キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

西郷どん

島津斉興の家系図はどこに繋がる?鎌倉から幕末までを網羅

 

 

 

薩摩藩の藩主、島津斉彬(しまづなりあきら)の父である島津斉興(しまづなりおき)を起点とし、島津藩の家系に迫ってみました。

島津家とはどのようなルーツを持った家系なのでしょうか。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:篤姫の実家今和泉島津氏はどんな家柄?今和泉家に里帰りした事がある?

関連記事:島津豊久と島津斉彬はどんな関係?豊久と斉彬の共通点も紹介

 

 

戦国島津氏のルーツは?鎌倉時代に薩摩に下りてくる

(画像:島津忠久Wikipedia)

 

島津と言えば鹿児島、江戸時代では薩摩ですが、

島津家がこの地に根を下ろしたのは鎌倉時代になります。

島津家は二代目島津忠久(しまづただひさ)から鹿児島に定着しますが、彼が亡くなったのが1227年です。

 

幕末を起点としても、600年以上の歴史のある名家ということができます。

島津家は当初は京都と九州を行ったり来たりという形でしたが、

島津忠久の時代に薩摩の守護・地頭職に就きその後は、

薩摩一筋で一切領地替えの無かった家なのです。

 

 

九家に分裂して争った中世の島津氏

 

薩摩に定着した島津家ですが、この地は従来の領主の力が強く、

おまけに島津家の内部も分裂していきます。

薩摩藩に定着した島津忠久を初代と考えると10代目の忠国(ただくに)までの間に、

島津家は多くの分家を作ります。

 

若狭(わかさ)島津氏、越前島津氏、伊作(いさく)島津氏、総州(そうしゅう)島津氏、奥州(おうしゅう)島津氏、薩州(さっしゅう)島津氏、

豊州(ほうしゅう)島津氏、相州(そうしゅう)島津氏の合計8家で、本家を合わせると9家になります。

 

中世・戦国期に入りますと、この本家、分家が国内の統一をめざし戦いを開始します。

まず、総州島津氏と奥州島津氏が戦闘状態となり、

一時期は足利幕府の仲裁で和解に至るのですが、

足利幕府の影響力が落ちてくると、もはや内戦は止まりません。

再び薩摩は島津家内部の戦乱が続きます。

これに、従来の領主が加わり薩摩は完全に分裂した状態となります。

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ

 

九州統一に王手をかけた戦国島津の大統一時代

 

本格的な戦国時代に入り、島津家は本家12代目の島津忠治(しまづただはる)の時代になりますが、

彼は学問には熱心でしたが、戦国大名としての資質は欠いていました。

そして、島津家の分裂状態で内乱を繰り返しは止まりません。

しかし、伊作島津氏の貴久(たかひさ)が守護職を継いだことで流れが変わります。

貴久は息子である義久(よしひさ)義弘(よしひろ)歳久(としひさ)家久(いえひさ)と共に、

島津家による分裂・内乱を治めていきます。

 

その結果として、薩摩、大隅(おおすみ)と言った薩摩の領土エリアの支配を確実にしていくのです。

更に日向を支配していた豊州島津忠親(しまづただちか)も協力し、薩摩藩の領土である薩摩、大隅、日向が統一され、

在地の領主を配下に組み込みながら、強固で独特な支配体制を作り上げていきました。

 

九州支配に大手をかけるまでに巨大になった戦国大名

島津家はこのようにして出来ていきました。

そして、関ヶ原の戦いを経ても、その領地を減らすことなく

雄藩としての存在感を占めし、幕末時代には、多くの人材を供給する藩となったのです。

 

初代島津家久から9代島津斉興までの近世島津氏

 

幕藩体制下の島津家は島津家久から始まりました。

彼を初代として島津家の近世の流れをみていきます。

島津家久は、38年間も藩政を支配します。

その間38人も子どもを作ったといわれています。

 

そして、後を継いだのは孫の綱貴(つなたか)となります。

その後、家久から考えて3代目となる吉貴(よしたか)は新しい分家を作りました。

越前島津家、今和泉(いまいずみ)島津家です。

これは本家の血筋のバックアップの家で、

本家に後を継ぐ者が無くなった場合、藩主を出すという役割を与えました。

徳川御三家、徳川御三卿のようなシステムです。

 

そして、幕末の名君である島津斉彬に大きな影響を与えた島津重豪(しまづしげひで)

藩政の実権を握る時代がきました。彼は藩主を退いても亡くなるまで実権を握り続けました。

89歳という当時としては怪物のような長命の人物で、蘭癖大名の超浪費家です。

孫で当時の藩主・斉興もたまらなかったでしょう。

 

島津斉興から見て、島津斉彬島津久光篤姫は系図上どんな関係

 

島津斉興は、祖父の島津重豪が亡くなりやっと薩摩藩の実権を握りますが、

彼と島津斉彬、島津久光(しまづひさみつ)篤姫(あつひめ)は血統上どのような関係にあったでしょうか。

まず、島津斉彬は斉興の長男です。そして、その弟で後に斉彬の意志を継ぎ

幕末期に薩摩を支える島津久光は、島津斉興とお由羅(ゆら)の間に生まれた子どもでした。

 

そして篤姫は、分家である今和泉島津家出身で、

斉興の兄弟である島津忠剛(しまづただたけ)の長女となります。

その後、篤姫は斉彬の養女となり、徳川家定(とくがわいえさだ)の正室となるのです。

 

今上天皇まで繋がる現代島津氏の家系

 

島津家の血筋は天皇家にもつながります。

昭和天皇の妃である香淳(こうじゅん)皇后は島津家の血を引いています。

薩摩藩の最後の藩主であった忠義(ただよし)の娘、俔子(けんこ)は皇室に入ります。

皇族の久邇宮邦彦(くにのみやくにひこ)王と結婚し、第一皇女である良子(ながこ)皇女を生みます。

この良子皇女が後に昭和天皇の后となる香淳皇后です。

 

香淳皇后は曾祖父に島津斉興を持つかなり島津の血の濃い人物でした。

ですので、今上天皇(きんじょうてんのう)も色濃く島津の血を引いているということになります。

 

※今上とは、在位中の天皇という意味です。

 

幕末ライター夜食の独り言

 

薩摩藩、長州藩の人脈は、色濃く日本の上層階級に残っています。

それだけ近代日本を創った明治維新の中で活躍し、

その後の新政府の中枢を担った人材も多かったということでしょう。

鹿児島県出身だからといって、現代で特別な恩恵を受けるわけでないのですが、

現在の日本の上流階級の中にその血統を残している島津家は、

それだけ有能な人材を創りだしていたということではないでしょうか。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦

関連記事:日本で一番すごい武将?敵中を突破して帰国した猛将・島津義弘の武勇伝

 

激動の幕末維新を分かりやすく解説「はじめての幕末

 

夜食

夜食

投稿者の記事一覧

歴史大好き。特に江戸時代から幕末、太平洋戦争にかけては好きすぎるくらいです。戦史が好きですので、時代を超えて「戦いの歴史」が好きという者です。よろしくお願いします!!

好きな歴史人物:田沼意次

何か一言:歴史小説もWEBで公開しています。

関連記事

  1. 対立する西郷隆盛と大久保利通 大久保の死は自業自得だった!政治を私物化した男の最期
  2. 井伊直弼とはどんな人?井伊の赤鬼は泣いた赤鬼だった
  3. 江藤新平 幕末 江藤新平と佐賀の乱について語り佐賀を観光しよう!
  4. お酒が強い篤姫 篤姫の本当の魅力って?後世にも評価される生き方を考えよう!
  5. 大政奉還した徳川慶喜 徳川慶喜の功績って一体何があるの!?
  6. 公家って何?何をした人たちなの?
  7. 吉田松陰の弟子と松下村塾の教育方針を紹介
  8. 【薩摩vs大英帝国】薩英戦争は勘違いから始まったってホント?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  2. 赤鎧を身に着けた曹操
  3. 玉璽 三国志
  4. 周瑜の魅力

おすすめ記事

  1. 三国志では何故、最初に蜀が滅びたの?
  2. 劉禅の名言から窺い知る名君主ぶり!? 君たちはどう生きるか?劉禅
  3. 【武田鉄矢に怒られろ!】坂本龍馬は本当はこんな人だった? 坂本龍馬(幕末時代)
  4. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第3部
  5. 霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠れた名将
  6. 図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性 陸遜

三國志雑学

  1. 雨の中進軍する曹真
  2. 三国志の英雄(魏 呉 蜀)
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備 関平
  2. 賈詡
  3. ツンデレ曹丕
  4. 考える諸葛亮孔明
  5. 汗血馬を手に入れる李広利

おすすめ記事

織田信長 戦国時代最大のミステリー・本能寺の変の謎に迫る!! 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図った政治家 解煩督 呉 【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊 『李傕・郭汜祭り』の電子書籍出版のお知らせ アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 高麗がモンゴルと組んだ理由 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】 蒋済(しょうさい)とはどんな人?曹魏四代に仕えた宿老の生涯 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用いた名言

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP