英雄の死因
if三国志




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

徳川慶喜ってどんな人!?評価が定まらない最後の将軍

徳川慶喜(幕末)

 

 

 

好評を博しているNHK大河「西郷どん」。

この大河ドラマの主人公は西郷隆盛(さいごうたかもり)です。

この西郷隆盛は徳川幕府を倒して近代日本を作り上げた英雄として讃えられています。

しかし西郷隆盛は簡単に幕府を倒したわけではありません。

 

西郷隆盛が倒した徳川幕府の将軍は徳川慶喜(とくがわよしのぶ)です。

彼の写真が現存していますが意外とイケメン。

イマドキ女子にも人気がありそうな人です。

 

また徳川慶喜西郷どんに登場した篤姫(あつひめ)とも深い関係を持っており、

今後の西郷どんでもカギを握る人物ともいえるでしょう。

西郷どんのカギとなる人物・徳川慶喜ですが、

彼の評価は一体どのような評価がされているのか。

 

今回は慶喜の評価について調べてみました。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:桜田門外の変とは何?桜田門外の変を簡単に解説

関連記事:ペリーとはどんな人?日本開国の動機は有名過ぎる兄を超える為だった!

 

 

徳川慶喜の人生

 

徳川慶喜は日本史の歴史の教科書で知っていると思います。

でも徳川慶喜が一体何をした人なのか、思い出せない方が多いと思います。

徳川慶喜で一番最初に思い出されることは徳川幕府最後の将軍だった事。

二つ目は将軍に就任してから、大政奉還(たいせいほうかん)を行った事。

この二つが徳川慶喜が起こした主な出来事と言えるのではないのでしょうか。

ではここからは徳川慶喜が起こした決断の一つ・将軍に就任したことから

お話していきましょう。

 

 

徳川慶喜実は将軍になりたくなかった??

 

最後の将軍・徳川慶喜。

実は将軍になんかなりたくなかったんです。

その証左として、徳川慶喜が将軍になることが決まってから、

四ヶ月も将軍に就かなったんです。

 

なぜ慶喜は四ヶ月も将軍にならなかったのでしょうか。

それは慶喜が将軍になることに反対する人達が居たからです。

徳川家茂が亡くなって新将軍を決める際、慶喜反対派の人々は

違う人を将軍にするように言っていました。

 

慶喜はこれらの反対意見があることを知っており、もし将軍になっても

反対派が自分が行う政策に対してケチをつけたりして

政策を実行できなくなる可能性を考慮してため将軍にならなかったのです。

しかし慶喜を将軍にしようとする幕府の人々が慶喜反対派の意見を

押さえ込んだ事を知って、ようやく将軍に就任。

 

見方を変えれば慶喜は将軍になりたかったわけではないと言えますが、

反対派の意見を封じて、政治をやりやすいようにするために

将軍になるのを待っていたと見るのが正解ではないのでしょうか。

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ

 

大政奉還は何が狙いだったの??

 

徳川慶喜は将軍時代、思い切った決断をしています。

それは大政奉還です。

え??大政奉還ってなんの事??ってなりませんか。

ちょっとここで大政奉還を簡単に説明します。

 

大政奉還とは徳川慶喜が日本で内乱が起きる事を避けるため、

幕府が持っている政権を朝廷に返上した事です。

かなりざっくりと大政奉還について説明しました。

 

でも徳川慶喜はどうして日本で内乱が起きるような状況だと思ったのか。

また内乱を起こしてはどうしてダメだったのでしょうか。

まずは日本で内乱が起きそうな状況になった事からお話します。

 

日本が内乱になりそうな気配だったのは薩長が原因!?

 

薩摩(さつま)藩と長州(ちょうしゅう)藩は徳川幕府を倒そうと考えていました。

しかし両藩は独力で徳川幕府に対抗できませんでした。

そこで坂本龍馬(さかもとりょうま)を仲介にして両藩は同盟し、

一緒に徳川幕府を倒すことにします。

 

こうして両藩は幕府を倒すための仲間集めを行います。

その結果、龍馬の出身藩・土佐が倒幕に参加すると色々な藩が

こぞって薩長に味方してくるのでした。

 

徳川慶喜は薩長が幕府を倒すための軍事行動がいつ起きてもおかしくない状況を知り、

大政奉還を行う決断をしたのです。

では次に日本で内乱を起こしてはダメな理由をご紹介します。

 

日本で内乱が起きるとダメなのか!?

 

日本は国内でいくつも戦をしていた時代があります。

例えば戦国時代。

この時は各地の大名達が争って領土拡大を行っていた時代で、

誰も大名達が争っている事にたいして反対していません。

でも徳川慶喜はどうして日本の国内で戦を起こしてはいけないと考えたのでしょう。

それは幕末に諸外国が日本に介入したからです。

幕府はアメリカからやってきたペリーの艦隊に度肝を抜かして、

条約を結ぶことになります。

 

アメリカのやり方を知った諸外国は、日本と条約を結ぶとき

大きな戦艦をちらつかせて、幕府を脅迫するような形で

諸外国に有利な条約を結んでいます。

 

徳川慶喜は諸外国の軍艦を見て、もし日本で内乱が起きれば、

諸外国から理由をつけて内乱に介入され、

日本の国土に侵入されるかもしれないと考えたからです。

 

そのため徳川慶喜は日本で内乱を起こさないようにするため、

倒幕派の薩長の目論見を潰すにはどうすればいいのか考えます。

その結果、薩長が幕府を倒そうとする目的がなくなれば、

日本で内乱が起きることも無くなり、諸外国から介入されることもなく

国土を保全することができると考えます。

 

徳川慶喜は上記の事柄を狙って大政奉還を行ったと言えるでしょう。

 

明治維新の後何をして過ごしていたの

 

徳川慶喜はこれらの決断を行い日本の歴史にその名を残し、

徳川幕府が無くなった後普通の人として生活をすることになります。

さて徳川慶喜は普通の人になりますが一体何をしていたのでしょう。

 

徳川慶喜には色々な趣味がありました。

例えば徳川幕府が存続していた時、手裏剣に興味を持ち、

達人レベルにまで到達していました。

 

また徳川慶喜は隠居してからは徳川ゆかりの地静岡に住んでおり

絵師から油絵の書き方を押してもらい、西洋風景などを書いていたそうです。

慶喜が書いた西洋風景の油絵は現在でも美術館に保管されています。

 

さらに慶喜は奥さんと一緒に港へ言って漁を行って、

夫婦水入らずの生活を送っていたようです。

そして徳川慶喜は写真を撮る趣味もあり、

慶喜が撮影した写真も当時かなりの腕前だったそうです。

このように徳川慶喜は多種多様な趣味をしながら余生を送っていました。

 

日本史ライター黒田レンの独り言

 

色々な趣味を持ってた徳川慶喜は、72歳でこの世を去ります。

彼のお墓は上野の谷中墓地に有り、興味がある方は見に行ってみてください。

さて彼の評価は一体どのようなのか。主に二つに分かれています。

 

一つ目は徳川幕府を見捨てた臆病者等マイナスイメージの評価。

二つ目は日本で内戦を行わないようにするために徳川幕府を捨てて、

日本の統一国家誕生に寄与したプラスイメージの評価。

レンは徳川慶喜にはプラスイメージの評価を持っていますが、

皆様はどのようなイメージを持っていますか。

 

参考文献 中公新書 徳川慶喜 松浦玲著など

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:西郷どんキャスト表「島津斉彬」「坂本龍馬」の配役は誰?

関連記事:島津斉彬はルイヴィトンを愛用した最初の日本人?

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 羅憲 劉備は何で蜀を建国しようと思ったの?三国志演義で人気を占める蜀の…
  2. 孟達に猛烈なラブコールを送る曹丕 曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ!…
  3. キングダムで秦の天下統一の鍵を握っている斉の国って誰が建国したの…
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第38話「井伊を共に去りぬ…
  5. 上杉謙信 信玄の敵は謙信ではなかった?武田家を揺るがす最強の敵出現
  6. 【三國志曹操伝 ONLINE 攻略最終回】三国志演義・曹操伝の第…
  7. 出雲の麒麟児・山中鹿之助の青年期に迫る
  8. 周瑜の魅力 周瑜の名言から知る三国志の世界「人生れれば死あり。修短は命なり」…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 澶淵の盟 北宋と遼の盟約
  3. 楊儀と魏延
  4. 西夏の旗の兵士

おすすめ記事

  1. 赤壁の戦いは計略の宝庫 呉蜀赤壁の戦い
  2. 赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い
  3. kawauso編集長のぼやきVol.24「楽天」
  4. 盤古(ばんこ)とはどんな神様?最古の神のはずなのに新しい中国神話の創世神
  5. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.2 はじめての三国志 画像準備中
  6. 【韓信の恩返し】受けた恩はしっかりと恩で返す器の大きい韓信

三國志雑学

  1. 蜀の厳顔
  2. ネズミで人生を変えた李斯
  3. 周瑜と孫策
  4. 奮闘する黄蓋
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 馬騰
  2. 大山巌
  3. 城の前を掃除する孔明
  4. 梁興と馬騰

おすすめ記事

イギリスのEU離脱って何?三国志で例えて理解度アップ! 【緊急】今ならプライム会員10%オフ!歴史小説が熱い【はじさん書評倶楽部】 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかしエピソード 濮陽の戦い編 【ネタバレあり】映画ドラゴンブレイドを三国志ライターkawausoが徹底的に斬る!! 【キングダム559話】「右翼の行方」ネタバレ&レビュー 中国史における農民反乱についての考察 落書きをする宋江(水滸伝の主人公) 宋江ってどんな人?水滸伝の主人公であり中途半端ヤ〇ザの微妙な最期 杜預(どよ)ってどんな人?破竹の勢いで有名になった政治家

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP