ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ぐっすり眠れるながら三国志


はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

徳川慶喜ってどんな人!?評価が定まらない最後の将軍

徳川慶喜(幕末)


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

好評を博しているNHK大河「西郷どん」。

この大河ドラマの主人公は西郷隆盛(さいごうたかもり)です。

この西郷隆盛は徳川幕府を倒して近代日本を作り上げた英雄として讃えられています。

しかし西郷隆盛は簡単に幕府を倒したわけではありません。

 

西郷隆盛が倒した徳川幕府の将軍は徳川慶喜(とくがわよしのぶ)です。

彼の写真が現存していますが意外とイケメン。

イマドキ女子にも人気がありそうな人です。

 

また徳川慶喜西郷どんに登場した篤姫(あつひめ)とも深い関係を持っており、

今後の西郷どんでもカギを握る人物ともいえるでしょう。

西郷どんのカギとなる人物・徳川慶喜ですが、

彼の評価は一体どのような評価がされているのか。

 

今回は慶喜の評価について調べてみました。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:桜田門外の変とは何?桜田門外の変を簡単に解説

関連記事:ペリーとはどんな人?日本開国の動機は有名過ぎる兄を超える為だった!


徳川慶喜の人生

 

徳川慶喜は日本史の歴史の教科書で知っていると思います。

でも徳川慶喜が一体何をした人なのか、思い出せない方が多いと思います。

徳川慶喜で一番最初に思い出されることは徳川幕府最後の将軍だった事。

二つ目は将軍に就任してから、大政奉還(たいせいほうかん)を行った事。

この二つが徳川慶喜が起こした主な出来事と言えるのではないのでしょうか。

ではここからは徳川慶喜が起こした決断の一つ・将軍に就任したことから

お話していきましょう。


徳川慶喜実は将軍になりたくなかった??

 

最後の将軍・徳川慶喜。

実は将軍になんかなりたくなかったんです。

その証左として、徳川慶喜が将軍になることが決まってから、

四ヶ月も将軍に就かなったんです。

 

なぜ慶喜は四ヶ月も将軍にならなかったのでしょうか。

それは慶喜が将軍になることに反対する人達が居たからです。

徳川家茂が亡くなって新将軍を決める際、慶喜反対派の人々は

違う人を将軍にするように言っていました。

 

慶喜はこれらの反対意見があることを知っており、もし将軍になっても

反対派が自分が行う政策に対してケチをつけたりして

政策を実行できなくなる可能性を考慮してため将軍にならなかったのです。

しかし慶喜を将軍にしようとする幕府の人々が慶喜反対派の意見を

押さえ込んだ事を知って、ようやく将軍に就任。

 

見方を変えれば慶喜は将軍になりたかったわけではないと言えますが、

反対派の意見を封じて、政治をやりやすいようにするために

将軍になるのを待っていたと見るのが正解ではないのでしょうか。

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ

 

大政奉還は何が狙いだったの??

 

徳川慶喜は将軍時代、思い切った決断をしています。

それは大政奉還です。

え??大政奉還ってなんの事??ってなりませんか。

ちょっとここで大政奉還を簡単に説明します。

 

大政奉還とは徳川慶喜が日本で内乱が起きる事を避けるため、

幕府が持っている政権を朝廷に返上した事です。

かなりざっくりと大政奉還について説明しました。

 

でも徳川慶喜はどうして日本で内乱が起きるような状況だと思ったのか。

また内乱を起こしてはどうしてダメだったのでしょうか。

まずは日本で内乱が起きそうな状況になった事からお話します。


日本が内乱になりそうな気配だったのは薩長が原因!?

 

薩摩(さつま)藩と長州(ちょうしゅう)藩は徳川幕府を倒そうと考えていました。

しかし両藩は独力で徳川幕府に対抗できませんでした。

そこで坂本龍馬(さかもとりょうま)を仲介にして両藩は同盟し、

一緒に徳川幕府を倒すことにします。

 

こうして両藩は幕府を倒すための仲間集めを行います。

その結果、龍馬の出身藩・土佐が倒幕に参加すると色々な藩が

こぞって薩長に味方してくるのでした。

 

徳川慶喜は薩長が幕府を倒すための軍事行動がいつ起きてもおかしくない状況を知り、

大政奉還を行う決断をしたのです。

では次に日本で内乱を起こしてはダメな理由をご紹介します。


  

 

日本で内乱が起きるとダメなのか!?

 

日本は国内でいくつも戦をしていた時代があります。

例えば戦国時代。

この時は各地の大名達が争って領土拡大を行っていた時代で、

誰も大名達が争っている事にたいして反対していません。

でも徳川慶喜はどうして日本の国内で戦を起こしてはいけないと考えたのでしょう。

それは幕末に諸外国が日本に介入したからです。

幕府はアメリカからやってきたペリーの艦隊に度肝を抜かして、

条約を結ぶことになります。

 

アメリカのやり方を知った諸外国は、日本と条約を結ぶとき

大きな戦艦をちらつかせて、幕府を脅迫するような形で

諸外国に有利な条約を結んでいます。

 

徳川慶喜は諸外国の軍艦を見て、もし日本で内乱が起きれば、

諸外国から理由をつけて内乱に介入され、

日本の国土に侵入されるかもしれないと考えたからです。

 

そのため徳川慶喜は日本で内乱を起こさないようにするため、

倒幕派の薩長の目論見を潰すにはどうすればいいのか考えます。

その結果、薩長が幕府を倒そうとする目的がなくなれば、

日本で内乱が起きることも無くなり、諸外国から介入されることもなく

国土を保全することができると考えます。

 

徳川慶喜は上記の事柄を狙って大政奉還を行ったと言えるでしょう。

 

明治維新の後何をして過ごしていたの

 

徳川慶喜はこれらの決断を行い日本の歴史にその名を残し、

徳川幕府が無くなった後普通の人として生活をすることになります。

さて徳川慶喜は普通の人になりますが一体何をしていたのでしょう。

 

徳川慶喜には色々な趣味がありました。

例えば徳川幕府が存続していた時、手裏剣に興味を持ち、

達人レベルにまで到達していました。

 

また徳川慶喜は隠居してからは徳川ゆかりの地静岡に住んでおり

絵師から油絵の書き方を押してもらい、西洋風景などを書いていたそうです。

慶喜が書いた西洋風景の油絵は現在でも美術館に保管されています。

 

さらに慶喜は奥さんと一緒に港へ言って漁を行って、

夫婦水入らずの生活を送っていたようです。

そして徳川慶喜は写真を撮る趣味もあり、

慶喜が撮影した写真も当時かなりの腕前だったそうです。

このように徳川慶喜は多種多様な趣味をしながら余生を送っていました。

 

日本史ライター黒田レンの独り言

 

色々な趣味を持ってた徳川慶喜は、72歳でこの世を去ります。

彼のお墓は上野の谷中墓地に有り、興味がある方は見に行ってみてください。

さて彼の評価は一体どのようなのか。主に二つに分かれています。

 

一つ目は徳川幕府を見捨てた臆病者等マイナスイメージの評価。

二つ目は日本で内戦を行わないようにするために徳川幕府を捨てて、

日本の統一国家誕生に寄与したプラスイメージの評価。

レンは徳川慶喜にはプラスイメージの評価を持っていますが、

皆様はどのようなイメージを持っていますか。

 

参考文献 中公新書 徳川慶喜 松浦玲著など

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:西郷どんキャスト表「島津斉彬」「坂本龍馬」の配役は誰?

関連記事:島津斉彬はルイヴィトンを愛用した最初の日本人?

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 幕末刀剣マニアの坂本龍馬 坂本龍馬の愛刀陸奥守吉行はどんな刀?
  2. ジョン万次郎とはどんな人?誰よりも早く明治を予言した男
  3. 秦の始皇帝 始皇帝・政が甘々な性格であった事が原因で秦が滅びた?
  4. 魯粛、孫権、張昭 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた
  5. 愛加那(あいかな)と西郷どんの子供達の人生とは?
  6. 桃園の誓012 蜀が好きな皆さんへ!五分で分かる桃園の三兄弟の逸話を紹介
  7. はじめての三国志 画像準備中 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀…
  8. 幻のノーベル賞、山極勝三郎とはどんな人?【はじ三ヒストリア】

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. バリバリビジネスマンの坂本龍馬
  2. 島津斉彬
  3. 魏の占い師・周宣(しゅうせん)
  4. 徐庶
  5. 張飛にお酒はだめだよ
  6. 一人で逃げる曹操
  7. そろばんを叩く関羽
  8. 蜀の劉備

おすすめ記事

  1. 【有料記事】古代中国で大火事その意外な消火方法とは? 食糧庫を焼かれて慌てる袁紹軍
  2. 荊州奪還戦!実質的に関羽の首を取ったのは呂蒙ではなく陸遜だった? 関羽を油断させる陸遜
  3. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察
  4. 游楚(ゆうそ)とはどんな人?諸葛亮の攻撃を耐え抜いた魏の太守
  5. お勧めしません!部下をダメにする諸葛孔明の管理術 過労死する諸葛孔明
  6. 【センゴク】信長の仇討ちで秀吉についたのは、神戸、丹羽、掘、蒲生 いずれも名将で明智オワコンに・・ 豊臣秀吉 戦国時代2

三國志雑学

  1. 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚)
  2. 魏の曹操孟徳
  3. 姜維
  4. 陸遜
  5. 袁術


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 高順 はじめての三国志
  2. 張コウ 張郃
  3. 岳飛(南宋の軍人)
“夜のひとときながら三国志ver3"

おすすめ記事

民の心を掴む卑弥呼 卑弥呼の鬼道を探る。卑弥呼-張魯-安倍晴明のつながり はじめての三国志からのお知らせ バナー 「月刊はじめての三国志2月号」1月25日(金)に出版決定 ハンセン病に侵された徳行者・冉伯牛 冉伯牛 【孔門十哲】冉伯牛(ぜんはくぎゅう)とはどんな人?ハンセン病に侵された徳行者 108話:三国志を牽引した風雲児曹操、志半ばで死ぬ 徳川慶喜(幕末) 徳川慶喜は「家康の再来」と言われる程すごい人だったの!? 曹髦 曹髦(そうぼう)とはどんな人?曹植に匹敵する才能を持ち、曹操に見劣りしない武略を持っていた為に、殺害されてしまった皇帝 野球をする呂布、孔明、劉備 呂布が徐州戦で実力を発揮したら三国時代の到来は無かったのではないか? 勉強に励んで文字も読めて賢くなる呂蒙 呂蒙、名将になるための3ステップを公開

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP