キングダム
馬超


はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

徳川慶喜とナポレオン三世の知られざる日仏交流史




 

徳川幕府最後の将軍・徳川慶喜(とくがわよしのぶ)

幕末崩れゆく幕府を支えるためある国と交流を深めていました。

その国はフランスです。

日本とフランスには接点がなさそうですよね。

しかし意外に接点はあるのです。

なんと二つの国は互いに贈り物を送り合い親密な関係性を築いていました。

今回は日本とフランスがどれほど深い関係性だったのかご紹介したいと思います。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:徳川慶喜ってどんな人!?評価が定まらない最後の将軍

関連記事:徳川慶喜とはどんな人?英雄・ヘタレ徳川最後の将軍に迫る

 

 

徳川慶喜へ軍服を送ったナポレオン三世

(画:ナポレオン三世に贈られた軍服を着る徳川慶喜 Wikipedia)

 

徳川慶喜は幕末一枚の写真が残っています。

その写真とはフランス軍服を着ている写真です。

どうして徳川幕府のトップがこんな物を持っているのか。

それはフランスの皇帝・ナポレオン三世が徳川慶喜へ送ったからです。

 

ついでにこの軍服は慶喜の体にジャストフィットした特注品。

さてここでまた一つ疑問が浮かびますね。

どうしてナポレオン三世が慶喜に軍服を特注品で作って送ったのか。

ナポレオン三世は慶喜が大好きで仕方なかったのでしょうか。

 

 

幕府と友好関係を結んで日本での利益の獲得を狙っていたから

 

ナポレオン三世は慶喜個人が好きで軍服をプレゼントしたわけではありません。

ではどうして慶喜個人へ特注の軍服をプレゼントしたのか。

それはフランスが日本で利益を獲得するために慶喜へ軍服を送ったのです。

 

ナポレオン三世は慶喜個人が好きだったかは知りません。

でもナポレオン三世がフランスの国家の利益の為、

幕府のトップ慶喜と仲良くしようと考えていた事は間違えないでしょう。

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ

 

フランスが軍馬26頭を徳川慶喜へプレゼント

 

フランスは日本と友好関係を築いて国の利益を得るため、

再びプレゼント攻撃を開始。

今回ナポレオン三世が徳川幕府へ送ったプレゼントは26頭の軍馬です。

なぜ軍馬を送ったのか。

それは日本の馬とかけ合わせて品種改良の馬を日本で量産させるすタメです。

しかしナポレオン三世はどうしてプレゼント攻撃を日本にしたのでしょうか。

それにはこんな事情がありました。

 

ナポレオン三世が軍馬を送ったのは恩返しが目的!?

 

フランスはどうして日本に軍馬を送ったのか。それにはこんな事情がありました。

フランスの国内産業の一つであった絹の生産源・カイコが病気になり、

ほとんどが死滅してしまいます。

 

カイコが死滅した為、フランスは絹を生産することができなくなり、

生糸産業が壊滅的なダメージを負ってしまいます。

しかしフランスの生糸産業を救ったヒーローが登場。

それは徳川幕府の14代将軍・徳川家茂(とくがわいえもち)です。

 

彼はフランスの生糸産業が壊滅したことを知り、

カイコの卵を産み付けた蚕種(さんしゅ)をフランスへ送ります。

フランスは徳川幕府からもらった蚕種を研究し、

フランスのカイコを全滅させた病原菌の耐性を持つカイコを作り出すのでした。

こうした理由からナポレオン三世は日本へ恩返しをするため、

軍馬を徳川慶喜へ送ったのです。

ナポレオン三世のちょっといい話でした。

 

ナポレオン三世と徳川慶喜を結び付けた二代目駐日公使ロッシュ

 

フランスのナポレオン三世と日本の徳川幕府は

持ちつ持たれつの関係性を気づいていきますが、

まだまだ完全な信頼関係を気づいたわけではありません。

 

そんな中、フランスの新しい駐日公使が着任。

この新しい駐日公使はロッシュさんと言います。

徳川慶喜は幕府を支えるため色々な政策を実施。

ロッシュさんは慶喜が色々な政策を実施するアドバイザーとして、

慶喜へアドバイスをしていました。

 

またロッシュはフランス本国と日本が仲良くなるため、色々な事を行います。

例えばフランスから幕府へ武器を売ったりお金を貸しています。

またロッシュは幕府が保有している軍隊をフランス式の西洋軍を創設するための

軍事顧問団を幕府へ派遣するようにナポレオン三世に要請。

ナポレオン三世はロッシュの要請を受けて軍事顧問団を派遣します。

 

ロッシュの働きにより徳川慶喜とナポレオン三世、

幕府と日本の親密度を増していくことになります。

そしてナポレオン三世は日本に野望を持つことになるのです。

 

ナポレオン三世の野望

 

ナポレオン三世の野望とは一体何でしょう。

それは日本を植民地支配しようとしていた事です。

なぜナポレオン三世はこのような野望を持ったのでしょうか。

 

それはフランスがアジアの地域であまり植民地を持っていなかったからです。

アジア最大の国土を持つ中国(清国)はイギリスが多くの植民地を持っていました。

ナポレオン三世はイギリスに追従して戦争に参加し、植民地を持つことに成功します。

しかしイギリスを超える大きな植民地を中国で持つことができませんでした。

 

そのためナポレオン三世は混乱している日本の幕府を援助することで、

イギリスを追い越そうと画策します。

ナポレオン三世は駐日公使・ロッシュから幕府を助けるよう要請されると幕府援助を行います。

またナポレオン三世は戊辰戦争(ぼしんせんそう)が始まった時、幕府からの要請があれば

いつでもお金や軍隊、武器を援助する用意をしていました。

 

幕府がフランスからの借り物で戊辰戦争に勝利すればすぐに金や軍隊を返すように要求し、

この要求が通らなければ、日本を植民地もしくは日本の領土を割譲するよう考えていたようです。

でも実際は慶喜が戊辰戦争を戦い抜くことをしないで、

新政府と戦う意思が無い事を示します。

その結果、ナポレオン三世の野望は砕け散ることになるのです。

 

もしナポレオン三世の援助を受けて幕府が戊辰戦争を戦えば、

日本の領土はかなり減るか植民地支配されていたかもしれません。

そうなれば今の日本が存在していなかったかもしれません。

 

そしてナポレオン三世は日本を植民地支配した君主として、

歴史に名を残していた事でしょう。

このように考えるとナポレオン三世の野望が砕け散って

良かったと思うのはレンだけでしょうか。

 

日本人とフランス人の熱い友情のお話

 

フランスと幕府は仲良くなっていきますが、

幕府が無くなるとフランスは明治政府との関係を強めていきます。

しかしフランス人の中には幕府を見捨ないで、

反明治政府へ身を投じた人がいたのを知っていますか。

 

そのフランス人はナポレオン三世が派遣した軍事顧問団達です。

彼らは日本人の軍隊を近代化するため、武士で構成された幕府軍を監督していました。

しかし鳥羽伏見の戦いで幕府は敗北し、フランス軍事顧問団達は江戸へ逃亡します。

 

その後フランス軍事顧問団の人達は反明治政府の勢力と一緒に

明治政府軍と戦いを続けていきます。

ナポレオン三世が派遣した軍事顧問団の一人・ブリュネさんは、

新政府からフランスに帰りなさいと命令されます。

しかしブリュネさんは新政府の命令を無視し、

フランス公使館へフランス軍からの除隊を申請。

 

そしてブリュネさんは榎本武揚(えのもとたけあき)に従って北海道へ渡ります。

ブリュネさんは北海道の函館に到着すると榎本武揚

「toiタチ、新しい国作っチャイナよ」とアドバイス。

※toi(トゥワはフランス語で君)

 

榎本武揚はブリュネさんのアドバイスを受けて明治政府に対抗する国づくりを行います。

しかし明治政府軍は函館の新しい国へ攻撃を開始。

ブリュネさんは函館を守るため軍勢を指揮して戦いますが、

函館に建設していた新国家軍が明治政府軍に敗北。

ブリュネさんは函館に寄港していたフランスの船に乗って日本を離れることになるのです。

なんだブリュネさんも結局逃げたんじゃんと思う人もいるかもしれません。

 

しかし日本人でもなく自分が育った国でもなく、

はっきり言って自分とはほとんど関係ないにも関わらず、

幕府の最後まで見届けたブリュネさんの熱い心意気は見事だと思いませんか。

 

幕末ライター黒田レンの独り言

 

いかがでしたでしょうか。

今回は徳川慶喜とフランスのナポレオン三世についてご紹介しました。

日本とフランスじゃ国が遠すぎて関係ないように思いますが、意外にも深い関係があったのです。

もしかしたら西郷どんでもブリュネさんやロッシュさん、

ナポレオン三世が登場するかもしれません。

西郷どんで登場する前にこれを読んで、

徳川慶喜とナポレオン三世との関係を予習してみてはいかがでしょうか。

 

参考文献 吉川弘文館 徳川慶喜 家近芳樹著など

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:島津久光を好きになってはいけない6つの理由

関連記事:西郷隆盛は大家族!幕末ビッグダディを解説

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 顔良を討ち取る関羽 意外と義兄弟と離れ離れの時期が長かった関雲長のぼっち履歴をご紹介…
  2. タウンゼントハリスはどんな人?善意の仮面をかぶった食わせ者外交官…
  3. 曹叡 【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息…
  4. 秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな
  5. 呉の孫権 【大胆仮説】孫登と孫慮が生きていれば呉が天下を統一した!?
  6. 白石正一郎 白石正一郎とはどんな人?日記から読み解く幕末のスポンサー
  7. 曹丕に進言をする劉曄 後漢王朝の王族・劉曄の若かりし頃はどのような人物だったの?
  8. 【悲報】天皇に振られた長州藩、八・一八の政変はどうして起きた?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蒼天航路
  2. 桃園の誓012
  3. 陳平
  4. 袁紹と曹操
  5. 法正と劉備
  6. 関羽と関索

おすすめ記事

  1. 戦国時代合戦、足軽は武将に勝てたの? 武田騎馬軍団 馬場信春
  2. キングダムネタバレ573話「祝!壁がロゾ王討った?」レビュー
  3. 【三国時代】英雄の地位はどの位?
  4. 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!? 嬴政(始皇帝)
  5. 岳飛の死後の南宋官界の状況はどうなったの?岳飛の死に影響はあった? 岳飛(南宋の軍人)
  6. 徳川三傑の一人・井伊直政(いいなおまさ)ってどんな人? 井伊直政

三國志雑学

  1. 枝豆と煮豆 曹丕と曹植
  2. 曹丕と曹植
  3. 関羽に手紙を送る陸遜
  4. 劉備と関平たち
  5. 閻行


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉禅に気に入られる黄皓
  2. 飢えている王忠
  3. 嬴政(始皇帝)
  4. 蜀の魏延
  5. 鄧艾
  6. 項羽

おすすめ記事

蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 馬超の一騎打ちの強さは正史と三国志演義じゃ全然違う? 姜維 実は姜維は不本意な降伏をしていた?姜維を考察してみる 郭嘉 【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた? キングダム52巻 キングダム586話YJ合併号スペシャル春秋戦国時代の数学って? おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見どころ紹介 陶謙と劉備 遺言「君が国を取れ」は常套句だった!? これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介! どうして曹操は嫌われているのか!?別に否定もしません

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP