三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

伊集院須賀(いじゅういん・すが)とはどんな人?西郷どんに嫁いだ最初の妻の悲しい生涯

 

 

 

2018年のNHK大河ドラマ西郷どん

主人公の西郷隆盛(さいごうたかもり)は生涯に3度の結婚をしています。

その最初の妻は、伊集院須賀(いじゅういん・すが)と言い、1852年、

西郷24歳、須賀20歳で結婚しました。

ですが、2人の結婚生活は2年ももたず1854年に破局を迎えてしまいます。

一体、そこにはどんな理由があったのでしょうか?

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:西郷糸子はどんな人?西郷どんの3番目の妻は冗談好きのしっかり者

関連記事:天璋院篤姫とはどんな女性?西郷どんの憧れの女性?

 

 

1832年伊集院兼善の娘として生まれる

 

伊集院須賀は、1832年天保3年、薩摩藩の小番組、父、伊集院兼善(かねよし)と

母、伊集院重子(しげこ)との間に生まれます。

伊集院家は、先祖に紀貫之(きのつらゆき)を持つ名家で伊集院忠棟(ただむね)の

ように戦国大名になった人もいますが、分家が多く、身分も様々です。

 

須賀の伊集院家も、伊集院兼善以前の系図は分からないようです。

 

ただ、伊集院は、10ランクある島津家の身分制では7番目の小番組で

西郷どんの家の小姓組よりは2つランクが上でした。

須賀は、とても大事に育てられた箱入り娘で、おまけに誰もが振り向く

大変な美人であり、上之園では評判の女性でした。

 

 

西郷どんの猛アタックで須賀陥落

 

西郷どんの住む、加治屋町から、須賀の住む上之園までは徒歩で10分、

つまり、須賀の美貌の噂は西郷どんにも届いていました。

背が高く立派な顔立ちだったと言われる西郷どんは、伊集院家に出向き

「娘さんを下さい」と猛アタック、伊集院兼善は、身分違いではありましたが、

西郷どんの立派な風采に感じるものがあったのか結婚を許しました。

 

NHK大河ドラマでは、伊集院須賀は、親の勧めで結婚したとされていますが

真実は、西郷どんの猛アタックだったようです。

 ※その理由については、また、後段で触れます。

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ

襲いかかる相次ぐ不幸に須賀は疲れ果てていく

 

しかし、2人の結婚は最悪のタイミングに祟られていました。

新婚気分を楽しむ間もなく、病床に臥していた西郷どんの祖父の竜右衛門、

父、西郷吉兵衛、母、西郷政佐子が連続で亡くなってしまうのです。

西郷どんも後年に、「こんなに悲しかった事は無かった」と回想する程に、

1852年は、西郷家にとって最悪の年でした。

 

嫁いだばかりの須賀は、次々と亡くなる義理の祖父、父、母の看病、

さらには、相次ぐ葬式の出費などに忙殺される事になりました。

ずっと、お嬢様育ちだった須賀には、これはとても耐えられない負担でした。

それでも、西郷どんの支えもあり、何とか長男嫁の役割を果たしていたのです。

 

西郷どん斉彬に付いて江戸に出立、貧困に苦しむ須賀

 

ですが、1854年、須賀の心の拠り所だった西郷どんは建白書が認められ、

島津斉彬(しまづ・なりあきら)のお供で江戸に向かう事になります。

心細いけど、藩主のお供で江戸に行くのは立身出世ですから、

須賀は、西郷どんを気持ちよく送り出します。

 

しかし、後に残された須賀には、まだ自立していない、

幼い西郷の弟や妹を養う義務が残されました。

そればかりではなく、借金も増えていき返済にも迫られます。

彼女は、毎日の生活に疲れ果て健康を害していきました。

 

西郷どんも江戸で須賀の事を気にかけてはいましたが、

新妻の為に出来る事は何もありませんでした。

 

たまりかねた父、兼善が須賀を実家に引き取り離縁させる

 

そんな折、須賀の父である兼善が西郷家を訪れて、びっくり仰天します。

「こんな家に大事な娘は置いておけない、離婚させていただく」

兼善は須賀を引き取り、江戸にいる西郷どんに離縁状を送りました。

文面は丁寧なものですが、書いてあるのは離婚の事実を突きつけるモノ、

この時代は、身分が上の家柄の離縁状を下の身分の者は拒否できませんでした。

 

もっとも、それ以前に、西郷どんは抗議するつもりはありません。

何も出来ず、家の事をすべて押し付けたのは自分なのです。

「こちらこそ、申し訳ありませんでした」と答え離縁を承知しました。

 

借金苦で家を手放した西郷家は上之園に借家住まいをする

 

1855年、12月借金が返せなくなった西郷どんは実家を売却して返済に充て

残された祖母と弟妹、下男等の家族は上之園の借家に移りました。

大黒柱の西郷どんが単身赴任から帰るのは、1857年5月24日

一年半以上も、西郷家は大黒柱がないまま過ごしたのです。

須賀が去った後の西郷家は、二男の吉二郎が切り盛りし、1865年に

西郷どんが3人目の妻、西郷糸子を迎えるまで窮乏が続きます。

 

晩年まで伊集院須賀に負い目を背負った西郷どん

 

弟の西郷従道(つぐみち)の話では、西郷どんは晩年まで

須賀の事に負い目を感じ、思い出すたびに

「すまない」と涙を流していたそうです。

 

相次ぐ、肉親の死と自身の出世、それで新妻を犠牲にした事を、

忘れる事が出来なかったのでしょう。

そこには、自分から求婚しておいて、不甲斐ない結果になった

自責の念も含まれているように思います。

 

 せめて義母である政佐子の死さえなければ、嫁姑で協力して

困難を乗り越えられたかも知れないのに、運命とは残酷なものですね。

 

伊集院須賀、その後・・

 

西郷どんと離婚した後の伊集院須賀の事は分かりません。

その理由は、伊集院家が消息を隠して知らせようとしなかったからです。

もしかすると、西郷どんは、伊集院須賀の死んだ時さえ、

知らされなかったかも知れません。

 

そうでないなら、須賀の死について、西郷どんのなんらかの感想が

ありそうですが、それも残っていないからです。

奄美大島の島妻、愛加那も晩年は孤独ですが、消息が全く分からない

伊集院須賀は、さらに気の毒な感じですね。

 

伊集院須賀 配役

 

せごどんで伊集院須賀を演じるのは、橋本愛さんです。

西郷どんの最初の妻ながら、離婚の真相も性格も分からない

須賀役を演じる事については、

 

「林真理子さんの描かれた原作では、

純文学の匂いを感じるような奥ゆかしい中に

強さを秘める素敵な女性でしたが、

ドラマで中園ミホさんが創造されたのは原作とまた違う

表情を持つ素直で愛情深い女性でした。

 

感情の組み合わせが複雑な女性だったので、

見て下さった方の想像力や経験などで

須賀という女性の見え方が変わってくると思う」

とコメントしています。

 

視聴者の創造力や経験で、須賀が身勝手にも、

可哀想にも、逞しくも見えるという事でしょうか?

本編に登場するのが楽しみですね。

 

幕末ライターkawausoの独り言

 

西郷どんの人生に、たった2年足らずだけ登場する最初の妻、伊集院須賀、

離婚後の彼女の人生はどんなものだったのでしょうか?

その人生には、幸が多かったのか、苦労が多かったのか?

西郷どんを恨んでいたのか、それとも、それでも好きだったのか・・

今となっては、何事も時の流れの彼方に遠ざかってしまいました。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:愛加那(あいかな)とはどんな人?西郷どんの島妻と西郷隆盛の人生を変えた女房

関連記事:西郷どんのチェストの意味は?西郷隆盛と示現流のチェスト関係性を分かりやすく解説

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの?
  2. キングダムに乗り遅れた人必見!!戦国時代をざっくりと紹介しちゃい…
  3. 篤姫はなぜ人気がある?大河ドラマヒットの法則
  4. 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司…
  5. 鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選
  6. 関羽と法正、正反対のイメージの二人の意外な共通点
  7. 曹丕 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い
  8. 井伊直弼の写真は存在するの?悪人顔はホント?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【10/10〜10/16】
  2. 狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切り刻んだ劉氏の怨念
  3. 【シミルボン】自分を褒めまくり、曹丕の自叙伝が意識高い系でウザい
  4. 【諸葛亮vs司馬懿】ピンチを切り抜けたのは空城の計!
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第19話 「罪と罰」の見どころ紹介
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【1/1〜1/8】

三國志雑学

  1. 呉の勢力を率いる孫策
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代

おすすめ記事

四書五経とはぶっちゃけ何?読んだら何になるの? 陸遜の出自と出身は?三国志演義では完全な脇役の陸遜に分析 まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札 【三国志とお金】五銖銭が鋳造された本当の理由 佐賀藩に鍋島閑叟あり!幕末イノベーション革命の成果とは? 孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも使える春秋戦国時代の名言 宗預(そうよ)とはどんな人?孫権が涙を流して別れを告げた蜀の外交官 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの? 呂布は最初から裏切り者だったわけじゃない!きっかけは?

おすすめ記事

  1. はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選
  2. 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷んでいた!
  3. 【第1回 幻想少女】衝撃の三国志が誕生!これぞ三国志革命だ!!
  4. 合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは? 呉の孫権
  5. キングダム578話最新ネタバレ予想vol2朱海平原の戦いはフェイクだった
  6. 面白いのに何故かアクセスが少ない記事まとめ【2016年総集編】
  7. 『とちぎの三国志「山車人形」まつり』が開催。三国志の登場人物を載せた山車を展示
  8. 曹植に死んで欲しくなかった正史から見える曹丕の配慮とは?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP