたどっていきます。

まず、次男の牧野伸顕の長女である雪子は、吉田茂の妻となります。

吉田茂も外交官として活躍し、

英米派の外交官として戦争中は牧野伸顕の女婿ということもあり和平工作に動き、

敗戦後には政治家として内閣総理大臣になります。

歴代の日本の総理大臣の中でも屈指の名宰相でしょう。

そして、その血脈、家系図はさらに続きます。

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派

 

第92代内閣総理大臣となった麻生太郎氏と大久保利通の関係性

 

吉田茂の三女である和子は麻生太加吉と結婚します。「麻生」です。

もうお分かりかと思いますが、

第92代内閣総理大臣となった麻生太郎氏は大久保利通の血脈に連なる人物なのです。

その他にも英文学者の吉田健一、歴史学者として皇国史観に対抗し、

近代史研究に名を残した大久保利謙も大久保利通を起点とする家系図の中に記される人物です。

 

幕末ライター夜食の独り言

幕末ライター夜食

 

大久保利通の妻である満寿子については、多くの史料が残っているわけはありません。

当時の女性の置かれた立場からすればそれは当然のことでしょう。

実際、生年についても諸説あり、確実なものはないのです。

ここで書かれている満寿子の年齢はひとつの説でしかないのです。

それほどまでに史料はありません。

ただ、結婚する前の満寿子から見て、

大久保利通は頭が切れるという評判は聞いていただろうと思います。

逸材であるという評価も聞き及んでいたかもしれません。

結婚後、薩摩藩の中で出世してく夫は、まだ、満寿子の予想の範囲内であったかもしれません。

優秀な夫を助ける妻としての常識的な世界の中に住んでいたと思います。

それが、激動の幕末時代を迎え、

自分の夫が時代を切り開いていく存在になるとは夢想すらしてなかったのではないでしょうか。

血まみれの道を突き進み、新しい日本を創り上げていく男の嫁になるとは思ってもいなかったでしょう。

彼女をひとりの男の妻として考えた時、本当に幸せであったのだろうかと、ふと考えてしまいます。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:西郷隆盛は本当に「ごわす」「おいどん」と鹿児島弁を言ってたの?

関連記事:西郷隆盛は子供の頃、剣士になりたかったって本当?

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

 




 

夜食

夜食

投稿者の記事一覧

歴史大好き。特に江戸時代から幕末、太平洋戦争にかけては好きすぎるくらいです。戦史が好きですので、時代を超えて「戦いの歴史」が好きという者です。よろしくお願いします!!

好きな歴史人物:田沼意次

何か一言:歴史小説もWEBで公開しています。

関連記事

  1. 幕末 洋式軍隊の行進 酒井忠篤とはどんな人?明治新政府軍に降伏後まで紹介
  2. 公家って何?何をした人たちなの?
  3. 島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか?
  4. 吉田松陰(極悪顔) 吉田松陰はテロリストなの?それってホント?
  5. 徳川家を守った篤姫 篤姫の役割とは? 江戸時代の将軍の正室の役割を考える!
  6. 横井小楠 坂本龍馬が注目した横井小楠の政治とは?
  7. 井伊直弼の墓がある豪徳寺は猫萌えのお寺だった?
  8. 島津斉彬の遺言に学ぶ相続トラブルを回避する方法

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ste3643kgr4/hajimete-sangokushi.com/public_html/wp-content/themes/core_tcd027/comments.php on line 41
    (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. 張飛益徳参上
  3. 曹操と黄巾賊
  4. 張コウ 張郃
  5. 曹操に命乞いをする呂布と反対する劉備
  6. 関羽と関索
  7. 嬴政(始皇帝)
  8. 敵に塩を送る (武田信玄と上杉謙信)

おすすめ記事

  1. キングダムのラスボスは昌平君でも李牧でもなくあの人だ!
  2. 三国志では教えてくれない洛陽と長安の秘密
  3. 第3話:三国夢幻演義 龍の少年「疎開の旅」配信中 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. 郤正(げきせい)とはどんな人?蜀のポンコツ皇帝を支えた文学者 郤正
  5. kawauso編集長のぼやきVol.27「真似は大事」
  6. 林冲の性格は三国志演義の張飛にそっくり!林冲の性格を分かりやすく解説 林冲(水滸伝)

三國志雑学

  1. 鼎(かなえ)
  2. 袁術
  3. 的蘆に乗って逃げる劉備
  4. 魯粛
  5. 司馬懿と公孫淵


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 天下三分の計
  2. 王莽
  3. 司馬懿
  4. 公孫サン(公孫瓚)
  5. 南蛮一の軍師・孟節(兵士を裏切る)

おすすめ記事

【第9回 幻想少女】曹操に会うためには宿敵・賈詡を倒すしかない!! 朱然 朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍 曹丕に恨まれた鮑勛(ほうくん) 鮑勛(ほうくん)とはどんな人?自分の意見をまっすぐに答え曹丕に恨まれてしまった政治家 呉の勢力を率いる孫策 群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】 武田信玄と徳川家康 武田信玄のおびき寄せに乗った哀れな徳川家康 宇佐美定行 上杉謙信は暗号を使ってたから連戦連勝できた!開発者の宇佐美定行も紹介 【第3回 幻想少女】驚愕の事実発覚!三国志フレンドが私にはいなかった!【ネタバレ注意】 三国志の主人公の劉備の魅力について、これでもかというほど語るよ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP